マインツ、仏リーグ屈指の攻撃的MFフルジーニを獲得!

2022.07.13 14:57 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マインツは12日、アンジェからフランス人MFアンジェロ・フルジーニ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。

ヴァランシエンヌの下部組織からトップチームに昇格したフルジーニは、フランスの世代別代表チームに選出されてきた攻撃的MF。2017年にアンジェに完全移籍すると、リーグ・アン通算149試合20ゴール15アシストの数字を残してきた。

トップ下やセカンドトップ、センターフォワードと中央のエリアを主戦場とする183cmのアタッカーは、個人での打開力や正確な右足のキックを生かしたチャンスメークを特長とする。さらに、国内ではプレースキックの名手としても知られている。
ここ最近ではボルシアMGやレンジャーズからの関心も伝えられたが、ヴァランシエンヌ時代からの親友で、今夏までマインツに在籍していたフランス人DFムサ・ニアカテ(現ノッティンガム・フォレスト)のアドバイスもあり、マインツ行きを決断した。

関連ニュース
thumb

新年初白星のバイエルン、ナーゲルスマン監督はチームの姿勢称賛「勝利に十分値する内容だった」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が、新年初白星を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 年明けからの公式戦4試合すべてドローと不調に陥るバイエルンは、1日に行われたDFBポカール3回戦でマインツと対戦した。 今冬マンチェスター・シティから加入したDFジョアン・カンセロを早速スタメンに起用すると、17分にそのカンセロのクロスからFWエリック・マキシム・チュポ=モティングがボレーシュートを決めて先制。その後、MFジャマル・ムシアラ、FWレロイ・サネも得点を記録して前半だけで3点差とすると、後半もDFアルフォンソ・デイビスにゴールが生まれるなど圧倒し、4-0で勝利した。 新年初白星を挙げたナーゲルスマン監督は、試合後にチームを称賛。厳しい状況で正しい姿勢を示してくれたと喜んだ。 「本当に重要な勝利だったと思う。特に前半のプレーは、フットボールのプレーという意味だけでなく、その姿勢も非常に優れていた。我々は非常によく組織化されており、攻撃においても真のアグレッシブさを見せられたと思う」 「今日のチームのパフォーマンスは、勝利に十分値する内容だっただろう。私は選手たちにもっとリスクを冒すよう要求して、みんながそれを実行してくれたのだ。特に前半は、非常に正しい判断だった」 2023.02.02 11:28 Thu
twitterfacebook
thumb

スタメンデビューのカンセロが先制アシストのバイエルン、マインツに4発快勝でベスト8《DFBポカール》

バイエルンは1日、DFBポカール3回戦でマインツとのアウェイ戦に臨み、4-0で快勝した。 2回戦でアウグスブルクを下したバイエルンは、1-1で引き分けた3日前のフランクフルト戦のスタメンから2選手のみを変更。マンチェスター・シティから加入のカンセロがスタメンデビューとなった。 カンセロを右ウイングバックで起用する[3-5-2]で臨んだバイエルンは、2トップにチュポ=モティングとミュラーを据え、2シャドーにムシアラとサネを起用した。 立ち上がりから攻勢に出たバイエルンは17分に先制する。カンセロの右クロスをファーサイドのチュポ=モティングが左足ボレーで合わせた。 デビュー戦のカンセロが早速結果を出したバイエルンがその後も攻め手を緩めずにいると、30分に加点。ボックス左でミュラーからパスを受けたムシアラが左足を一閃。正確なシュートが右ポスト内側に当たってゴールに吸い込まれた。 その後、38分のキミッヒの直接FKはポストに直撃したものの、44分に3点目。チュポ=モティングの鮮やかな右足アウトでのラストパスを受けたサネがGKとの一対一を確実に制した。 迎えた後半、イ・ジェソンを投入してきたマインツに対し、60分にカシのコントロールシュートでゴールに迫られたバイエルンだったが、このピンチを凌いで以降は危なげなく時間を消化。 終盤の83分にアルフォンソ・デイビスのゴールも生まれたバイエルンが圧勝でベスト8進出を決めている。 2023.02.02 07:20 Thu
twitterfacebook
thumb

マインツ10番フルジーニが半年でフランスに出戻り、RCランスに買取OP付きレンタル

マインツは1日、フランス人MFアンジェロ・フルジーニ(25)がRCランスへ買い取りオプション付きのレンタルで移籍したことを発表した。買い取る際の移籍金は最大750万ユーロ(約10億6000万円)とのことだ。 フルジーニは2022年夏、アンジェからマインツに移籍金500万ユーロで完全移籍。2026年6月までの契約で加入していた。10番を背負い、期待されての入団だったが加入初年度の今季、ブンデスリーガで16試合(うち先発は5試合)に出場して1アシストを記録するに留まっていた。 トップ下やセカンドトップ、センターフォワードと中央のエリアを主戦場とする183cmのアタッカーは、ヴァランシエンヌの下部組織からトップチームに昇格。2017年からはアンジェに在籍し、リーグ・アン通算149試合20ゴール15アシストの数字を残していた。 移籍先のRCランスは現在、リーグ・アンで2位。半年でフランスに出戻る形となったが、フルジーニにとってもマインツにとってもメリットのある移籍と言えそうだ。 2023.02.01 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

劇的逆転弾で2連勝のドルトムント、テルジッチ監督は「幸運な勝者となった」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が、劇的勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ドルトムントは25日に行われたブンデスリーガ第17節でマインツと対戦した。開始早々に先制点を許しながらも、4分にDFユリアン・リエルソンのゴールで同点に。以降は後半に入ってもこう着状態が続き、このままドローに終わるかに思われたアディショナルタイム、CKからMFジョバンニ・レイナが劇的逆転弾を決め、2-1で勝利した。 リーグ再開後2連勝を飾ったテルジッチ監督は、試合後に改善点を口にしつつも逆転したチームを称賛。失点後に正しい姿勢を見せてくれたと称えている。 「最初のボールロストからCKを与えてしまい、またもや0-1でのスタートとなった。ただ、これに対してチームは実に良い反応を示したと思う。すぐさま同点ゴールを決めたし、他の局面でも多くのチャンスを得られた。その後、マインツは交代で[5-4-1]に変更して守備を固めてきた。それによって多くの問題が出たが、前半はゲームをコントロールしたと思う」 「残念ながら、後半もそれほど明確ではなかった。60分以降は、両チームともオープンな目線でプレーしていた。我々はほぼ最後のプレーで幸運な勝者となった。三者三様の展開と言えるかもしれない。とはいえ、再開から勝ち点6でスタートできたのは嬉しい」 また、テルジッチ監督はリーグ再開後2戦連続ゴールのレイナに言及しており、この調子を続けてほしいと期待した。 「彼にはゲームを加速させる意味で、もっとボールを奪うことを期待していた。ただ、こうした状況の中で、自分の仕事をしてくれたのは非常にポジティブだ。彼が再び勝利に導くゴールを決めたのは、本人にとっても素晴らしいことであり、この調子を続けてほしい」 2023.01.26 11:27 Thu
twitterfacebook
thumb

レイナの後半AT逆転弾でドルトムントがマインツ下して連勝《ブンデスリーガ》

ドルトムントは25日、ブンデスリーガ第17節でマインツとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 前節アウグスブルクとの打ち合いを何とか制して首位バイエルンとのポイント差を7に縮めた6位ドルトムント(勝ち点28)は、アウグスブルク戦のスタメンから2選手を変更。フンメルスと出場停止のベリンガムに代えてジューレとジャンを起用した。 12位マインツ(勝ち点20)に対し、ムココを最前線に、2列目に右からアデイェミ、ブラント、マレンと並べたドルトムントは開始2分に失点する。左CKからニアサイドのイ・ジェソンにヘッドで決められた。 しかし4分、すかさず追いつく。ボックス手前右のリエルソンがカットインから左足を一閃。強烈なシュートがDFにディフレクトしてネットが揺れた。 リエルソンの移籍後初ゴールで試合を振り出しに戻したドルトムントは7分にムココ、9分にジューレが立て続けにゴールに迫って攻勢をかけたが、それ以降ば徐々に膠着した展開に。 38分にマレンがミドルシュートでオンターゲットを記録したドルトムントだったが、1-1で前半を終えた。 迎えた後半もドルトムントが押し込む展開で推移。 しかし前半同様に膠着状態を打破できなかったことから62分に3枚替え。アラー、バイノー=ギテンス、レイナを投入した。 だが、その後もマインツの集中した守備を攻略できず。このまま引き分けかと思われた追加タイム3分、ドルトムントに勝ち越し弾。 右CKをアラーが頭で合わせ、ゴールエリア左に詰めていたレイナが左足で押し込んだ。直後にタイムアップとなりドルトムントが劇的勝利。苦しみながらも再開後2連勝としている。 2023.01.26 04:29 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly