ブレーメンが好調フランクフルトに逆転勝利!長谷部、鎌田は先発も大迫欠場で日本人対決は実現せず《ブンデスリーガ》

2021.02.27 06:37 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第23節のブレーメンvsフランクフルトが26日に行われ、2-1でブレーメンが勝利した。ブレーメンのFW大迫勇也はベンチ入りも出場せず、フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場、鎌田大地は65分までプレーした。リーグ戦3試合勝利のない12位ブレーメン(勝ち点23)が、5連勝中の4位フランクフルト(勝ち点42)をホームに迎えた一戦。


前節ホッフェンハイムに0-4の大敗を喫したブレーメンは、その試合から先発を2人変更。大迫は7試合連続のベンチスタートとなった。

一方、前節首位バイエルンとの上位対決を制したフランクフルトは、その試合から先発を3人変更。ヨビッチやA・トゥーレ、エンディカに代えてアンドレ・シウバ、ソウ、ドゥルムが先発に名を連ねた。

鎌田を2シャドーの一角、長谷部を3バックの真ん中に配置した[3-4-2-1]で臨んだ好調フランクフルトは、早い時間に先制する。9分、ショートコーナーを受けたコスティッチの左クロスをアンドレ・シウバがヘディングで叩き込んだ。

先制を許したブレーメンは26分、ペナルティアーク手前で獲得したFKからチャンスを迎えたが、ラシツァの直接FKはGKトラップのセーブに弾かれた。さらに28分には、シュミットのスルーパスに抜け出したラシツァがボックス左からシュート。GKトラップが弾いたボールをサージェントが押し込んだが、スルーパスを受けた段階でラシツァがオフサイドと判定され、ノーゴールに。

猛攻を仕掛けるブレーメンは、34分にもボックス右から侵入したラシツァがゴールに迫ったが、シュートはクロスバーに阻まれて前半のうちに追いつくことはできなかった。

それでも、後半に入って攻勢を見せるブレーメンは47分、バイタルエリア手前のラシツァがボックス右のスペースへ斜めのパスを入れると、走り込んだゲブレ・セラシェがボックス右からシュートを流し込み、開始早々に同点に追いつく。

同点弾で勢いづくブレーメンは、62分にもM・エッゲシュタインのパスでボックス右に抜け出したサージェントがゴール左隅にシュートを流し込み、逆転に成功した。

立て続けに失点を許したフランクフルトは、65分に鎌田、ローデ、ドゥルムを下げてヨビッチ、フルスティッチ、バルコクを投入する3枚替えを敢行。しかし、再びチャンスを迎えたのはホームチームだった。

69分、ラシツァの浮き球パスで抜け出したサージェントがボックス右から折り返すと、これを中央のシュミットが流し込んだが、VARの末にサージェントがオフサイド判定となり、ゴールは取り消された。

VARに救われたフランクフルトは76分、左サイドを持ち上がったコスティッチの横パスをペナルティアーク左で受けたアンドレ・シウバがトラップでボックス内まで侵入し左足を振り抜いた。しかし、このシュートはGKパブレンカの好セーブに阻まれた。

試合終盤にかけてもフランクフルトは猛攻を仕掛けたが、焦り過ぎて空回り。最後まで失点を許さなかったブレーメンが1点を守り切り、4試合ぶりの勝利を飾った。一方、6連勝を逃したフランクフルトは今季3敗目となった。
関連ニュース
thumb

フランクフルト退団のボビッチ氏、古巣ヘルタのマネージングディレクター就任

ヘルタ・ベルリンは14日、フランクフルトの取締役兼スポーツ・ディレクター(SD)を務めているフレディ・ボビッチ氏(49)が、来季からヘルタのマネージングディレクターに就任することを発表した。 ボビッチ氏は同日、フランクフルトの取締役兼SDを今季限りで退任することが発表されていた。 現役時代の2003~05シーズンの2季過ごしたクラブに帰還する形となるボビッチ氏はマネージングディレクター就任について、「新たな挑戦をしたいと思っていた矢先、ヘルタの社長と説得力ある議論ができた。再びヘルタのファミリーになることを楽しみにしている」とコメントした。 フランクフルトではMF鎌田大地やGKケビン・トラップ、FWルカ・ヨビッチ(レアル・マドリーからレンタル)、FWアンドレ・シウバといった現主力を補強し、今季はチャンピオンズリーグ出場権獲得が濃厚となっている。 2021.04.15 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルト躍進の立役者ボビッチ氏が今季終了後に退団

MF鎌田大地、MF長谷部誠の所属するフランクフルトは14日、取締役兼スポーツ・ディレクター(SD)のフレディ・ボビッチ氏が今季終了後に退団することを発表した。 2023年6月30日までフランクフルトと契約していたものの、退団を希望していたボビッチ氏は先月、取締役会によって早期契約解消を認めないことが決定されていた。 しかし今回、ボビッチ氏の意向が通り、退団が決まったとのことだ。なお、新天地は現役時代を過ごしたヘルタ・ベルリンが濃厚なようだ。 2016年にフランクフルトのSDに就任したボビッチ氏は、MF鎌田大地やGKケビン・トラップ、FWルカ・ヨビッチ(レアル・マドリーからレンタル)、FWアンドレ・シウバといった現主力や、FWアンテ・レビッチ(現ミラン)、MFケビン=プリンス・ボアテング(現モンツァ)、FWセバスティアン・アラー(現アヤックス)といった選手の獲得に尽力。 2017-18シーズンにはニコ・コバチ前監督の下でDFBポカールを制覇。そして今季はここまで4位に付け、チャンピオンズリーグ出場権獲得が濃厚となっている。 2021.04.15 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGの新指揮官はフランクフルトのヒュッター監督に決定、3年契約を締結

ボルシアMGは13日、今シーズン限りでフランクフルトを退団するアディ・ヒュッター監督(51/写真右)が来シーズンから指揮官に就任することを発表した。 なお、契約期間は2021-22シーズンから3年間となる。 ボルシアMGのマックス・エーベル氏は「アディ・ヒュッターを迎えられてとても満足している」とコメント。「我々のチーム、クラブにとて、彼は夏から我々の目の前にある課題と目標にとって、最高の監督だ」と歓迎した。 ボルシアMGは今シーズンのチャンピオンズリーグに出場したものの、リーグ戦では振るわずに現在8位に位置。さらに、マルコ・ローゼ監督(写真左)が来シーズンからドルトムントの監督に就任することがすでに発表されており、後任を探している状況となっていた。 ヒュッター監督が最有力候補として浮上していた中、予想通りの結果に。来シーズンはどんなチームを作るのか注目を集めることとなる。 オーストリア人指揮官のヒュッター氏は、ザルツブルクやヤング・ボーイズで指揮を執ると2018年7月にフランクフルトの監督に就任。2018-19シーズンは7位で終えると、チームはヨーロッパリーグ(EL)に出場。2019-20シーズンは過密日程もありブンデスリーガでは9位に終わっていた。 それでも、今シーズンはここまで勝ち点53を積み上げて現在4位。来シーズンはCLに出場する可能性残している状況だ。 2021.04.13 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

鎌田&長谷部のフランクフルトがヒュッター監督の今季限りでの退任を発表「CL出場が目標」

フランクフルトは13日、アディ・ヒュッター監督(51)が今シーズン限りで退団することを発表した。契約条項により、2023年6月30日までの契約を破棄することが可能だったとのことだ。 クラブの発表によると、ヒュッター監督は12日の夜遅くにクラブ幹部へ、13日の朝にチームへと報告を済ませたとのことだ。 今回の決定についてヒュッター監督はクラブを通じてコメント。「簡単な決断ではない」とし、チャンピオンズリーグ出場が目標だと語った。 「新しいシーズンに向けて新しい章に進むという決断は、私にとっては簡単なことではなかった。ここで3年間、信じられないほどに成功を収め、激しさを経験した」 「私とチームは、今シーズンの終わりに素晴らしい結果を残して締めくくりたいと思う。歴史的なチャンスがある。今重要なことは、フランクフルトの成功だ」 「我々はリードを守り、チャンピオンズリーグに出場したいと思っている。我々は全てをこの目標に捧げる」 また、スポーツ・ディレクター(SD)のフレディ・ボビッチ氏もヒュッター監督の退任にコメント。残りシーズンを全力で戦うと意気込んだ。 「アディ・ヒュッターは、フランクフルトのために並外れたことをし、チャンピオンズリーグに出場することでシーズンを締めくくることができる」 「これは今シーズンが終わるまでの5週間で我々が全力で取り組むべき目標だ」 オーストリア人指揮官のヒュッター監督は、ザルツブルクやヤング・ボーイズで指揮を執ると2018年7月にフランクフルトの監督に就任した。 2018-19シーズンは7位で終えると、チームはヨーロッパリーグ(EL)に出場。2019-20シーズンは過密日程もありブンデスリーガでは9位に終わっていた。 それでも今シーズンはここまで勝ち点53を積み上げて現在4位。来シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)に出場する可能性残している状況だ。 2021.04.13 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

鎌田と長谷部にも影響? フランクフルト監督がライバルの監督就任か

日本代表MF鎌田大地やMF長谷部誠が所属するフランクフルトが大きく揺らぐ可能性がありそうだ。 ドイツ『ビルト』によると、チームを率いるアディ・ヒュッター監督(51)が今夏で退団する可能性があるとのこと。ボルシアMGの監督に就任する可能性があるようだ。 オーストリア人指揮官のヒュッター氏は、ザルツブルクやヤング・ボーイズで指揮を執ると2018年7月にフランクフルトの監督に就任した。 2018-19シーズンは7位で終えると、チームはヨーロッパリーグ(EL)に出場。2019-20シーズンは過密日程もありブンデスリーガでは9位に終わっていた。 それでも今シーズンはここまで勝ち点53を積み上げて現在4位。来シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)に出場する可能性残している状況だ。 一方で、ボルシアMGは今シーズンのCLに出場したものの、リーグ戦では振るわずに現在8位に位置。さらにマルコ・ローゼ監督が来シーズンからドルトムントの監督に就任することが発表されており、後任を探している状況となっている。 これまでの最有力候補として名前が挙がっていたヒュッター監督だが、ボルシアMGのスポーツ・ディレクターを務めるマックス・エーベル氏も他の候補者との交渉をやめたと語り、「プランB」が存在していないことを明かした。 チームの状況を考えれば、CLに挑戦できる可能性が高いフランクフルトに残留した方がよさそうだが、ヒュッター監督の決断はいかに。シーズン中にも発表される可能性もあるようだ。 2021.04.12 18:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly