スカッとゴール! ミスキックから生まれた意表を突くループシュート

2021.01.13 07:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。

2021年1月13日にご紹介するのは、今から約11年前に元ブラジル代表DFダニエウ・アウベスが決めたゴールです。


◆ズラタンへのパスがそのままゴールへ!D・アウベスが決めた予想外のループシュート

◆ここがスカッと!
トップレベルの実戦においても、時にミスからスーパーなゴールが生まれることがあります。今回のD・アウベスのゴールはまさに偶然の産物でした。

◆イブラヒモヴィッチへのクロスが…
バルセロナで不動の右サイドバックとして、在籍8年で公式戦391試合出場、21ゴール100アシスト、さらには獲得タイトル23という数字を残したD・アウベス。DFらしからぬ攻撃力を武器としていましたが、2010年1月23日に行われたラ・リーガ第19節のバジャドリー戦では、思わぬ形で自らゴールを決めています。

22分、ハーフウェイライン付近でFWリオネル・メッシとのワンツーから右サイドを突破したD・アウベスは、敵陣深くまで侵入。中央で待つFWズラタン・イブラヒモビッチへクロスを上げます。

しかし、これがミスキックになりゴール方向へ。するとこれが見事なループシュートとなり、前に出ていた相手GKの頭上を見事に越えてゴールネットに吸い込まれました。

ミスキックとはいえ、そのゴールはあまりに完璧なものでした。

関連ニュース
thumb

スカッとゴール! C・ロナウドのノールックバックヒール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月26日にご紹介するのは、今から9年前にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆大胆かつエレガント!C・ロナウドが相手全員の裏をかいた極上バックヒール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTZFpBWlFyTyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 相手選手の意表を突くことができるヒールシュート。ゴールに背を向けた状態からのシュートとなるため、必然的に難易度は上がりますが、C・ロナウドのヒールシュートは相手選手全員を騙します。 ◆相手選手は動けず ユベントスでは、その決定力やポジショニングで、効率よくゴールを奪うスタイルにシフトしてきているC・ロナウドですが、レアル・マドリー時代には今よりもそのテクニックを発揮するシーンも多くありました。 2012年2月26日に行われたラ・リーガ第25節ラージョ・バジェカーノ戦の53分、マドリーが左サイドからのコーナーキックを得ます。ゴール前の混戦からボールが転々とすると、ボールがゴールとは反対方向に転がります。 C・ロナウドもゴールに背を向ける状態でしたが、そこからバックヒールシュート。しっかりとボールスピードもあるシュートは、虚を突かれた相手選手たちはGKを含めて反応できず、そのままボールだけがネットに吸い込まれました。 このゴールはこれまでにも何度も紹介されており、C・ロナウドを語るうえで外せないゴールになっています。 2021.02.26 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 強烈なノビとブレる軌道、元仏代表レフティーの圧巻シュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月24日にご紹介するのは、今から19年前に元フランス代表MFのジェローム・ロタン氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆黄金の左足!ロタンの無回転ミドルシュートがかっこいい<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ2Wm41eFdnViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 相手陣内中央から放たれたシュートは強烈に伸び、無回転のボールはブレながら進んでいきます。見るだけで爽快なミドルシュートです。 ◆左足が最大の武器 左足の精度の高さを武器にキャリアのほとんどをフランスで過ごしたロタン氏。2002年に加入したモナコでは、不動の左サイドハーフとして数々のチャンスメイクをこなし、2003-04シーズンのチャンピオンズリーグ準優勝の原動力にもなりました。 2002年2月23日に行われたリーグ・アン第27節のギャンガン戦ではその左足から素晴らしいゴールを決めています。 1-1で迎えた45分、ロタンは敵陣中央でボールを受けます。一歩踏み出すと、ロタンはそこから左足を一閃。強烈な無回転シュートは、綺麗な弾道でゴール左上へと突き刺さりました。 フィジカルの弱さを指摘されながらも、左足1本でフランス代表にまで登り詰めたロタン氏の凄さを象徴するようなゴールです。 2021.02.24 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ワンツー、シザース、チップキック…ロナウジーニョのビューティフルゴール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月22日にご紹介するのは、今から18年前に元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆これぞファンタジスタ!PSG時代のロナウジーニョが華麗なドリブルで次々と相手を抜き去って決めた圧巻のゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJCemhQeXhhRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! サッカー史に残るファンタジスタとして世界中を虜にしたロナウジーニョ氏。バルセロナ加入前のパリ・サンジェルマン(PSG)時代からその輝きは圧倒的でした。 ◆欧州デビューとなったPSG 母国ブラジルのグレミオでのプロデビューを経て、2001年夏に加入したPSGで欧州デビューを果たしたロナウジーニョ氏。2003年2月22日に行われたリーグ・アン第28節のギャンガン戦では、素晴らしいゴールを決めています。 0-0で迎えた20分、ハーフウェイライン付近でロナウジーニョがボールを持つと、ドリブルを開始。タックルに来たFWディディエ・ドログバを一瞬の加速で振り切ると、味方とのワンツーで前線に侵入します。 ロナウジーニョがリターンパスを受けるところを狙ってスライディングして来た相手を華麗なフリックで抜き去り、そのままボックス内へ。必死にコースを切りに来るDFをシザースで鮮やかに抜き去ると、GKの頭上を華麗に抜くチップシュートを沈め、スーパーゴールを決めてみせました。 PSG時代には監督との確執もあったロナウジーニョ氏ですが、シーズン終了後にバルセロナへと移籍。スペインで素晴らしい活躍を見せることになります。 2021.02.22 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ファルカオの本能から生まれた絶妙ループシュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月21日にご紹介するのは、今から4年前にコロンビア代表FWラダメル・ファルカオが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆2戦合計12発の打ち合い!モナコのCLベスト8を手繰り寄せるファルカオのループ<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxMjFRU3hZSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! チャンピオンズリーグの決勝トーナメント、2-2の同点の状況というプレッシャーのかかる場面で、完璧なループシュートを決めるファルカオのストライカーらしさが見事です。 ◆完全復活 プレミアリーグではケガもあり結果を残せなかった中、ファルカオは2016年夏にモナコに復帰すると、2016-17シーズンは公式戦43試合で30得点を記録し、完全復活を遂げます。 中でも、2017年2月21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16のマンチェスター・シティとの1stレグでのゴールは圧巻でした。 FWキリアン・ムバッペ(現パリ・サンジェルマン)と2トップを組んだファルカオ、両者ともに得点を奪い、2-2で迎えた61分にファルカオが2点目を奪います。 MFトマ・レマル(現アトレティコ・マドリー)からのパスを受けたファルカオは、ボックス左端でDFジョン・ストーンズと対峙。切り返しでかわし、中へ侵入すると、飛び出してきたGKウィリー・カバジェロ(現チェルシー)の頭上を越すループシュートで、ゴールネットを揺らします。 この試合は、ここからシティが3点を奪い、5-3でシティが勝利。しかし、ファルカオ不在で迎えた2ndレグでは、モナコがムバッペやMFファビーニョ(現リバプール)らのゴールで3-1と勝利し、2戦合計6-6という壮絶な打ち合いの末に、アウェイゴール差でモナコがベスト8へと進出しています。 2021.02.21 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ユベントスラストシーズンのピルロが決めたブレ球ミドルシュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月20日にご紹介するのは、今から6年前に元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆止められない一撃!世界最高のレジスタ、ピルロが決めた豪快な30ヤード弾<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI5WlFyaEtiZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 相手陣内中央でボールを持つと、軽く相手ディフェンダーを剥がしてからミドルシュート。相手守備陣はしっかりとブロックを作って守っていたものの、それを完全に無力化してしまいます。 ◆世界最高のレジスタ ミランで世界最高のレジスタとしての地位を確立したピルロ氏、2011年にユベントスに移籍した後もチームを数々のタイトルに導きました。 そのキック精度は随一でしたが、2015年2月20日に行われたセリエA第24節のアタランタ戦では、強烈なロングシュートでチームを勝利に導いています。 1-1と同点で迎えた45分、アタランタ陣内中央辺りの位置でボールを持ったピルロは、そこから豪快なロングシュートを放ちます。無回転気味のボールはブレながらゴール右上に突き刺さりました。 ピルロ氏は、このシーズン終了後にユベントスを退団し、MLSのニューヨーク・シティに移籍。2年後に現役を引退すると、今シーズンからはユベントスの指揮官として凱旋しています。 2021.02.20 07:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly