公式戦10連勝を逃したセビージャ、指揮官はポジティブな要素を見出し意気込む「野心と熱意を持って向かう」

2021.02.18 12:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャのフレン・ロペテギ監督が、ドルトムント戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。セビージャは17日にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグでドルトムントをホームに迎えた。

公式戦9連勝、7試合連続クリーンシートと絶好調を維持していたセビージャだったが、この試合はドルトムとの前に苦戦。開始7分でスソが先制ゴールを奪い幸先良い展開になると思われたが、アーリング・ハーランドに2ゴールを許すなど、前半だけで1-3とアウェイゴールを3つも与えてしまう展開となる。

終盤にルーク・デ・ヨングが1点を返すも、2-3で敗れたセビージャ。1月12日にラ・リーガでアトレティコ・マドリーに負けて以来1カ月ぶりの敗戦について、ロペテギ監督は良くないとしながらも、2ndレグでの巻き返しを誓った。

「結果は良くない。ドルトムントにホームで負けることは決してポジティブなことではないが、残りの試合は1つあり、そこに可能性を保ったつもりだ」

「我々は野心と熱意を持って向かう。敗戦に値するものではないが、彼らには世界で最高の選手の1人がいて、違いを生み出し、それは重すぎる罰だった」

「後半、チームは立ち直り、しっかりと締めて、引き分けのチャンスもあった。すぐに立ち上がり、これからのためにしっかりと回復する必要がある」

後半は追いつくチャンスがありながらも敗れたセビージャ。立ち上がりが良くなかったと振り返った。

「引き分けに値したと思うし、いくつかのゴールが奪えただろう。前半、彼らはゴールに迫るたびに我々に罰を与え、レフェリーも非常に高いレベルのジャッジをしてくれたので、すぐに適応する必要があった。その後、我々は良くなっていった」

それでもチームにはポジティブな要素があったとのこと。アウェイでの2ndレグへ改めて意気込みを口にした。

「回復する時がやってきた。敗戦は良くないので、気を取り直さなければいけない。ただ、反撃を許さないなど前向きなことはあった」

「結果以外にもポジティブなことはある。良くなかったが、私が言ったように野心と熱意を持って、彼ら倒すために向かう」

関連ニュース
thumb

2日間に渡るダービー制したベティスが8強進出! 相手サポ愚行でジョルダン負傷のセビージャは勇敢に戦うも敗退…《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ4回戦、ベティスとセビージャによるセビージャ・ダービーが16日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、2-1で逆転勝利したベティスが準々決勝進出を果たした。 リーグ戦で3位に付けるベティスと、2位のセビージャによる、コパ8強進出を懸けた今季2度目のダービー。 敗れたラ・リーガの前回対戦からのリベンジを狙うホームのベティスは、直近のリーグ戦から先発2人の変更に留め、カナレスやフェキル、ギド・ロドリゲス、フアンミら主力を起用した。 一方、ダービー連勝を狙うセビージャだが、アフリカ・ネーションズカップ参戦中の守護神ブヌやエン=ネシリ、ムニルに加え、フェルナンド、セカンドGKドミトロビッチが直前のケガで欠場となり、この試合では若手GKアルフォンソ・パストール、グデリ、レキクらを代役に起用。その一方で、ポルトから加入したヘスス・コロナが早速ベンチ入りを果たした。 ホームで敗れた前回対戦のリベンジを期すベティスが押し込む入りを見せると、開始9分にセットプレーから続けてチャンスが訪れる。左CKの場面でキッカーのフェキルが左足アウトスウィングのクロスを入れると、競り勝ったペッセーラがドンピシャのヘディングシュート。だが、これは惜しくも右ポストを叩く。さらに、このこぼれに反応したエドガル・ゴンサレスが豪快なオーバーヘッドシュートを放つが、DFグデリの頭に当たったボールはわずかにクロスバーの上を越えた。 開始早々の先制点とはならなかったが、以降も球際の勝負で上回るホームチームが優勢に試合を進め、ギド・ロドリゲスの強烈なミドルシュートなどで相手ゴールに迫る。 だが、前回対戦同様に勝負所を見極めるアウェイのセビージャがワンチャンスを生かして先制点を奪った。35分、相手陣内右サイドでのスローインの流れからオリベル・トーレスが一度ボールを失うもアレックス・モレノから奪い返し、深い位置からマイナスの折り返しを供給。これをペナルティアーク付近に走り込んだパプ・ゴメスが見事な右足のダイレクトシュートでゴール右下隅へ突き刺した。 良い流れを生かせずにビハインドを背負ったベティスだが、すぐさま追いつく。39分、右CKの場面でキッカーのフェキルが左足インスウィングのボールで直接ゴールを狙うと、ダービー初出場で若さが出たか、前目のポジションを取っていたGKパストールの頭上を越えたボールがそのままファーポストに決まった。 すぐさま1-1のイーブンに戻った試合はここから更なるエキサイティングな攻防を期待させたが、フェキルのゴール直後にベティスゴール裏の不届きなサポーターによる愚行が試合に水を差す。ゴール裏から投擲されたプラスチック製と思われる筒がセビージャMFジョルダンの頭部に直撃。これを間近で確認していた主審が安全面を危惧し、試合の一時中断を宣告。両チームの選手たちを一旦ベンチやロッカールームに引き上げさせると共に、ゴール裏の警備を増員させた。 その後、スペインサッカー連盟(RFEF)や両クラブは同日中の再開を目指したが、安全面の確保が困難との判断で翌日に無観客開催の形での試合再開を決断した。 1-1のイーブンでの仕切り直しでの開催となった試合は、ベティスが負傷のベジェリンに代えてサバリを起用し、セビージャは前日の事件の被害者で頭部に外傷を負ったジョルダンがメンバー外となったことからグデリと共にクンデとアクーニャに入れ替え、並びを[5-3-2]の形で再スタートした。 前日の熱狂の雰囲気から打って変わって無観客での16時開催となった試合は、ややベティスが優勢に試合を運んだものの、アディショナルタイムを含めた10分強の前半は1-1のイーブンのまま終了した。 後半は一進一退の攻防が続く中、前日の試合と同様にベティスがより効果的な攻めでフィニッシュの数を増やしていく。すると73分、ウィルアム・カルヴァーリョからの浮き球のフィードに反応したカナレスがボックス右に侵入。左足を振り抜くと、GKパストールの手を弾いたボールがゴールネットを揺らした。 ついに逆転を許したセビージャはすでに投入していたヘスス・コロナに続き、レキク、モンティエルとDFを削ってイバン・ロメロ、サルサナとカンテラーノを続けてピッチへ投入。ここからリスクを冒して攻めに出る。 試合終盤の88分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのアクーニャの正確なクロスをファーで競り勝ったクンデが頭で合わすが、このシュートは惜しくもクロスバーを叩いた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、2日間に渡った異例のダービーを制したベティスが2-1の逆転勝利で準々決勝進出を決めた。一方、ジョルダンの投擲被害やRFEFの非情な翌日再開という決断という逆境に晒された中、最後まで勇敢に戦ったセビージャだが、無念の敗退となった。 また、4回戦のその他の試合ではラージョ・バジェカーノがジローナ(2部)に2-1、バレンシアがアトレティコ・バレアレス(3部)に1-0のスコアで順当に勝利。その一方、カディスはスポルティング・ヒホン(2部)相手に0-0のスコアで120分の戦いを終えたものの、PK戦を4-2で制し、プリメーラ勢の意地を見せてベスト8進出を果たしている。 2022.01.17 01:35 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャがコパのベティス戦プレーを宣言! RFEFの決定に憤るも翌日開催を受け入れ

セビージャは16日、現地時間16時(日本時間24時)に無観客で再開されることになったコパ・デル・レイ4回戦、ベティス戦をプレーする決断を下した。 15日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われたセビージャ・ダービーは、1-1のイーブンで迎えた39分にベティスゴール裏から投擲されたプラスチック製と思われる筒がセビージャMFジョアン・ジョルダンの頭部に直撃。これを間近で確認していた主審が安全面を危惧し、試合中止を宣告した。 その後、スペインサッカー連盟(RFEF)は翌16日の現地時間16時に無観客での試合再開を決定していた。 これに対して、ベティスは早々に開催を支持。一方、セビージャは試合数時間前の段階でも沈黙を貫いてきたが、直前に公式声明を発表。翌日の試合開催という決定に真っ向から反対姿勢を示した一方、コパ・デル・レイ、セビージャの街、自らの価値観を尊重し、責任をもって、懲罰機関の決定に従うとともに、スポーツの利益を守るため、試合開催に応じることを宣言した。 なお、セビージャの声明によると、脳震とうの疑いがあり、スタジアム近くの病院に緊急搬送されたジョルダンに関して、脳震とうの症状は確認されなかったが、頭部の外傷によって24時間の経過観察を余儀なくされている。 そのため、試合翌日の起用が不可能であることを理由に、セビージャはRFEFの前述の決定に異議申し立てを行った。その申し立てに対して、3人のメンバーで構成される上訴委員会は、1人がセビージャの訴えを支持したものの、残りの2人が棄権したため最終的に上訴が却下されていた。 そして、試合に応じない場合、不戦敗となる可能性が濃厚なため、セビージャは前述の決定に対する不満を飲み込む形で試合開催に応じる決断を下した。 「セビージャFCは、コパ・デル・レイ、セビージャの街、そして自らの価値観を尊重し、責任をもって、懲罰機関の決定に従うとともに、スポーツの利益を守ります」 「セビージャFCは、レアル・ベティスとのカップ戦ラウンド16を16:00にホームチームのグラウンドで非公開で再開するという決定に対して、全く同意できないことを表明したい」 「試合は昨晩の前半39分、スタンドから投げられた物がジョアン・ジョルダンの頭に当たり、キロンサルド病院で治療を受けることになったため中断されました」 「セビージャFCは、日曜日の早朝に行われた単独競技審判員の決定に対して、今朝、スペインサッカー連盟の上訴委員会に上訴し、決定の取り消しを求めました。クラブは声明文の中で、もし今日試合が再開された場合、ジョアン・ジョルダンが医師の監視下に置かれなければならないため、暴行を受けたプレーヤーをあてにすることはできないだろうと主張しました。3人のメンバーで構成される上訴委員会は、3人のメンバーのうち1人がその申し立てに賛成し、他の2人が棄権したため、我々の上訴は却下されました」 「当クラブは、このような状況において、チーム自身とともに被害者であるジョアン・ジョルダンへのサポートを改めて表明したいと思います。ジョルダンは今日、医師の診断により試合に出場できないため、さらなる被害者となっています。我々は、スポーツ競技のあるべき姿に則って、少なくとも攻撃を受けたプレーヤーがプレーできる日を後日探すことが、賢明かつ公正な行動であると考えています」 「しかしながら、セビージャFCは、コパ・デル・レイという大会、セビージャという街、そして自らの価値観を尊重し、責任を持って懲罰機関の決定に従い、スポーツの利益を守るためにベニート・ビジャマリンに出向き、ファンのために準々決勝への出場権を得るべく努力します」 「最後に、セビージャFCは、すべての関係者がこの機会に立ち上がり、この試合に最大限の敬意が払われ、完全に正常な雰囲気で行われることを保証しなければならないと考えています」 セビージャの今回の主張は至極当然のものであり、非難されるべきは愚行を犯した当該サポーターと、諸々のしがらみによって非情な決断を下したRFEFだ。 強い憤りを抱えながらも最終的に事件翌日の試合再開を受け入れたセビージャの姿勢は称賛されるべきものだ。 2022.01.16 22:55 Sun
twitterfacebook
thumb

コパのセビージャダービーは16日24時に無観客で再開へ! ただ、セビージャの延期希望により開催は不透明

15日に試合途中の中止がアナウンスされたコパ・デル・レイ4回戦、ベティスとセビージャによるセビージャ・ダービーが現地時間16日16時(日本時間16日24時)に無観客で再開されることになった。スペインサッカー連盟(RFEF)が発表した。   リーグ戦で3位に付けるベティスと、2位のセビージャによる、コパ8強進出を懸けた今季2度目のダービーは、1-1のイーブンに戻った直後の39分にベティスゴール裏の不届きなサポーターによる愚行によって開催中止という緊急事態を招いた。 ゴール裏から投擲されたプラスチック製と思われる筒がセビージャMFジョアン・ジョルダンの頭部に直撃。これを間近で確認していた主審が安全面を危惧し、試合の一時中断を宣告。両チームの選手たちを一旦ベンチやロッカールームに引き上げさせると共に、ゴール裏の警備を増員させた。   その後、試合は数十分間の中断に入り、当初は再開の可能性もあったが、REFEは安全面の確保が困難だと判断し、試合中止を決断した。   なお、脳震とうの疑いがあったジョルダンはすぐさまスタジアム近くの病院に緊急搬送されると、脳震とうの症状は確認されなかったが、頭部の外傷によって24時間の経過観察を余儀なくされている。 なお、ホームチームのベティスは16日の試合開催を支持しているが、セビージャは試合前数時間の段階でいかなるリアクションも示していない。 現地メディアによると、セビージャサイドはRFEFに対して、延期を求めているとの報道もあり、実際に今回の日程で試合が開催されるかは不透明な状況だ。 2022.01.16 21:52 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャ・ダービーが試合途中に中止…ベティスサポーターによる投擲物がジョルダンの頭部に直撃《コパ・デル・レイ》

15日に行われたコパ・デル・レイ4回戦、ベティスとセビージャによるセビージャ・ダービーが一部サポーターの愚行によって試合途中に中止となった。スペインサッカー連盟(RFEF)が発表した。   リーグ戦で3位に付けるベティスと、2位のセビージャによる、コパ8強進出を懸けた今季2度目のダービーは、序盤からホームチームのペースで進む。だが、35分にセビージャはMFパプ・ゴメスが見事な右足のダイレクトシュートをゴール右下隅へ突き刺し、この試合のファーストシュートで先制点を奪った。   それでも、良いリズムで試合を進めていたベティスは直後の39分、右CKの場面でキッカーのFWナビル・フェキルが左足インスウィングのボールで直接ゴールを狙うと、ダービー初出場で若さが出たか、前目のポジションを取っていたGKアルフォンソ・パストールの頭上を越えたボールがそのままファーポストに決まった。   すぐさま1-1のイーブンに戻った試合はここから更なるエキサイティングな攻防を期待させたが、フェキルのゴール直後にベティスゴール裏の不届きなサポーターによる愚行が試合に水を差した。ゴール裏から投擲されたプラスチック製と思われる筒がセビージャMFジョアン・ジョルダンの頭部に直撃。これを間近で確認していた主審が安全面を危惧し、試合の一時中断を宣告。両チームの選手たちを一旦ベンチやロッカールームに引き上げさせると共に、ゴール裏の警備を増員させた。   その後、試合は数十分間の中断に入り、当初は再開の可能性もあったが、REFEは安全面の確保が困難だと判断し、試合中止を決断した。   なお、現時点では試合再開やセビージャの不戦勝の可能性など、試合の取り扱いに関して公式なアナウンスはなされておらず、15日中あるいは16日に何らかの発表が行われることになるようだ。 2022.01.16 07:20 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャ、ポルトのメキシコ代表FWヘスス・マヌエル・コロナを獲得! 契約は2025年まで

セビージャは14日、ポルトからメキシコ代表FWヘスス・マヌエル・コロナ(29)の獲得で合意に達したと発表した。契約期間は2025年まで。移籍金額はスペイン『マルカ』によると、300万ユーロ(約3億9000万円)だという。 セビージャは今冬、ウィンガーの補強を模索。マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャルも候補に挙がったが、ユナイテッド側の要求がネックとなっての交渉難航が取り沙汰され、コロナに白羽の矢が立った格好だ。 右️ウィングがメインポジションで、右サイドバックなどもこなせるコロナは2015年夏からポルトでプレー。昨季こそ公式戦48試合(3得点13アシスト)に出場したが、今季はここまで18試合でプレーするにとどまり、今季が契約最終年だった。 なお、背番号は「9」に決定。スペイン代表FWスソや元アルゼンチン代表FWエリク・ラメラと負傷者が多い右ウィングとしての活躍が期待される。 2022.01.15 08:35 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly