過去にはスアレスが8試合停止…人種差別疑いのカバーニが改めて謝罪、ユナイテッドは声明発表

2020.12.01 01:11 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
人種差別の疑いをかけられているマンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが謝罪した。クラブ公式サイトが伝えた。カバーニは11月29日、アウェイで行われたプレミアリーグ第10節のサウサンプトン戦で後半開始から投入。2ゴール1アシストをマークするハイパフォーマンスを発揮し、逆転勝利に貢献した。

◆後半キックオフに間に合わず慌てる途中出場のカバーニ

試合後、ファンから活躍を祝したメッセージが届いたことに対して、カバーニは「gracias negrito(ありがとう、黒い人)」と返信。その文章内の「negrito」という単語が人種差別用語に該当する恐れがあるとして、イングランドサッカー協会(FA)が調査を開始するとされていた。

カバーニに悪意はなかったとされるが、ヨーロッパにおける言葉の意味を知らされ、すぐに問題の投稿を削除。しかし、過去にはリバプールに所属していたウルグアイ代表FWルイス・スアレスがユナイテッドのDFパトリス・エブラに同じ言葉を浴びせた結果、FAから8試合の出場停止処分が下されていた。

カバーニは改めてクラブを通じて投稿を謝罪。悪意はなかったと弁明した。

「日曜日の試合後に投稿したメッセージは、友人への愛情のこもった挨拶であり、試合後の彼の祝福に感謝したものだ」

「僕がやりたかった最後のことは、誰かに不快感を与えることだった。人種差別に完全に反対しており、解釈が異なる可能性があると説明され、すぐにメッセージを削除した。心よりお詫び申し上げます」

また、ユナイテッドもカバーニに悪意はなかったと弁明。人種差別と戦っていくとした。

「エディンソンのメッセージの背後には悪意が全くなかったことが明らかであり、誤解される可能性があると知らされてからすぐに削除した」

「エディンソンは意図しない違反が発生したことを受けて謝罪した。マンチェスター・ユナイテッドと全ての選手は、人種差別との戦いに全力で取り組んでいる」
コメント
関連ニュース
thumb

ポグバ復調の理由をユナイテッドOBが推察「B・フェルナンデスの存在が彼を変えた」

かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーした元イングランド代表DFポール・パーカー氏が、古巣のフランス代表MFポール・ポグバ復調の理由を推察している。イギリス『ミラー』が伝えた。 今シーズン序盤は調子が上がらず、スタメンから外れる時期もあったポグバ。11月のインターナショナルマッチウィーク中にはクラブ批判とも受け取れる発言を行い、大きな非難を浴びていた。 しかし、プレミアリーグ第11節ウェストハム戦で今季リーグ初ゴールを記録すると、その後はスタメンに定着している。リーグ戦直近5試合で連続フル出場を果たすなど好調を維持するポグバは、20日に行われた第18節フルアム戦でも見事なミドルシュートをマーク。首位を維持するチームに欠かせない戦力となっている。 ポグバが急激な復調を果たした理由について、『eurosport』に出演したパーカー氏は、現在チームのエースとして活躍するMFブルーノ・フェルナンデスの存在に言及。エースの座をこのポルトガル代表MFに奪われたことが、ポグバのエゴを消したと推察した。 「2020年、ポグバはB・フェルナンデスの影でプレーしていた。それが彼のエゴをへこませたのかもしれないね。ポグバは高額な契約でクラブにやってきた。彼のスター性、経歴、能力はユナイテッドに適していたと思う」 「しかし、何より重要なのは優れたフットボーラーであるかどうかだ。B・フェルナンデスの経歴はポグバより劣っていたが、彼のステータスはポグバを凌駕しており、今はチームトップの位置にいる」 「フットボールに限らず、どのような業界であっても競争が起こった際、それにすねているだけでは生き残れない。周りから尊敬されるためには、上達する必要があるんだ」 「B・フェルナンデスは、クラブに加入してすぐキーマンになった。ユナイテッドの顔は、ポグバではなく彼になったんだ。以前は間違った理由でポグバだったが、今はゴールとアシストによってB・フェルナンデスになっている」 また、パーカー氏は現在好調のポグバが、よりチームでの存在感を高めるための条件として、継続性を挙げている。 「ポグバはどんな試合でも、7割以上のパフォーマンスを示さなければならない。ユナイテッドが今タイトルに挑戦するため、それが必要なんだ」 2021.01.22 17:51 Fri
twitterfacebook
thumb

「左足に期待はしていなかった」ポグバが逆足でのミドルシュートを自画自賛「美しいゴール」

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが決めたゴールが話題を呼んでいる。 ユナイテッドは20日に行われたプレミアリーグ第18節でフルアムと対戦。開始早々に失点を喫する苦しい展開だったが、ポグバらのゴールによって逆転に成功。2-1のスコアで勝利を飾った。この結果、2位マンチェスター・シティが1試合未消化の状況ではあるものの、ユナイテッドが首位の座をキープしている。 <div id="cws_ad">◆ポグバがドリブルで切れ込み左足で強烈な逆転弾を叩き込む<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=e5zwp72wue8h1b8is4hn3dou8" async></script></div> 決勝点となったのは、57分にポグバのミドルシュートだったが、そのゴールが個の力でもぎ取ったものだと話題だ。 相手のクリアが弱くなり、ポグバが相手陣内右サイドでボールを拾う。ポグバはフルアムの選手3人に囲まれるも、細かいタッチでマークを剥がすと、やや相手DFが引いたところを見逃さずに、ボックス右手前から左足でミドルシュートを放つ。 逆足でのシュートになったが、それを感じさせないスピードでゴールに向かっていくと、フルアムのGKアルフォンス・アレオラの右手を掠めながら、ゴール左のサイドネットへと突き刺さった。 ポグバは試合後、イギリス『BT Sport』のインタビューに応じ、美しいゴールだったと自画自賛している。 「僕はボールを上手く撃った。左足に期待はしていなかったけど、撃たなければゴールはできない。美しいゴールであり、美しい勝利だった。僕のお気に入りのゴールではないけど、それでも美しかったね」 「難しい試合だったし、大きな勝利だ。難しくなることは分かっていた。フルアムは上手くプレスをかけ、コンパクトの陣形を保った。戻ってくるために、この勝利が必要だった。そして手に入れた」 クラブで難しい時期を過ごしていたポグバだったが、ここに来て調子は上向きだ。 2021.01.21 17:02 Thu
twitterfacebook
thumb

逆転勝利での首位キープを喜ぶスールシャール「肉体的にも精神的にも強くなった」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、首位キープに成功したチームのパフォーマンスを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 前節リバプールとの首位攻防戦をドローで終え、首位を維持したユナイテッドは、20日に行われたプレミアリーグ第18節でフルアムと対戦。開始早々に失点を喫する苦しい展開だったが、MFポール・ポグバらのゴールによって逆転に成功。2-1のスコアで勝利を飾った。 この結果、2位マンチェスター・シティが1試合未消化の状況ではあるものの、ユナイテッドが首位の座をキープしている。今シーズンの半分を終え、アウェイで無敗をキープしているユナイテッド。インタビューに応じたスールシャール監督は、苦しい状況から立ち直ったチームを称賛しつつ、今の順位は気にしていないと強調した。 「スローなスタートとなってしまったが、失点後はよくやったと思う。それは我々に必要なことであり、目を覚ます必要があった。リバプール戦はやり切れたとは思わないが、今日はよくやったし、得点も生まれたね」 「この勝ち点3は本当に大きい。シーズンの終わりにポイントを数えたとき、『あの時はタイトな試合だった』と言うだろうね。勝ち点3の獲得は自信につながり、士気の向上にもなる。チャンスを作れていたし、ダビド(・デ・へア)も足で素晴らしいセーブをした」 「リーグの途中でトップになると話題になるものだが、我々はそれについて特に考えていないよ。ただ1試合1試合、皆が健康でフレッシュな状態を維持して、自分たちがどこにいるのか見ていくだけさ」 「選手たちは良くなってきており、肉体的にも精神的にも強くなった。今シーズンは0-1からの反撃を何度も見てきているね。彼らの進歩に満足しているし、プレーを非常に誇りに思っている。試合に向けた準備も、スタッフも、本当に素晴らしい」 また、スールシャール監督は、この試合で得点を記録したポグバとFWエディンソン・カバーニにも言及。2人のパフォーマンスを絶賛している。 「ポール(・ポグバ)は本当に調子がいい。今は中盤でもワイドでもプレーできる。ポールの場合、体調を整えられるかが鍵なんだ。序盤にイエローが出された後も本当によく守っていた。とてもいいプレーをしていたよ」 「(カバーニのゴールは)まさにセンターフォワードのゴールであり、そこにいる必要があるんだ。彼の動きは信じられないほど素晴らしいね。もっと彼を使いこなせるようにしなければならない。前線に選択肢があるのはいいことだよ」 2021.01.21 10:52 Thu
twitterfacebook
thumb

ポグバの圧巻ミドルでユナイテッドがフルアムに逆転勝利! 得意アウェイ戦制して首位キープ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第18節、フルアムvsマンチェスター・ユナイテッドが20日にクレイブン・コテージで行われ、アウェイのユナイテッドが1-2で逆転勝利した。 前節、リバプールとの敵地での首位攻防戦を0-0のドローで終えて首位キープに成功したユナイテッド。ただ、前日に行われた試合でレスター・シティが勝利したことで、暫定ながら首位の座を明け渡している。 首位奪還に向けて勝ち点3が求められる一戦では降格圏の18位に低迷も、上位陣相手に奮闘を見せる曲者フルアムと得意のアウェイゲームで対峙した。なお、スールシャール監督はリバプール戦から先発3人を変更。リンデロフ、マクトミネイ、ラッシュフォードに代えてバイリー、グリーンウッド、カバーニを起用した。 ユナイテッドが押し込む展開が予想された中、試合は意外な形でスタートする。開始5分、ザンボ・アンギサのスルーパスに抜け出したルックマンがGKデ・ヘアとの一対一を制して右足のシュートを流し込んだ。ユナイテッド陣営はオフサイドをアピールもVARのレビューでもゴールが支持され、ホームチームがいきなり先制点を奪った。 緩い入りからビハインドを追うことになっユナイテッドはすぐさま気持ちを切り替えて反撃を開始。時間の経過と共に相手を押し込んでいく。 21分にはボックス手前でボールを受けたブルーノ・フェルナンデスが決定的なミドルシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩く。しかし、直後には左サイドに抜け出したB・フェルナンデスの何でもないグラウンダーのクロスをGKアレオラが前にこぼすと、抜け目なく反応したカバーニがすかさず左足で蹴り込んだ。 相手のミスを突いて試合を振り出しに戻したユナイテッドは直後の23分にもB・フェルナンデスの強烈なミドルシュートで逆転に迫るが、ここはGKアレオラの汚名返上のビッグセーブに遭う。さらに、前半終盤にかけてはセットプレーからマグワイアのヘディングシュート、マルシャルやグリーンウッドの個人技で相手ゴールに迫ったが、前半のうちに追い付くことはできなかった。 1-1のスコアで迎えた後半は立ち上がりからこう着状態が続く。前半同様にボールを保持しながらも相手の守備を崩し切れないユナイテッドだったが、好調のポグバが個の力でゴールをこじ開ける。 65分、右サイドに流れてボールを受けたポグバは相手の寄せが一瞬甘くなったところを見逃さずに左足を一閃。鋭い低弾道のシュートがゴール左隅の完璧なコースに決まった。さらに、畳みかけるユナイテッドは直後の66分にもB・フェルナンデスの正確な右クロスに反応したカバーニに3点目のチャンスも、渾身のヘディングシュートはGKアレオラの驚異的な反応にはじき出された。 守護神のビッグセーブで何とか最少得点差を維持したフルアムはここから反撃。75分にはカマラのスルーパスに抜け出したロフタス=チークがボックス右で右足を振るが、このシュートはGKデ・ヘアの好守に遭う。さらに、83分にはロングカウンターからボックス中央フリーで相手の短いクリアボールに反応したロフタス=チークにシュートチャンスも、今度は大きくふかしてしまった。 その後、長身FWミトロビッチをターゲットにしたフルアムのパワープレーに手を焼くユナイテッドは試合終盤にグリーンウッド、マルシャル、B・フェルナンデスと前線の選手を下げてラッシュフォードと共に守備的MFのマクトミネイ、マティッチを続けて投入。93分にはボックス内のミトロビッチに決定的な場面を作られるが、ゴール至近距離からのヘディングシュートは枠の左に外れた。 下位に低迷するフルアムに苦戦を強いられたものの、得意のアウェイで逆転勝利を飾ったユナイテッドが首位キープに成功した。 2021.01.21 07:23 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがアルゼンチン代表DFメディーナに関心

マンチェスター・ユナイテッドがRCランスに所属するアルゼンチン代表DFファクンド・メディーナ(21)の獲得に関心を示しているようだ。フランス『La Voix du Nord』が報じている。 アルゼンチン屈指の名門リーベル・プレートの下部組織出身のメディーナは、母国のタジェレスでプロデビュー。アルゼンチンの世代別代表の常連だった実力者は多くのクラブの関心を集めた中、2020年夏にRCランスへ完全移籍した。 現在はヒザのケガで戦列を離れているが、ここまでリーグ・アン11試合に出場し、印象的なパフォーマンスを披露。その活躍が認められて昨年10月に行われたボリビア代表戦でA代表デビューも飾っている。 センターバックと左サイドバックを主戦場とする184cmのアスリート型のDFは、現在もユナイテッドに在籍する元アルゼンチン代表DFマルコス・ロホと似たようなプロフィール。ただ、出足の鋭さや無理が利く対人プレー、左足の鋭いフィードなど伸びしろ十分な素材だ。 そして、『La Voix du Nord』によると、ユナイテッドはメディーナの獲得に本腰を入れており、1200万ユーロ(約15億円)以上のオファーを準備しているという。 また、RCランスに対してはレンタルバックという形で今シーズン終了まで残留させるプランを提案するようだ。 2021.01.21 00:50 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly