過去にはスアレスが8試合停止…人種差別疑いのカバーニが改めて謝罪、ユナイテッドは声明発表

2020.12.01 01:11 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
人種差別の疑いをかけられているマンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが謝罪した。クラブ公式サイトが伝えた。カバーニは11月29日、アウェイで行われたプレミアリーグ第10節のサウサンプトン戦で後半開始から投入。2ゴール1アシストをマークするハイパフォーマンスを発揮し、逆転勝利に貢献した。

◆後半キックオフに間に合わず慌てる途中出場のカバーニ

試合後、ファンから活躍を祝したメッセージが届いたことに対して、カバーニは「gracias negrito(ありがとう、黒い人)」と返信。その文章内の「negrito」という単語が人種差別用語に該当する恐れがあるとして、イングランドサッカー協会(FA)が調査を開始するとされていた。

カバーニに悪意はなかったとされるが、ヨーロッパにおける言葉の意味を知らされ、すぐに問題の投稿を削除。しかし、過去にはリバプールに所属していたウルグアイ代表FWルイス・スアレスがユナイテッドのDFパトリス・エブラに同じ言葉を浴びせた結果、FAから8試合の出場停止処分が下されていた。

カバーニは改めてクラブを通じて投稿を謝罪。悪意はなかったと弁明した。

「日曜日の試合後に投稿したメッセージは、友人への愛情のこもった挨拶であり、試合後の彼の祝福に感謝したものだ」

「僕がやりたかった最後のことは、誰かに不快感を与えることだった。人種差別に完全に反対しており、解釈が異なる可能性があると説明され、すぐにメッセージを削除した。心よりお詫び申し上げます」

また、ユナイテッドもカバーニに悪意はなかったと弁明。人種差別と戦っていくとした。

「エディンソンのメッセージの背後には悪意が全くなかったことが明らかであり、誤解される可能性があると知らされてからすぐに削除した」

「エディンソンは意図しない違反が発生したことを受けて謝罪した。マンチェスター・ユナイテッドと全ての選手は、人種差別との戦いに全力で取り組んでいる」
コメント
関連ニュース
thumb

バルサ、ユナイテッドDFダロト獲得を検討か

イギリス『インデペンデント』によると、バルセロナが、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(21)の獲得を検討しているようだ。 ダロトは2018年夏にポルトからユナイテッドに加入。だが、ケガの影響もあり十分にアピールできず、昨季の公式戦出場はわずか11試合。今季はレンタルでミランに移籍している。 ミランでもここまで出場機会の確保に苦しんでいるが、そんなダロトをバルセロナが注目している模様。バルセロナではDFセルジ・ロベルトが11月下旬の試合で太ももを負傷し長期離脱中。その間、右サイドバックはアヤックスから新加入のDFセルジーニョ・デストが務めているが、パフォーマンスに満足していないという。 バルセロナは1000万ポンド(約14億円)で獲得できると見込んでいるようだが、果たして今冬の移籍を実現するのだろうか。 2021.01.17 16:11 Sun
twitterfacebook
thumb

赤い悪魔を蘇らせたブルーノ・フェルナンデス、しかし「クラブを変えたのは僕じゃない」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが、17日のリバプール戦を前にイギリス『アスレティック』の取材に答えている。 12日に延期分のバーンリー戦を制し、リバプールをかわして首位に立ったユナイテッド。第19節ではそのリバプールの本拠地アンフィールドで首位攻防戦を迎える。 今季のユナイテッドは第8節以降無敗を維持しているが、その好調を支える要因は紛れもなくブルーノ・フェルナンデスだ。昨年1月に加入したポルトガル人は、今季はここまで11ゴール7アシストと圧巻の数字を残す。 近年低迷していた赤い悪魔を蘇らせた立役者としてファンやサポーターから絶大な指示を受けているが、本人はあくまで課題や期待に答えているだけだと主張。自分がクラブを変えたわけではないと謙虚な姿勢を見せた。 「僕は常に自分自身に大きな課題を課してきたけど、クラブからも相当な要求をされている。僕の考え方が一部のプレーヤーの成長に繋がったケースはあるかもしれないけど、クラブを変えるのは僕ではない。マンチェスター・ユナイテッドでプレーするということは、常にプレッシャーと責任が付きまとうんだ」 ユナイテッドが首位で2位のリバプールと激突するのは1997年以来のこと。それまでも両クラブは熾烈な争いを繰り広げており、現在に至るまでに獲得したリーグタイトルはユナイテッドが「20」で、リバプールが「19」。ブルーノ・フェルナンデスは、今季再び突き放すことに燃えているようだ。 「誰だろうとライバルに並ばれたくないと思うものだ。クラブやドレッシングルームの誰にとっても、サポーターにとってそれが何を意味するのかはっきりしている。リバプールが19のままで、僕たちが21にできればもっと喜んでくれるだろう。だけど要点は、全ての試合でベストを尽くすことだ」 2021.01.17 15:56 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドとの首位攻防戦、「特別な試合」と認めるサラーが意気込み

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが、17日に控えるマンチェスター・ユナイテッド戦はいつもより特別な試合になると話している。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 第17節終了時点で暫定2位に位置するリバプール。リーグ戦ここ3試合未勝利となっており、同勝ち点で並んでいたユナイテッドが先日に未消化分のバーンリー戦で勝利を収めたことで、3ポイント差をつけて首位に立つ状況となっている。 その中で迎える頂上決戦。サラーも今回だけは特別な試合であると意識しているようだ。勝たなければならない試合であることを強調している。 「現時点でこの試合は本当に重要で特別なんだ。彼らは首位で、僕らが2位だからね。今季の彼らは上手くやっている。良い試合になるだろう。だけど、最終的に僕らが勝つ必要がある。それが最も重要なことだ」 「僕は常にどんな試合もただのひと試合と言っていたけど、この試合に限っては、彼らが勝てば6ポイント差がつき、僕らが勝てば並ぶことができる、少しだけ特別な試合だ」 ここまで13ゴールで得点ランキングトップを走るサラー。チームが勝つことが最も重要であるとしながらも、チームを救うためのゴールに何よりも幸せを感じているようだ。 「チームが勝ったときは最高だ。それが最も大切なこと。でも自分がゴールを決めてチームを助けることができるのなら、それが一番幸せだね。僕が得点できずにチームも勝てなかった時は悪夢だよ!」 「でも、僕はチームが首位にいる時が好ましい。何よりも誰よりも、チームが一番になるためにゴールを決めることができたら嬉しいね」 2021.01.17 14:51 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドとの頂上決戦へ! テストと位置付けるマネ「リーグを制覇するには…」

リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネが、17日に控える首位マンチェスター・ユナイテッドとの頂上決戦に向けてコメントを残している。 ディフェンディングチャンピオンのリバプールは、17試合を消化した時点で暫定2位に位置。リーグ戦ここ3試合は未勝利で、4日に行われた2021年初戦となった前節のサウサンプトン戦はアウェイで1-0で敗れ、第4節以来2敗目を喫した。 その後、8日のFAカップ3回戦ではアストン・ビラに4得点快勝を収め、ネガティブな雰囲気を一旦断ち切ったリバプール。その試合で負傷した恐れがあったものの万全の状態で臨めると明かしたマネは、ここ数週間は苦しんでいたことを認めつつ、首位チームとの試合を楽しみにしていると語った。 「僕たちにとってこの数週間は難しいものだった。ドレッシングルームでは皆複雑な心境だった。だけど、僕たちがいつも言っているように、これがフットボールというものだ。上手く対処し、再び勝利街道に戻れるよう努力しなければならない。それは僕たちにとって当たり前のことなんだ」 「僕たちは毎週の試合で一貫性を維持するため、日々のトレーニングから戦っている。今は試合が楽しみに思えているよ。タフな一戦になるだろうけど、皆それを楽しみにしている。勝つためにできることは全てするよ」 マネはまた、今季のユナイテッドの印象について「非常に優れたチーム」と称賛した上で、今回の首位攻防戦をテストであると位置付けた。 「彼らは非常に良いチーム。僕たちに何ができるかを確認するテストとなるはずだ。リーグを制覇したいなら最高のチームを倒さなければならない。マンチェスター・ユナイテッドはそのひとつだ。エキサイティングな試合になるだろう。誰もがこの一戦に興奮していると思う。僕たちと同じようにね。この種の試合を本当に楽しにしているんだ」 リーグ戦ではここまで6ゴールのマネ。18ゴールを記録した昨季と比べるとペースは落ちているものの、本人はチームの勝利が重要だと主張している。 「ストライカーとしてはもっと多くのゴールを求めるものだと思う。でも重要なのはチームの勝利だから、ゴールは僕にとって大したことではないんだ。しかし僕個人としては、チームを助け、大きな目標であるリーグ優勝を目指して昨シーズンよりも多くのゴールを目指して頑張っていくよ」 2021.01.17 14:20 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレミア注目プレビュー】宿敵同士の首位攻防戦! アウェイ15戦無敗のユナイテッドが67戦無敗の要塞攻略に挑む!

プレミアリーグ第19節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドが日本時間17日25:30にアンフィールドでキックオフされる。近年、リバプールの後塵を拝してきたユナイテッドが首位チームとして乗り込む要塞アンフィールドでの首位攻防戦だ。 2020年を首位で終えたリバプール(勝ち点33)だが、前節のサウサンプトン戦での0-1の敗戦により、直近1敗2分けの低迷で2位に陥落。8日に行われたFAカップではユースのメンバーを送り込んだアストン・ビラを4-1で破り、2021年の初白星を挙げたが、リーグ連覇に向けては今節の勝利が必須だ。 一方、序盤戦の低迷、チャンピオンズリーグ(CL)敗退によって一時はスールシャール監督解任の可能性が盛んに報じられたユナイテッド(勝ち点36)。しかし、昨年11月1日のアーセナル戦での敗戦以降は9勝2分けの11戦無敗という圧巻の戦績を残しており、前節にバーンリーを破ったことでジョゼ・モウリーニョ前体制以来、3年4カ月ぶりの首位に浮上。さらに、17節消化時点での首位はサー・アレックス・ファーガソンのラストシーズンまで遡る快挙だ。そのため、2012-13シーズン以来のリーグタイトル獲得への期待が日増しに高まっている。ただ、今季の対ビッグ6の対戦成績は2敗2分けと結果が出ておらず、リーグ制覇に向けては不振の昨季王者撃破と行きたいところだ。 なお、今回の首位攻防戦においてはリバプールのホームゲーム、ユナイテッドのアウェイゲームの好成績に注目が集まっている。リバプールはアンフィールドでのプレミアリーグで67試合無敗を継続中。これに対してユナイテッドは、アウェイ15戦無敗(12勝3分け)を継続している。 <div id"cws_ad">◆両チームのタイトルレースを振り返る<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=kbu4hmpxw4dn163ukzwcfqwmm" async></script></div> そして、ユナイテッドが最後にアウェイで敗れたのは、2020年1月19日に行われたリバプール戦(0-2)。クロップ監督が再び赤い悪魔に土を付けるか、あるいはスールシャール監督が要塞アンフィールドを攻略し、対リバプール初勝利を手にするのか…。 ◆リバプール◆ 【4-3-3】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210116_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:アリソン DF:アレクサンダー=アーノルド、マティプ、ファビーニョ、ロバートソン MF:チアゴ、ヘンダーソン、ワイナルドゥム FW:サラー、フィルミノ、マネ 負傷者:DFファン・ダイク、ジョー・ゴメス、マティプ、ツィミカス、MFナビ・ケイタ、FWジョタ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはファン・ダイクら長期離脱組が引き続き欠場となる一方、マティプが戦列に復帰できる見込みだ。 スタメンに関してはマティプが間に合わない場合、リース・ウィリアムズ、フィリップスの若手2選手、あるいはヘンダーソンをファビーニョの代役に据えることになる。中盤ではチアゴに代わってカーティス・ジョーンズを起用する可能性もある。 ◆マンチェスター・ユナイテッド◆ 【4-3-1-2】 ▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210116_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:デ・ヘア DF:ワン=ビサカ、バイリー、マグワイア、ショー MF:マクトミネイ、フレッジ、ポグバ MF:ブルーノ・フェルナンデス FW:カバーニ、ラッシュフォード 負傷者:DFリンデロフ、FWマルシャル 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはリンデロフ、マルシャルが軽傷を抱えているが、招集メンバーには入る見込みだ。 システムに関しては[4-2-3-1]、[3-5-2]の布陣も考えられるが、キーマンの1人であるポグバをより生かしやすい[4-3-1-2]を予想。スタメンに関してはシステム次第ではあるが、前述のメンバーを起用するとみる。変更点があるとすれば、マルシャル、リンデロフの起用ぐらいか。 ★注目選手 ◆リバプール:MFチアゴ・アルカンタラ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210116_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> リバプールの注目プレーヤーは待望のアンフィールドデビューが期待されるスペイン代表MF。第3節のチェルシー戦で途中出場45分間においてプレミアリーグ新記録のパス成功75本を記録する鮮烈なデビューを飾ったチアゴだが、以降は新型コロナウイルス感染やヒザのケガにより長期離脱を余儀なくされ、昨年末のニューカッスル戦でようやく復帰。先発復帰したサウサンプトン戦ではチームは敗れたものの、フル出場を果たして完全復活に一歩近づいた。 奇しくもここまでの公式戦出場5試合はすべてアウェイゲームとなっており、今回の一戦では先発か途中出場かは不明も、アンフィールドデビューを飾る可能性が濃厚となっている。痺れる首位攻防戦においては正確無比な繋ぎに加え、得意とする相手を食い付かせるパス、ボールキープで相手守備を崩すクサビを打ち込む役割が期待される。また、ヘンダーソンら中盤の相棒と共に相手のキーマンでB・フェルナンデスをケアする守備面の仕事も求められるところだ。 ◆マンチェスター・ユナイテッド:FWエディンソン・カバーニ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210116_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ユナイテッドの注目プレーヤーはようやく違いを生み始めた“エル・マタドール”。昨夏の移籍市場終盤にユナイテッドに加入した元パリ・サンジェルマンのエースストライカーは、コロナウイルス感染やマッチフィットネスの問題もあり、ややスロースタートのシーズンとなっている。 だが、第8節のエバートン戦で待望のプレミアリーグ初ゴールを挙げると、途中出場から2ゴール1アシストを記録して3-2の逆転勝利に貢献したサウサンプトン戦をキッカケに本領を発揮。以降はケガやSNSでの人種差別投稿もあってリーグ戦ではゴールから遠ざかっているが、マルシャルら若手アタッカー陣に欠ける動き出しの質、駆け引きの妙でB・フェルナンデスと共に単調だった攻撃に新たな彩りを加えている。敵地で劣勢が見込まれる今回のビッグマッチにおいてはチャンス数が限られる中、持ち味の決定力、勝負強さを発揮したい。また、経験不足の相手センターバックコンビに対して積極的に揺さぶりを懸けたいところだ。 2021.01.17 12:30 Sun
twitterfacebook