コンテ監督が悪態、CL敗退で偉大な先輩に噛み付く「質問する前に考えて欲しい」

2020.12.11 12:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのアントニオ・コンテ監督が醜態を晒し、批判を浴びている。インテルは9日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB最終節でホームにシャフタール・ドネツクを迎えた。最終節でありながら、4チーム全てにグループステージ突破の可能性が残されていた試合。最下位のインテルは逆転突破のために勝利が必須だったが、結果は0-0のゴールレスドロー。グループ最下位で敗退となった。

クラブ史上初めてグループステージ最下位となる汚点を残し、ヨーロッパリーグ(EL)の出場権も確保できなかったインテル。その試合後、イタリア『スカイ・スポーツ』の番組でインタビューを受けた際の悪態が話題となった。

この日のスタジオには、かつてミランやローマ、ユベントス、レアル・マドリーなど数多くのクラブで指揮を執ったファビオ・カペッロ氏と、ミランやイタリア代表で活躍したアレッサンドロ・コスタクルタ氏が解説者としていた。

ゴールを奪えずに引き分けに終わり敗退したことを受け、カペッロ氏が「決意がなかった。どんな犠牲を払ってでも勝ちたいという願望が見られなかった」とコンテ監督に問いかけると、イライラした様子で反論した。

「シャフタールはここにやって来て、我々を無力化するために戦術を変えて来た。彼らは5-0で負けたので、変わった。質問する前に考えて欲しい」

指導者としての大先輩に対し、敗退の影響か悪態をついてしまったコンテ監督。カペッロ氏が、答えを受けて「うまくいかない時のプランBはあったのか?」と質問すると、「プランBはあるが、ここでは説明しない。そうしなければ、大惨事になり、また無力化されてしまう」と答え、イライラした様子を隠さずにやりとりを終えていた。

コンテ監督がさったっと、カペッロ氏は「今日、コンテと話すことは無理だった」とコメント。「彼は物事がうまく行った時にだけ話す訳でないとは理解していなかったようだ。インテルは今夜、大きな経済的損害を被った。ヨーロッパリーグですらプレーできない。スポンサーにとっても被害は甚大だ」とコメント。グループ最下位となりELにも出場できないことを指摘した。

また、コスタクルタ氏もコンテ監督の態度に「友人のコンテにはとてもガッカリした」と苦言。「彼が我々をリスペクトしなかったことをとても残念に思う。彼はユニークで寛大な人間だが、今夜の彼は好きではなかった。彼の態度にはとてもガッカリしている」とし、敗退に向き合わずに悪態をついたことを残念がった。

コンテ監督は、今回の引き分けでCL直近15試合でわずか3勝に終わり、通算でも12勝11分け11敗。今季は1勝しかできず、シャフタールとはアウェイでもゴールレスドローに終わっていただけに、無策を指摘された反応だったのかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

アサモア、カリアリ加入へ向け現地に出発! ゴディン&ナインゴランと再会か

昨季限りでインテルを退団し、現在は無所属の元ガーナ代表DFクワドゥオ・アサモア(32)が、新天地がカリアリで決定機的となったようだ。イタリアの著名ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。 ウディネ―ゼでプロデビューしたアサモアは、2018年にユベントスを退団しインテルに加入。加入初年度は公式戦42試合に出場し2アシストを記録する活躍を見せたが、アントニオ・コンテ監督の就任した昨季はケガの影響もあり出場機会が激減。 契約最終年となった今シーズンに至っては、セルビア代表DFアレクサンダル・コラロフや元イタリア代表DFマッテオ・ダルミアンの加入で完全な構想外となっていた。これを受け、アサモアは昨年10月にインテルと契約を解消していた。 今回の報道によれば、すでにアサモアはカリアリのメディカルチェックを受けるため、本拠地のあるサルデーニャ島に向かっている模様。なお、メディカルチェックの前に新型コロナウイルス(COVID-19)の検査を受ける必要があるとのことだ。 現在セリエAの18位に位置するカリアリには、インテル時代の同僚であるウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンと元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが所属している。 2021.01.26 02:30 Tue
twitterfacebook
thumb

超攻撃的SBハキミが決めたアンストッパブルなカーブミドルシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はインテルのモロッコ代表DFアクラフ・ハキミが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ハキミが叩き込んだ豪快なミドル<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ6dFFFU2FyQiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> レアル・マドリーの下部組織で育ったハキミは、レンタル先のドルトムントでブレイクを果たすと、2020年夏にインテルに加入。若き主力として活躍している。 両SBをこなせるユーティリティ性に加え、抜群の攻撃力でチームに貢献するハキミだが、2021年1月10日に行われたセリエA第17節のローマ戦では、美しいゴールを決めている。 ローマに先制を許しながらも、インテルが追いつき、1-1で迎えた63分、インテルが左サイドを攻めると、逆サイドに展開。MFマルセロ・ブロゾビッチからのパスを、右サイドを駆け上がるハキミが受ける。 ハキミがそのままボックス内まで侵入すると、素早く中央に切り込み、左足を一閃。ボックスの際から放たれたシュートは、ゴール左のクロスバーとポストの内側に2度跳ね返りながらゴールインし、見事な得点となった。 このゴールで逆転に成功したインテルだったが、終盤にローマに追いつかれ、強豪同士の試合は2-2のドローに終わっている。 2021.01.24 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

こんなの狙ってできる?スタンコビッチが相手GKのフィードをダイレクトで決めた驚愕の長距離ゴール【スーパーゴール図鑑/インテル編】

【得点者プロフィール】 デヤン・スタンコビッチ(当時31歳) 国籍:セルビア 所属:インテル ポジション:MF 身長:181cm 2004年から2013年までインテルでプレーしたスタンコビッチ氏。ジョゼ・モウリーニョ監督の下でトレブル(3冠)を達成したチームの中核をなす選手の1人として活躍し、クラブの歴史に名を刻んだ名手として知られる。 【試合詳細】 日程:2009年10月17日 大会:セリエA第8節 対戦相手:ジェノア 時間:前半49分(2-0) <div id="cws_ad">◆これ狙ってできるの?驚愕のスーパーゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJPWXd6VkZMUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> MFエステバン・カンビアッソとFWマリオ・バロテッリのゴールで2-0とリードして迎えた前半アディショナルタイム、味方のバックパスを受けたジェノアのGKマルコ・アメーリアが、自ボックス付近でボールを持つと、前線へフィードを送る。 ボールはやや左へ逸れていくと、コースに先回りしていたスタンコビッチの正面に。するとスタンコビッチはこのフィードをまさかのダイレクトボレー。敵味方含めピッチ上全員の虚を突いたシュートは、気付けばゴールネットに吸い込まれていた。 2011年のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグ、シャルケ戦で見せた超ロングシュートは有名だが、それ以前にも超ロングシュートを決めていたスタンコビッチ。やはりあのゴールはまぐれではなかったようだ。その後インテルは2点を加え、5-0と大勝を飾っている。 2021.01.24 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

これが天才のボールタッチ…!トルコの名手エムレ・ベロゾグルの美しいバックスピンループ【スーパーゴール図鑑/インテル編】

【得点者プロフィール】 エムレ・ベロゾグル(当時22歳) 国籍:トルコ 所属:インテル ポジション:MF 身長:170cm エムレ氏は、若くしてガラタサライで評価を高め、2001年にインテルへ移籍。その後、ニューカッスル、フェネルバフチェ、アトレティコ・マドリー、バシャクシェヒルを経て、再びフェネルバフチェでプレーした後、2020年に現役を引退した。 【試合詳細】 日程:2002年12月7日 大会:セリエA第13節 対戦相手:ラツィオ 時間:前半38分(1-3) <div id="cws_ad">◆美しすぎるバックスピンのループシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJjOFJadmtudyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ラツィオのFWクラウディオ・ロペスにハットトリックの食らい、37分の時点で0-3と3点のビハインドを負ったインテルだが、ここから巻き返す。 38分に相手のオウンゴールで1点を返して迎えた後半22分、エムレはハーフウェイライン付近でボールを受けると、ラツィオ守備陣が整いきっていないことを確認し、前線へとボールを運ぶ。ラツィオのDFたちがマークマンを優先させ、エムレへのプレッシャーを怠ると、ペナルティーアーク手前からGKアンジェロ・ペルッツィの位置を見て、左足で優しいループシュートを放ち、ネットを揺らした。 このゴールの8分後、再びエムレにボールが渡ると、今度は右足でミドルシュートを叩き込み、絶望的な状況から追いついてみせた。結局、試合は3-3の引き分けで終了。この試合でのエムレの活躍はインテリスタの語り草となっている。 2021.01.24 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

低調インテル、格下ウディネーゼにゴールレスドロー《セリエA》

インテルは23日、セリエA第19節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 前節ユベントスとのイタリア・ダービーに完勝する最高の試合を見せた2位インテル(勝ち点40)は、ユベントス戦と同様のスタメンで臨んだ。 15位ウディネーゼ(勝ち点16)に対し、徐々に押しこむ展開としたインテルは23分に決定機。ベカンの軽率なミスパスをカットしたラウタロがボックス中央に侵入してシュート。だが、ムッソのファインセーブに阻まれた。 続く29分にはバレッラのボレーシュートでゴールに迫ったインテルだったが、ハーフタイムにかけてはチャンスを作れずゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半もインテルが押し込む展開としたものの、引き続き好機を生み出すことができない。 70分には3枚替えを敢行し、サンチェス、ペリシッチ、センシを投入した。しかし、終盤にかけてもウディネーゼの堅い守備をこじ開けることができずにゴールレスで終了。首位ミランとの勝ち点差を2に縮めるにとどまった。 2021.01.24 04:11 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly