ナント、ドメネク氏の新監督就任を正式発表

2020.12.27 03:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナントは26日、元フランス代表監督のレイモン・ドメネク氏(68)の新監督就任を正式に発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。今季のナントはリーグ・アン第16節を消化時点で3勝7敗6分けの15位に低迷。この成績不振を受けてクラブは8日、2019年8月からチームを率いていたクリスティアン・グルキュフ前監督を解任していた。


そして、後任監督にはフランスメディアによる既報通り、ドメネク氏が就任することになった。

現役時代にフランス代表DFとして活躍したドメネク氏は、1990年代半ばから2000年代前半にかけてU-21フランス代表を指揮し、2004年から2010年まではフランス代表も指揮。

2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)では準優勝に導いた一方、2010年南アフリカW杯ではニコラ・アネルカの代表追放をキッカケに選手たちがボイコット問題を起こす醜態を世界中に晒したことで、大きな批判を浴びた。

南アフリカW杯後に同国代表監督を退任以降はその強烈なキャラクターを武器に解説者などを務め現場から離れていたが、今回のナント指揮官就任によって1993年のリヨン時代以来となるクラブチームを率いることになる。
関連ニュース
thumb

オギュスタンの苦境続く…今季加入のナントでシーズン終了までリザーブ降格

ナントに所属するフランス人FWジャン=ケビン・オギュスタン(23)の苦境が続いている。 オギュスタンはRBライプツィヒと、リーズ・ユナイテッドの間で現在も係争中の買い取りオプションの行使の有無を巡る問題に巻き込まれた中、昨年10月にナントにフリートランスファーで加入。 母国で心機一転を図ったものの、今シーズンはクラブが残留争いに身を置く中でリーグ・アン3試合の途中出場に留まっていた。 さらに、フランス『Ouest-France』など地元メディアが伝えるところによると、今月に新指揮官に就任したアントワーヌ・コンブアレ監督はチームが今後の残留争いを戦っていく中、よりチームとしての一体感を持つことを重要視し、不満分子になりかねないオギュスタンを含む構想外の数選手を今シーズン終了までフランス4部に在籍するリザーブチームに降格させる決定を下したという。 これにより、かつてはフランス国内で将来を嘱望されていた23歳は4部リーグでのプレーを強いられることになったようだ。 パリ・サンジェルマンの下部組織育ちのオギュスタンは、アンダー年代のフランス代表での活躍により、10代後半から将来を嘱望されたスピードとテクニックに長けた左利きのストライカー。 2017年夏に加入したライプツィヒでは加入初年度にブンデスリーガ25試合9ゴールを挙げる活躍により、更なる飛躍を予感させた。だが、以降は戦術理解の乏しさなど粗さが目立ち、ユリアン・ナーゲルスマン監督が新指揮官に就任した昨シーズンは前半戦をモナコ、後半戦をリーズ・ユナイテッドとレンタル先で過ごしていた。 2021.02.24 23:25 Wed
twitterfacebook
thumb

18位ナントがドメネク監督を解任…後任はかつて昌子源所属のトゥールーズを率いたコンブアレ氏

ナントは10日、レイモン・ドメネク監督(68)を解任し、アントワーヌ・コンブアレ(57)氏が新監督に着任したことを発表した。 ナントは今シーズン、リーグ・アン第16節消化時点で3勝7敗6分けの15位に低迷。この成績不振を受けてクラブは昨年12月8日に、2019年8月からチームを率いていたクリスティアン・グルキュフ前監督を解任し、かつてフランス代表を率いていたドメネク監督を招へいした。 しかし、今シーズン終了までの契約で古豪立て直しを託された同監督だが、ここまで指揮した7試合で3敗4分けと一度も勝利を挙げられず、チームの順位も自動降格圏手前の18位に。フランス『レキップ』など国内の有力紙などが公式発表の前に解任を報じていたが、既報通りとなった。 後任のコンブアレ氏は、これまでにパリ・サンジェルマンやランス、ギャンガンやディジョンなどフランスのクラブを歴任。直近では2019年10月に、当時日本代表DF昌子源が所属していたトゥールーズの監督に就任したが、2020年1月はじめに成績不振で解任されていた。 2021.02.11 17:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ナント、電撃就任のドメネク監督を解任へ…就任7戦未勝利

ナントがレイモン・ドメネク監督(68)を解任することが決定的となった。フランス『レキップ』など複数メディアが数日中の解任の可能性を報じている。 ナントは今シーズン、リーグ・アン第16節消化時点で3勝7敗6分けの15位に低迷。この成績不振を受けてクラブは昨年12月8日に、2019年8月からチームを率いていたクリスティアン・グルキュフ前監督を解任していた。 そして、後任としてかつてフランス代表を率いていたドメネク監督を招へいした。 しかし、今シーズン終了までの契約で古豪立て直しを託された同監督だが、ここまで指揮した7試合で3敗4分けと一度も勝利を挙げられず、チームの順位も自動降格圏手前の18位に落としていた。 現役時代にフランス代表DFとして活躍したドメネク監督は、1990年代半ばから2000年代前半にかけてU-21フランス代表を指揮し、2004年から2010年まではフランス代表も指揮。 2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)では準優勝に導いた一方、2010年南アフリカW杯ではニコラ・アネルカの代表追放をキッカケに選手たちがボイコット問題を起こす醜態を世界中に晒したことで、大きな批判を浴びた。 南アフリカW杯後に同国代表監督を退任以降はその強烈なキャラクターを武器に解説者などを務め現場から離れていたが、今回のナント指揮官就任によって1993年のリヨン時代以来となるクラブチームを率いることになる。 2021.02.10 22:50 Wed
twitterfacebook
thumb

プロ初シュートがプロ初ゴールに!モロッコ代表FWが決めた記念すべきゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はカーンのモロッコ代表FWヤシン・バムウがナントで決めたプロ初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆プロ初シュートがそのままプロ初ゴールに!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpQmdsb3VOeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 下部リーグでのプレーを経て、2013年夏にナントに加入したバムウは、2014年にプロデビュー。2018年にナントを退団し、現在はフランス2部のカーンでプレーしている。 ナントでは、公式戦130試合に出場し、17ゴールを記録したバムウだが、その記念すべきプロ初ゴールは、2014年8月9日に行われた、リーグ・アン第1節のRCランス戦で決めたゴールだった。 ファーストチームに昇格したばかりだったバムウは、0-0で迎えた64分、途中交代でピッチに立ち、プロデビューを飾る。すると直後の65分、左サイド深くまで侵入した味方がクロスを上げると、バムウが走り込んでこのクロスに合わせる。ショートバウンドになったところを上手く右足でミートしてシュートを決めると、プロの選手として初めて放ったシュートが、そのままプロ初ゴールとなった。 バムウのこのゴールはこの試合唯一の得点となり、初ゴールがそのまま決勝点に。デビュー戦でこれ以上ない活躍を見せている。 2021.01.24 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ユベントス、19歳フランス人FWダボを買取OP付きレンタルで獲得

ユベントスは13日、ナントのフランス人FWアブドゥライェ・ダボ(19)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 左利きのウインガーであるダボは、ナントの下部組織で育ち、2018年8月にプロデビュー。ただ、その後はトップチームに定着できず、Bチームでのプレーが続いていた。ユベントスでも加入後は、U-23チームでのプレーとなる。 U-16からフランス代表に招集されているダボはU-18フランス代表歴があり、将来を嘱望されている。 2021.01.14 08:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly