乾が今季初弾もエイバル、レバンテとの中位対決は逆転負け《ラ・リーガ》

2021.01.11 00:04 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エイバルは10日、ラ・リーガ第18節でレバンテとのアウェイ戦に臨み、1-2で逆転負けした。エイバルのMF乾貴士は89分までプレーし、FW武藤嘉紀は73分からプレーしている。前節グラナダ戦をヒルのドブレーテで勝利した12位エイバル(勝ち点19)は、3日前に行われたコパ・デル・レイ2回戦のラス・ロサス戦では先発した武藤に先制ゴールが生まれた中、延長戦に持ち込まれた末に何とか4-3で競り勝った。そのエイバルは乾が先発に戻り、武藤はベンチスタートとなった。

13位レバンテ(勝ち点18)に対し、ヒルの負傷欠場を受けて乾がフラットな[4-4-2]の左MFでスタートしたエイバルは序盤の主導権争いを経て、21分に乾がカットインからミドルシュートを放った。

前半半ば以降はレバンテにポゼッションで上回られる展開となったものの、決定的なシュートを許すことはなく前半をゴールレスで終えた。

迎えた後半、開始30秒にエスポジトがミドルシュートでGKを強襲したエイバルは、51分に先制する。決めたのは待望の今季初ゴールとなる乾。相手のミスパスを敵陣ボックス内でカットした流れから最後は乾が難なく蹴り込んだ。

相手のミスを突いて先制したエイバルは、55分にラドヤにコントロールシュートでネットを揺らされるも、ゴール前にいた選手がオフサイドで助かった。

62分にはCKの流れから乾がGK強襲のシュートを浴びせて追加点に迫ったエイバルだったが、65分に同点とされる。スルーパスに反応したモラレスにボックス右ゴールライン際へ侵入されて折り返されると、メレロにボレーで決められた。

73分に武藤を投入して勝ち越しを狙ったエイバルだったが、3分後に逆転されてしまう。右サイドをデ・フルートスに突破されると、最後はモラレスに押し込まれてしまった。

逆転されたエイバルは85分にロングボールに反応して抜け出した武藤に同点のチャンスが訪れたが、シュートは相手GKのセーブに阻まれてしまう。結局、エイバルはこのまま1-2で敗戦。乾に今季初ゴールが生まれたものの、中位対決を逆転で落としてしまった。
コメント
関連ニュース
thumb

芸術的ループパスでリーガ初アシストの武藤に高評価「幻想的なアシスト」

エイバルのFW武藤嘉紀が今シーズン初アシストを記録した。 エイバルは24日、ラ・リーガ第20節でセルタとアウェイで対戦し、武藤はフル出場を果たした。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=3yvhpvmenc0w1foq82zrk49p8" async></script></div> 3トップの右で先発した武藤は、1点ビハインドで迎えた53分、相手陣内でパスカットしたMFエドゥ・エスポジトのパスをボックス左手前で受けると、右足のトラップから左足でゴール前にループパスを送り、走り込んだFWブライアン・ヒルがボレーシュートをゴール右に突き刺した。 これがリーガでの初アシストとなった武藤だが、『ESPN』も「ムトウとブライアン・ヒルの素早い連携」とこのゴールを伝えたほか、『マルカ』も「ムトウが幻想的なアシストでブライアン・ヒルをお膳立て」と武藤のアシストについても称賛している。 また、スペイン『アス』の採点(3点満点)では、ブライアン・ヒルらとともにチームトップの2点評価を受けた。一方、スペイン『マルカ』の採点(3点満点)では、エイバルの大半の選手とともに1点の評価だった。 なお、試合はそのまま1-1でタイムアップ。MF乾貴士はベンチ入りも出場しなかった。 2021.01.25 12:21 Mon
twitterfacebook
thumb

ブライアン・ヒル弾で追いついたエイバルが連敗をストップ!フル出場の武藤が初アシスト《ラ・リーガ》

エイバルは24日、ラ・リーガ第20節でセルタとアウェイで対戦し1-1の引き分けに終わった。エイバルのMF乾貴士はベンチ入りも出場せず、FW武藤嘉紀はフル出場した。 公式戦3連敗中の16位エイバル(勝ち点19)は、ミッドウィークに逆転負けを喫したアトレティコ・マドリー戦から先発を3人変更。3トップに右から武藤、キケ・ガルシア、ブライアン・ヒルを並べた[4-3-3]の布陣で試合に臨んだ。乾はリーグ戦7試合ぶりのベンチスタートとなった。 公式戦4連敗中の12位セルタ(勝ち点23)に対し、エイバルは相手のファーストチャンスで失点してしまう。9分、右サイドでパスを受けたマージョの折り返しをボックス手前のサンティ・ミナがヒールパス。これがセルヒオ・アルバレスに当たるとボックス中央のブライス・メンデスに繋がり、そのままゴール左隅にシュートを決められた。 先制を許したエイバルは、14分にも左サイドを抜け出したノリートのクロスからオラサに決定機を許したが、シュートは右ポストを直撃し難を逃れた。 その後は反撃に出たエイバルだったが、アタッキングサードでのパスやフィニッシュの精度を欠き、相手ゴールを脅かすことができないまま時間が経過。結局、エイバルは枠内シュート1本で前半を終えた。 迎えた後半、エイバルは最初のチャンスで試合を振り出しに戻す。54分、エスポジトのパスをボックス左手前で受けた武藤がゴール前にループパスを送ると、走り込んだブライアン・ヒルがボレーシュートをゴール右に突き刺した。 武藤の移籍後初アシストで追いついたエイバルだが、59分にピンチ。左サイド深くまで持ち上がったオラサのクロスをファーサイドから走り込んだマージョがダイビングヘッド。さらに68分には、ノリートのスルーパスでゴールエリア左横に抜け出したブライス・メンデスにシュートを許したが、共にGKドミトロビッチが好セーブで防いだ。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、両チーム最後まで追加点を奪うことはできず。1-1でタイムアップ。ブライアン・ヒル弾で追いついたエイバルは、連敗を3で止めた。 2021.01.25 04:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ラ・リーガ史上7人目のゴールを決めたエイバルGKがPKの秘訣を明かす「オブラクは…」

エイバルのセルビア代表GKマルコ・ドミトロビッチが自身のゴールを振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 エイバルは21日、ラ・リーガ第19節でアトレティコ・マドリーと対戦。MF乾貴士、FW武藤嘉紀がともに先発出場した試合は、9分、前線へのロングフィードに対して右ウイングで先発した武藤が走り込む。バウンドしたボールに武藤が追いつくが、その競合いでヤニク・フェレイラ・カラスコが後方からチャージ。これがファウルとなり、エイバルがPKを獲得した。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=12rajci687fcr1nrsy4l1qkrq4" async></script></div> そしてこのキッカーを務めたのが守護神のマルコ・ドミトロビッチだった。主審も驚く中、ドミトロビッチは左に蹴り込み、エイバルの先制ゴールをマークしていた。 ラ・リーガ史上7人目のGKによるゴールとなったが、プロ初ゴールを決めたドミトロビッチは試合後のインタビューでこのゴールの経緯を話している。 「僕が蹴るというアイデアはメンディリバル監督のものだ。彼は僕がPKを蹴るべきだとずっと言っていた。(第17節の)グラナダ戦でエドゥ・エスポジトがPKを外して、(第18節の)レバンテ戦の前にその機会があれば僕が蹴るだろうと言っていた。今日は僕の番だったが、勝利の役に立てず残念だった」 また、普段はPKを蹴られる側であるGKならではのPKの秘訣も明かしている。 「(ヤン・)オブラクや普通のGKは誰であっても、キッカーが蹴るタイミングに飛ぶと思う。だからその反対に蹴ったんだ」 試合はその後アトレティコに逆転を許したものの、PKキッカーの大役を見事に果たしたドミトロビッチ。次のPKの場面でもその役を任されることになるだろうか。 2021.01.23 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

エイバルの武藤が絶妙の駆け引きから抜け出して決めた移籍後3点目【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はエイバルの日本代表FW武藤嘉紀が決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆武藤のエイバル移籍後3点目<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJQa0FGN3dwQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> FC東京でプロデビューした武藤は、2015年にマインツへ移籍し、欧州デビュー。ニューカッスルへの移籍を経て、2020年夏にエイバルにレンタル移籍で加入している。 スピードを活かしたドリブルと得点力を武器とする武藤だが、2021年1月17日に行われたコパ・デル・レイ3回戦のナバルカルネロ戦では、見事なゴールを決めている。 武藤は[4-4-2]の2トップの一角として先発出場を果たすと、0-0で迎えた16分、エイバルにチャンスが訪れる。味方のロングボールが相手DFの前で大きくバウンドすると、いち早くバウンドを見極めた武藤がボールを収め、一気にゴール前へ抜け出す。GKとの1対1を冷静に決めると、先制点を奪ってみせた。 武藤の移籍後3点目となるゴールで先手を取ることに成功したエイバル。しかし、その後反撃を許すと、3部のナバルカルネロ相手に1-3とまさかの逆転負けを喫している。 2021.01.22 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀が首位相手に守護神のゴールをお膳立て!ラ・リーガ史上7人目の快挙をアシスト

エイバルは21日、ラ・リーガ第19節でアトレティコ・マドリーと対戦。この試合で、歴史的なシーンが訪れた。 ホームにアトレティコを迎えたエイバル。MF乾貴士、FW武藤嘉紀がともに先発出場した試合は、エイバルが先制する展開となる。 9分、前線へのロングフィードに対して右ウイングで先発した武藤が走り込む。バウンドしたボールに武藤が追いつくが、その競合いでヤニク・フェレイラ・カラスコが後方からチャージ。これがファウルとなり、エイバルがPKを獲得する。 武藤が身体を張って獲得したPKだが、このキッカーを務めたのが守護神のマルコ・ドミトロビッチだった。 ドミトロビッチがボールを置こうとすると、主審も驚きの表情。リーグ戦、開始早々のPKをGKが蹴ることはかなり珍しい光景だ。 リーガ屈指の名手であるヤン・オブラク相手のPKであり、簡単なものではないと思われたがデータが何もなかったのか、ドミトロビッチは左に蹴り込み、エイバルが先制した。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=12rajci687fcr1nrsy4l1qkrq4" async></script></div> ドミトロビッチは当然初ゴール。これはラ・リーガ史上7人目のGKによるゴールとなった。 最後にGKがゴールを記録したのは2011年2月20日のアルメリア戦で、当時デポルティボ・ラ・コルーニャに所属していたダニエル・アランスビアが決めたもの。1-0で負けていた後半アディショナルタイムにヘディングで決めたものだった。 なお、GKによるPKの得点は2001年5月20日のオサスナ戦でラス・パルマスのナチョ・ゴンサレスが決めたものが最後。なお、この試合でナチョ・ゴンサレスは2本のPKを成功し、3-3の引き分けに終わっていた。 ドミトロビッチの見事なPKで先制したエイバルだが、40分にルイス・スアレスのゴールで追いつかれると、89分にはスアレスにPKを決められ、逆転負けに終わっていた。 2021.01.22 11:25 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly