バルサ元会長が告白、19歳メッシへのインテルからのオファーを拒否「312億円のオファーが来た」

2020.11.30 21:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてバルセロナの会長を務めたジョアン・ラポルタ氏が、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシへのオファーを断っていた過去を明かした。ラポルタ氏は、2003年から2010年までバルセロナの会長を務めており、ロナジーニョを獲得するなどチームの黄金期を形成。2004-05、2005-06シーズンのラ・リーガ連覇を皮切りに、2005-06シーズンのチャンピオンズリーグ優勝など、チームを再建していた。

◆19歳のメッシが見せた衝撃の輝き

2015年には会長選に再び出馬するも、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長の前に惨敗。しかし、バルトメウ会長が退任したことで、新会長になろうと立候補している。

そのラポルタ氏は、スペインのラジオ『オンダ・セロ』で過去の逸話を明かし、インテルから舞い込んできたメッシへのオファーを断っていたことを明かした。

「バルセロナを愛する人は、誰もメッシに疑いを持つことはない。私が会長になったら、彼と話をしたいと思う」

「2006年にインテルから2億5000万ユーロ(約312億円)のオファーが来たが拒否した。マッシモ・モラッティは、彼をクラブに連れて行きたかったのだ」

「クラブの大きな経済状況を回復させる計画がある」

「我々は世界を正すことはできるが、それをより良い場所にし、懸命な言葉と情熱、そして愛情で実現したいと思っている」

「人々に幸せをもたらせたい。これは選挙の公約ではない。倫理的、市民的、道徳的な公約だ」

2006年はメッシがファーストチームに正式昇格して2年目。昇格した2005-06シーズンはラ・リーガで17試合に出場し6ゴール2アシストを記録。2006-07シーズンはラ・リーガ26試合で14ゴール2アシストとブレイクの片鱗を見せたが、当時19歳でブレイクする前のメッシがここで売却されていたらどのようなキャリアを歩んでいただろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

メッシ初めての退場は出場たった40秒での報復行為…バルサでは753試合目で初退場

17日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝のアスレチック・ビルバオ戦でクラブキャリア初の一発退場処分を受けたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。 メッシがバルセロナの選手として一発退場処分を受けたのはバルセロナB時代に1度だけあるが、通算753試合に出場しているトップチームでのキャリアにおいて初だったことで注目を集めたが、アルゼンチン代表ではどうなのだろうか。 これまでアルゼンチン代表として142試合でプレーしてきたメッシが一発退場処分を受けたのは、2度ある。 直近では、2019年7月6日に行われたコパ・アメリカ3位決定戦のチリ戦で、相手MFガリー・メデルと小競り合いになり、37分に一発退場となった。 では1回目はというと、なんと2005年8月17日まで遡らなければならない。これはメッシにとってのアルゼンチン代表デビュー戦となった国際親善試合のハンガリー戦のことだ。 65分にFWリサンドロ・ロペスとの交代で途中出場を果たしたメッシだったが、その30秒後に相手陣内中央でボールを受けて前を向くと、相手選手にユニフォームを引っ張られファウルを受ける。メッシが右手で振り払おうとすると、それが相手選手の顔を叩いたとみなされ、まさかの一発退場となっていた。 今や世界的スターであるメッシだが、その代表デビュー戦はやや意外なものだった。 <div id="cws_ad">◆メッシ初めての退場<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Barcelona host 31-time Nemzeti Bajnokság champions Ferencváros tonight.<br><br>Messi hasn&#39;t faced Hungarian opposition since his Argentina debut in 2005. Things didn&#39;t quite go as you&#39;d expect.<a href="https://t.co/yDIOIIirQ7">pic.twitter.com/yDIOIIirQ7</a></p>&mdash; The Blizzard (@blzzrd) <a href="https://twitter.com/blzzrd/status/1318605147245785089?ref_src=twsrc%5Etfw">October 20, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.20 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

スーペル・コパで一発退場のメッシに2試合の出場停止…コルネジャ&エルチェ戦欠場に

スペインサッカー連盟(RFEF)の競技委員会は19日、スーペル・コパで一発退場となったバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに2試合の出場停止処分を科した。 これにより、メッシは21日に開催されるコパ・デル・レイ3回戦のコルネジャ戦、24日開催のラ・リーガ第20節のエルチェ戦の2試合の欠場が確定した。 メッシは延長戦の末に2-3で敗れた17日のスーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝のアスレティック・ビルバオで先発出場。だが、試合終了間際の120分にFWアシエル・ビジャリブレを右手でなぎ倒すように叩き、VARを経て、一発退場を命じられた。 バルセロナのトップチームで初の退場となったメッシのこのプレーに関しては明らかな暴力行為と判断された場合、最大4試合の出場停止が科される可能性があったが、最終的には2試合の出場停止が妥当と判断された。 2021.01.19 23:15 Tue
twitterfacebook
thumb

スアレスが後ろから飛んでくるボールに合わせた衝撃のスーパーシザースキック【スーパーゴール図鑑/バルセロナ編】

【得点者プロフィール】 ルイス・スアレス(当時32歳) 国籍:ウルグアイ 所属:バルセロナ ポジション:FW 身長:182cm ウルグアイの名門ナシオナル・モンテビデオでプロデビューを果たしたスアレスは、欧州へ渡り、アヤックスで頭角を現す。そして2011年1月に加入したリバプールでストライカーとしての才能を開花させると、2014年夏にバルセロナへ夢の移籍を実現させた。 【試合詳細】 日程:2019年8月4日 大会:ジョアン・ガンペール・カップ 対戦相手:アーセナル 時間:後半45分(1-1) <div id="cws_ad">◆スアレスの極上テクニックから生まれたスーパーシザースキック<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ6VHRkSzRIVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 前半に先制を許したバルセロナだったが、後半に相手のオウンゴールで同点とする。試合はその後膠着状態となり、1-1のまま迎えた試合終了間際の90分スアレスが魅せる。 センターサークル付近でフリーでボールを受けたMFセルジ・ロベルトが柔らかいタッチでボックス内へ浮き球のパス。相手のDFの裏のスペースへ走り込みフリーとなったスアレスは、後ろからの浮き球のボールに対して、豪快なシザースキック。空中で放った、叩きつけるようなシュートはGKベルント・レノの足元を抜き見事にゴールへ吸い込まれた。 プレシーズンマッチでも極上のテクニックを見せつけたスアレスのゴールで2-1としたバルセロナは、劇的ゴールで見事逆転勝利を収めている。 2021.01.19 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサの司令塔チャビが決めた一寸の狂いもないミドルシュート【スーパーゴール図鑑/バルセロナ編】

【得点者プロフィール】 チャビ・エルナンデス(当時35歳) 国籍:スペイン 所属:バルセロナ ポジション:MF 身長:169cm 常に味方の選択肢を増やすポジショニング、数手先を読んだゲームメイクにより試合を支配。相手が隙を見せれば得点に直結するプレーを披露し、1998年~2015年までのバルセロナ在籍時にはチャンピオンズリーグ4回、リーガエスパニョーラ8回を含む計25回ものタイトル獲得の中心選手となった。 【試合詳細】 日程:2015年4月28日 大会:ラ・リーガ第34節 対戦相手:ヘタフェ 時間:前半30分(3-0) <div id="cws_ad">◆チャビが決めた美しいミドルシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJEdUdUVFZyYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> “MSN”トリオが爆発し、バルセロナ3点リードで迎えた前半30分、ボックス手前左のチャビがFWネイマールにパスを出すと、やや相手DFの位置がずれ、ネイマールはチャビにリターン。パスを受けたチャビは、迷うことなく右足を一閃。スピードに乗ったボールは、相手GKグアイタの横っ飛びも空しく枠内右に突き刺さった。 放たれたシュートは。このコースでしか入らないと言っても過言ではないほどギリギリの軌道でゴールに吸い込まれていった。チャビ氏が一瞬でゴールへの唯一の道を撃ちぬいた見事なゴールだった。 2021.01.19 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「何回彼にファウルがあったか分からない」クーマン監督が退場のメッシに言及 判定には「私は話さない方が良い」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、敗れたアスレティック・ビルバオ戦について語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 バルセロナは17日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝でアスレティックと対戦。2-2で突入した延長戦で決勝ゴールを許して、載冠を逃した。 今季初タイトルを目前で逃した格好となったが、クーマン監督は後退ではないと主張している。 「これは後退ではない。タイトルは私たちが正しい道を歩んでいるかを示すのに便利だ。私たちはそれに近づいた。勝利のために全てを尽くした。どちらのチームも非常に疲れていた。多くの選手にとって、この決勝戦をプレーできたのは良い経験だった」 「私は怒ってなどいないし、チームは良かった。2度リードを奪い、ほとんどの時間でフィットしていた」 また、この試合でキャリア初の発退場を命じられたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについては、次のように語った。 「彼はいつプレーできるか、できないかを知っている。彼はプレーすると決めた。それだけだ。彼は元気だ。何が起こったかは理解している」 「彼が何度ファウルを受けたかは分からない。ドリブルをしようとしたが、できなかった。彼を許すか? あのプレーについてきちんと観る必要がある」 メッシの退場シーンだけでなく、試合を通しての主審の判定を指摘する声もあるが、クーマン監督は「話さないほうがいい。繰り返すことになるし、気に入らない。意見は出さない」と煙に巻いた。 <div id="cws_ad">◆メッシが”怒り”のラリアットでキャリア初の一発退場<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Messi sees red for an off-the-ball swing. <a href="https://t.co/PAW8cm95OR">pic.twitter.com/PAW8cm95OR</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1350933920104259590?ref_src=twsrc%5Etfw">January 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.18 20:57 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly