マラドーナの“5人抜き”に酷似!19歳のメッシが見せたメッシ史上最も有名なゴールの1つ!【スーパーゴール図鑑/バルセロナ編】

2021.02.02 12:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
【得点者プロフィール】
リオネル・メッシ(当時19歳)
国籍:アルゼンチン
所属:バルセロナ
ポジション:FW
身長:170cm2004-05シーズンのトップデビュー以降、バルセロナの絶対的なエースとして君臨し続けるメッシ。33歳となった今シーズンもここまで公式戦24試合に出場して16得点を挙げ、フットボール界のトップを走り続けている。


【試合詳細】
日程:2007年4月18日
大会:コパ・デル・レイ準決勝1stレグ
対戦相手:ヘタフェ
時間:前半28分(1-0)

◆メッシ圧巻の5人抜きを見せる

バルセロナが1点リードで迎えた前半28分、メッシはMFチャビ・エルナンデスからのパスを自陣内右サイドで受けると、まずはマークについていた相手DFハビエル・パレデスをかわす。

さらに、カバーに来たDFナチョの股を抜き、一気にスピードを上げるとボックス付近まで来たメッシは、相手DFアレクシス・ルアーノとDFダビド・ベレンゲルの間を突破しボックス内に侵入。最後は前に出てきたGKルイス・ガルシアをもかわし、右足でゴールを決めた。

元アルゼンチン代表FWディエゴマラドーナ氏が1986年メキシコ・ワールドカップのイングランド代表戦で見せた5人抜きゴールを豊富とさせるこのスペクタクルなゴールは、これまでのキャリアで通算700ゴール近く決めているメッシの中でも最高のゴールと言えるだろう。
関連ニュース
thumb

ラ・リーガのクラブが続々と「フットボールはファンのため」Tシャツを着用!未だ離脱せずのバルセロナは今夜ヘタフェと対決

欧州12のビッグクラブは、18日に相次いでヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)への参加を正式表明。 しかし、この一方的な決定に対しては、欧州サッカー連盟(UEFA)を始め、各国サッカー協会、各リーグが激しい批判を展開し大きな騒動となった結果、続々と撤退するクラブが続き、残すはレアル・マドリーとバルセロナのスペイン2クラブのみとなった。 そんな中、マドリーは21日にラ・リーガ第31節でカディスと対戦。するとカディスの面々はピッチ入場の際、「スーパーリーグ? サッカーはみんなのものだ」と書かれたTシャツを着用し、ESL反対の意思を表示した。 さらに、21日に行われた他のラ・リーガの試合でも多くのクラブが似たような意味の文章が描かれたTシャツを着用し、リーグ総出でESL創設に抗議する活動を見せている。 ラ・リーガでは今夜も4試合が行われる。バルセロナは日本代表MF久保建英も所属するヘタフェとホームで対戦するが、同様に抗議活動にあう可能性が高い。 ESL構想の首謀者とされているフロレンティーノ・ペレス会長のマドリー、そしてバルセロナは正式に脱退を表明するのだろうか。いまだに立場を明確にしていない。 <span class="paragraph-title">【画像】ラ・リーガの多くの選手が着用した「フットボールはファンのため」TシャツにはCLのロゴも!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">フットボールはこれまでも、そしてこれからもファンのためのものです。<br><br>本日、私達はこのシャツで入場します<br>El Fútbol Es Para LOS FANS<br>「フットボールはファンのためのもの。」<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%99%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%97%A5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ベティスの日</a><a href="https://twitter.com/hashtag/RealBetisAthletic?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RealBetisAthletic</a> <a href="https://t.co/CPcfD5hmN1">pic.twitter.com/CPcfD5hmN1</a></p>&mdash; レアル・ベティス・バロンピエ (@RealBetis_jp) <a href="https://twitter.com/RealBetis_jp/status/1384922473569951748?ref_src=twsrc%5Etfw">April 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.22 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナのESL脱退を求めるリバウド氏「エリートリーグはファンの好むものではない」

かつてバルセロナで活躍したリバウド氏が、古巣に対してヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)から撤退するべきだと語った。イギリス『ミラー』が報じている。 バルセロナは18日、ヨーロッパの15のビッグクラブにより構成される予定だったESLへの参加を正式に表明。しかし、欧州サッカー連盟(UEFA)や王立スペインサッカー連盟(RFEF)、ラ・リーガと対立しただけでなく、多くの監督や選手も反発。プレミアリーグでは、各チームのファンが抗議活動を起こしていた。 こうした状況を受け、プレミアリーグの6クラブは早々にESLからの離脱を発表。インテル、アトレティコ・マドリー、ミランもそれに続き撤退を表明している。 そんな中で、バルセロナはいまだに立場を明確にしていないが、『Betfair』のインタビューに応じたリバウド氏は、ESLの首謀者であるレアル・マドリーの会長フロレンティーノ・ペレス氏を批判した。 「マドリーの会長は新リーグを擁護する主要人物の1人であり、講演者でもある。彼は強力なクラブを率いており、ESLでより多くの資金を得られると分かっているから言いたい放題だ。でも、セビージャやバレンシアのようなスペインの他クラブは、UEFAから得られる賞金を必要としている。だから、彼らに対して敬意を欠いていると思うよ」 「彼はFIFAやUEFAと争いを起こしている。その対抗策として、FIFAやUEFAは一部の選手の大会出場禁止を検討している。つまり、代表チームはESLに参加するクラブがあるがために、スーパースターを欠いた状態でユーロやワールドカップを戦うことになるかもしれない」 「これではフットボールが混沌としたものになってしまう。だから私はこの案が実現する可能性を否定するんだ。関係するクラブの監督や選手を含め、多くの人が反対していることからも、この提案がいかに議論を呼ぶものであるかが分かる」 「私としては、UEFAの大会はよく組織されていると思う。クラブを支援するのに十分な金額も分配されているはずだが、一部のビッグクラブはそれ以上を望んでいるようだね。個人的に、それは対戦相手やファン、フットボール界全体に対する大きな無礼だと思う」 また、リバウド氏は古巣バルセロナに対して、ESLへの参加はクラブの理念に反するものだろうとコメント。ライバルクラブでもあるマドリーに追随するべきではないと語った。 「バルセロナのESL参加が、(現会長の)ジョアン・ラポルタの選出前に決まっていたのかは分からないが、新会長は組織からの脱退を検討すべきだろう。なぜなら、結果がどうであれ、エリートリーグを作るという姿勢はバルサファンの好むところではないと思うからだ」 「さらに、この件の主な主催者の1つがマドリーだ。バルセロナのファンは、ヨーロッパのフットボール界に革命が起こるような状況で、ライバルクラブと結びつけられることは好まないだろう。私の意見では、このままだと悪い方向に向かってしまう」 2021.04.22 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「スポークスパーソンではない」バルサで最初にESL構想について語ったクーマン監督、ペップに同調しUEFAにも苦言

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、クラブが参戦を表明しているヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)について言及した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 18日、ヨーロッパの12のクラブが欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとしてESLを構想。これが大きな話題を呼んでいた。 各方面からの強い反発、そしてファン・サポーターとの間にかつてない溝を生んでしまったESL構想。その結果、20日にはプレミアリーグの6クラブが撤退を表明。さらに、21日にはアトレティコ・マドリー、インテル、ミランが撤退。ユベントスは、撤退こそ表明しないものの、計画が破綻してしまったことを発表していた。 そんな中、クラブとしての姿勢をまだ示していないバルセロナ。22日に行われるラ・リーガ第31節のヘタフェ戦に向けた記者会見に出席したクーマン監督は、この件が表明されてから初めて公の場に。ESLについて問われることとなった。 クーマン監督は今回の件について、会長から話は聞いているとしながらも、多くを語るべき状況ではないと語った。 「昨日、スーパーリーグについて会長と話をした。彼は私にクラブの立場を説明してくれたが、これだけの動きがあった後では、意見を言わない方が良いだろう」 「色々なことが起こり、多くのチームが去っていったが、私が望むことはクラブにとってベストなことだ」 また、自身がこの件を説明する役割ではないとし、ジョアン・ラポルタ会長に聞くべきだと語った。 「私はスポークスパーソンではない。それは会長だ。私の仕事は試合の準備をすることだ」 「このトピックには、非常に多くの動きがあり、どのように終わりを迎えるのかを待たなければならない」 「私は驚かない。クラブのために最高のものを望んでいる。これについて話すべき人が居るとすれば、明らかに会長だ」 そもそも、多くのことは聞いていないとし、「私が聞いた唯一のことは、会長が私に電話をし、説明したということだ。彼が選手たちに何を言ったかはわからないが、明日の試合にしか興味はない」とし、この問題よりも試合に集中したいと語った。 それでも、「ピケのツイートに同意する」と語り、ジェラール・ピケがツイッターでつぶやいた「フットボールは、ファンのもの。今日はこれまで以上に」ということに同意するとした。 また、自身の母国でもあるオランダのエールディビジとベルギーのジュピラー・プロ・リーグが合併し「BeNeLiga」になるという話も浮上しているが、その件にも触れつつ、改革する必要はあってもやってはいけないことがあるとした。 「オランダとベルギーでは、リーグの統合について話し合っており、クラブの会長が将来について考えるのは普通だが、サッカーでは変えてはならないことがある」 さらに、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督の見解に同意し、とにかく試合が多いということの問題を解決すべきだとした。 「試合の数が非常に多いというグアルディオラの発言に同意する。誰もがスーパーリーグについて話し、チャンピオンズリーグとUEFAは全てについて話すが、彼らはクラブ、監督、選手の話を聞いてはいない」 「最も重要なことは彼らのためのお金だ。スペインでもたくさんの試合があり、明日のように午後10時にプレーする試合の時間は、サッカーには最適ではない。まず第一に、サッカー選手を守らなければいけない」 <span class="paragraph-title">【動画】バルサ、クーマン監督が会見で語る</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJEMEV5NVVPNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.21 22:10 Wed
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第31節プレビュー】岡崎と久保がアトレティコ&バルサに挑戦! 上位4チームは格下と対戦

先週末に行われた前倒し開催の第33節ではコパ・デル・レイ決勝を戦ったバルセロナが試合を行わなかった中、首位のアトレティコ・マドリーがエイバルに大勝した一方、2位のレアル・マドリーがヘタフェ相手に痛恨のドローとなった。 エイバル相手にFWコレアとMFマルコス・ジョレンテのドブレーテの共演を含むマニータの大勝となったアトレティコ(勝ち点70)は、3戦ぶりの白星を手にした。そして、2位以下との勝ち点差を再び3ポイント以上に引き離した中、今節はFW岡崎慎司を擁する17位のウエスカ(勝ち点27)を相手に連勝を狙う。 引き続きFWスアレスとFWフェリックスの両エースを欠くも、前述のゴールスコアラーに加え、MFカラスコやMFエレーラが好調を維持しており、下位相手の一戦に良い形で臨めそうだ。対するウエスカは3連勝を目指した前節のアラベス戦を試合終盤の失点で落とし、残留争いのライバルとのシックスポインターに敗れた。首位チームのホームに乗り込む一戦では対戦相手への移籍も噂される主砲ラファ・ミルを軸にカウンターから一刺しを狙いたい。なお、5戦連続欠場中の岡崎は今回の一戦でもベンチスタートが濃厚だ。 スーペル・コパで敗れたアスレティック・ビルバオ相手にFWメッシのドブレーテの活躍など4-0の快勝でリベンジを果たし、コパ・デル・レイ王者に輝いた3位のバルセロナ(勝ち点65)。その勢いに乗って勝利を目指す今節はMF久保建英を擁する15位のヘタフェ(勝ち点31)と対戦する。 リーグの前節ではエル・クラシコに惜敗したものの、チームのパフォーマンス自体は悪くなく、アスレティック戦ではそれを証明する快勝となった。直近のマドリード勢相手にいずれも0-0のドローに持ち込んでいる曲者との対戦では早い時間帯にゴールをこじ開けたい。一方、ヘタフェでは保有元相手の出場が期待された久保が4試合ぶりに出場なしに終わっていたが、今節ではDFニョムのサスペンションによって右サイドハーフのポジション争いに食い込める可能性があり、MFアレーニャに代わってスタメン起用も想定される。 そのヘタフェ相手に痛恨のドローとなった2位のレアル・マドリー(勝ち点67)は、13位のカディス(勝ち点36)を相手に2戦ぶりの白星を狙う。負傷者続出のチームでは負傷と新型コロナウイルスから回復したDFカルバハルとDFヴァランが招集メンバーに復帰し、サスペンション明けのDFナチョを含め最終ラインの陣容はある程度充実。ただ、MFカゼミロがサスペンション明けで復帰する中盤では代わりにMFモドリッチ、MFクロースが招集外となり、今度は中盤に問題を抱えることになった。 また、対戦相手のカディスは直近2勝1分けと好調を維持しており、中盤を省略するキック&ラッシュのスタイルは疲労困憊のレアル・マドリーにとって難しい相手となるはずだ。 その他では上位3チームに猛プレッシャーをかける4位のセビージャ(勝ち点64)が、9位のレバンテ(勝ち点38)を相手に4連勝を目指す一戦。MF乾貴士とFW武藤嘉紀を擁する最下位のエイバル(勝ち点23)が、8位のグラナダ(勝ち点39)を相手に15戦ぶりの白星を目指す一戦に注目したい。 《ラ・リーガ第31節》 ▽4/21(水) 《26:00》 レバンテ vs セビージャ オサスナ vs バレンシア 《27:00》 ベティス vs アスレティック・ビルバオ 《28:00》 アラベス vs ビジャレアル エルチェ vs バジャドリー 《29:00》 カディス vs レアル・マドリー ▽4/22(木) 《26:00》 アトレティコ・マドリー vs ウエスカ 《28:00》 グラナダ vs エイバル レアル・ソシエダ vs セルタ 《29:00》 バルセロナ vs ヘタフェ 2021.04.21 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

想定外の猛反発受け、ESLプロジェクトは消滅か…現時点で半分の6クラブが撤退決断か

18日の創設発表からわずか数日でヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)創設の動きに暗雲が漂い始めている。 欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして、計画されるESL。18日に参戦合意の12クラブが明らかになり、今後も新たに3クラブが常任クラブに加わった上で、成績に応じて5クラブを追加した20チーム制の大会になる見込みだ。 だが、批判が相次ぎ、本格稼働に向けて“大揉め”必至。UEFAと国際サッカー連盟(FIFA)はともに全面的に反対する声明を発表している。 各国のサッカー協会、各国リーグの反発までは想定していたESL参加クラブだったが、世論や自クラブからの猛反発までは想定外だったようで、チェルシーとマンチェスター・シティのプレミアリーグの2クラブと、バルセロナとアトレティコ・マドリーのラ・リーガ2クラブが早くも参戦撤回の動きを見せているようだ。 『タイムズ』や『スカイ・スポーツ』などのイギリスの主要スポーツメディアは、チェルシーとシティはすでにクラブ内で参戦撤回を決定したという。 また、スペイン『TV3 Catalunya』によると、バルセロナのジョアン・ラポルタ会長はソシオ総会で承認されるまでESLへの参加を認めないと断言。さらに、アトレティコに関しても即時撤退とはいかないものの、ESL参戦を再考する準備を進めているようだ。 さらに、イギリスメディアの続報によると、レアル・マドリーと共にESL創設を主導してきたと言われるマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルも撤退の動きを見せ始めており、その他のクラブもこの動きに追従する可能性が高まっているようだ。 2021.04.21 04:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly