レビッチがコロナ陰性に、テオ・エルナンデスは偽陽性で復帰へ

2021.01.21 23:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランは21日、クロアチア代表FWアンテ・レビッチとボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFラデ・クルニッチの両選手が新型コロナウイルスの検査で陰性となったことを発表した。

また、フランス人DFテオ・エルナンデスは再検査の結果、偽陽性判定となったため、レビッチらと同様トレーニングに復帰できるとのことだ。

レビッチとクルニッチは今月6日にコロナ陽性判定を受け、ユベントス戦を始め公式戦ここ4試合を欠場していた。テオ・エルナンデスは17日に陽性判定を受け、直近のカリアリ戦を欠場していた。

テオ・エルナンデス同様、17日に陽性判定を受けたトルコ代表MFハカン・チャルハノールに関してはもうしばらく隔離措置が取られる見込みだ。

主力が復帰することになるミランは23日にセリエA第19節でアタランタと対戦する。



関連ニュース
thumb

バロンドーラー・ロナウジーニョにはさすがの一言、芸術ループなど現役さながらのプレーで圧巻のハット!

元ブラジル代表FWロナウジーニョが現役さながらのテクニックを披露し、絶妙なループを含むハットトリックを達成した。 バルセロナやミランなどで活躍し、2005年にはバロンドールも受賞したロナウジーニョ。2018年1月の引退からおよそ4年の月日が経つが、その技術は全く衰えていないようだ。 11月30日、ブラジル国内のエスタディオ・レイ・ペレで行われたチャリティーマッチに出場したロナウジーニョ。世界最高峰のフットボーラーは圧巻のプレーで観衆を魅了した。 まずは教科書よりも優れたシザーズで相手を抜き去り、GKのタイミングをずれして右隅へ流し込むと、再び迎えた一対一でも冷静にネットを揺らして2点目を奪う。 極めつけは前半終了間際だ。絶妙なループシュートを沈めてハットトリックを達成し、衰え知らずのテクニックを見せつけた。 チャリティーマッチの映像を自身のインスタグラムで公開したロナウジーニョは、感謝とともに「まだフィールドでプレーできるね」と次のようなメッセージを添えている。 チャリティーマッチとはいえ、ファンタジスタの異名にふさわしいプレーを披露したロナウジーニョ。長年培われた技術は嘘をつかないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】シザーズに芸術ループ、ロナウジーニョが衰えないテクニックを披露</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/tv/CW6_LGQM_Cr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/tv/CW6_LGQM_Cr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/tv/CW6_LGQM_Cr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Ronaldo de Assis Moreira(@ronaldinho)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.02 20:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ヒザ負傷のケアー、年内復帰は不可能か

ミラン所属デンマーク代表DFシモン・ケアーの長期離脱が見込まれている。 ケアーは先発出場した1日のセリエA第15節のジェノア戦で負傷。開始からわずか30秒というところで、ボールホルダーにチェックに向かった際にヒザを痛め、担架で運び出されていた。 大ケガも懸念される中、試合から一晩明けた2日、検査のために病院へ向かうケアーの姿が目撃されたが、イタリア『メディアセット』によると、松葉杖をつく痛々しいものだったという。 しかし、同メディアは合併症のような副次的なダメージの懸念はあるとしながらも、回復までそれほど長い時間はかからないと予想。ミランも十字靭帯の損傷は回避したと主張しているようだ。それでも、年内復帰は不可能と見込まれている。 2021.12.02 19:43 Thu
twitterfacebook
thumb

「ズドンと来るかと思いきや」イブラヒモビッチのコントロールFKに相手GKは見送ることしかできず「こういうのも蹴れる」

ミランは1日、セリエA第15節でジェノアとアウェイで対戦。均衡を破ったのはスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの直接FKだった。 最前線で起用されたイブラヒモビッチは、5分に獲得したFKのキッカーを務める。ボックス手前中央の好位置から、壁の外を巻くボールを選択。狙いすましたボールはゴール右隅に吸い込まれた パリ・サンジェルマン時代の同僚でもある相手GKサルバトーレ・シリグは見送ることしかできなかった一撃には、ファンも「ズドンと来るかと思いきや、完璧なコントロール」、「こういうのも蹴れる」、「流石だ」と絶賛した。 イブラヒモビッチは、これが今シーズン2本目の直接FKでのゴール。10月31日のローマ戦では、地を這うような強烈なキックでゴールを奪っていた。 試合は、MFジュニオール・メシアスの2ゴールで追加点を挙げたミランが3-0で勝利。首位ナポリに1ポイント差としている。 <span class="paragraph-title">【動画】イブラヒモビッチが壁の外から巻くコントロールFK</span> <span data-other-div="photo"></span> <script>var video_id ="uDo555COWVc";var video_start = 22;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.02 19:05 Thu
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ、ピオリ監督と共に契約延長か「彼が更新したなら俺も更新する」

ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、ステファノ・ピオリ監督と共に頂点に立つと語った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨シーズンはセリエAを2位でフィニッシュし、今シーズンもここまで35ポイントを積み上げて2位に位置しているミラン。2019年10月から指揮を執るピオリ監督の下でチャンピオンズリーグ(CL)の出場権獲得などの実績を残し、着実に成績を伸ばしている。 そのピオリ監督は、11月26日にミランとの契約を1年間の延長オプション付きで2023年6月まで延長。これを受けたイブラヒモビッチは、ピオリ監督とともにスクデットを目指すとし、2022年6月までとなっている現行契約を延長すると語った。 「俺は自信とビジョンを持っていた。契約時にはそれが課題だった」 「今、俺たちはトップにいる。仕事をし諦めず、可能性を信じて前進しなければいけない」 「ピオリが更新したなら俺も更新する」 「彼は素晴らしい仕事をしてきたのだから、彼にはその資格がある。これからも彼がやっていることを続けていかなくてはならない。彼の成し遂げた功績が彼のもとへ戻っていくのは当然のことだ」 「スクデット?ファンのみんなに期待してもらえて嬉しいよ。この喜びをみんなに届けたいね。トロフィーを獲得しなかったら意味がない」 2021.12.02 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

リーグ戦3試合ぶり勝利のミラン、ピオリ監督は2ゴールのメシアス称賛「クオリティがあると信じていた」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、セリエAでの勝利を喜んだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ミランは1日に行われたセリエA第15節で、ジェノアと対戦。ここまでリーグ2位につけているものの、2連敗を喫し勢いに陰りが見られていたチームだったが、この日はFWズラタン・イブラヒモビッチのゴールで試合開始早々に先制する。 その後も主導権を握り続けると、前半終了間際にはMFジュニオール・メシアスのリーグ戦初ゴールにより追加点に成功。後半にもメシアスにゴールが生まれると、その後はリードを守り抜き3-0で勝利した。 この結果、リーグ戦3試合ぶりの白星を挙げたミランは、同節にドローで勝ち点を落とした首位ナポリとの勝ち点差を「1」にまで詰めている。 試合後ピオリ監督は、チームのパフォーマンスを称賛。2ゴールのメシアスについても触れており、活躍を喜んでいる。 「今シーズンは我々に満足感を与えてくれている。どこまで到達できるかはわからないが、今夜は素晴らしいリアクションを見せてくれた。我々はもっと何かをする必要があり、他チームは強敵だ。今日のような信念を持って試合に臨まなければならない」 「ボールを持っていないときは、できるだけ早く奪い返す必要がある。今日は(ラデ・)クルニッチ、ブラヒム(・ディアス)、メシアスが素晴らしい仕事をしてくれたよ。誰がいるかは重要ではないが、幅、ライン間、深さなど、すべてのポジションをカバーすることは重要だ」 「メシアスについて? 私にはたくさんの強い選手がいて、その全員がスタメンとなり得る。チームのレベルは高いよ。(メシアスは)クロトーネであのようなプレーをしていれば、ミランでもできるだろうと思っていた。彼には我々と一緒にプレーするクオリティがあると信じていたし、まだ成長できるとも思っている。今日は質の高い2ゴールを決めてくれた。彼のためにも嬉しく思う。これだけ強い選手がいることは、とても幸運だ」 2021.12.02 13:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly