アネルカ氏がトルコ2部クラブのCEOを半年足らずで唐突に辞任「経営がずさん過ぎる…」

2024.07.09 13:30 Tue
チェルシー時代にプレミアリーグ得点王、ニコラ・アネルカ氏(45)
Getty Images
チェルシー時代にプレミアリーグ得点王、ニコラ・アネルカ氏(45)
ニコラ・アネルカ氏(45)が唐突な辞任表明だ。トルコ『Fanatik』が伝えている。

元フランス代表FWのアネルカ氏は、現役時代にPSGやアーセナル、レアル・マドリー、マンチェスター・シティなどでプレーし、チェルシーではプレミアリーグ得点王に輝いた。
引退後は中国上海での指導者転身に始まり、アルジェリアでのスポーツ・ディレクター(SD)職、インドでの選手兼監督を経て、欧州に復帰。今年1月、トルコ2部のウムラニエスポルで最高経営責任者(CEO)に就任した。

チームが1部昇格と無縁のリーグ戦11位で23-24シーズンを終えたなか、アネルカ氏は8日、自身のSNSで「あらゆる約束とコミットメントが尊重されていない」と、突如として辞任を発表。すでに職務を離れたという。

「クラブ経営がずさん過ぎる…コミュニケーションの欠如に始まり、給与未払いは当たり前。FIFAによる制裁があっても不思議ではない。トップレベルに見合ったビジョンはなく、何よりも約束も敬意もないクラブだ」
アネルカ氏は1月に1年契約でCEO就任。

その際、「やるべきことがたくさんある。私の培った経験全てを活かして、ウムラニエスポルとトルコサッカー界に貢献したい。若手の発掘、アカデミーとサッカーインフラの発展…時間をかけてじっくりやらねば」と語っていた。

役職はSDでもGMでもなく「CEO」。大いなる責任を伴う職務に就くにあたって、このようなビジョンを打ち出していたが、言葉を選ばなければ、半年足らずで投げ出した格好に。

アネルカ氏に関するクラブからの発表はまだないが、よほど我慢ならない状況がそこにあったのかもしれない。

ニコラ・アネルカの関連記事

マンチェスター・ユナイテッドのデンマーク代表FWラスムス・ホイルンドは、先輩からの意見を積極的に取り入れているようだ。『The Athletic』が伝えた。 昨夏ユナイテッドが大金をはたいてアタランタから獲得した待望のストライカー、ホイルンド。加入時に背中のケガを負っていたことでデビューが遅れ、デビューしてからもチャンピオンズリーグ(CL)以外ではゴールが遠いという状況だったが、昨年末の第19節アストン・ビラ戦でようやくプレミアリーグ初ゴールを決めた。 そこから調子を上げたこの21歳は、直近の第24節アストン・ビラ戦まで出場した4試合全てでゴールをゲット。プレミアリーグで最も若く5試合連続得点を記録したのは1998年の元フランス代表FWニコラ・アネルカ氏(当時アーセナル)とのことだが、ホイルンドはそれに次ぐ若さでの記録達成だという。 そんな好調の理由を『The Athletic』が追究。アタランタ加入当初もなかなかセリエAでゴールが奪えなかったこと、プレミアリーグのサッカーに慣れるのにも時間がかかったこと、当初は遠慮しすぎてなかなかボールを持てなかったこと、移籍時のケガの影響によりコンディションがようやくピークに達したこと、エリク・テン・ハグ監督が取り組んでいる再現性を意識した練習の成果など、さまざまな要因が考えられるが、経験豊富な先輩からアドバイスをもらっていることもプラスに働いている模様だ。 ホイルンドはデンマーク代表のチームメイトでもあるMFクリスティアン・エリクセンや、同じく北欧出身のスウェーデン代表DFヴィクトル・リンデロフといったベテランたちと比較的仲が良いようで、熱心に話を聞いているとのこと。また、先日UEFAプロライセンスの講習の一環としてキャリントン(ユナイテッドの練習場)を訪れていた元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシ氏とも、練習の合間に長く話し込んでいたようだ。 ファン・ペルシ氏はかつてアーセナルやユナイテッドで活躍し、プレミアリーグ得点王にも2度輝いた歴史に名を残すストライカー。会話の中から得点に繋がるヒントが得られたのかもしれない。 2024.02.13 22:18 Tue
元フランス代表FWのニコラ・アネルカ氏(44)が、TFF1.リグ(トルコ2部)に所属するウムラニエスポルの最高経営責任者(CEO)に就任した。 アネルカ氏は現役時代にフランス代表として通算69試合に出場し、アーセナルやマンチェスター・シティ、チェルシー、リバプール、レアル・マドリー、パリ・サンジェルマン、ユベントスといった錚々たるビッグクラブを渡り歩いたストライカー。 また、中国の上海申花、インドのムンバイ・シティなどフットボール新興国でもプレーした。 現役引退後はオランダのローダJCでコンサルタント職に就いた後、リールのアカデミーコーチ、直近では2021年までフランス4部のイェールFCでスポーツディレクターも務めていた。 人間的には癖が強いものの、豊富な経験を持つ同氏は、昨シーズンにスュペル・リグからTFF1.リグに降格し、現在は12位に位置するウムラニエスポルでCEOとしての新たなキャリアを歩むことになった。 ウムラニエスポルは、公式SNSを通じて「当クラブはニコラ・アネルカ氏とCEO職に同意した。我々はニコラ氏を歓迎し、彼の成功を祈っている」とアネルカ氏の就任を明かしている。 なお、アネルカ氏は現役時代の2005年1月から2006年8月までトルコ屈指の名門フェネルバフチェでプレーしていた。 2024.01.26 08:00 Fri
アーセナルのミケル・アルテタ監督が、イングランド代表MFブカヨ・サカのPKについて言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 20日、アーセナルはプレミアリーグ第25節の延期分でチェルシーと対戦。リーグ戦3連敗中とトップ4入に向けて厳しい状況にある中、上位のチェルシーとのアウェイゲームに臨んだ。 しかし、“ビッグ・ロンドンダービー”でアーセナルの若手が躍動。エディ・エンケティアが先制のゴールを奪うと、追いつかれるもエミール・スミス・ロウが勝ち越しゴール。さらに追いつかれるも、エンケティアが勝ち越しゴールを奪う。 2-3で迎えた後半アディショナルタイムには、サカがPKを獲得。これを自ら蹴ると、しっかりと決めて2-4でアーセナルは勝利した。 アカデミー育ちの選手が全てゴールを決めたアーセナル。サカはこのPKでプレミアリーグでシーズン10ゴール目を決め、エミール・スミス・ロウと共に、1998-99シーズンのニコラ・アネルカ氏以来となる21歳以下でのシーズン10ゴールを達成した。 そのサカだが、アルテタ監督はPKをまさか蹴るとは思わなかったと試合後の会見でコメント。イングランド代表として昨夏臨んだユーロ2020の決勝のPK戦で失敗していたことを思い出したと語り、しっかりと蹴ろうとしたことを称えた。 「ガビ(ガブリエウ・マルティネッリ)が蹴ると思っていたが、ブカヨが蹴るのを見て、正直言って、最初に重い浮かべたのは昨年の夏に何が起きたかということだった」 「ただ、繰り返しになるが、ブカヨにそういうことがあったとしても、それは理由があってのことだ。彼は多くを学び、大きく成長したからこそ、今のようなシーズンを送ることができているのだと思う」 「彼が『もう一度やるぞ』という勇気を出さなければならないのは、彼の心の奥底にあると確信している。だから、私にとっては彼が仮に失敗したとしても、私は“まいった!脱帽だ!”という気持ちだ」 <span class="paragraph-title">【動画】ユーロの悪夢を払拭したサカのPK弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="uR_C84fy9jg";var video_start = 441;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.04.21 18:58 Thu
元フランス代表FWのニコラ・アネルカ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに疑問を投げた。 近年のフットボール界でトップに君臨してきたメッシとC・ロナウド。今季を迎えるにあたり、それぞれ異なる理由があるにせよ、移籍を決断した。前者はPSG、後者は古巣ユナイテッド。だが、チームの状況もあるにしろ、これまでと比べると、どこかインパクトを欠く。 このままフェードアウトしていっても、歴史に名を刻む選手に変わりない両選手だが、現役時代に数々のクラブを渡り歩き、晩年を中国やインドでも過ごしたアネルカ氏はフランス『RMC Sport』でもっと賢く移籍先を選ぶべきだったと見解を示した。 「彼らのキャリアは終わった。彼らはこの15年間で成し遂げた数々に満足すべきだと思う。それぞれ他の選手の上を行く存在だったが、今や当然ながらスローダウンした」 「ロナウドよりもメッシに驚かされたよ。メッシはフランスでやれると思ったし、ロナウドはもっと苦戦を予想した。プレミアリーグは世界で最も過酷なリーグだからだ」 「賢くなかったね。トップのままで終わるためには正しい決断が必要で、もっと複雑じゃない挑戦を考えるべきだった。批判を嫌って、32、33、34歳で辞める選手もいる」 「私は36歳で引退したが、32歳で中国に行ったんだ」 2022.03.19 12:15 Sat
【得点者プロフィール】 フランク・ランパード(当時30歳) 国籍:イングランド 所属:チェルシー ポジション:MF 身長:184cm 育成の名門ウェストハムのアカデミーで育ったランパード氏は、2001年夏にチェルシーへ移籍。クラブのアイコン的存在として活躍し、チームを数々の栄光に導いた。 【試合詳細】 日程:2009年4月14日 大会:チャンピオンズリーグ 準々決勝 2ndレグ 対戦相手:リバプール 時間:後半44分(3-4) <div id="cws_ad">◆ランパードの精密ダイレクトミドル<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJsQm9YSVVWVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> リバプールのホームで行われた1stを3-1で勝利し、アドバンテージを持って2ndレグに望んだチェルシー。シーソーゲームとなった2ndレグでは、3-4とチェルシービハインドの89分にチャンスが訪れる。 ボックス内右でボールを持ったFWニコラ・アネルカが中央へパス。ペナルティーアーク付近でランパードがダイレクトで合わせると、右足から放たれたシュートはゴール左のポストの内側に跳ね返り、見事ゴールインした。 この土壇場のゴールでチェルシーが追いつき、試合は4-4でフィニッシュ。2戦合計7-5としてチェルシーがリバプールを破り、準決勝に駒を進めた。 <span data-sg-movie-id="944" data-sg-movie-title="【ダイレクトでこの精度】ランパードが決めた完璧なコースへの超変化ミドル"></span> 2021.03.12 12:00 Fri

スュペル・リグの関連記事

トラブゾンスポルは16日、ベルギー代表DFトーマス・ムニエ(32)の退団を発表した。 なお、クラブによれば一方的な契約解除だとのこと。2024年2月7日に始まった契約は、2025年6月30日まで有効だったものの、1年前倒しでムニエ側から契約を解除されたとのことだ。 クラブはこの件に関して、「トーマス・ムニエを中心とする全ての関係者に対して法的手続きが開始された」としている。 ムニエはクラブ・ブルージュやパリい・サンジェルマン(PSG)、ドルトムントでプレー。2024年2月にトラブゾンスポルに完全移籍で加入した。 スュペル・リグでは14試合に出場し1ゴール5アシストを記録。公式戦では19試合で1ゴール7アシストを記録していた。 なお、同日にはU-23モロッコ代表FWモンテサラ・ラティミ(23)は双方合意の下で契約解除したことも発表している。 2024.07.17 00:05 Wed
フェネルバフチェが、2選手の獲得で大筋合意していることを発表した。 加入するのは、ベシクタシュを退団したトルコ代表FWジェンク・トスン(33)と、アランヤスポルのFWオウズ・アイドゥン(23)の2名となる。 トスンは、フランクフルトの下部組織育ち。2009年7月にファーストチームに昇格すると、2011年1月にガズィアンテプスポルに完全移籍。2014年7月にはベシクタシュへと加入すると、2018年1月にエバートンへと完全移籍した。 その後は、クリスタル・パレス、ベシクタシュへとレンタル移籍を繰り返し、2022年7月にベシクタシュに完全移籍。2023-24シーズン限りで退団となった。 プレミアリーグでは55試合10ゴール3アシストを記録しているトスンは、スュペル・リグで274試合に出場し104ゴールを記録。トルコ代表としても53試合で21ゴールを記録しており、ユーロ2024でも2試合に出場し、グループステージ最終節のチェコ代表戦では値千金のゴールを記録。チームのベスト8入りに貢献していた。 アイドゥンは、AZのユースからトルコのブカスポルの下部組織に加入。そのままファーストチームに昇格。トルコ国内でプレーを続け、2021年7月からアランヤスポルでプレーしていた。 下部リーグでの経験も豊富だが、スュペル・リグでは83試合で20ゴール8アシストを記録。右ウイングを主戦場としており、トルコ代表でもユーロ2024に迎えた候補メンバーに入りデビューを果たしたが、本大会のメンバーからは外れていた。 両選手ともにメディカルチェックと手続きのためにクラブへやってくることが発表。正式な加入も近々発表されることになるだろう。 フェネルバフチェは今シーズンからジョゼ・モウリーニョ監督が指揮。リーグ制覇を目指して前線をまずは補強することになるようだ。 2024.07.16 15:50 Tue
ベシクタシュは15日、トルコ代表FWジェンク・トスン(33)の退団を発表した。 先のユーロ2024ではグループ突破を決める劇的ゴールを決めるなど、代表で53キャップ21得点を刻むトスンだが、ドイツ生まれということで、フランクフルトがキャリアの原点に。以降、ガズィアンテプスポル、ベシクタシュ、エバートン、クリスタル・パレスを渡り歩いた。 2021年2月にはエバートンからの半年ローンでベシクタシュに復帰。翌シーズンからエバートンに戻ったが、2022年夏にフリーとなり、ベシクタシュに舞い戻った。 ベシクタシュでは通算227試合で96得点30アシストの成績を残し、スュペル・リグでは3度の優勝に貢献。昨季も公式戦二桁の11ゴールだったが、契約満了となった。 2024.07.16 08:40 Tue
アル・アハリのフランス人FWアラン・サン=マクシマン(27)が、フェネルバフチェ移籍に向かっているようだ。トルコ『Hurriyet』など複数メディアが報じている。 ニューカッスルで背番号10を背負い、プレミアリーグでもトップクラスのドリブラーとの評価を確立していたサン=マクシマン。しかし、昨夏GKエドゥアール・メンディ、FWロベルト・フィルミノ、FWリヤド・マフレズらと共にサウジアラビアのアル・アハリへ完全移籍した。 その新天地では公式戦31試合4ゴール10アシストとまずまずの成績を残していたが、わずか1年でクラブを離れる可能性が出てきた。 報道によると、ジョゼ・モウリーニョ監督が新指揮官に就任したフェネルバフチェはポルトガル人指揮官のリクエストに沿って補強に動いており、強烈な個人での打開力があるウイングプレーヤーとしてサン=マクシマンにアプローチ。 個人間ではすでに条件面で合意に至っており、フランス人FWはアル・アハリから許可が下りれば、すぐさまイスタンブールに向かう準備を進めているという。 クラブ間ではアル・アハリ側が完全移籍での放出しか認めないとのサウジアラビア方面からの報道はあるものの、現状では買い取りオプションなどの詳細は不明ではあるものの、1年間のレンタル移籍で交渉がまとまった模様だ。 2024.07.14 15:45 Sun
ベシクタシュは13日、ラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレ(34)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2026年夏までの2年間、サラリーは年間600万ユーロ(約10億3500万円)になるとのことだ。 すでにラツィオ側が移籍を発表していた中、インモービレはメディカルチェックに合格し正式契約を結んだ。 2016年にセビージャからラツィオに加入すると、公式戦通算340試合207ゴールを記録。セリエAでは3度の得点王に輝くなど、エースとして活躍を続けてきた。 しかし、2023-24シーズンはセリエA31試合で7ゴール1アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)で8試合4ゴール。2026年まで契約があったが、移籍を決断した。 なお、既にチームのトレーニングキャンプに合流。チームメイトからも歓迎を受けていた。 <span class="paragraph-title">【動画】ベシクタシュに合流したインモービレ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="sl" dir="ltr"><a href="https://t.co/n8NSI19ZnC">pic.twitter.com/n8NSI19ZnC</a></p>&mdash; Beşiktaş JK (@Besiktas) <a href="https://twitter.com/Besiktas/status/1812215842920120814?ref_src=twsrc%5Etfw">July 13, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.14 10:35 Sun

記事をさがす

ニコラ・アネルカの人気記事ランキング

1

アネルカ氏がトルコ2部クラブのCEOを半年足らずで唐突に辞任「経営がずさん過ぎる…」

ニコラ・アネルカ氏(45)が唐突な辞任表明だ。トルコ『Fanatik』が伝えている。 元フランス代表FWのアネルカ氏は、現役時代にPSGやアーセナル、レアル・マドリー、マンチェスター・シティなどでプレーし、チェルシーではプレミアリーグ得点王に輝いた。 引退後は中国上海での指導者転身に始まり、アルジェリアでのスポーツ・ディレクター(SD)職、インドでの選手兼監督を経て、欧州に復帰。今年1月、トルコ2部のウムラニエスポルで最高経営責任者(CEO)に就任した。 チームが1部昇格と無縁のリーグ戦11位で23-24シーズンを終えたなか、アネルカ氏は8日、自身のSNSで「あらゆる約束とコミットメントが尊重されていない」と、突如として辞任を発表。すでに職務を離れたという。 「クラブ経営がずさん過ぎる…コミュニケーションの欠如に始まり、給与未払いは当たり前。FIFAによる制裁があっても不思議ではない。トップレベルに見合ったビジョンはなく、何よりも約束も敬意もないクラブだ」 アネルカ氏は1月に1年契約でCEO就任。 その際、「やるべきことがたくさんある。私の培った経験全てを活かして、ウムラニエスポルとトルコサッカー界に貢献したい。若手の発掘、アカデミーとサッカーインフラの発展…時間をかけてじっくりやらねば」と語っていた。 役職はSDでもGMでもなく「CEO」。大いなる責任を伴う職務に就くにあたって、このようなビジョンを打ち出していたが、言葉を選ばなければ、半年足らずで投げ出した格好に。 アネルカ氏に関するクラブからの発表はまだないが、よほど我慢ならない状況がそこにあったのかもしれない。 2024.07.09 13:30 Tue
2

前線の選手が多い?リバプールとチェルシー、両方でプレーした選手たち

例年より約1ヵ月遅れで開幕を迎えたプレミアリーグ。週末に行われる第2節では、いきなりチェルシーvsリバプールというビッグマッチが控えている。 今シーズンも優勝を争うであろう両チームだが、リバプールのエースであるエジプト代表FWモハメド・サラーは2014年冬にバーゼルからチェルシーに加入。チェルシーでは出場機会が限られ、フィオレンティーナ、ローマでの活躍を経てリバプールへと移籍した経緯を持つ。 また、チェルシーに所属するナイジェリア代表MFヴィクター・モーゼスも2013-14シーズンにレンタルでリバプールでプレーした経験を持っている。 他にも、サガン鳥栖にも在籍した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス氏を筆頭に、多くの名選手たちが二つのクラブでプレーしており、イギリス『DUGOUT』がそんな経歴を持つ選手10人を動画で特集している。 また、紹介されている選手以外にも、元イングランド代表FWダニエル・スタリッジらも両クラブでのプレー経験を持ち、全体的に見ると、前線の選手の割合が高いようだ。 <div id="cws_ad">◆リバプールとチェルシーでプレーした選手を映像でチェック<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2WVJaQXNYVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆リバプールとチェルシーでプレーした選手たち FWモハメド・サラー チェルシー(2014-2015)公式戦19試合2ゴール リバプール(2017-)公式戦154試合97ゴール 2012年夏に加入したバーゼルにおいて、チャンピオンズリーグでチェルシーから4試合で4得点を決めると、その後の2014年冬にチェルシーに引き抜かれた。チェルシーでは本領発揮とはいかなかったものの、イタリアでの活躍を経て、2017年にリバプールに加入すると、FWサディオ・マネ、FWロベルト・フィルミノと共に強力な3トップを形成。プレミアリーグ王者リバプールのエースとしてハイペースでゴールを量産している。 MFヴィクター・モーゼス リバプール(2013-2014)公式戦22試合2ゴール チェルシー(2012-)公式戦128試合18ゴール モーゼスは、2010年から所属したウィガンでブレイクし、2012年にチェルシーへステップアップ。しかし、選手層の厚いチェルシーでは充分な出場機会が得られずに、リバプールやストークなど多くのレンタル移籍を経験した。今季は昨季のレンタル先であるインテルからチェルシーに復帰しているが、その去就は不透明だ。 DFグレン・ジョンソン チェルシー(2003-2006)公式戦66試合4ゴール リバプール(2009-2015)公式戦200試合9ゴール ウェストハムの下部組織で育ったグレン・ジョンソンは、2003年にチェルシーへと移籍。しかし、チェルシーではパフォーマンスが安定せず、当時のジョゼ・モウリーニョ監督が連れてきた、DFパウロ・フェレイラにポジションを奪われた。2009年にリバプールへと完全移籍。DFアルバロ・アルベロアがレアル・マドリーへと移籍したために、右サイドのレギュラーポジションを確保していた。 FWフェルナンド・トーレス リバプール(2007-2011)公式戦142試合81ゴール チェルシー(2011-2014)公式戦172試合45ゴール 2007年にアトレティコ・マドリーからリバプールへ移籍。加入初シーズンから得点を量産し、一気にリバプールサポーターの心を掴み、爆発的な人気を誇った。しかし、2011年1月、ライバルクラブのチェルシーへ移籍すると、移籍後初ゴールまで実に903分を要するなど中々結果を残せなかった。それでも、2012年のチャンピオンズリーグ(CL)優勝を経験するなど、多くのタイトルを獲得した。 FWニコラ・アネルカ リバプール(2001-2002)公式戦22試合5ゴール チェルシー(2008-2012)公式戦184試合59ゴール チェルシーでFWディディエ・ドログバと共に一時代を築いたアネルカは、パリ・サンジェルマン在籍時の2001-02シーズンにローンでリバプールに加入。FWマイケル・オーウェンやFWエミール・ヘスキーらと共にプレーした。 MFラウール・メイレレス リバプール(2010-2011)公式戦44試合5ゴール チェルシー(2011-2012)公式戦48試合6ゴール 2010年夏にポルトからリバプールに加入したメイレレスは、シーズン途中でケニー・ダルグリッシュ監督が就任して以降はチームのキーマンに。ファンが選ぶ年間最優秀選手にも選ばれたが、シーズン終了後に同胞のアンドレ・ビラス=ボアス監督が率いていたチェルシーに加入、FAカップとチャンピオンズリーグの2冠に貢献している。 MFジョー・コール チェルシー(2003-2010)公式戦274試合38ゴール リバプール(2010-2011)公式戦42試合5ゴール 2003年にロマン・アブラモヴィッチ体制1年目のチェルシーに完全移籍を果たすと、その翌年に指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下、右ウイングの主力としてチームのプレミアリーグ2連覇に貢献。伝統的に強さや速さが重視されるイギリスでは珍しい、ファンタジスタタイプの選手として人気を博した。その後、チェルシーでの契約を満了すると、2010年にリバプールに移籍。ここでも10番を背負ったが、ロイ・ホジソン監督の戦術に馴染めず、期待されたような活躍は出来なかった。そのため、2011年夏にレンタル移籍でリール入りし、リバプールに戻ることはなく2013年夏にウェストハムに復帰している。 MFヨッシ・ベナユン リバプール(2007-2010)公式戦134試合29ゴール チェルシー(2010-2011)公式戦24試合1ゴール 攻撃的MFや左右のウイングを主戦場に卓越したテクニックとパスセンス、高いシュートセンスを武器とする、イスラエル史上最高のアタッカーは、ウェストハム、リバプール、チェルシー、アーセナル、クインズ・パーク・レンジャーズ(QPR)とプレミアリーグクラブを渡り歩いた。なお、リバプール時代にはプレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、FAカップの3つのコンペティションでハットトリックを記録しており、これはマンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロ、トッテナムFWハリー・ケインの2人しか達成していない偉大な記録だ。 MFボーデヴィン・ゼンデン チェルシー(2001-2003)公式戦59試合4ゴール リバプール(2005-2007)公式戦47試合2ゴール 母国オランダのPSV出身のゼンデン氏は、バルセロナを経て2001年にチェルシーへと加入。スピードのあるサイドアタッカーとして活躍を見せた。その後はミドルズブラを経てリバプールに加入するなど、キャリアの多くをイングランドで過ごした。 MFナイジェル・スパックマン チェルシー(1983-1987、1992-96)公式戦208試合12ゴール リバプール(1987-1989)公式戦63試合0ゴール ボーンマスでプロデビューを飾ったスパックマン氏は、1983年にチェルシーへ移籍。豊富な運動量を武器に、主力として活躍した。1987年にリバプールに移籍した後、QPR、レンジャーズを経て、1992年にチェルシーに復帰。プレミアリーグでも活躍を見せた。 DFジョーイ・ジョーンズ リバプール(1975-1978)公式戦100試合3ゴール チェルシー(1982-1985)公式戦78試合2ゴール ウェールズのレクサムでデビューを飾ったジョーンズ氏は、1975年にリバプールに移籍。左サイドバックとして、1977年のチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)制覇など、クラブの黄金期を支えた。その後、レクサム復帰を経て加入したチェルシーでも活躍を見せた。 2020.09.19 17:00 Sat
3

ダイレクトでこの精度!ランパードが決めた完璧なコースへの超変化ミドル/2008-09【スーパーゴール図鑑/チェルシー】

【得点者プロフィール】 フランク・ランパード(当時30歳) 国籍:イングランド 所属:チェルシー ポジション:MF 身長:184cm 育成の名門ウェストハムのアカデミーで育ったランパード氏は、2001年夏にチェルシーへ移籍。クラブのアイコン的存在として活躍し、チームを数々の栄光に導いた。 【試合詳細】 日程:2009年4月14日 大会:チャンピオンズリーグ 準々決勝 2ndレグ 対戦相手:リバプール 時間:後半44分(3-4) <div id="cws_ad">◆ランパードの精密ダイレクトミドル<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJsQm9YSVVWVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> リバプールのホームで行われた1stを3-1で勝利し、アドバンテージを持って2ndレグに望んだチェルシー。シーソーゲームとなった2ndレグでは、3-4とチェルシービハインドの89分にチャンスが訪れる。 ボックス内右でボールを持ったFWニコラ・アネルカが中央へパス。ペナルティーアーク付近でランパードがダイレクトで合わせると、右足から放たれたシュートはゴール左のポストの内側に跳ね返り、見事ゴールインした。 この土壇場のゴールでチェルシーが追いつき、試合は4-4でフィニッシュ。2戦合計7-5としてチェルシーがリバプールを破り、準決勝に駒を進めた。 <span data-sg-movie-id="944" data-sg-movie-title="【ダイレクトでこの精度】ランパードが決めた完璧なコースへの超変化ミドル"></span> 2021.03.12 12:00 Fri
4

アネルカが昨夏移籍の2大スターを語る 「もっと複雑じゃない挑戦を考えるべきだった」

元フランス代表FWのニコラ・アネルカ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに疑問を投げた。 近年のフットボール界でトップに君臨してきたメッシとC・ロナウド。今季を迎えるにあたり、それぞれ異なる理由があるにせよ、移籍を決断した。前者はPSG、後者は古巣ユナイテッド。だが、チームの状況もあるにしろ、これまでと比べると、どこかインパクトを欠く。 このままフェードアウトしていっても、歴史に名を刻む選手に変わりない両選手だが、現役時代に数々のクラブを渡り歩き、晩年を中国やインドでも過ごしたアネルカ氏はフランス『RMC Sport』でもっと賢く移籍先を選ぶべきだったと見解を示した。 「彼らのキャリアは終わった。彼らはこの15年間で成し遂げた数々に満足すべきだと思う。それぞれ他の選手の上を行く存在だったが、今や当然ながらスローダウンした」 「ロナウドよりもメッシに驚かされたよ。メッシはフランスでやれると思ったし、ロナウドはもっと苦戦を予想した。プレミアリーグは世界で最も過酷なリーグだからだ」 「賢くなかったね。トップのままで終わるためには正しい決断が必要で、もっと複雑じゃない挑戦を考えるべきだった。批判を嫌って、32、33、34歳で辞める選手もいる」 「私は36歳で引退したが、32歳で中国に行ったんだ」 2022.03.19 12:15 Sat
5

「まいった!脱帽だ!」ユーロ決勝のPK戦の悪夢を振り切ってキッカーを務めたサカをアルテタ監督が称賛

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、イングランド代表MFブカヨ・サカのPKについて言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 20日、アーセナルはプレミアリーグ第25節の延期分でチェルシーと対戦。リーグ戦3連敗中とトップ4入に向けて厳しい状況にある中、上位のチェルシーとのアウェイゲームに臨んだ。 しかし、“ビッグ・ロンドンダービー”でアーセナルの若手が躍動。エディ・エンケティアが先制のゴールを奪うと、追いつかれるもエミール・スミス・ロウが勝ち越しゴール。さらに追いつかれるも、エンケティアが勝ち越しゴールを奪う。 2-3で迎えた後半アディショナルタイムには、サカがPKを獲得。これを自ら蹴ると、しっかりと決めて2-4でアーセナルは勝利した。 アカデミー育ちの選手が全てゴールを決めたアーセナル。サカはこのPKでプレミアリーグでシーズン10ゴール目を決め、エミール・スミス・ロウと共に、1998-99シーズンのニコラ・アネルカ氏以来となる21歳以下でのシーズン10ゴールを達成した。 そのサカだが、アルテタ監督はPKをまさか蹴るとは思わなかったと試合後の会見でコメント。イングランド代表として昨夏臨んだユーロ2020の決勝のPK戦で失敗していたことを思い出したと語り、しっかりと蹴ろうとしたことを称えた。 「ガビ(ガブリエウ・マルティネッリ)が蹴ると思っていたが、ブカヨが蹴るのを見て、正直言って、最初に重い浮かべたのは昨年の夏に何が起きたかということだった」 「ただ、繰り返しになるが、ブカヨにそういうことがあったとしても、それは理由があってのことだ。彼は多くを学び、大きく成長したからこそ、今のようなシーズンを送ることができているのだと思う」 「彼が『もう一度やるぞ』という勇気を出さなければならないのは、彼の心の奥底にあると確信している。だから、私にとっては彼が仮に失敗したとしても、私は“まいった!脱帽だ!”という気持ちだ」 <span class="paragraph-title">【動画】ユーロの悪夢を払拭したサカのPK弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="uR_C84fy9jg";var video_start = 441;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.04.21 18:58 Thu

ウムラニエスポルの人気記事ランキング

1

アネルカ氏がトルコ2部クラブのCEOを半年足らずで唐突に辞任「経営がずさん過ぎる…」

ニコラ・アネルカ氏(45)が唐突な辞任表明だ。トルコ『Fanatik』が伝えている。 元フランス代表FWのアネルカ氏は、現役時代にPSGやアーセナル、レアル・マドリー、マンチェスター・シティなどでプレーし、チェルシーではプレミアリーグ得点王に輝いた。 引退後は中国上海での指導者転身に始まり、アルジェリアでのスポーツ・ディレクター(SD)職、インドでの選手兼監督を経て、欧州に復帰。今年1月、トルコ2部のウムラニエスポルで最高経営責任者(CEO)に就任した。 チームが1部昇格と無縁のリーグ戦11位で23-24シーズンを終えたなか、アネルカ氏は8日、自身のSNSで「あらゆる約束とコミットメントが尊重されていない」と、突如として辞任を発表。すでに職務を離れたという。 「クラブ経営がずさん過ぎる…コミュニケーションの欠如に始まり、給与未払いは当たり前。FIFAによる制裁があっても不思議ではない。トップレベルに見合ったビジョンはなく、何よりも約束も敬意もないクラブだ」 アネルカ氏は1月に1年契約でCEO就任。 その際、「やるべきことがたくさんある。私の培った経験全てを活かして、ウムラニエスポルとトルコサッカー界に貢献したい。若手の発掘、アカデミーとサッカーインフラの発展…時間をかけてじっくりやらねば」と語っていた。 役職はSDでもGMでもなく「CEO」。大いなる責任を伴う職務に就くにあたって、このようなビジョンを打ち出していたが、言葉を選ばなければ、半年足らずで投げ出した格好に。 アネルカ氏に関するクラブからの発表はまだないが、よほど我慢ならない状況がそこにあったのかもしれない。 2024.07.09 13:30 Tue

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly