“噛みつき”スアレス、CLの一幕で新たな技を編み出す!OBたちは「叱った甲斐があった(笑)」

2021.02.26 12:07 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが審判の目が届かないところで相手選手にちょっかいを出していたようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。アトレティコは23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の1stレグでチェルシーと対戦し、0-1で敗れた。


スアレスはこの試合にフル出場していたが、78分にはチェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーとやり合う場面もあった。

ゴールラインを割りそうなボールに対し、CKを得るためにスアレスが体を入れながらリュディガーと競り合う。この直後、リュディガーがスアレスに対し突如怒りを露わにしていた。

このシーンのリプレーをみてみると、なんとスアレスがどさくさに紛れてリュディガーの右足の太ももをつねる行為に。その行為に対して、リュディガーが激怒していたのだ。

スアレスと言えば、過去3度試合中に相手選手に噛みついたことがあり、2014年のブラジル・ワールドカップでイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに噛みついた事件は全世界に驚きを与えていた。

『BTスポーツ』で解説を務めていた元イングランド代表MFジョー・コール氏は、このシーンについて、「子どもを叱っていて、その結果今まで(他の人を)嚙んでいた子が、その代わりにつねるだけになったら、叱った甲斐があったってものだよね」と冗談めいて話していた。

また、同じく解説のイングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏も「彼はとても“キュート”って言葉で合っているかな…?笑 審判からはあのシーンは絶対見えてなかっただろうし、彼も何食わぬ顔でやり過ごしているけど、見えないところで汚い手を使ってるのさ。まるでストリートみたいだ」とその狡猾さに感嘆していた。

このプレーに関して、両者にカードは出ておらず、現時点でUEFA(欧州サッカー連盟)からの言及はない。

◆“噛みつき”癖のあるスアレスがどさくさに紛れて”つねる”

関連ニュース
thumb

CLベスト4進出後のフォーデンのツイッターが物議…ムバッペに対し「準備はいいかい?」と投稿も削除された理由とは

マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンのSNSの投稿が大きな波紋を呼んだ。 シティは14日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでドルトムントと対戦。1stレグを2-1で先勝していたシティだったが、アウェイゲームとなった2ndレグではジュード・ベリンガムにゴールを許し、2戦合計2-2となりアウェイゴール差でリードを与えていた。 それでも、リヤド・マフレズのPKで勝ち越すと、フォーデンのゴールでダメ押し。そのまま1-2で勝利し、2戦合計4-2でシティがベスト4進出を決めた。 この試合でも重要なゴールを奪い、チームを助けたフォーデンだが、試合後のツイートが大きな波紋を呼んだ。シティの準決勝の相手は、昨シーズンのファイナリストであり、王者のバイエルンを準々決勝で敗ったパリ・サンジェルマン。フォーデンは自身のツイッターでフランス代表FWキリアン・ムバッペのアカウント宛に「準備はいいかい」と投稿していた。 このツイートには多くのいいねやリツイートが集まったが、数時間後に削除されることに。どうやらこれは、フォーデンがツイートしたものではなかったようだ。 これは最近話題に上がっていた選手のSNSを管理している会社によって行われたものとのこと。選手本人が投稿しなかったが、アカウントを管理している会社が行なったため、見る側からすればフォーデンが投稿したと思っても仕方ない。しかし、この投稿をフォーデンの周りの人間が問題視し、最終的に削除に至ったとのことだ。 選手のSNS投稿の件については、元イングランド代表DFで解説者のギャリー・ネビル氏が以前指摘。本人が本当にやっているのか?と苦言を呈していたが、今回の件にもしっかりと反応した。 ネビル氏は自身のツイッターで、「数週間前、私はソーシャルディアの会社がアカウントを運営している選手について言及した。選手たちは自分でアカウント運用すべきだ!独立した考えと信憑性が危機に瀕している。それは君たちの声であり、他の誰の声でもない」とツイート。選手たちが自分のアカウントで他人に発言させるべきではないと見解を示した。 <span class="paragraph-title">【写真】フォーデンの削除されたツイートと、ネビル氏のありがたいお言葉</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">I mentioned on here a few weeks ago about players having their accounts run by social media companies. Lads run your own accounts! Your independent thought and authenticity is at stake . It’s your voice , not anyone else’s. Morning by the way . Go and attack the hell out of it <a href="https://t.co/M997r8kbWa">pic.twitter.com/M997r8kbWa</a></p>&mdash; Gary Neville (@GNev2) <a href="https://twitter.com/GNev2/status/1382544781692317699?ref_src=twsrc%5Etfw">April 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.15 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

狙ってもできない30m級の“スーパーオウンゴール”が誕生「今まで見た中で最高」

北アイルランド1部のコールレーンFCに所属する元北アイルランド代表MFジョシュ・カーソンが、自陣に芸術的なゴールを決めてしまった。 コールレーンFCは13日、第21節でグレントランFCとアウェイで対戦。1点を先制されるも逆転に成功し、1-2の1点リードで77分を迎える。 自陣で相手ボールをカットしたコールレーンだったが、不用意なパスミスを奪われ、再び相手ボールとなる。グレントランが前線に縦パスを入れると、このボールはコールレーン陣内の中央付近でルーズボールとなり、グレントランのMFフルヴォイェ・プラムとカーソンの競り合いに。 カーソンはボールを奪われまいと左足でスライディングタックルに行くが、プラムとの接触もあり、予想よりも強くボールを捉えてしまう。 ボールは高々と上がると、カーソンが守るべきコールレーン側のゴールへグングンと伸び、GKマーティ・ギャラガーの懸命のジャンプも届かず、30m級の“スーパーオウンゴール”となってしまった。 決めてしまったカーソンもピッチに座り込みながらしばらく呆然。コールレーンは同点に追いつかれ、そのまま2-2で試合を終えた。 イギリス『ガーディアン』も「私が今まで見た中で最高のオウンゴール」と伝えており、中々見ることができない“一発”だった。 ※写真はヨーク・シティ時代 <span class="paragraph-title">【動画】こんなに飛ぶのか!?30m級の“スーパーオウンゴール”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">When you win the ball in midfield...and beat your own keeper from 40 yards in the process <br><br>Seen a crazier own goal than this one from Coleraine&#39;s Josh Carson?<br><br>Report &amp; goals <a href="https://t.co/POPgwcwvcw">https://t.co/POPgwcwvcw</a><a href="https://twitter.com/hashtag/bbcfootball?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#bbcfootball</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/BBCIrishPrem?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BBCIrishPrem</a> <a href="https://t.co/Y9ZgH1Euzp">pic.twitter.com/Y9ZgH1Euzp</a></p>&mdash; BBC SPORT NI (@BBCSPORTNI) <a href="https://twitter.com/BBCSPORTNI/status/1382315995499540481?ref_src=twsrc%5Etfw">April 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.15 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチに人種差別的な侮辱発言、ツルヴェナ・ズヴェズダに罰金と無観客試合の処分

ツルヴェナ・ズヴェズダが、人種差別的な侮辱行為と新型コロナウイルス(COVID-19)のプロトコル違反により欧州サッカー連盟(UEFA)から処分を受けることとなった。イタリア『スカイ』が報じた。 事件が起こったのは2月にベオグラードで行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグのツルヴェナ・ズヴェズダvsミランの一戦。この試合で、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチに対し、人種差別的な侮辱があったとされている。 この試合ではベンチスタートとなったイブラヒモビッチは、スタンドで試合を観戦。この試合は無観客で行われていたが、試合中に何者かがイブラヒモビッチに対して侮辱的な発言をすることが確認されたとのことだ。 イブラヒモビッチの両親は、ボスニア・ヘルツェゴビナとクロアチアの出身であり、セルビアと同じバルカン半島出身の両親のルーツをめぐる差別発言があったとのことだ。 UEFAの懲戒委員会は、この件に関して人種差別的な侮辱と、挑発的で攻撃的な詠唱があったことを確認したとのことだ。 なお、これによりUEFA主催の次のホームゲームが無観客試合になるほか、1年間の執行猶予付きでもう1試合が密室になる可能性が残るとのこと.。罰金も2万5000ユーロ(約325万円)を科す事に決定した。 さらに、一部のファンを受け入れ、ソーシャル・ディスタンスを徹底しなかったこともあり、新型コロナウイルスのプロトコル違反として5000ユーロ(約65万円)の罰金が科されることとなる。 2021.04.15 18:55 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールの一部サポーターが愚行、レアルのチームバスを破壊…3年前にも同様の事件

リバプールの一部サポーターによる愚行が発覚していた。 イギリス『BBC』によると、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのリバプールvsレアル・マドリーの試合前に事件が起こっていた。 報道によると、試合に先駆けてアンフィールドにマドリーのバスが到着。しかし、この際にリバプールのサポーターが集まっており、マドリーのバスが通過する際にブーイングを浴びせたとのこと。さらに、ここでモノがバスに向かって投げられたとのことだ。 この投擲により、マドリーのバスの窓ガラス1枚が破損。リバプールのスタッフが片付けをしていたようだが、二重になった窓の1つが割れてしまったとのことだ。 リバプールの広報は「レアル・マドリーのチームバスが今夜アンフィールドに到着した際、損傷受けた原因となった行動をはっきりと非難します」とコメント。「それは数人による完全に容認することができない恥ずべき行為です。ご迷惑をおかけしたことをお詫びします」と非難するとともにマドリーに謝罪した。 また「我々はマージーサイド警察と協力し、事実を立証し、責任者を特定します」とし、破損させた犯人を探すとしている。 なお、リバプールのサポーターは以前にも全く同じ行為を行なっている。2018年のチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグで、マンチェスター・シティをホームに迎えた際、シティのチームバスに対して缶やビン、発炎筒などが投げられた。 当時もリバプールは「完全に容認できない」とその行為を強く非難。選手やスタッフらにケガ人はなかったが、警官2名が負傷していた。なお、その際の犯人には損害賠償として1万7000ポンド(約255万円)の罰金と、物を投げたことなどに対して5200ポンド(約78万円)の罰金が科されていた。 3年前に続いて再び愚行を働いてしまった一部のリバプールサポーター。結局チームはマドリーの前に敗戦しており、何の後押しにもならない愚行に終わってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】ファンの投擲により破損した窓ガラスを掃除するリバプールのスタッフ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Real Madrid&#39;s team bus was damaged on its way to Anfield for their <a href="https://twitter.com/hashtag/UCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCL</a> quarter-final second leg against Liverpool on Wednesday. <a href="https://t.co/lJGDX3gFbr">pic.twitter.com/lJGDX3gFbr</a></p>&mdash; Sky Sports News (@SkySportsNews) <a href="https://twitter.com/SkySportsNews/status/1382415801156780034?ref_src=twsrc%5Etfw">April 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.15 15:55 Thu
twitterfacebook
thumb

コロナ蔓延のスウェーデンで観客動員認められるも…5万人収容にたった8人、動物園には5000人

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もあり、世界各国では観客を迎え入れて試合を行えていないリーグがたくさんある。 Jリーグは制限がありながらも、今シーズンは全ての試合で観客を入れられている一方で、ヨーロッパ5大リーグやチャンピオンズリーグなどは無観客でシーズンが進んでいる状況だ。 そんな中、スウェーデンのアルスヴェンスカン(1部リーグ)では、ついに観客動員が認められたとのこと。しかし、その状況が異常だった。 アルスヴェンスカンは先週末に2021シーズンが開幕。その新シーズンから観客を動員できることが認められていた。しかし、イギリス『ガーディアン』によると、なんとその人数はたったの「8人」というから驚きだ。 Jリーグを例に挙げれば、緊急事態宣言下でも5000人か収容数の50%以下の少ない方、現在では1万人か収容数の50%の少ない方という制限がかけられており、少なくても2000人、多ければ7、8000人がスタンドで試合を観戦している。 スウェーデンは、現在1人あたりの新型コロナウイルスの発生率が世界で最も高い国の1つとなっている状況。死亡率も日本の20倍という状況だが、ショッピングセンターや動物園などはそれでも多くの人が出歩くことが可能となっている。 しかし、サッカーのスタジアムに集まれる人数は8名。これはスウェーデン政府が取り決めたものである「催し事には最大8名の参加を認める」というものが適用された形となる。 この状況を受け、スウェーデン・エリート・フットボールのマッツ・エンクヴィスト氏は、なぜスポーツが他の分野と異なる扱いを受けるのかが疑問だと述べた。 「我々は自分たちが実施に行なっていることが、大規模な活動として見られていないと感じている。保健当局がショッピングセンターやバーでの予防策を見つける方が我々よりも楽だと感じていると思う。なぜなのか本当にわからない」 実際に開幕したアルスヴェンスカンでは、AIKvsテーゲルフォルシュの試合では2-0でAIKが勝利したが、観客は8名のみ。同じ日にストックホルムにあるスカンセン動物園は5000人の入場が許可されていた。 また、8人のサポーターが集ったフレンズアリーナは収容人数が5万人。驚異的な収容率となってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】5万人収容のスタジアムで8人が見守った試合</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="fCYnwTxq_2M";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.04.15 15:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly