スパーズ、モウリーニョの解任考慮? 後任にナーゲルスマン名前も監督交代には大きなハードル…

2021.02.23 23:18 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムがジョゼ・モウリーニョ監督(58)の後任としてRBライプツィヒを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督(33)をリストアップしているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。2019年11月からトッテナムの指揮を執り、今季で2年目のモウリーニョ監督。チームは今季のプレミアリーグにおいて、昨年11月中旬から12月中旬にかけて首位を走る時期もあったが、いまやチャンピンズリーグ(CL)出場圏内の4位ウェストハムとも9ポイント(1試合未消化)の差が生まれ、10勝6分け8敗の暫定9位に沈む。とりわけ、直近のリーグ戦6試合で1勝5敗と深刻な低迷に陥っている。


EFLカップで決勝進出、ヨーロッパリーグ(EL)でもベスト16進出をほぼ決定しており、まだまだ挽回のチャンスは十分にあるが、今後のヴォルフスベルガー、バーンリー、クリスタル・パレス、フルアムと格下相手の4連戦がひとまずポルトガル人指揮官の今後の去就を見定める判断材料となるようだ。

そして、ダニエル・レヴィ会長はモウリーニョ監督の解任に動く場合、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の解任後にも後任候補に挙がっていたナーゲルスマン監督の招へいを目指すようだ。

ホッフェンハイム、ライプツィヒで確かな手腕を発揮する青年監督は、国内外のビッグクラブ行きも噂される卓越した戦術家であり、先日にはプレミアリーグ行きにも関心を示していた。

ただ、2023年まで契約を残すモウリーニョ監督を解任する場合、巨額な違約金が必要なこと。同じくライプツィヒと2023年まで契約を残すナーゲルスマン監督には契約解除条項がなく、引き抜きには同じく巨額の違約金が必要なことから、監督交代を実現させるためには非常に大きなハードルがある。
関連ニュース
thumb

ケインとシグルドソン2発のスパーズとエバートンは痛み分け《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第32節、エバートンvsトッテナムが16日に行われ、2-2で引き分けた。 ここ2試合引き分け5戦勝ちのない8位エバートン(勝ち点48)と、前節マンチェスター・ユナイテッドに逆転負けした7位トッテナム(勝ち点49)によるチャンピオンズリーグ出場権争いへ生き残りを懸けた一戦。 共に[3-5-2]で臨んだ中、立ち上がりからボールを握ったエバートンが最初にチャンスを迎える。22分、ハメス・ロドリゲスのスルーパスを受けたリシャルリソンがボックス左からシュートに持ち込んだが、GKロリスの好守に阻まれた。 すると27分、トッテナムが先制する。左サイドからのエンドンベレのクロスがファーサイドに流れところを、ケインが見事なトラップで収め、左足ボレーでゴール左に蹴り込んだ。 ケインの今季20点目で先手を取ったトッテナムだったが、エバートンが30分にPKを獲得する。左サイドからのクロスに対し、ボックス中央のハメス・ロドリゲスがシュートに持ち込みかけたところで後方からレギロンに倒された。 このPKをシグルドソンが決めてエバートンがすかさず追い付くと、37分にはハメスが強烈なミドルシュートを浴びせれば、1分後にはシグルドソンとのパス交換からボックス中央に侵入したハメスが決定的なシュートに持ち込むも、GKロリスの好守に阻まれる。 1-1で迎えた後半、52分にソン・フンミンがドリブルシュートでゴールに迫ったトッテナムは、57分に右CKからアルデルヴァイレルトが際どいヘディングシュートを放った。 しかし62分、エバートンが逆転に成功する。直前に投入されていたコールマンがリシャルリソンとのパス交換から右サイドを突いてクロスを上げると、シグルドソンが左足ダイレクトでゴール左へ流し込んだ。 追う展開となったトッテナムはルーカス・モウラとラメラを投入。すると、68分に追いついた。ラメラが右サイドからクロスを上げると、相手DFが重なってルーズとなったボールをケインがボレーで蹴り込んだ。 その後は互いにゴールに迫った中、84分にエバートンに決定機。直前に投入されていたJ・キングがハメスのスルーパスに反応してシュートに持ち込むも、GKロリスの守備範囲だった。 終盤にかけてはエバートンの攻勢が強まったが、試合は譲らず2-2で終了。痛み分けに終わり、上位陣にプレッシャーをかけることができなかった。 2021.04.17 05:56 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナムFWラメラがセリエA復帰? ナポリへの移籍が濃厚か

ナポリがトッテナムのアルゼンチン代表FWエリック・ラメラ(29)を獲得することに興味を持っているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じた。 ラメラはリーベル・プレートの下部組織出身で、2010年7月にトップチーム昇格。2011年8月にローマへと完全移籍。2013年8月にトッテナムへと移籍していた。 トッテナムでは公式戦253試合に出場し37ゴール47アシストを記録。ラボーナでゴールを決めるなど、驚くべきパフォーマンスを見せる一方で、ケガに苦しむことも多いキャリアとなっている。 トッテナムとの契約は2022年6月30日までとなっているが、ラメラはセリエAに戻りたいと考えているとのこと。ナポリへの移籍を望んでいると報じられている。 ミランも獲得に興味を示している中でのナポリ移籍への動きだが、残り契約が1年となるため、移籍金は500万〜1000万ユーロ(約6億5000万〜13億円)になるとみられている。 一方で、年俸に関しては480万ユーロ(約6億2500万円)をトッテナムからは受け取っているが、実質的に半分になる必要があるとのこと。果たして、ナポリへの移籍は実現するだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ラメラと言えば、衝撃のラボーナゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0UkJsODJ0QyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.16 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートン戦のスパーズ、現在7位と不調も…ルーカス・モウラ「進むべき道は1つしかない」

トッテナムに所属するブラジル代表FWルーカス・モウラがエバートン戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 トッテナムは16日、プレミアリーグ第32節でエバートンと対戦する。4位と5ポイント差の開きがあるなかで、トップ4を争うエバートンの本拠地グディンソン・パークに乗り込み、直接対決に挑む。 14日の練習後にクラブのインタビューを受けたルーカス・モウラは現状について「確かに厳しく、苦しい時期だ」としつつ、リーグ7位からの巻き返しに意欲を示した。 「進むべき道は1つしかない。それは最後までハードワークを続け、戦うことだ。なぜなら、今シーズンを良い形で終えることはまだ可能だからね」 「今は難しくても、戦おう。この選択肢しかないんだ。後ろを見るのではなく、前を見なければならないよ」 「ここ数試合は大変だったけど、フットボールの良いところは常に次のチャンスがあるということだ」 「金曜日に試合があるから、勝ってまた、調子を取り戻せるかもしれない。それだけだよ。最後まで戦う必要がある」 また、ルーカス・モウラは今回の対戦相手であるエバートンに4-5で敗れたFAカップ5回戦についても言及。「あの試合で何が良かったのかを思い出す必要がある」とした上で、「確かに5失点は許されるものじゃないけど、僕らには試合に出て、良いプレーをして、勝ち点3を獲得する能力がある」と意気込んだ。 2021.04.16 18:13 Fri
twitterfacebook
thumb

トップ4争いの大一番エバートン戦へ! モウリーニョ「完全に集中する必要がある」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督がエバートン戦に向けて意気込みを語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 トッテナムは16日、プレミアリーグ第32節でエバートンと対戦する。前節のマンチェスター・ユナイテッド戦で1-3の逆転負けを喫しての今節もトップ4入りを争うライバルとの直接対決となる。 モウリーニョ監督は試合に先駆けた会見で、25日に行われるEFLカップ決勝のマンチェスター・シティ戦に勢いもつけたいとしつつ、この一戦自体の重要性を強調した。 「我々全員にとって、重要な瞬間となるだろうカップ戦決勝に向けた大事な9日間が始まる。この試合の結果に限らず、最高の気持ちで決勝に臨みたいと思うが、決勝はまだ少し先の話だ」 「この試合もとても重要だ。両チームの勝ち点差は少なく、試合数は相手の方が1試合少ない」 「目的も似ている。彼らは我々や他のクラブと共に戦い、可能な限り最高のポジションを獲得しようとしている。我々は非常に難しい試合に向けて完全に集中する必要がある」 また、「我々2つのクラブは、非常に近いポジションにあるが、他のクラブだってたくさんいる」と、敗れてもチャンピオンズリーグ(CL)の出場権獲得が不可能になるわけではないと語った。 「我々よりポイントが多いクラブ、少ないクラブがあるが、獲得できる勝ち点はまだ20ポイント以上もある。私はまだ、オープンな展開だと思っている」 2021.04.16 17:35 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズ守護神ロリス、シーズン終盤戦に意気込み「最高の形で締めくくりたい」

トッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスがシーズン終盤戦に向けて、意気込みを語った。 トッテナムは今季、開幕当初こそプレミアリーグ首位に立った時期もあったが、そこから失速し、31試合を消化した現時点で7位に位置。また、ヨーロッパリーグ(EL)、FAカップでも敗退したことで、トロフィーを獲得するチャンスが残っているのは25日に決勝が行われるEFLカップのみとなっており、低調なシーズンを送っている。 イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューを受けたロリスは、「今シーズンは成功していると言えるか?」という質問に「成功かどうかはまだわからない。ここまでは大変なシーズンだったけどね」と返答。トロフィー獲得の最後のチャンスとなるEFLカップ決勝に向け、意気込んだ。 「ドレッシングルームにいるすべての選手に、何がほしいかと尋ねれば、トロフィーを勝ち取ることだと答えるだろう。それを達成することが最も難しいのだけどね」 「すべてはシーズンをどう終えるかにかかっている。決勝戦もあるので、もしトロフィーを獲得できれば、それはポジティブなことだ」 また、2nd レグで大逆転を許し、敗戦したELラウンド16のディナモ・ザグレブ戦については「まだ傷ついているよ。シーズンをきれいに終わらせることはできないだろうね。ELは野望であり、目標だった」と語ったロリス。しかし、これからの終盤戦におけるパフォーマンスによって、今季全体の出来が決まると、残り8試合の重要性を強調した。 「まだ何試合か残っているから、今シーズンを良いものにするために戦わなければならないよ。すべてを出し切り、できる限りのことをして、最後の試合の後に自分たちの位置を確認したい」 「終わりに向かっているシーズンを最高の形で締めくくりたいね」 2021.04.16 15:04 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly