アグエロが新型コロナ感染を自身のSNSで報告… 自主隔離中の検査で発覚

2021.01.22 00:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを自身のSNSで明かした。

10日に行われたFAカップ3回戦のバーミンガム戦(3-0で勝利)を欠場していたアグエロ。試合後の会見で同選手の欠場の理由を問われたジョゼップ・グアルディオラ監督は、「残念ながら彼はコロナウイルスの陽性判定者と日常的に接触していた。そのため、数日間隔離措置を取る必要がある」と、アグエロが自主隔離措置の対象者となっていることを明かしていた。


そのアグエロは、21日にツイッター(@aguerosergiokun)を更新。最新の検査で自身にも新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことを報告した。

「親しい人に陽性反応が見つかって自主隔離した後、僕にも陽性反応が見つかってしまった。いくつかの症状が出ているので、いまは医師の指示に従って回復に努めているよ。みなさん、気をつけて!」

シティでは、昨年12月25日にブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスやイングランド代表DFカイル・ウォーカーらの新型コロナウイルス感染が判明。また、今年に入ってからもGKスコット・カーソンやMFコール・パーマーらに感染が見つかっていた。

関連ニュース
thumb

自陣からたった一本のパスで決定機を創出!コンプリートMFデ・ブライネのマジカルなアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆一本のパスでディフェンスを真っ二つ!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI3V0wxY2xUSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 欧州屈指の育成の名門ヘンクで育ったデ・ブライネは、チェルシー、ブレーメン、ヴォルフスブルクでのプレーを経て2015年夏にマンチェスター・シティに加入。大黒柱としてチームに欠かせない存在へと成長している。 全ての能力においてトップクラブの能力を持つコンプリートMFとして知られるデ・ブライネは、中でも卓越したパスセンスを最大の武器としているが、2017年4月2日に行われたプレミアリーグ第30節のアーセナル戦では、見事なアシストを記録している。 開始早々の5分、シティのGKの前線へのフィードに対し、ハーフウェイライン付近でアーセナルのMFグラニト・ジャカがヘディングで跳ね返す。すると自陣中央でこのボールを拾ったデ・ブライネがダイレクトで前線へロングパス。パスコース、強さともにパーフェクトなボールは、裏へ走り出していたFWレロイ・サネの足元にピタリと収まると、そのままボックス内に侵入し、GKをかわしたサネが確実にシュートを沈め、いきなりの先制点となった。 主導権を握ることに成功したシティだったが、試合は2-2の引き分けに終わっている。 <span data-sg-movie-id="588" data-sg-movie-title=""></span> 2021.02.26 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

シティの“問題児”、世界で900台しかない6000万超えランボルギーニが押収

マンチェスター・シティのフランス代表DFバンジャマン・メンディが愛車を押収されてしまった。イギリス『サン』が伝えている。 メンディはフランスで高級車ランボルギーニを購入。世界で900台のみというレアモノでエンジン性能も抜群、47万5000ポンド(約6600万円)もする超一級品だそう。 イギリスでも高級車を乗り回していたメンディだったが、2020年11月、フランスのナンバープレートを付けたまま走っていたところを警察に見つかると、無免許で保険にも未加入だったことが判明していた。 必要な書類を提出するまで返却できない決まりとなっていたが、保管期限を過ぎてもメンディは提出せず、この度正式に押収されたようだ。 チェシャー警察は「プレストベリー出身の26歳の男性が、保険なしでの運転と無免許での運転を行い、オンラインで有罪判決が出た」と発表。「男性は罰金880ポンド(約12万2000円)を科され、88ポンド(約1万2200円)の被害者課徴金と90ポンド(約1万3500円)の追加金の支払いのほか、6ポイントの減点が科せられた」としていた。 自動車保険局によると、イギリスでは昨年13万7410台の車両が無保険で押収されており、4台に1台が正式に押収されているそうだ。 メンディは以前にも度重なるスピード違反で免許停止をくらっており、素行の悪さはジョゼップ・グアルディオラ監督にとっても悩みの種となっている。 <div id="cws_ad">◆6600万円のランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Lamborghini?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Lamborghini</a> poor <a href="https://twitter.com/hashtag/Aventador?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Aventador</a> SVJ is about to meet its end belongs to Manchester City player Benjamin Mendy <a href="https://t.co/ayOqtrruBQ">pic.twitter.com/ayOqtrruBQ</a></p>&mdash; 24wheel_news (@24wheel_news) <a href="https://twitter.com/24wheel_news/status/1337039758346735616?ref_src=twsrc%5Etfw">December 10, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.25 18:44 Thu
twitterfacebook
thumb

シティで進歩続けるカンセロ絶賛のファーディナンド氏「SBの新しい形を見せている」

マンチェスターユナイテッドのレジェンドであり、元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏がマンチェスター・シティのポルトガル代表DFジョアン・カンセロを称賛した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 カンセロは今シーズン、公式戦30試合出場2ゴール4アシストを記録。従来のサイドバックの位置に留まらず、中盤にポジションを移すプレーは「カンセロ・ロール」とも呼ばれ、注目を集めている。 24日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのボルシアMG戦にも先発出場したカンセロは1ゴール1アシストをマークしており、チームの勝利に多大な貢献を果たした。 このポルトガル代表DFのプレーぶりに対して、イギリス『BTスポーツ』に出演していたファーディナンド氏も目を細めた。新しいサイドバックの形を見せてくれていると絶賛している。 「カンセロはサイドバックとしてプレーする選手だが、従来のサイドバックとは異なるね。彼はピッチの中央に入ってくる」 「彼のポジションはピッチの内側に寄っており、ほとんど中盤の選手のようなものだ。シティはボールを持っている際、後ろに3人、前に2人を置く配置をしているが、彼は前にいる選手の1人だ」 「彼はときに10番のポジションにまで上り、プレーメイカーのように振舞っている。これはジョゼップ・グアルディオラとカンセロが試合を異なる視点で見ているからだろう」 「リバプールのトレント(・アレクサンダー=アーノルド)は誰よりも優れたパスレンジを持っている。だが、カンセロには機動力と素早さがあり、ボールの有無に関わらず、シャープでアグレッシブだ。サイドバックの新しいプレーを見られるのは素晴らしいね」 また、カンセロについてはファーディナンド氏と同じく『BTスポーツ』に出演していたシティOBのジョレオン・レスコット氏も高く評価。シティのなかで、最も代えの効かない選手だと語った。 「チームで代えが効かないのはおそらくカンセロだろう。彼はチームの後方で様々なポジションに適応できる。前線はフィル・フォーデン、(イルカイ・)ギュンドアン、ケビン・デ・ブライネ、(セルヒオ・)アグエロと層が厚いからね。カンセロはチームの中で重要な役割の1つを担っており、彼が欠ければちょっとした隙になるだろう」 2021.02.25 16:28 Thu
twitterfacebook
thumb

1G1AのB・シウバ「力になれて嬉しい」 アシストのカンセロにも称賛の言葉

マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバが先勝を喜んだ。 目下公式戦18連勝中と向かうところ敵なし状態のシティ。24日に代替開催の地ブダペストに赴いて、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのボルシアMG戦に臨み、見事に2-0の先勝で飾った。 フル出場のB・シウバは29分にポルトガル代表DFジョアン・カンセロからのクロスに頭で合わせて先制点を記録。続く65分、頭で折り返したボールでブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの追加点をお膳立てした。 殊勲のB・シウバは試合後、イギリス『BT Sport』でチームの勝利に満足感を示した。 「僕らからすれば、良いゲームだった。この大会がどれだけタフなのかは知っている。シンプルにプレーして、ミスをしないよう心がけた。僕らにとって、良い勝利だが、まだ終わっていない」 ポルトガル人技巧派MFはまた、自身のゴールに言及。同胞のポルトガル代表DFルベン・ディアスと内々で得点を争い合っていると述べ、カンセロに賛辞の言葉を送った。 「普段はヘディングは得意じゃない! ルベン・ディアスとは誰が最もゴールを決められるかで勝負しているんだ。今夜、チームの力になれて嬉しいよ」 「カンセロは素晴らしい選手で、彼のことをよく知ってもいる。僕らには良い関係性が築かれていて、今夜の彼からのボールは素晴らしいものだった」 「彼は素晴らしいシーズンを過ごしているよね」 2021.02.25 09:15 Thu
twitterfacebook
thumb

謙虚さ保つペップ「我々がCL優勝候補? 人々がそう言い張るなら、それで構わない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が先勝の一戦を振り返っている。 目下公式戦18連勝中と向かうところ敵なし状態のシティ。24日に代替開催の地ブダペストに赴いて、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのボルシアMG戦に臨み、2-0の先勝で飾った。 突破に一歩前進したシティだが、グアルディオラ監督は試合後、イギリス『BT Sport』で全体的ば戦いぶりを評価しつつ、勝ち進めば勝ち進むほど熾烈さを極める今後に向けての課題を口にしている。 「全体的に良かった。試合の主導権を握るなかで、最後にチャンスを許してしまったがね。残念ながら冷静な判断も欠いた。特に、相手GKと一対一の場面でね。そこに関しては改善していく必要がある」 「1stレグでの戦いはいつだってより難しくなるもの。より冷静さが求められるのだ。(ガブリエウ・ジェズスが迎えた)GKとの一対一の場面とかね。この大会を勝ち進めためには完璧じゃなければ」 スペイン人指揮官はまた、突破口を開く先制ゴールを記録したポルトガル代表MFベルナルド・シウバを称賛した。 「我々がボックス内に攻め入っていける攻撃的なMFを求めるなかで、彼はその役割をやってくれた」 「改善すべきところやリスクを冒す必要性を感じるときもあるが、彼は非常にクレバー。我々に何かしら特別なものを与えてくれ、フィジカル面も良い」 そして、「今季のシティが今大会の優勝候補に目されるべきか?」との問いにも考えを示している。 「(ラツィオとの1stレグを4-1の先勝で飾った)昨日のバイエルン・ミュンヘンを見る限り、そう思わないね」 「選手を休ませ、可能な限りベストなコンディションに持っていくのは大きな課題だ」 「人々が優勝候補だと言い張るのであれば、それはそれで構わない。我々もそう受け止める」 2021.02.25 08:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly