日本代表のコーチに浦和HCの上野優作氏が就任、森保一監督とは現役時代にチームメイト

2021.01.21 18:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
日本サッカー協会(JFA)は21日、日本代表のコーチングスタッフに上野優作氏(47)が就任したことを発表した。上野氏は真岡高校から筑波大学へと進学し、1996年にアビスパ福岡に入団してプロキャリアをスタートした。


2000年にはサンフレッチェ広島に移籍。森保一監督ともチームメイトとしてプレー。2001年には京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)に移籍すると、アルビレックス新潟、広島、栃木SCでプレーし、2008年に現役を引退した。

2010年に引退した栃木でアシスタントコーチとして指導者としてのキャリアをスタート。2012年にはヘッドコーチ、2013年にはアカデミーダイレクター兼ユース監督、2015年にはヘッドコーチに就任した。

2015年10月には浦和の育成部門のコーチに就任すると、2018年4月にトップチームコーチに就任。2019年5月からトップチームのヘッドコーチを務めていた。
関連ニュース
thumb

え? 3月しっかり大事な1試合はやらない感じなんですか!? の巻/倉井史也のJリーグ

先週はモンゴル戦、やっちゃうぞっていうリリースがあったんですけど、今週はミャンマー戦やりませんって、どうなってんだ3月は!! って感じになってきました!! そりゃ確かにミャンマーは今、サッカーどころじゃないかもしれませんからね。まずは命を大事にしてねって感じだし。 と、そういう同情はありつつ、今後の予定ってどうなりそうなのかを今週は検証してみたりします。まず去年、日本サッカー協会が発表した今年の日本代表の予定は、 ・03月25日(木)ミャンマー戦(日産スタジアム)※延期決定 [同日 タジキスタンvsモンゴル] ・03月30日(火)モンゴル戦(アウェイ扱い・フクアリ) [同日 ミャンマーvsキルギス:延期] ・06月03日(木)キリンチャレンジ(札幌ドーム) ・06月07日(月)タジキスタン戦(吹田) ・06月11日(金)キリンチャレンジ(ノエスタ) ・06月15日(火)キルギス戦(吹田) さらにFIFAが指定する試合日は ・08月30日(月)〜09月07日(火) ・10月04日(月)〜10月12日(火) ・11月08日(月)〜11月16日(火) ってことはですね、6月のキリンチャレンジカップを1試合止めてそこでやるかってのが現実的なんですよね。ただ本当を言うと、さっさと予選突破を決めちゃえば、残りの試合は東京五輪の準備のために使えるのにっていうのもあるでしょ? 現時点では 順:チーム/点/試/勝/分/敗/得/失/差 1:日本/12/4/4/0/0/13/0/+13 2:キルギス/7/5/2/1/2/10/5/+5 3:タジキスタン/7/5/2/1/2/6/8/-2 4:ミャンマー/6/5/2/0/3/5/13/-8 5:モンゴル/3/5/1/0/4/2/10/-8 だから、あと2勝すればこのグループは突破できるんだし。 だから日本とミャンマーの2カ国間で調整して4月、5月あたりに試合をやるか、ってことも考えていいと思うんです。だって07月22日(木)〜08月07日(土)は東京五輪がある予定だし(汗)、その前の07月12日(月)と07月17日(土)はU-24日本代表の準備試合が入ってるし。 じゃあ、4月、5月って試合スケジュールどうなの? っていうと、○が空いてる日、そして×はACLの関係で難しいだろうって日。 【4月】 月・火・水・木・金・土・日 ■・■・■・○・2・3・4 ○・6・7・○・○・10・11 ○・×・14・×・16・17・○ ○・×・21・22・×・24・25 ×・27・×・×・× 【5月】 月・火・水・木・金・土・日 ■・■・■・■・■・1・2 ×・×・×・×・×・8・9 ○・○・12・○・○・15・16 ○・○・○・○・○・22・23 ○・○・26・27・○・29・30 31 いや、もうすでにパンパンなんですけど。でも何とかここにぶっ込めないか? 海外組は帰ってこられないかもしれないけど!! ね? どうですかね? ってこのコラムにしては珍しく前向きな提案型……か、訳もわかってなくて言い放ってるだけなんですけどね。 <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2021.02.20 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表、3月のW杯予選のミャンマー代表戦が延期に

日本サッカー協会(JFA)は19日、3月25日に日産スタジアムで開催予定だったカタール・ワールドカップ アジア2次予選兼AFC アジアカップ中国2023予選のミャンマー代表戦が延期となったことを発表した。 JFAによると、ミャンマーサッカー連盟より、アジアサッカー連盟(AFC)に対して3月のインターナショナルマッチカレンダーで予定している試合の開催延期を求めるレターが提出。AFCがこれを承認したとのことだ。 ミャンマーは、2月に予定されていたオマーン代表とのフレンドリーマッチが中止となっており、3月には日本戦のほか、バーレーン代表とのフレンドリーマッチも予定されていた。 現時点で新たな日程は未定とのこと。決定次第発表されるという。 日本代表は、3月にミャンマーとモンゴル代表とワールドカップ予選を戦う予定。モンゴル代表戦はアウェイでの試合の予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響を受け、日本国内で開催。3月30日にフクダ電子アリーナで行われる。 2021.02.19 17:52 Fri
twitterfacebook
thumb

日本は変わらずの27位で引き続きアジア最上位! 最新FIFAランク発表

国際サッカー連盟(FIFA)は18日、最新のFIFAランキングを発表した。 今年最初のFIFAランキング発表だったが、順位に大きな変動なし。日本代表は現状維持の全体27位で、昨年11月から続くアジア最上位の座を守っている。 また、ベルギー代表が依然、首位をキープ。フランス代表、ブラジル代表、イングランド代表、ポルトガル代表がベルギーを追う構図も変わらなかった。 一方で、モロッコ代表が2ランクアップの33位に。コスタリカ代表が前月から1つ上げ、50位に浮上している。 ◆2月のFIFAランキングTOP10(カッコ内は前回の順位) 1.ベルギー(1) 2.フランス(2) 3.ブラジル(3) 4.イングランド(4) 5.ポルトガル(5) 6.スペイン(6) 7.アルゼンチン(7) 8.ウルグアイ(8) 9.メキシコ(9) 10.イタリア(10) ◆アジア内TOP10(カッコ内は総合順位) 1.日本(27) 2.イラン(29) 3.韓国(38) 4.オーストラリア(41) 5.カタール(58) 6.サウジアラビア(67) 7.イラク(69) 8.UAE(74) 9.中国(75) 10.シリア(76) 2021.02.19 10:05 Fri
twitterfacebook
thumb

海外組のFW陣は復調するか/六川亨の日本サッカーの歩み

昨夜14日は21時からプレミアリーグのサウサンプトン対ウルブス戦、22時からはラ・リーガのヘタフェ対レアル・ソシエダ戦をDAZNで観戦した。サウサンプトンの南野拓実はホーム初スタメンとなる序盤こそ左MFの位置で攻撃に絡み、10分には惜しい左足シュートを放ったが、時間の経過とともに次第に画面からフェードアウトする。 ドリブルで仕掛けるシーンは皆無で、パスが来ても無理せずリターンすることが多く、見ていてフラストレーションばかりが募った。試合はイングスの鮮やかなボレーで先制したサウサンプトンだったが、51分にPKから同点にされると、南野は62分に交代を余儀なくされる。そしてチームは66分に逆転ゴールを許して逆転負け。この結果6連敗で13位に後退した。 一方ヘタフェの久保建英は、前節のレアル・マドリー戦同様アレーニャとともにベンチスタート。チームは30分に左クロスから失点すると、ホセ・ボルダラス監督は58分に久保とアレーニャを同時投入したもののスコアを動かすことはできず、4試合連続ノーゴールの3連敗とこちらも泥沼にはまっている。 久保は交代直後の66分に右FKからゴールを狙ったが、ニア上狙いのシュートは低い弾道のため壁にブロックされてしまう。このシーン以外は、ヘタフェがロングボールを多用したため空中戦の競り合いと、こぼれ球に両チームの選手が殺到する肉弾戦となり、久保とアレーニャを起用した効果はほとんどなかった。 もしもこの2試合をFC東京のファン・サポーターが見ていたら、きっと「シュート打て!」と叫んでいたことだろう。 この2人に限らず、ブレーメンの大迫勇也は13日のフライブルク戦に80分から登場したものの見せ場を作ることはできなかった。 ほんの1年ほど前は、東京五輪のOA(オーバーエイジ)枠で1トップの絶対的候補にあげられていた大迫だが、今シーズン聞こえてくるのはネガティブな報道ばかり。 彼らだけでなく、海外でプレーする攻撃的なポジションの日本人選手は、押し並べて評価が低い。かろうじて鈴木優磨(シント=トロイデン)と伊東純也(ヘンク)が1月は結果を残したが、代表クラスの選手はほとんど国外でプレーしているベルギーリーグでの活躍のため、割り引いて考えるのは酷な仕打ちだろうか。 逆に評価を高めているのがセリエAとブンデスリーガの2人だ。冨安健洋(ボローニャ)と吉田麻也(サンプドリア)は試合結果にかかわらず高評価を得ている。同じくシュツットガルトの遠藤航も評価を高めた昨シーズンだったし、それは今シーズンも変わらない。さらに試合を重ねるたびにメディアも驚いているのが長谷部誠(フランクフルト)だ。 本人は代表からの引退を表明しているものの、リベロもしくはボランチとして必要なら代表に再招集すべきではないだろうか(FC東京の森重真人の左右両足の正確なフィードも代表の武器になると思っている)。 今週末の20日はゼロックス・スーパーカップが開催され、来週26日にはJ1リーグの開幕でシーズンインを迎える。そして3月は、25日にW杯アジア2次予選のミャンマー戦、30日はモンゴル戦が控えている。 新型コロナの影響次第だが、2月12日現在の外務省ホームページはドイツ、スペイン、フランス、ベルギー、ポルトガルが日本からの入国を禁止している。イタリアとUAEは入国に際し条件付きか行動制限が課されている。 コロナ規制の緩和状況にもよるが、大迫、久保、南野、そしてアル・アイン(UAE)でデビューした中島翔哉らはコンディションと同時に、チームの所在地の条例により再入国に厳しい制限があるのなら招集を断念し、3月の代表戦の攻撃陣は国内組で編成しなければならないかもしれない。 そこで問題は、国内組でどんな攻撃陣を組めるかということになる。こちらは過去の実績に加え、今シーズンの活躍次第ということになるだろう。候補としては川崎Fの小林悠、家長昭博、三笘薫、横浜FMの前田大然、鹿島の上田綺世といったところか。それとも意外なニューカマーが出現するか。ここらあたりに注目して見るのも面白いのではないだろうか。 <hr><div id="cws_ad">【文・六川亨】<br/>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.02.16 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.63】桜の最終ラインの大黒柱は東京五輪・A代表、そして海外移籍を目論む/瀬古歩夢(セレッソ大阪/DF)

かつて香川真司(PAOK)や乾貴士(エイバル)を大きく伸ばしたレヴィー・クルピ監督を8年ぶりに呼び戻し、攻撃サッカーを鮮明にしたスタイルへの転換を図っているセレッソ大阪。2月前半の宮崎キャンプでは、J1昇格組の徳島ヴォルティスに2-1、J2のファジアーノ岡山に8-4で勝利。まずまずの調整を続けている様子だ。 昨季途中にブレイクした豊川雄太や新加入の加藤睦次樹、大久保嘉人らアタッカー陣の選手層が厚くなる傍らで、マテイ・ヨニッチ(上海申花)、木本恭生(名古屋)、片山瑛一(清水)が抜けた守備陣の方はやや不安視されている。コンサドーレ札幌から獲得した日本代表歴のある進藤亮佑の復帰が遅れており、鳥海晃司も負傷。新戦力・チアゴが入国できずにいて、センターバック(CB)の人材不足は深刻と言っていい。 苦境を跳ね除けるべく、2020年JリーグYBCルヴァンカップ・ニューヒーロー賞とベストヤングプレーヤー賞をダブル受賞した瀬古歩夢には、「守備の大黒柱」として大いに奮起してもらうしかない。 「大変光栄な賞をいただいて、今後もっともっと頑張らなければいけないと思いました」と昨年12月21日の会見時にも責任感を強めている様子だった。彼の一挙手一投足がクルピ新体制のチームの成否を左右するだけに、プロ4年目となる今季はより安定感ある仕事を見せる必要があるのだ。 小学校時代からセレッソ生え抜きのCBは、U-15所属だった中学生の頃からJFAエリートプログラムU-14に選ばれる逸材だった。森山佳郎監督率いるU-15日本代表も発足時から名を連ね、2016年AFC・U-16選手権(インド)に参戦。2017年U-17ワールドカップ(W杯=インド)はケガで棒に振ったものの、2019年U-20W杯(ポーランド)は最終ラインの主力に君臨し、ベスト16進出に貢献した。 同年にはミゲル・アンヘル・ロティーナ監督からレギュラーに抜擢され、コンスタントにJリーグに出場するようになる。「オールラウンドの能力を備えたCBとして順調に育ち、いずれは日の丸を背負ってほしい」というクラブの期待に応えるような順調な軌跡を歩んできたのだ。 しかしながら、親友でライバルの菅原由勢(AZ)や鈴木冬一(ローザンヌ)が自分より早く海外へ移籍。瀬古の中には焦りと悔しさが色濃く残ったという。 「仲のいいユキナリが欧州CL予選とかCLに出て、さらにはA代表入りしたことは正直、悔しい。冬一にも負けたくない」と彼は複雑な胸中を吐露したことがあった。 サイドバックを主戦場とする2人は海外移籍の門戸を開きやすいが、2m級の高さと屈強な肉体を誇る選手がズラリと並ぶCBの海外挑戦のハードルは高い。それでも吉田麻也(サンプドリア)や冨安健洋(ボローニャ)のような成功例があるのも確か。2人にあって瀬古にないものを考えてみると、語学力を含めた海外適応力とインテリジェンスではないか。 もともとヤンチャ気質の関西人で、ピッチ外では破天荒な行動も少なくなかったという彼のことを「松田直樹2世」と称するセレッソ関係者もいた。だが、それは10代までの話。20歳になり、人間的にも落ち着いてきた今の彼なら十分に吉田と冨安の背中を追えるだけのポテンシャルがある。 「2020年に2つの賞をいただいて、僕個人として恥じないプレーをしなければいけないと思う。セレッソのリーグ優勝、個人としてはベストイレブン、MVPを目指してやっていきたい」と高みを目指す気持ちがより一層、強まったのは朗報だ。 意識改革の1つのきっかけになったのは、昨季までの2年間、マテイ・ヨニッチとコンビを組んだこと。2020年J1で3人だけだったフィールドプレーヤーのフルタイム出場者であるクロアチア人CBの落ち着きと迫力、安定感は瀬古の大きな指標となった。 「ヨニッチは経験豊富ですし、横にいるだけで勉強になる。ああいうドシっとした面構えのDFになりたい」と羨望の眼差しで見つめていた。名手の立ち振る舞いを間近で体感し、自分の糧にしてきたことで、2020年の瀬古は大いに輝いた。9月13日の横浜F・マリノス戦ではエリキの決定的シュート場面を確実に阻止するなど、要所要所で活躍。10月24日の浦和レッズ戦では2失点に絡むミスを犯しながらも、後々まで引きずることなくすぐに立ち直って本来のパフォーマンスを取り戻した。心身両面で一段階二段階ステップアップした今だからこそ、セレッソ守備陣の大黒柱になれるに違いない。 「2019年はディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)のような外国人選手に1対1でやられる場面が多かったですけど、自分なりに考えて対処できるようになったし、負ける回数も減ったと思います。でもまだプレーの質は足りない。ビルドアップのタテパスだったりは磨かないといけない部分。チームへの声掛けやコーチングなどやるべきことをしっかりやって、東京五輪をつかみたいと思います」 昨年末にこう語気を強めた瀬古。五輪開催可否は依然として流動的ではあるが、その先にはA代表も2022年カタールW杯もある。日の丸をつけ、勇敢に海外の強豪国と渡り合う瀬古を見る日も近いはず。吉田、冨安に追いつけ追い越せ精神で、名前の通り、力強く歩み、大いなる夢をつかんでほしいものである。 <div id="cws_ad"><hr>【文・元川悦子】<br/>長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.02.16 11:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly