フッキが中島翔哉と共演か? 1月の古巣ポルト復帰の可能性

2020.11.20 10:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
上海上港でプレーする元ブラジル代表FWフッキ(34)が、古巣に復帰する可能性があるようだ。ポルトガル『A Bola』が報じた。現在は中国スーパーリーグの上海上港でプレーするフッキ。川崎フロンターレやコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)、東京ヴェルディなどJリーグでもそのパワーとフィジカルモンスターぶりを発揮。2008年7月にポルトへと完全移籍すると、ゼニトを経て上海上港へ移籍した。

◆ポルト時代に見せたフッキの左足弾丸シュート

上海上港との契約は2021年1月までとなっており、現在戦っているAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が終了すれば退団することが見込まれている。

フッキの行き先にはプレミアリーグなども挙がっていたなか、古巣であるポルトへの復帰が浮上している。

フッキは上海上港で年俸2000万ユーロ(約24億6700万円)を受け取っているとされるが、ポルトにはその資金はなく、最大で300万ユーロ(約3億7000万円)しか支払えないとのこと。しかし、スポーツの側面と、古巣であるということを利用して獲得に動いているという。

また、セルジオ・コンセイソン監督の戦術にフィットしないか王政が懸念されていたが、そこに関しては解決したとのこと。現在のフッキであればフィットすると考えられているようだ。

日本代表MF中島翔哉も所属するポルト。フッキが加わることで競争が再び生まれることになるが、ACLでのプレーを見る限り過去ほどの輝きは失われている様子。それでも、プレミアリーグよりはフィジカル面を生かしたプレーができるポルトガルへの移籍は欧州復帰を目指す上では妥当とも言えそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

中島翔哉、塩谷司所属のアル・アインへのレンタルが決定

UAEのアル・アインは16日、ポルトの日本代表MF中島翔哉(26)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。背番号は22に決定している。 中島は、2019年7月にカタールのアル・ドゥハイルからポルトへ加入。ポルトでの1年目はコンスタントに出場機会を得て、プリメイラ・リーガで16試合、ヨーロッパリーグで4試合に出場していた。 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断期間以降は、チームに復帰することなくシーズンを終え、優勝のメダル授与式などにも参加していなかった。 セルジオ・コンセンソン監督から見放され、今シーズンも当初はチームに合流していなかった中島だが、チームメイトからの要望もあり復帰を許されることに。すると信頼を回復し、ここまでリーグ戦4試合、チャンピオンズリーグ(CL)で4試合プレーしている。 かつては、カタールのアル・ドゥハイルでプレーしたこともある中島。UAEのアル・アインには、日本代表DF塩谷司も所属しており、日本人コンビが中東で実現することとなった。 2021.01.17 06:55 Sun
twitterfacebook
thumb

中島翔哉は再び中東へ、塩谷司所属のアル・アインにレンタルへ

ポルトの日本代表MF中島翔哉(26)は、再び中東でプレーすることになるようだ。ポルトガル『O Jogo』が報じた。 中島は、2019年7月にカタールのアル・ドゥハイルからポルトへ加入。ポルトでの1年目は序盤はコンスタントに出場機会を得て、プリメイラ・リーガで16試合、ヨーロッパリーグで4試合に出場していた。 <div id="cws_ad"<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJlTEE0aTBWViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断期間以降は、チームに復帰することなくシーズンを終え、優勝のメダル授与式などにも参加していなかった。 セルジオ・コンセンソン監督から見放され、今シーズンも当初はチームに合流していなかった中島だが、チームメイトからの要望もあり復帰を許されることに。すると信頼を回復し、ここまでリーグ戦4試合、チャンピオンズリーグ(CL)で4試合プレーしている。 昨年12月から再び出場機会を失った中島。リーグ戦ではベンチ外になるなどしたが、どうやら中東への移籍が浮上していた。 そんな中、代理人を務めるテオ龍希氏が13日に中島の去就についてコメント。UAEのアル・アイン移籍に向けて動いていることを明かした。 「ポルトとともに良い形で解決された。ポルトは中島に多くの投資をし、アル・アインのプロジェクトを信じている。だから、このような決定となった。中島は早く行きたいだろう」 「目標は、中島がアル・アインで6カ月間過ごし、ポルトに戻って、日本代表とオリンピック代表のポジションを争うことだ」 かつては、カタールのアル・ドゥハイルでプレーしたこともある中島。UAEのアル・アインには、日本代表DF塩谷司も所属しており、日本人コンビが中東で実現する可能性がありそうだ。 2021.01.14 09:43 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和退団のMFエヴェルトンがポルティモネンセに加入「日本での2年間の経験は非常に素晴らしかった」

ポルティモネンセは7日、浦和レッズでプレーしたMFエヴェルトン(28)をポルトからレンタル移籍で獲得したことを発表した。 エヴェルトンは、2018年7月にポルトからのレンタル移籍でポルティモネンセに加入。2019年1月には浦和へとレンタル移籍で加入していた。 Jリーグで2シーズンを戦ったエヴェルトンは、J1通算51試合に出場し4得点、リーグカップで2試合に出場し1得点を記録していた。 エヴェルトンは「日本での2年間の経験は非常に素晴らしく、異なるサッカー、トランジションがあり、選手、人として成長した」とコメントしている。 なお、ポルティモネンセには浦和で共にプレーしたDFマウリシオ、FWファブリシオも所属しており、浦和の助っ人トリオが揃うこととなった。 また、同日にリオ・アヴェのFWブルーノ・モレイラ(33)を完全移籍で獲得したことも発表している。 2021.01.08 09:40 Fri
twitterfacebook
thumb

【珍プレー好プレー】ポルト中島のライバル、ルイス・ディアスがシティディフェンスを縦横無尽に切り裂いて決めたソロゴール《2020年10月・好プレー》

無観客試合の開催や各大会の延期や中止など、特別のシーズンとなった2020年のサッカー界。それでも、フットボーラーたちはピッチ内外で思わず唸るようなスーパープレーの他、クスッとさせてくれる小ネタも提供してくれた。 今回は2020年の好プレーを1月から順に紹介!2020年10月の好プレーは、ポルトのコロンビア代表FWルイス・ディアスが見せたスーパーゴールだ。 <div id="cws_ad">◆中島のライバルがシティ相手に決めた圧巻のソロゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJoTXVWYXF3cSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> コロンビアでのプロデビューを経て、2019年夏にポルトに加入したディアス。スピードとテクニックを併せ持ったキレのあるドリブルを武器に活躍を見せている。 同じタイミングでポルトに加入した日本代表MF中島翔哉とはポジションを争うライバルであるディアスだが、2020年10月21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのマンチェスター・シティ戦では、圧巻のソロゴールを決めていた。 0-0で迎えた14分、ハーフウェイラインで相手ボールをカットしたMFマテウス・ウリベが、すかさず前線のディアスにパスを出す。素早く前を向いたディアスはドリブルを開始すると、プレスに来る相手DFの間を高速ドリブルで切り裂き、左サイドからボックス内右までボールを運ぶ。その勢いに乗ったまま、右足で強烈なシュートをゴール左に突き刺すと、見事な先制点となった。 試合は反撃に出たシティに1-3で敗れたものの、印象に残る活躍だった。 2020.12.29 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ポルト中島の同僚FWマレガが決めたアクロバティックなジャンピングボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はポルトのマリ代表FWムサ・マレガが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ポルト中島の同僚が決めたアクロバティックボレー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJQUzJkcFhpaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フランスでのプレーを経て、2015年2月からポルトガルに活躍の場を移したマレガは、2016年1月にポルトに加入。レンタル移籍を経て、現在はポルトのエースの1人として活躍している。 ポルトではここまで公式戦160試合に出場し、66ゴールを記録しているマレガだが、2020年12月13日に行われたタッサ・デ・ポルトガル4回戦のトンデラ戦では、アクロバティックなゴールを決めている。 1-1の同点で迎えた24分、右サイドからのパスをボックス右で受けたマレガがヒールパスでMFオタビオに繋ぐと、オタビオがそのままボックス内右深部に侵入する。 マイナスにえぐるようなパスで中央に折り返すと、このパスは相手に当たり、イレギュラーなバウンドでゴール前のマレガの下へ。するとマレガが、アクロバティックなジャンピングボレーシュートを放つ。叩きつけるようなシュートは、ゴール左に決まり、見事な勝ち越しゴールとなった。 このゴールが決勝点となり、ポルトが2-1で勝利している。 2020.12.19 10:00 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly