サンパオリ監督がアトレチコ・ミネイロと契約解消! マルセイユ行きが決定的に

2021.02.23 22:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレチコ・ミネイロは22日、ホルヘ・サンパオリ監督(60)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。これまでチリ代表やアルゼンチン代表、セビージャなどの指揮官を歴任してきたサンパオリ監督はサントスの指揮官を経て、今シーズンからアトレチコ・ミネイロの新指揮官に就任。


カンピオナート・ミネイロ制覇に加えて、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAを3位でフィニッシュさせ、コパ・リベルタ・ドーレス出場権獲得に導いた。

クラブとの契約は2021年末となっていたが、予てよりマルセイユの新指揮官候補に挙がっていた同監督は、フランス行きに向けて契約解消の話し合いを行っており、シーズン終了後のこのタイミングでの合意に至った。

これにより、アンドレ・ビラス=ボアス前監督(44)の後任として、DF酒井宏樹、DF長友佑都を指導することが決定的となった。
関連ニュース
thumb

ロシアW杯の日本戦でゴールの元コロンビア代表MFキンテーロが中国の深センへ完全移籍

中国スーパーリーグの深センは1日、リーベル・プレートの元コロンビア代表MFフアン・キンテーロ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。 キンテーロは母国のエンビガードでキャリアをスタート。その後は、アトレティコ・ナシオナルへと移籍すると、2012年7月にペスカーラへとレンタル移籍。2013年7月に完全移籍を果たしていた。 その後、2015年8月にポルトへと完全移籍。ポルト加入後もレンタル移籍を繰り返し、スタッド・レンヌやインデペンディエンテ・メデリン、リーベル・プレートでプレー。2019年1月にリーベル・プレートへと完全移籍していた。 リーベル・プレートでは公式戦60試合に出場し10ゴール7アシストを記録していた。 優れたボールテクニックとドリブル、精度の高いキックやパスのアイデアが特徴のキンテーロはトップ下を中心に、中盤の様々なポジションでプレーが可能な攻撃的な選手だ。 また、コロンビア代表としても22試合に出場し3ゴールを記録。2014年、2018年とワールドカップに2度出場し、ロシア・ワールドカップでは日本代表戦で壁の下を抜く絶妙なFKからゴールを記録していた。 2021.03.02 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

監督解任のクロトーネがコズミ氏を監督に招へい、6連敗でセリエA最下位

セリエAのクロトーネは1日、セルセ・コズミ氏(62)を新監督に招へいすることを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 コズミ氏は、これまでペルージャやジェノア、ウディネーゼ、ブレシア、パレルモなどで指揮。昨シーズンはペルージャで指揮を執っていたが、2020年7月にチームを去り、無所属となっていた。 これまでセリエAでは230試合を指揮し、63勝70分け97敗という状況。ペルージャの指揮官として良く知られている。 クロトーネは、3シーズンぶりにセリエAに昇格。しかし、現在は6連敗中で24試合を消化したセリエAで最下位に沈んでいる状況。残留圏内の17位トリノとは8ポイント差を付けられており、残りの試合で残留を目指すため、ジョバンニ・ストロッパ監督(53)を解任していた。 クロトーネは3日にアタランタとのリーグ戦を控えており、トリノ、ラツィオ、ボローニャ、ナポリとの試合が続いている。 2021.03.02 09:45 Tue
twitterfacebook
thumb

今季CL初参戦のレンヌ、ステファン監督が辞任

レンヌは1日、ジュリアン・ステファン監督(40)の辞任を発表した。 今季、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)に出場していたレンヌは、リーグ・アンでは26試合を消化した段階で10勝8分け8敗の9位に位置。しかし、ここ6試合勝利がなく3連敗中だった。 2015年にレンヌのBチーム指揮官に就任したステファン監督は、2018年12月にトップチームの監督に就任。昨季はリーグ・アンで3位となり、クラブを初のCL出場に導いていた。 2021.03.01 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

6連敗中で最下位に沈むクロトーネ、ストロッパ監督を解任

クロトーネは1日、ジョバンニ・ストロッパ監督(53)の解任を発表した。 現在、6連敗中で24試合を消化したセリエAで最下位に沈むクロトーネ。残留圏内の17位トリノとは8ポイント差を付けられている。 2018年12月に2度目のクロトーネ指揮官に就任したストロッパ監督は、昨季セリエBで2位に導き、クロトーネを3季ぶりのセリエA昇格に導いていた。 なお、後任候補には元ペルージャ指揮官でお馴染みのセルセ・コズミ氏(62)の名前が挙がっている。 2021.03.01 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

堂安&奥川のビーレフェルト、ノイハウス監督を解任

MF堂安律とMF奥川雅也の所属するビーレフェルトは1日、ウーベ・ノイハウス監督(61)を解任したことを発表した。 現在、23試合を消化したブンデスリーガで残留プレーオフに回れる16位に位置するビーレフェルトだが、ここ5試合で4敗を喫しており、降格圏の17位マインツとは1ポイント差に迫られていた。 ウニオン・ベルリンやディナモ・ドレスデンで指揮を執った経歴を持つノイハウス監督は、2018年12月にビーレフェルトの指揮官に就任。昨季ブンデス2部で優勝を果たし、ビーレフェルトを12シーズンぶりの1部復帰に導いていた。 2021.03.01 22:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly