もはや芸術…!C・ロナウドが見せたアクロバティックなジャンピングバックヒール【スーパーゴール図鑑/レアル・マドリー編】

2021.02.22 18:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
【得点者プロフィール】
クリスティアーノロナウド(当時26歳)
国籍:ポルトガル
所属:レアル・マドリー
ポジション:FW
身長:187cm2003年に加入したマンチェスター・ユナイテッドで世界屈指のアタッカーとしてその名を全世界に知らしめたC・ロナウドは、2009年に夏にレアル・マドリーへ移籍。スター軍団が集まる同クラブの象徴的存在として活躍を続け、2018年に退団するまでの9年間で公式戦438試合450ゴールという圧巻の数字を残している。


【試合詳細】
日程:2011年10月22日
大会:ラ・リーガ第9節
対戦相手:マラガ
時間:前半38分(3-0)

◆ロナウドの芸術的ゴラッソ!

前半からアウェイのマドリーが試合を支配する展開となったこの試合では、先制したマドリーが、C・ロナウドの2得点を含む3点のリードを奪う。

すると38分、ハットトリックがかかった大事な場面で、C・ロナウドが魅せる。コーナーキックのチャンスを得たマドリーは、キッカーのFWアンヘル・ディ・マリアがインスイングのボールを入れる。これをファーサイドのDFセルヒオ・ラモスが頭で折り返すと、中央でフリーになっていたC・ロナウドが、ジャンピングバックヒールシュート。アクロバティックな体勢から放たれたボールはゴールの左隅に吸い込まれ、スーパーゴールで自らのハットトリックを飾ってみせた。

このスーパーゴールなどで、前半だけで4-0としたマドリーは、後半も危なげなく試合を進め、そのまま勝利している。
関連ニュース
thumb

これぞワールドクラス!レヴァンドフスキが見せたアクロバティックな回転ハイキックボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆回転ハイキックボレー!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJPdGJjVTZKWCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ドルトムントでリーグ屈指のストライカーとして頭角を現したレヴァンドフスキは、2014年夏にバイエルンへ加入。ゴールを量産し、ワールドクラスのストライカーとして評価を上げている。 ドイツの絶対王者バイエルンのエースストライカーとして活躍を続けるレヴァンドフスキだが、2021年2月15日に行われたブンデスリーガ第21節のビーレフェルト戦では、アクロバティックなゴールを決めている。 格下のビーレフェルト相手に前半だけで2失点を許し、0-2で迎えた48分、相手陣内中央やや右でボールを持ったDFダビド・アラバが浮き球のボールをボックス内に上げる。 このパスをゴール前で抜け出して受けたレヴァンドフスキは、ゴールに背を向けた状態から、柔らかい胸トラップで空中にボールを上げると、振り返りながらハイキックでボレーシュート。至近距離からゴール左下にシュートを叩き込み、反撃の狼煙を上げるゴールを決めた。 その後1-3とリードを広げられたバイエルンだったが、反撃に成功し、3-3の引き分けに持ち込んでいる。 <span data-sg-movie-id="860" data-sg-movie-title="【これぞワールドクラス!】レヴァンドフスキが見せたアクロバティックな回転ハイキックボレー"></span> 2021.02.28 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

守備の要が見せた驚異のキック精度!チアゴ・シウバが見せた針の穴を通すようなコントロールミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は、チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバがミラン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆シウバのピンポイントシュート<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJCZGdodDYxZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国ブラジルでのデビューを経て、ポルトガルやロシアで経験を積んだシウバは、2009年1月にミランに加入。守備の要として名門クラブを最終ラインから支えた。 抜群の守備力で最終ラインを引き締めるシウバだが、2011年11月27日に行われたセリエA第13節のキエーボ戦では、珍しい攻撃面での貢献をみせている。 試合開始間もない8分、MFケビン=プリンス・ボアテングがボックス右角付近でボールを持つと、マイナスの緩いパスを中央に送る。このパスにシウバが走り込んでシュートを合わせると、インサイドで狙いすましたシュート。素早いグラウンダーのシュートは、ゴール前の密集をすり抜け、GKのリーチの届かないギリギリのコースを通って、ゴール左下にピンポイントで決まった。 シウバの珍しいゴールで先制したミランは、勢いに乗り4ゴールの大暴れ。4-0で快勝している。 <span data-sg-movie-id="857" data-sg-movie-title="【驚異のキック精度!】チアゴ・シウバが見せた針の穴を通すようなコントロールミドル"></span> 2021.02.27 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

一瞬の加速と驚くべき決定力!頼れる男ハムシクの強みが詰まった決勝ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は大連人職業足球倶楽部に所属するスロバキア代表MFマレク・ハムシクがナポリ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ハムシクが見せた驚異の決定力<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4cFRuaDlieiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ハムシクは2007年夏から通算11シーズン半ナポリに在籍。公式戦通算520試合に出場し、121ゴール111アシストという記録を残した同クラブのレジェンドだ。 MFとして高い総合力を持ち、決定的な仕事に絡むことを得意としたハムシクは、主将としてもチームをまとめていたが、2011年4月30日に行われたセリエA第35節のジェノア戦では、見事なゴールを決めている。 0-0のまま試合が推移し、このまま引き分けで終わるかと思われた83分、自陣に引いて守りを固めるジェノアに対して後方のDFサルバドーレ・アロニカがボックス内にロングボールを入れる。 ペナルティーアーク内でFWエディンソン・カバーニがヘディングでボールを逸らしてボックス内右にいたハムシクにボールを繋ぐと、咄嗟の胸トラップでボールを前に出したハムシクが急加速でDFを置き去りに。ゴール右で少しのスペースを得ると、狙いすましたグラウンダーシュートをゴール左に沈め、均衡を破る先制ゴールを決めてみせた。 終盤でついにリードを奪ったナポリ。試合はそのまま1-0で終了している。 <span data-sg-movie-id="853" data-sg-movie-title="【一瞬の加速と驚くべき決定力!】頼れる男ハムシクの強みが詰まった決勝ゴール"></span> 2021.02.27 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

華麗な直角ターン!“NEXTエトー”が相手を鮮やかに抜き去って決めたピンポイントシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はディナモ・モスクワのカメルーン代表FWクリントン・エンジエがマルセイユ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆“NEXTエトー”の決定力<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJDMmllV3piSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> カメルーンで生まれ、名門リヨンの下部組織に入団したエンジエは、同クラブでデビューを果たすと、トッテナムでのプレーを経て2016年夏にマルセイユに加入。現在はロシアに活躍の場を移している。 スピードを活かしたドリブル突破と高い得点力で“NEXTエトー”とも呼ばれたエンジエだが、2018年9月23日に行われたリーグ・アン第6節のマルセイユ戦では、見事なゴールを決めている。 1-4とマルセイユビハインドの82分、左サイドを攻めたマルセイユは、MFディミトリ・パイエがボックス内へパス。エンジエがこのパスに抜け出すと、ボックス内でマークに来た相手DFを鮮やかなキックフェイントで抜き去ると、すかさずシュート。狙いすましたシュートがゴール右ポストの内側に跳ね返ってゴールインした。 何とかリードを縮めたマルセイユだったが、反撃もここまで。2-4でリヨンに敗れている。 <span data-sg-movie-id="851" data-sg-movie-title="【華麗な直角ターン!】“NEXTエトー”が相手を鮮やかに抜き去って決めたピンポイントシュート"></span> 2021.02.27 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

守備職人ネスタが決めたクラブを世界一に導く豪快ボレーシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表DFアレッサンドロ・ネスタ氏がミランで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆守備職人ネスタの大一番での一発<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmWk1zc2M5TyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ラツィオでプロデビューを果たしたネスタ氏は、2002年夏にミランに加入。以降チームの守備の要の1人としてクラブの黄金期を支えた。 抜群のセンスを活かしたエレガントな守備で知られるネスタ氏は、得点を決める機会は少なかったものの、2007年12月16日に行われたFIFAクラブワールドカップ決勝のボカ・ジュニアーズ戦では、豪快なゴールを決めている。 前半を1-1で折り返して迎えた50分、ボックス右でミランがFKのチャンスを得ると、MFアンドレア・ピルロが低めのクロスをボックス内に入れる。このボールにMFマッシモ・アンブロジーニがボレーシュートを試みるも空振り。しかし軸足に跳ね返ったボールが後ろにいたネスタへ絶好パスになり、ネスタがボレーシュート。完璧にミートしたシュートはゴール左上に一直線に飛んでいき、見事な勝ち越しゴールとなった。 このゴールで勢いに乗ったミランは、4-2で勝利。見事世界チャンピオンに輝いている。 <span data-sg-movie-id="849" data-sg-movie-title="【世界一に導く!】守備職人ネスタがクラブW杯で決めた豪快ボレーシュート"></span> 2021.02.26 20:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly