スアレス、トレイラに続きゴディンも新型コロナ陽性反応…ウルグアイ代表3人目

2020.11.20 22:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カリアリは20日、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことを発表した。ゴディンは、ウルグアイ代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に出場。コロンビア代表、ブラジル代表との2試合を戦い、イタリアへ帰国した。

しかし、新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたとのこと。同じウルグアイ代表に招集されていたMFナイタン・ナンデスも帰国したが、ナンデスは陰性だったとのことだ。

それでも、クラブはメディカルスタッフと話し合い、遠征中に接触した全ての選手を保護するため、ゴディント共にナンデスもトリノ戦のメンバーから外すことを決めたという。

ウルグアイ代表では、アトレティコ・マドリーのFWルイス・スアレスとMFルーカス・トレイラも陽性反応を示しており、明日のバルセロナ戦を欠場することに。ウルグアイ代表だけで3人目の陽性反応者となったが、今後も増える可能性がありそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

12戦勝ちなしの18位カリアリ、ディ・フランチェスコ監督と契約延長

カリアリは24日、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督(51)との契約延長合意を発表した。新たな契約期間は2023年6月30日までとなる。 かつてサッスオーロやローマなどを率いたディ・フランチェスコは2020年8月、2年契約でカリアリの監督に就任。セリエAのここまで3勝5分け11敗の18位に位置している。 目下公式戦7連敗で昨年11月末の勝利を最後に12試合も勝利から遠ざかるディ・フランチェスコ監督だが、カリアリが1年間の契約延長に至ることで、連帯を示した形だ。 契約延長を受け、カリアリの会長を務めるトンマーゾ・ジュリーニ氏がクラブを通じて信頼を強調するなか、ディ・フランチェスコ監督も喜びの心境を語っている。 「この契約延長を誇りに思う。クラブに感謝する。結果だけでなく、全体的な評価を意味するものだ。もっと頑張ろうという新たなモチベーションになるよ」 2021.01.26 16:55 Tue
twitterfacebook
thumb

アサモア、カリアリ加入へ向け現地に出発! ゴディン&ナインゴランと再会か

昨季限りでインテルを退団し、現在は無所属の元ガーナ代表DFクワドゥオ・アサモア(32)が、新天地がカリアリで決定機的となったようだ。イタリアの著名ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。 ウディネ―ゼでプロデビューしたアサモアは、2018年にユベントスを退団しインテルに加入。加入初年度は公式戦42試合に出場し2アシストを記録する活躍を見せたが、アントニオ・コンテ監督の就任した昨季はケガの影響もあり出場機会が激減。 契約最終年となった今シーズンに至っては、セルビア代表DFアレクサンダル・コラロフや元イタリア代表DFマッテオ・ダルミアンの加入で完全な構想外となっていた。これを受け、アサモアは昨年10月にインテルと契約を解消していた。 今回の報道によれば、すでにアサモアはカリアリのメディカルチェックを受けるため、本拠地のあるサルデーニャ島に向かっている模様。なお、メディカルチェックの前に新型コロナウイルス(COVID-19)の検査を受ける必要があるとのことだ。 現在セリエAの18位に位置するカリアリには、インテル時代の同僚であるウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンと元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが所属している。 2021.01.26 02:30 Tue
twitterfacebook
thumb

2ゴール躍動のイブラにカリアリ監督も脱帽 「今日の彼も決定的な存在だった」

カリアリのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督がミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチに脱帽した。 16位のカリアリは18日に行われたセリエA第18節で首位のミランをホームに迎え撃ち、0-2の敗北。泥沼5連敗の11戦未勝利という結果を受け、順位も17位に後退した。 ディ・フランチェスコ監督は試合後、イタリア『スカイ』で「PKのチャンスを獲得できなかったのは残念だったが、難しい時期はすべてが思い通りにいかないもの」と嘆いた。 そんなミラン戦でカリアリの脅威として立ちはだかったのは昨年11月の太もも負傷から復帰後、初先発のイブラヒモビッチ。前後半の立ち上がりを突かれ、2ゴールを許した。 ディ・フランチェスコ監督は今季もここまで出場した8試合で12ゴールを挙げ、39歳の年齢を超越した活躍を続けるイブラヒモビッチについても触れ、絶賛した。 「イブラはより賢くて、より経験豊富な選手だ。今日の彼も決定的な存在だった」 2021.01.19 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチのドッピエッタでミランが快勝、首位を堅守《セリエA》

ミランは18日、セリエA第18節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。 前節トリノ戦を2-0と快勝して首位をキープしたミラン(勝ち点40)は、前日の試合で2位インテルがユベントスに勝利したことで暫定ながら勝ち点で並ばれた。そのミランはチャルハノールとテオ・エルナンデスがコロナ陽性により欠場となった中、トップ下にディアス、左サイドバックにはダロトが入った。 ナインゴランとダンカンの両新戦力が移籍後初先発となった17位カリアリ(勝ち点14)に対し、最前線にイブラヒモビッチ、2列目に右からカスティジェホ、ディアス、ハウゲと並べたミランが開始5分にPKを獲得する。ディアスのスルーパスに反応したボックス中央のイブラヒモビッチがリコギアニスに倒された。このPKをイブラヒモビッチ自ら決めてミランが先制した。 先制後は互角の攻防で推移した中、25分にカラブリアがミドルシュートで牽制。そして36分には追加点のチャンス。右CKの流れからカラブリアのシュートが右ポストに直撃した。 ミランの1点リードで迎えた後半、52分に追加点が生まれる。カラブリアのロングフィードに抜け出したイブラヒモビッチがボックス左からネットを揺らすと、当初はオフサイドと判定されるも、VARによりゴールが認められた。 2点のリードとしたミランは63分にピンチを迎えるも、シメオネとの一対一をGKドンナルンマがセーブ。 直後、イブラヒモビッチに決定機が訪れたミランだったが、ここはGKクラーニョに止められると、74分に退場者を出してしまう。8分前に投入されていたサーレマーケルズが2枚目のイエローカードを受けてしまった。 10人となったミランだったが、カリアリの反撃を許さずに時間を消化。イブラヒモビッチのドッピエッタで快勝とし、首位を堅守している。対するカリアリは5連敗となった。 2021.01.19 06:39 Tue
twitterfacebook
thumb

アルフレッド・ダンカンがヴィオラからカリアリへレンタル

カリアリは17日、フィオレンティーナからガーナ代表MFアルフレッド・ダンカン(27)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ガーナ出身で2012年にインテルでプロデビューしたダンカン。だが、インテルでの出場は4試合にとどまり、その後はリボルノやサンプドリア、サッスオーロを渡り歩いた。2015年夏に加入したサッスオーロでは、公式戦通算130試合に出場し、8ゴール17アシストの数字を残した。 フィオレンティーナには2020年1月のシーズン途中に移籍。すぐに主力に定着したが、今季は出場機会が激減。クラブが監督交代に踏み切るも、ダンカンの出番はほとんど回ってこず、ここまでセリエA4試合(161分)の出場にとどまっていた。 新天地のカリアリは、現状3勝5分け9敗で16位に位置。ダンカンのデビューが期待される18日のセリエA第18節ではミランとの対戦が控えている。 2021.01.17 20:52 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly