ダニエウ・アウベスの16年ぶりの無冠が決定

2021.02.23 21:22 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブラジル代表DFダニエウ・アウベスの持つ偉大な記録についに終止符が打たれた。

ブラジル・セリエA第37節のボタフォゴvsサンパウロが23日に行われた。勝てば優勝の可能性が残るサンパウロだったが、ダニエウ・アウベスを累積警告による出場停止で欠くチームは、後半の失点で最下位ボタフォゴに敗戦。僅かながらの逆転優勝の望みは完全に断たれた。

サンパウロはコパ・ド・ブラジルも準決勝で敗退していたため、2020シーズンの無冠が決定。そして、実に15年もの間、毎年何かのタイトルを獲得していたダニエウ・アウベスも、その偉大な記録にピリオドが打たれることとなった。

37歳のブラジル人DFが最後に無冠に終わったのは、セビージャ在籍時代の2004-05シーズン。翌シーズンにUEFAスーパーカップを獲得して以降は、毎年毎シーズンのようにタイトルを掲げてきた。

史上初の6冠に貢献したバルセロナのほか、ユベントスやパリ・サンジェルマンでも次々とリーグ制覇を成し遂げたダニエウ・アウベスの獲得した総タイトルは「40」に上る。同選手同様にバルセロナやPSGでプレーした元ブラジル代表DFマクスウェルや、バルセロナスペイン代表のレジェンドMFアンドレス・イニエスタも「37」と及ばない。

2019年夏に加入したサンパウロは8シーズンの間、タイトルから遠ざかっているが、ダニエウ・アウベス個人ではブラジル代表としてコパ・アメリカで優勝していたため、15年連続のタイトル獲得という偉業を成し遂げていた。



関連ニュース
thumb

サンパウロを8年ぶりのタイトルに導いたクレスポ監督、記者会見では選手たちとびしょびしょになって大喜び

元アルゼンチン代表FWのエルナン・クレスポ監督が、サンパウロを8年ぶりのタイトル獲得に導いた。 現役時代にはパルマやラツィオ、インテル、ミラン、チェルシーなどのヨーロッパのクラブを渡り歩き、アルゼンチン代表FWとしても活躍したクレスポ氏は、引退後に古巣パルマの下部組織で指導者キャリアをスタートさせた。 2020年1月から母国クラブのデフェンサ・イ・フスティシアを率いると、コパ・スダメリカーナ2020で優勝に導き、クラブの初タイトルに寄与。しかし、同シーズン限りで退任した。 2021年2月にサンパウロの監督に就任すると、カンピオナート・パウリスタ(サンパウロ州選手権)で躍進。24日に最大のライバルであるパウメイラスと決勝で対戦すると、2-0で勝利し、クラブにタイトルをもたらした。 優勝後のクレスポ監督の記者会見では、選手たちが飲み物片手に乱入すると、ペットボトルや缶、バケツからお構いないし水をぶっかけ。もみくちゃにされると、観念したように監督も選手たちと一緒に祝った。 クレスポ監督はその後しっかりと会見を実施し、タイトル獲得の喜びを語った。ブラジル『グローボ』が伝えている。 「これは選手たちの仕事と態度の結果だ。選手のみんなおめでとう。私たちは一人ではない。とても大きなチームであり、2,000万人のチームだ。それはコーチ、スタッフ、監督、選手だけでなく、すべてがはるかに大きい」 「多くの人が初めてチャンピオンとしてのサンパウロをみて、信じられないくらいの次元の幸せを知った。私にとってそれは素晴らしいこと。フットボールが多くの人に喜びをもたらすことは素晴らしいことだ。それは魔法のようだ。だから、このギフトをファンに贈ることができるのは本当に素晴らしいことだよ」 <span class="paragraph-title">【動画】遠慮なし!選手たちがクレスポ監督を水と氷で襲う</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Hernan Crespo got drenched after securing São Paulo&#39;s first title in 8 years <a href="https://t.co/VAc6Ckgt53">pic.twitter.com/VAc6Ckgt53</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1397194580697788422?ref_src=twsrc%5Etfw">May 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.27 05:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ブラジル出身の元イタリア代表FWエデルがサンパウロに加入

サンパウロは26日、江蘇に所属していた元イタリア代表FWエデル(34)をフリーで獲得し、2022年12月までの契約を結んだことを発表した。 ブラジル出身のエデルは母国のクリシューマでキャリアをスタートさせた後、イタリアに渡ってエンポリやフロジノーネでプレー。そしてサンプドリアで飛躍後、インテルへと移籍していた。2018年7月から江蘇でプレーし、2020シーズンにはクラブ史上初となる中国スーパーリーグ優勝を果たしていたが、クラブは2月28日に経営難により突如活動停止を発表。エデルはフリーとなっていた。 エルナン・クレスポ監督率いるサンパウロは38試合を消化したブラジレイロ・セリエAで首位フラメンゴと5ポイント差の4位に付けている。 2021.03.27 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和がブラジル人FW獲得に動くも、サンパウロがオファーを拒否

浦和レッズが新たなブラジル人FW獲得に動いていたが、拒否されていたようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。 報道によると、浦和が獲得に動いていたのはサンパウロのFWガブリエウ・ノヴァエス(21)とのこと。今年12月まではバイーアにレンタル移籍している選手だ。 サンパウロの下部組織で育ったガブリエウ・ノヴァエスは、バルセロナBへのレンタル移籍も経験。その他、スペインのコルドバでもプレーしていた。 両ウイングが主戦場で、サンパウロでの出場経験はまだないが、バルセロナBでは6試合に出場し1アシストを記録。レンタル先のバイーアでは公式戦20試合に出場し4ゴール2アシストを記録していた。 『グローボ』によると、ガブリエウ・ノヴァエス獲得に向けて浦和は6月までの買い取りオプション付きのレンタル移籍に10万ドル(約1100万円)、その後の保有権の70%の買い取りに200万ドル(約2億1900万円)を提案したとのことだ。 しかし、サンパウロはバイーアへのレンタルを継続した方が良いと考えたことに加え、レッドブル・ブラガンチーノが買い取りに興味を持っているともされている。 サンパウロのフットボール・ディレクターであるカルロス・ベルモンテ氏は『グローボ』に対し「実はこのオファーは日本から来たものだが、受け入れなかった。売りたい、貸し出したいと思えば契約上は呼び戻せるが、我々は選手を貸すつもりはないし、バイーアのオファーを上回っているとは思っていない」とコメント。オファーの内容が問題だったと明かした。 2021.03.26 10:06 Fri
twitterfacebook
thumb

突如活動停止の江蘇から脱出! 元アトレティコのDFミランダがサンパウロに10年ぶり復帰

エルナン・クレスポ監督が率いるサンパウロは17日、ブラジル代表DFミランダ(36)の加入を発表した。契約期間は2022年12月31日までとなる。 ミランダはコリチーバでキャリアをスタート。フランスのソショーへの移籍を経て、2007年3月にサンパウロへと完全移籍で加入した。 その後、2011年7月にアトレティコ・マドリーへと完全移籍。2015年7月にインテルへとレンタル移籍すると、2016年7月に完全移籍。2019年7月から中国スーパーリーグの江蘇蘇寧(江蘇足球倶楽部)へと完全移籍していた。 中国スーパーリーグでも22試合に出場し2ゴール1アシストを記録していたが、2月28日に江蘇足球倶楽部が活動停止を突如発表。選手たちの移籍も凍結されるなど大きな問題が生まれていた。 カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで118試合に出場し4ゴール3アシストを記録。ブラジル代表としても58試合に出場し3ゴールを記録していた。 所属先がなくなり、およそ10年ぶりにサンパウロへと復帰することとなったミランダは、加入に対してコメントした。 「僕は自分の家に戻ります。ここで僕は成長し、多くのことを成し遂げた。僕を世界の舞台に送り出したのはクラブだったので、このチャンスを与えてくれて感謝する。僕はタイトルとサンパウロを再び勝利に導きたいという願望に飢えている」 「僕は野心的で、全てに勝ちたいと思っている。サンパウロで達成したのは歴史であり、今は新しいページを書きたいと思っている。タイトルを獲得したいし、クラブの歴史に自分の名前を残したいと思う。だから戻った」 「ムリシ(スポーツ・コーディネーター)は、僕の状況を知るために何度か電話をかけてきた。サンパウロに戻るかどうか明確な質問をしていた。彼は僕が勝ちたいという願いを持っているサンパウロに出会えるといった。そうでなければ、僕はここにいない。それがあった」 「クレスポと一緒に戦えて光栄だ。彼は若い監督だけど、サンパウロが軌道に乗るのに十分なカリキュラムや経験を持っている。私は自分の価値を示すことができるクラブにいることに、とても意欲的だ」 2021.03.18 11:20 Thu
twitterfacebook
thumb

元アトレティコのDFファンフランがサンパウロを退団、ブラジルでは公式戦56試合

サンパウロは、元スペイン代表DFファンフラン(36)の退団を発表した。 レアル・マドリーの下部組織出身のファンフランは、2003年7月にファーストチーム昇格。その後エスパニョールへレンタル移籍すると、2006年7月にオサスナへと完全移籍。2011年1月にアトレティコ・マドリーへと完全移籍していた。 アトレティコは右サイドバックのレギュラーとしてプレー。8年半の在籍で公式戦355試合に出場し6ゴール41アシストを記録。2019年8月にサンパウロへと完全移籍していた。 サンパウロでも公式戦56試合に出場し3アシストを記録。今シーズンもカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで23試合に出場し1アシストを記録していた。 なお、ファンフランの契約は2020年12月までとなっていたが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でリーグ戦が延長されており、そのためにチームにとどまっていた。 今後はスペインへ戻り、現役を続けるかどうかを決めるとのことだ。 2021.03.01 16:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly