スパーズ、モウリーニョの解任考慮? 後任にナーゲルスマン名前も監督交代には大きなハードル…

2021.02.23 23:18 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムがジョゼ・モウリーニョ監督(58)の後任としてRBライプツィヒを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督(33)をリストアップしているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。

2019年11月からトッテナムの指揮を執り、今季で2年目のモウリーニョ監督。チームは今季のプレミアリーグにおいて、昨年11月中旬から12月中旬にかけて首位を走る時期もあったが、いまやチャンピンズリーグ(CL)出場圏内の4位ウェストハムとも9ポイント(1試合未消化)の差が生まれ、10勝6分け8敗の暫定9位に沈む。とりわけ、直近のリーグ戦6試合で1勝5敗と深刻な低迷に陥っている。


EFLカップで決勝進出、ヨーロッパリーグ(EL)でもベスト16進出をほぼ決定しており、まだまだ挽回のチャンスは十分にあるが、今後のヴォルフスベルガー、バーンリー、クリスタル・パレス、フルアムと格下相手の4連戦がひとまずポルトガル人指揮官の今後の去就を見定める判断材料となるようだ。

そして、ダニエル・レヴィ会長はモウリーニョ監督の解任に動く場合、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の解任後にも後任候補に挙がっていたナーゲルスマン監督の招へいを目指すようだ。

ホッフェンハイム、ライプツィヒで確かな手腕を発揮する青年監督は、国内外のビッグクラブ行きも噂される卓越した戦術家であり、先日にはプレミアリーグ行きにも関心を示していた。

ただ、2023年まで契約を残すモウリーニョ監督を解任する場合、巨額な違約金が必要なこと。同じくライプツィヒと2023年まで契約を残すナーゲルスマン監督には契約解除条項がなく、引き抜きには同じく巨額の違約金が必要なことから、監督交代を実現させるためには非常に大きなハードルがある。

関連ニュース
thumb

トッテナムOBがデレ・アリの現状に嘆き「ベンチで腐ったままにしておくべきではない」

元イングランド代表FWピーター・クラウチ氏が、トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリの現状を嘆いた。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 トッテナムの中心選手としてプレーしてきたデレ・アリは、今シーズン出場機会が激減。苦しい立場に立たされていたものの、先月に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグのヴォルフスベルガー戦に先発出場すると、1ゴール2アシストの大活躍。しかし、続くプレミアリーグ第26節のバーンリー戦では24分のみの出場に留まっていた。 今シーズン開幕前にはパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍も噂されるなどし、難しいシーズンを多くっているデレ・アリ。トッテナムのOBであり、現在は解説者を務めるクラウチ氏は、デレ・アリのこういった現状について変化を求めた。 「ヴォルフスベルガー戦はスタジアムで見ていたんだ。彼は目を輝かせていたし、ハングリーに見えた。確かに、対戦相手はあまり強くなかったが、クオリティが光っていたし、彼がいかに優れているかを思い知らされた」 「だから、昨日彼が不満を持っていたのは理解できる。彼は今シーズン、プレミアリーグで7試合の出場しかなく、あのクラスの選手としてはあまりにも多く欠場している」 「彼は腐ったままにしておくべきではないし、目的もなく漂っているだけのキャリアを送るべきではない」 「我々はチームの内部で何が起こっているのかを知ることはできないし、ジョゼ・モウリーニョがなぜこのような決断を下しているのかを尊重しなければならない。しかし、デレはバーンリー戦でベンチにいたことで完全に落ち込んでいただろう」 また、4-0で圧勝したバーンリー戦で高い得点力を見せつけた攻撃陣については「ベイルは我々が知っている姿に見えた。ハリー・ケインとソン・フンミンも燃えていた」とコメント。その攻撃陣にデレ・アリを組み込むシステムを提案した。 「そこにデレを加えれば、この国のどのチームよりもエキサイティングな前線4枚が揃うことになる。彼がまたチャンスを得られることを願っている」 2021.03.02 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ELトッテナムvsディナモ・ザグレブ、ホーム戦とアウェイ戦の日程が逆に

欧州サッカー連盟(UEFA)は1日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16のトッテナムとディナモ・ザグレブの試合日程を変更することを発表した。 2月26日に行われた組み合わせ抽選会で決まっていたカード。当初は1stレグをディナモ・ザグレブのホーム、2ndレグをトッテナムのホ-ムでそれぞれ行う予定だった。 しかし、今回その日程を逆転させることで合意。1stレグを11日にトッテナムの本拠地であるトッテナム・ホットスパースタジアムで、2ndレグを18日にディナモ・ザグレブの本拠地スタディオン・マクシミールで開催する予定に。 ホーム戦とアウェイ戦の順番が逆となったこの変更は、同大会規則の第21条に則った形であり、その内容は同じ都市の2つのチームが、同日にホームでプレーすることは避けなければならないというもの。トッテナムと同じロンドンに本拠地を置くアーセナルが、18日にELラウンド16のオリンピアコス戦をホームで行う予定だったことから、この規則が適用。トッテナムの日程を変更することとなった。 UEFAは「この件に関して緊密に協力してくれたディナモ・ザグレブとトッテナム・ホットスパーに謝意を表する」と日程変更に応じた両チームに感謝の言葉を送っている。 2021.03.02 11:25 Tue
twitterfacebook
thumb

完全復活の色を濃くするベイル「幸せだ。それをピッチで表現できている」

トッテナムのウェールズ代表FWガレス・ベイルが喜びの心境を語っている。イギリス『BBC』が報じた。 トッテナムは2月28日に行われたプレミアリーグ第26節でバーンリーと対戦して、4-0の白星。先発したベイルは2得点1アシストの活躍を披露して、ここリーグ6試合でわずか1勝にとどまり、2連敗中のチームに勝利をもたらした。 昨夏にレアル・マドリーからのレンタルで愛するクラブに戻って以降も輝きを取り戻せず、批判も少なくなかったが、ここ公式戦4試合で4ゴールとここに来て調子を上げるベイル。バーンリー戦後、充実ぶりを口にした。 「複数ゴールを決め、アシストも記録して、チームのためにできることは何だって嬉しい。シーズン中、ずっと幸せだった」 「ドレッシングルームは居心地が良く、楽しめてもいる。幸せだ。それをピッチ上で表現できていると思う」 「完全にフィットするために少しずつ準備をしてきた。今は調子が上がり、自分のフォームが戻ってきた感じもある。チームの助けになれて良かった」 「ひたすら頑張るだけだ。批判があるのもわかっているが、立ち向かっていく経験が十分にある。馬鹿なことを言わず、コツコツとやっていける」 2021.03.01 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

快勝のスパーズ、モウリーニョは2G1Aのベイル称賛 「コンディションが非常に良い」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督がプレミアリーグでの快勝を喜んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。 トッテナムは2月28日に行われた第26節でバーンリーと対戦。前節のウェストハム戦を落として、リーグ連敗となったものの、この日はFWガレス・ベイルが2ゴール1アシストもあり、4-0のスコアで完勝を収めている。 順位を8位に上げ、1試合未消化でありながら4位との勝ち点差も「6」まで縮めたモウリーニョ監督は試合後、ヨーロッパリーグ(EL)での快勝に引き続き、好パフォーマンスを披露したチームを称えている。 「ELの4-0という結果自体にはあまり意味を持たないが、良いパフォーマンスだったと思う。そして、今日はより勝利が必要となる重要な試合だった。勝ち点3が必要であり、その方法は94分に勝ち越しゴールを決めてのものでも良かった。だが、もちろん、自分たちのやり方で勝てる方が良い」 「堅実で優れたパフォーマンスだったと思う。開始2、3分でゴールを決められれば、状況は少し楽になるね。ハーフタイムまでで3-0になったのは重要だったが、バーンリーは最後の1秒までベストを要求してくるチームだ。結果はどうであれ、最後まで走り続ける」 「チームはたくさんの努力をしたと思う。非常にポジティブなチームパフォーマンスだった。92分と93分に、2つのCKが相手にあったが、我々は4-0ではなく、1-0のときのように守れた。この姿勢こそが根本的にチームが必要とすることなんだ」 また、モウリーニョ監督はこの試合で大活躍だったベイルにも言及。ゴールという結果だけでなく、パフォーマンス全般に満足感を示した。 「2ゴールだけでなく、根本的に彼には今日のような強度のパフォーマンスが重要だったんだ。今の彼は一定ではなく、プレーするエリアをときには外、ときには中に位置を変えたり、スピードに緩急をつけられたりしている」 「彼は非常に良いプレーをしてくれた。コンディションも非常に良い。何より、チームの勝利に貢献してくれたことが最も重要だ。彼には満足しているよ」 2021.03.01 11:58 Mon
twitterfacebook
thumb

圧巻2G1Aのベイルが完全復活の兆し! 攻撃陣爆発のスパーズがリーグ3戦ぶりの白星!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第26節、トッテナムvsバーンリーが2月28日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが4-0で圧勝した。   現在、9位のトッテナム(勝ち点36)は前節、ウェストハムとのダービーに惜敗して直近のリーグ戦6試合で5敗と低迷。15位のバーンリー(勝ち点28)をホームで迎え撃ったこの一戦では2試合ぶりの白星を目指した。   控え中心のスカッドで臨んだ直近のヨーロッパリーグ(EL)ではヴォルフスベルガーを4-0で圧倒し、順当にラウンド16進出を決めた。なお、ウェストハム戦からは先発3人を変更。タンガンガ、ダイアー、ラメラに代えてオーリエ、アルデルヴァイレルト、ベイルが起用された。   試合は開始早々に動く。2分、相手陣内左サイドでボールを受けたソン・フンミンが右足インスウィングの低いクロスをゴール前に入れると、ギリギリでオフサイドをかいくぐったベイルが右足のワンタッチで合わせて公式戦2試合連続となる今季リーグ戦2点目とした。   先発に抜擢したベイルが早速結果で応えたトッテナムは失点以降、前がかりになるアウェイチームの攻勢に晒される一方、幾度もカウンターチャンスが訪れる。6分にケインが際どいミドルシュートを放つと、10分にはソン・フンミンとのパス交換で中央を破ったルーカス・モウラがゴール前まで持ち込んで鋭いシュートを枠に飛ばすが、これはGKポープのビッグセーブに阻まれる。   それでも先制点に気を良くするウェールズ代表FWが再び魅せる。15分、自陣ボックス手前でボールを受けたベイルから絶妙なフィードが左サイドのスペースに走り込むケインに通る。ケインは冷静にボックス内まで運んで右足を振ると、DFタルコウスキにディフレクトしたボールがゴールネットに突き刺さった。   狙っていた形から追加点を奪ったトッテナムは以降も相手を自陣に引き込みながら鋭いロングカウンターで決定機を創出する。31分にはベイルのサイドチェンジを受けたレギロンの左サイドからのクロスがDFに当たってゴール前にこぼれると、これをルーカスが足元で収めて左足の鋭いシュートをゴール左隅に突き刺し、リーグ2試合連続ゴールとした。   自慢の攻撃陣の躍動によって効率よく得点を重ねたホームチームは、以降も相手の反撃をきっちり撥ね返し続けて前半を3点リードで終えた。   後半はやや省エネモードの入りを見せたトッテナムだが、完全復調の気配を漂わすベイルの勢いが止まらない。55分、左サイドのハーフウェイライン付近から持ち上がったソン・フンミンが中央からニアへ斜めのランニングでDFを引っ張ったルーカスの空けたスペースに走り込むベイルへ丁寧なパスを通す。ベイルはワントラップから絶妙な左足のシュートをゴール左隅の完璧なコースに突き刺し、試合を決定づける4点目を挙げた。   その後、66分にルーカスに代えてデレ・アリ、70分には殊勲のベイルを下げてラメラをピッチに送り込んだトッテナムだが、以降も攻撃の手を緩めない。71分にはケインの強烈なミドルシュート、73分にはソン・フンミンと決定的なシュートを放っていくが、いずれもGKポープの好守に阻まれた。   5点目こそ奪えなかったものの、アウェイチームの終盤のパワープレーを冷静に撥ね返し続けたトッテナムがクリーンシートで試合を締めくくり4-0の圧勝。怪物ベイルが完全復活の兆しを色濃く示した実りある内容でリーグ3戦ぶりの白星を手にした。 2021.03.01 00:53 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly