旅立つ友へ…ドイツ移籍決定の同僚を見送るポグバとバイリーが熱い

2021.01.14 20:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドの選手たちが、同僚との別れを惜しんだ。

14日、ユナイテッドのオランダ代表DFティモシー・フォス=メンサーのレバークーゼン移籍が発表された。


◆もはや芸術…ポグバがユーベで魅せたスーパーゴールの数々

2014年夏にアヤックスの下部組織からユナイテッドのアカデミーに加入したフォス=メンサーは、2015-16シーズンにファーストチームデビューを果たしたものの、その後はケガもあり出場機会を得られておらず、今季は完全な構想外となりここまで公式戦3試合の出場にとどまっていた。

それでも、チームメイトとの信頼関係は厚く、私服姿でロッカールームを片付けに来ていたフォス=メンサーのもとに、コートジボワール代表DFエリック・バイリーとフランス代表MFポール・ポグバが訪れ、別れを告げていた。

バイリーと熱く抱擁を交わす場面では、フォス=メンサーの目頭が熱くなる瞬間もあったものの、3人で肩を組み、カメラに向かって笑顔を見せる場面もあった。

フォス=メンサーが自身のスナップチャットに投稿した動画は、『ESPN』の公式ツイッターでも公開されており、ファンからは「泣けてくる」「ポグバはいい男」といった感動的な声や、「レバークーゼンでも幸運を祈る」というフォス=メンサーを応援する声も上がっていた。

ユナイテッドは12日に行われたバーンリー戦での勝利で、プレミアリーグで3年4カ月ぶりの首位に立っている。チーム内の雰囲気も良好なようだ。

◆バイリーとポグバとの熱いハグに目頭を熱くさせるフォス=メンサー


関連ニュース
thumb

批判高まるマルシャル…指揮官スールシャールは擁護「一流であることを知っている」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、批判の高まるフランス代表FWアントニー・マルシャルを擁護した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨シーズン、プレミアリーグ通算17ゴールでチーム内得点王となったマルシャルだったが、今季は試合を消化した現時点で4ゴールと寂しい結果に。守備意思の低さや、前線での動き出しの鈍さも相まってファンや、OBからの厳しい批判にさらされている。 そんなマルシャルについて、スールシャール監督は「アントニーは私たちが何を望んでいるかを知っていて、チームのために一生懸命頑張ってくれている」とコメント。擁護の姿勢を見せた。 「私は毎日トレーニングで彼を見ている。彼は物事が起きるのを待つのではなく、自分自身がそれを実現しなければならないことがわかっている」 「我々は彼を励まし、コーチングする。彼にはクオリティがあり、一流であることを知っているからね」 「誰もが困難な時期を経験するものだ。レアル・ソシエダ戦では、彼がより一層努力しているのを見れたと思うし、それが重要なことだ」 マルシャルへの厚い信頼を強調したスールシャール監督。昨季のチームトップスコアラーは、これに結果で応えることができるだろうか。 2021.02.27 15:39 Sat
twitterfacebook
thumb

48歳誕生日にミラン戦決定…スールシャール「ナイスなバースデーギフト」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の抽選結果に言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 25日に本拠地で行われたEL決勝トーナメント1回戦2ndレグのレアル・ソシエダ戦をゴールレスドローで終え、4-0の快勝で飾った1stレグでの大量リードをアドバンテージに次のラウンドに進出したユナイテッド。翌26日に行われた抽選の結果、ベスト16での対戦相手は今季のセリエAで優勝争いを演じるミランに決定した。 同日に48歳の誕生日を迎えたスールシャール監督は28日に敵地で予定するプレミアリーグ第26節のチェルシー戦に先駆けた会見で、チャンピオンズリーグ(CL)でも実現してもおかしくないようなミランとの対戦決定に冗談を交えながらコメントした。 「ナイスなバースデーギフトだ。あのドロー結果を見られてね! 我々は抽選に苦しめられてきた伝統がある。CLの舞台で実現し得る抽選結果の1つだよね。楽しみだ」 「我々は試練が必要で、チャレンジを楽しみ、それを受け入れるよ。ミランの伝統と歴史は歓迎する。スタジアムも素晴らしい。我々はそういう部分を楽しみにしている」 そんなミランにはかつてユナイテッドでプレーした元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチのほか、昨夏にユナイテッドからレンタル移籍したポルトガル人DFジオゴ・ダロトが所属。ノルウェー人指揮官は両選手についても述べている。 「もちろん、ズラタンの印象に残っている。これまでのキャリアに感心してもいると言っておかなければならない。ここにいたときにキャリアを脅かすようなケガをしてしまったが、全快してMLSに行き、ミランに復帰した。彼らを本当に良く引っ張っているよね」 「今季の彼らは調子が良い。彼のみならず、ジオゴにも感銘を受けている。ビッグクラブでの経験を積むべく、ミランに移り、多くのことを学んでいるようだね。今季は多くの試合に出場して、コンディションも整っている。願わくば、そんな彼を苦しめたいね!」 2021.02.27 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ELラウンド16の組み合わせが決定!ユナイテッドvsミランのビッグマッチが実現!アーセナルは昨季因縁のオリンピアコスと対戦

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の組み合わせ抽選会が、26日にスイスのニヨンで行われた。 ラウンド32では、強豪揃うイングランド勢とイタリア勢は大方順当に駒を進めたが、それぞれレスター・シティとナポリが、スラビア・プラハとグラナダに敗れ無念の敗退。そのグラナダを含むスペイン勢では、ビジャレアルもザルツブルクを下しベスト16に進んでいる。 その他では、チャンピオンズリーグ(CL)の常連であるシャフタール、アヤックス、オリンピアコスらも突破を決めたが、昨季8強のレバークーゼンとホッフェンハイムのドイツ勢2チームが敗退している。 また、今ラウンドに日本人選手として唯一参戦したアントワープのMF三好康児は、レンジャーズに合計スコア5-9で敗れて、ラウンド32で散った。 そして、ラウンド16では、マンチェスター・ユナイテッドvsミランのビッグマッチが実現。最後に対戦したのは2009-10シーズンのCLラウンド16で、当時はユナイテッドが合計スコア7-2でミランを粉砕している。 上記2チームと同じく優勝候補に挙げられるローマはシャフタール・ドネツクと対戦。両者は過去にCLで6度の対戦歴があり、最近では17-18シーズンのラウンド16で激突し、2戦合計2-2でアウェイゴールの差でローマが勝ち上がっていた。 アーセナルは昨季のELラウンド32で苦杯を舐めさせられたオリンピアコスが相手。その時は180分で決着がつかず、延長戦の末に逆転負けを喫した。 トッテナムはディナモ・ザグレブと対戦。08-09シーズンにELの前身であるUEFAカップのグループステージで同居しており、前スタジアムのホワイト・ハート・レーンではFWダレン・ベントのハットトリックで快勝を収めている。 なお、ラウンド16は3月11日と同18日に予定されており、準々決勝と準決勝の抽選会は翌19日に行われる。 ◆ELラウンド16組み合わせ アヤックス vs ヤング・ボーイズ ディナモ・キエフ vs ビジャレアル ローマ vs シャフタール・ドネツク オリンピアコス vs アーセナル ディナモ・ザグレブ vs トッテナム マンチェスター・ユナイテッド vs ミラン スラビア・プラハ vs レンジャーズ グラナダ vs モルデ 2021.02.26 21:32 Fri
twitterfacebook
thumb

ポグバ、復帰はまだ先に…スールシャール「あと数週間はかかる」

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバのケガが長引いているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 今月6日のプレミアリーグ第23節のエバートン戦で右太ももを負傷したポグバ。現在まで離脱が続いている状態で、ヨーロッパリーグのレアル・ソシエダとの2試合も欠場していた。 復帰が待たれるポグバだが、どうやらもう少し時間がかかる模様。ラウンド16進出を決めた25日のソシエダ戦後の会見で、オーレ・グンナー・スールシャール監督が「ポールはあと数週間はアウトだ」と明言した。 これにより、28日に行われるプレミアリーグのチェルシー戦の欠場は確定。さらには来月7日のマンチェスター・シティ戦や、13日のウェストハム戦といった上位戦も出場できない可能性が高まった。 昨年末から調子を上げ、1月にはクラブ最優秀選手に選ばれていただけに、本人としても悔しいところだろう。 2021.02.26 20:31 Fri
twitterfacebook
thumb

リンデロフの“フライング・ニー”が相手選手の顔面に炸裂…OBスコールズ氏はファウルではないと主張

マンチェスター・ユナイテッドのスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフのファウルに注目が集まっている。 ユナイテッドは、25日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグでレアル・ソシエダと対戦し、0-0で引き分けた。 63分には、左CKからDFアクセル・トゥアンゼベのヘディングシュートが決まったかに思われたが、その前にリンデロフにファウルがあったとしてVARの末にノーゴールに終わっていた。 このシーンでは、キッカーのアレックス・テレスが放ったアウトスイングのボールに対し、走り込んだリンデロフが高い跳躍を見せるもボールには届かず、右足のヒザがソシエダのFWジョン・バウティスタの顔面にヒットしてしまっていた。 リンデロフにはこのプレーでイエローカードが提示されていたが、イギリス『SPORTBIBLE』も「残忍なフライング・ニー」と伝えるなど、サッカーとは思えないシーンに注目が集まっている。 一方、イギリス『サン』によると、この試合の解説を務めたマンチェスター・ユナイテッドOBのポール・スコールズ氏は、「このプレーが故意ではなく、ゴールに影響を与えていないため、ファウルではない」と主張していたようだ。 <div id="cws_ad">◆リンデロフの“フライング・ニー”が顔面にもろにヒット…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Victor Lindelof attacking corners like... <a href="https://t.co/iet4WmIpUF">pic.twitter.com/iet4WmIpUF</a></p>&mdash; BenchWarmers (@BeWarmers) <a href="https://twitter.com/BeWarmers/status/1365058623634833408?ref_src=twsrc%5Etfw">February 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.26 18:44 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly