ブンデス最年少のドライアーパックでシャルケを救ったニュースター、マシュー・ホッペが回想「ただ幸せ」

2021.01.10 16:18 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
混迷を極めていたシャルケに1年ぶりのリーグ戦勝利をもたらした超新星が大きな注目を浴びている。昨年1月17日に行われたボルシアMG戦での2-0の勝利以降、ブンデスリーガで30戦未勝利(20敗10分け)と泥沼の状況が続く名門シャルケ。今季ここまでも10敗4分けの最下位に低迷する中、クラブは今年9月にデイビッド・ワグナー、今月18日にマヌエル・バウムと2人の指揮官を解任。暫定指揮官フーブ・ステフェンスを経て、前節のヘルタ・ベルリン戦(0-3)からクリスティアン・グロス新体制がスタートしていた。

そんな中、9日に行われたブンデスリーガ第15節のホッフェンハイム戦、グロス新監督2試合目となった一戦で流星の如く救世主が現れた。アメリカはカリフォルニア出身のFWマシュー・ホッペ。2019年6月にアリゾナにあるバルセロナのアカデミーから加入した19歳はこの試合がブンデスリーガデビュー5試合目だったが、42分にブンデスリーガ初ゴールを挙げると、63分までにさらに2点を追加し、ドライアーパックまで達成してみせた。

アメリカ人選手によるブンデスリーガでの1試合3ゴールは史上初。さらには19歳という年齢もリーグ最年少記録で、シャルケはニュースターの誕生で実に359日ぶりのリーグ戦白星を挙げることに成功した。

ドイツ『キッカー』は試合後のマシュー・ホッペのコメントを伝えているが、本人は「言葉がない。ただ幸せだ」と恥ずかしながら述べるにとどまった。ドライアーパックの口火を切った先制点では見事なループシュートを沈めた同選手だが「それが最も簡単な方法だった。本能で動いていた」と大器を予感させた。

躍動したマシュー・ホッペには、この試合で3年半ぶりのシャルケ復帰を果たし、ゲームキャプテンも務めたDFセアド・コラシナツも「彼は普段は穏やかな少年だが、ピッチ上ではアクセル全開で決戦に身を投じる姿を見ることができる。今日は自分を誇りに思っていいだろう」と称賛。アメリカ人青年もこれに対し「彼はリーダーであり、尊敬できる人物だ」と答えたようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

シャルケのトルコ代表FWクツジュがヘラクレスにレンタル移籍

シャルケは21日、トルコ代表FWアフメド・クツジュ(20)が今シーズン終了までヘラクレス・アルメロにレンタル移籍することを発表した。 トルコ人の両親の下、ゲルゼンキルヒェンで生まれたクツジュはシャルケの下部組織から2018年にトップチームデビュー。直近2シーズンは前線の準主力としてプレーし、リーグ戦38試合5ゴールの数字を残していた。 ただ、今シーズンここまではリーグ戦7試合でノーゴールに終わっていた。また、アメリカ人FWマシュー・ホッペの覚醒、元ドイツ代表FWクラース=ヤン・フンテラールの今冬の加入によって、押し出される形での移籍となった。 2021.01.22 23:28 Fri
twitterfacebook
thumb

シャルケ復帰のフンテラール、クラブOBのアサモア氏は懸念「スタイルに合うかどうか」

先日、3年半ぶりに古巣シャルケ復帰を果たした元オランダ代表FWクラース=ヤン・フンテラールだが、あるクラブOBは活躍できるか懸念しているようだ。ドイツ『キッカー』がコメントを伝えている。 今季限りで引退を表明していたフンテラールだが、古巣の緊急事態に、残された半年のキャリアで救うべくヒーローの如く駆けつけた。20日に行われるブンデスリーガ第17節のケルン戦でリデビューが期待されているが、同クラブで公式戦通算381試合の出場歴を持つゲーラルド・アサモア氏は懸念点があると述べている。 アサモア氏は、フンテラール復帰に動いた経営陣に「良い働き」と称賛するとともに、シャルケで通算240試合126ゴールを挙げたレジェンドストライカーに対しても「彼はピッチ内外で他の選手の鑑となる存在だ。ピッチでの役割を見て、我々は皆興奮することだろう」と評価している。 しかし一方で、「彼はペナルティエリアにおいて常に相手の脅威になる」と前置きしたうえで、アヤックスとのスタイルの違いを引き合いにし、シャルケに必ずしもフィットできるわけではないと忠告した。 「チームはまず、ゴールから16メートルの所までボールを運ばなければならない。クラースはそこでボールを必要とする選手なのだ」 「アヤックスは(シャルケとは)異なるスタイルだ。彼らがもっと攻撃的なスタイルに変われなければ、クラース・ヤンが活きることはないだろう」 2021.01.20 21:59 Wed
twitterfacebook
thumb

シャルケにレジェンドFWフンテラール帰還! 愛するアヤックス離れキャリア最後の挑戦は古巣の残留

シャルケは19日、アヤックスから元オランダ代表FWクラース=ヤン・フンテラール(37)を獲得したことを発表した。背番号は「21」に決定。契約期間は今シーズン終了までとなる。 今シーズン限りでの現役引退を明言しているフンテラールは当初、アヤックスでの引退の意向を示していたが、もうひとつの心のクラブであるシャルケの深刻な低迷を受けて心境に変化が起き始めていた。 14日に行われたトゥベンテ戦後には『ESPN』のインタビューを通じて、古巣復帰の可能性を示唆していた。 「それ(シャルケからの関心)についてアヤックスと話したよ。難しい問題だね。僕はアヤックスで6年半、シャルケでは7年プレーした。どちらも大好きなクラブなんだ」 「難しい問題だけど、シャルケはより困っている。彼らは僕を必要としてくれているんだ」 「アヤックスはリーグ戦、カップ戦、ヨーロッパリーグでタイトルを獲れる可能性が大いにある。もちろん簡単なことではないけどね。もう一晩寝て考えてみるよ」 そして、最終的に自身のキャリア最後の挑戦として愛するクラブの残留を目指すことを選んだフンテラールは、シャルケ復帰に際して今後の意気込みを口にしている。 「僕らはゲームに勝たなければならない。そして、降格圏から抜け出すためにゴールを決めなければならない。僕自身はその中で降格を避けるために自分の役割を果たしたいと思う」 「シャルケは1部にいるべきクラブだ。これからもこの場所にとどまり続けることを確実にすることが、今の僕たちの責任なんだ」 2010年から2017年まで在籍したシャルケで通算240試合126ゴールを挙げたレジェンドストライカーは、9日のホッフェンハイム戦でおよそ1年ぶりのリーグ戦白星を挙げるも、残留圏内と勝ち点7差の最下位に低迷する古巣をここから押し上げることはできるか。 2021.01.20 03:16 Wed
twitterfacebook
thumb

復帰のヨビッチが早速ドッペルパック、長谷部フル出場のフランクフルトがシャルケを退けて4連勝《ブンデスリーガ》

フランクフルトは17日、ブンデスリーガ第16節でシャルケをホームに迎え、3-1で勝利した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地は79分から出場している。 前節マインツに快勝して3連勝とした9位フランクフルト(勝ち点23)は、長谷部が3試合連続でボランチ起用となった一方、鎌田が3試合ぶりにベンチスタートとなった。 前節1年ぶりの勝利を手にした17位シャルケ(勝ち点7)に対し、フランクフルトが立ち上がりから攻勢に出ると、鎌田に代わってシャドーの位置に入ったバルコクが決定的なシュートを浴びせていく。 引き続きエンジン全快で攻め立てるフランクフルトは24分に決定機。左CKからニアサイドのヒンテレッガーのヘディングシュートが左ポストに直撃した。 そして勢いそのまま28分にフランクフルトが押し切った。コラシナツのクリアミスを起点に、ドゥルムのパスをボックス中央で受けたアンドレ・シウバがトラップからシュートを蹴り込んだ。 しかし1分後、ヒンテレッガーとGKトラップが一瞬見合った隙を突かれ、ボックス右からホッペにシュートを決められてしまう。 すかさず同点とされたフランクフルトが引き続き攻勢に出ると、42分に決定機。ソウのスルーパスに抜け出したドゥルムがボックス右からシュート。だが、GKフェールマンの好守に阻まれた。 1-1で迎えた後半、フランクフルトが主導権を握る中、53分にヒンテレッガーをベンチに下げ、長谷部が3バックの中央に入った。 そのフランクフルトは62分にレンタルで復帰を果たしたヨビッチが投入される。すると72分、そのヨビッチが復帰戦でゴールを挙げる。左サイドからのコスティッチのクロスを右足ボレーで蹴り込んだ。 さらに後半追加タイム1分、コスティッチのスルーパスを受けたヨビッチがボックス左に侵入。冷静にDFを外してシュートを決めきった。 復帰のヨビッチがいきなりのドッペルパックでシャルケを退けたフランクフルトが4連勝としている。 2021.01.18 04:06 Mon
twitterfacebook
thumb

引退決断のフンテラールが古巣シャルケを憂う「僕を必要としている」

アヤックスの元オランダ代表FWクラース=ヤン・フンテラール(37)が、獲得に関心を示す古巣シャルケとの間で揺れ動いているようだ。 同選手が2010年から2017年まで在籍していたシャルケは、ここしばらく混迷を極め、昨年末に就任したクリスティアン・グロス新監督の下、先日9日のブンデスリーガ第15節のホッフェンハイム戦で、およそ1年ぶりのリーグ戦白星を挙げた。 この勝利を皮切りに、後半戦以降の巻き返しを図るシャルケは、同クラブで通算240試合126ゴール35アシストを記録した英雄フンテラールの復帰を画策していると、ドイツメディアを中心に報じられている。 14日に行われたエールディビジのトゥベンテ戦後、土壇場に2ゴールを挙げて勝利に導いたフンテラールは、『ESPN』のインタビューでシャルケからの関心に対してコメントを残した。不振にあえぐ古巣を憂いながらも、難しい問題だと葛藤しているようだ。 「それ(シャルケからの関心)についてアヤックスと話したよ。難しい問題だね。僕はアヤックスで6年半、シャルケでは7年プレーした。どちらも大好きなクラブなんだ」 「アヤックスが移籍を許可するか?マルク・オーフェルマルス(SD)に聞いてみてよ。僕は許可してくれると思うよ。(セバスティアン・)アラーを獲得したのはそういうことなんだと思う」 「でも結局は最良の決断をしなければならないのは僕なんだ。難しい問題だよ。シャルケはもっと困っている。彼らは僕を必要としてくれているんだ」 「アヤックスはリーグ戦、カップ戦、ヨーロッパリーグでタイトルを獲れる可能性が大いにある。もちろん簡単なことではないけどね。もう一晩寝て考えてみるよ」 なお、フンテラールは先月半ばに今季限りでの現役引退を表明。残されたキャリアは半年、アヤックスで有終の美を飾るのか、それとも窮境に陥るシャルケを救いに戻るのか。今後の動きに注目だ。 2021.01.15 15:37 Fri
twitterfacebook