フッキが『超人ハルク』の前でポージング!本家に負けないパワフルさ披露

2021.12.22 12:22 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレチコ・ミネイロのブラジル代表FWフッキが、登録名の由来となっているアメリカン・コミック『超人ハルク』の主人公ハルクと共演を果たした。かつて川崎フロンターレ、コンサドーレ札幌(現:北海道コンサドーレ札幌)、そして東京ヴェルディでもプレーし、日本でも馴染み深いフッキ。欧州や中国でのプレーを経て、今年1月にアトレチコ・ミネイロへ加入し母国凱旋を果たした。

フッキは35歳になっても持ち前のパワフルさを生かして、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAを50年ぶりに制したチームの原動力として活躍。19ゴールで得点王を獲得し、ベストイレブンと最優秀選手にも選ばれていた。
シーズンを通じて65試合の出場で34得点とフル稼働したフッキは、オフシーズンを利用し、家族とともにアメリカのテーマパーク「アイランズ・オブ・アドベンチャー」を訪れた模様。自身のインスタグラムでその様子を公開した。

その中でも目を惹くのが、車を持ち上げる超人ハルクのオブジェの目の前でフッキがポーズを取る1枚だ。本家に負けていない迫力のフッキ。こちらも車1台くらい持ち上げてしまいそうな勢いだ。

9月には5年ぶりにブラジル代表復帰も果たした超人の今後の活躍にも期待だ。

1 2

関連ニュース
thumb

90分で体重が5.7㎏も減少!Jリーグでもプレーした元ブラジル代表FWフッキが高温のピッチでフル出場した結果が衝撃

アトレチコ・ミネイロが、元ブラジル代表FWフッキの信じられない動画を投稿した。 かつてはJリーグでもプレーし、日本にも馴染み深いフッキ。各国クラブを渡り歩いたのち、2021年1月に母国凱旋を果たすと、アトレチコ・ミネイロ加入1年目には公式戦67試合で36ゴールをマークし、クラブを50年ぶりのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA優勝の立役者に。加入2年目も公式戦46試合29ゴールと、圧倒的な存在感を示した。 アトレチコ・ミネイロは、クラブの公式ツイッターで1月29日に行われたトンベンセ戦での復帰の様子を公開。キックオフ前には97.6kgだった体重が、試合後に図ると91.9kgまで減少。なんと5.7㎏も落ちていたのだ。 ちなみにフッキは、トンベンセ戦でフル出場すると1ゴール1アシストをマーク。89分に決勝ゴールを決める大活躍だった。 ブラジル『グローボ』によると、11時キックオフだった試合の温度は高く、大雨も降るような状況だったという。体内の水分が大量に抜けた結果、ここまで大きな体重の減少が起きたようだ。 また、フッキの体重が試合前後で変わるのは今回だけではなく、2022年7月にも体重が6キロも落ち、試合後のドーピング検査で尿を出すのに苦労したとフッキは語っていた。 <span class="paragraph-title">【動画】97.6kg→91.9kg フッキの衝撃ビフォーアフター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr"> Hulk antes do jogo: 97,6 kg<br> Hulk depois do jogo: 91,9 kg<br><br> Será que ele correu muito durante o jogo? O homem é uma máquina em campo! <a href="https://t.co/RtMs3DGRMK">pic.twitter.com/RtMs3DGRMK</a></p>&mdash; Atlético (@Atletico) <a href="https://twitter.com/Atletico/status/1620092725545549825?ref_src=twsrc%5Etfw">January 30, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.01 20:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「これはひどい」あのフッキがまさか…がら空きゴール前で想像超えの枠外シュート

アトレチコ・ミネイロの元ブラジル代表FWフッキが信じられないシュートミスを犯した。 かつては川崎フロンターレや北海道コンサドーレ札幌、東京ヴェルディでプレーし、日本にも馴染み深いフッキ。ポルトやゼニト、上海上港(現在は上海海港)を渡り歩いたのち、2021年1月に母国凱旋を果たすと、アトレチコ・ミネイロ加入1年目には公式戦67試合で36ゴールをマークし、クラブを50年ぶりのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA優勝の立役者となった。 加入2年目も公式戦46試合29ゴールと、年齢を全く感じさせぬ圧倒的な存在感を示しているが、それでも意外なゴール逸が発生するようだ。 前半にPKを沈め、この日も得点を積み重ねたフッキは、追い付かれて迎えた後半の頭にも勝ち越しの決定機が訪れた。ボックス右からのグラウンダークロスはGKを抜け、正面へ走り込んだフッキの元へ。だが、無人のゴールへわずか数mというシュートは、ボールを利き足で合わせようとしたかあるいは右足での空振りか、枠の右へと外れてしまった。 とはいえ、指揮官は頭を抱え、ファンも「これはひどい」、「おぉ神よ!」、「PKがあって良かったよ」と苦笑い。サッカー下手という意味のスラング「バグレ(ナマズの仲間)」とのコメントも並んだ。 シュートミスには本人も苦笑いで、「ごめん!」とばかりに手を挙げ、身振りで想像よりもクロスがマイナスに入ってしまったと釈明しているようだ。 アトレチコ・ミネイロはその後再びのPKをフッキが決めて勝ち越し、2-1で勝利。ミスも笑い事で済んだ。 <span class="paragraph-title">【動画】フッキががら空きゴール前でまさかのシュートミス…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Olha o que ele fez! Hulk, meu querido, que gol perdido foi esse... <a href="https://t.co/044XDbWsQL">pic.twitter.com/044XDbWsQL</a></p>&mdash; ge (@geglobo) <a href="https://twitter.com/geglobo/status/1616901172492656646?ref_src=twsrc%5Etfw">January 21, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.22 20:25 Sun
twitterfacebook
thumb

母国で健在ぶり発揮のフッキがトルコ移籍か?

アトレチコ・ミネイロの元ブラジル代表FWフッキ(36)が、トルコのアダナ・デミルスポルに移籍する見込みだ。『NTV』など複数のトルコメディアが報じている。 かつては川崎フロンターレや北海道コンサドーレ札幌、東京ヴェルディでプレーし、日本にも馴染み深いフッキ。ポルトやゼニト、上海上港(現在は上海海港)を渡り歩いたのち、2021年1月にアトレチコ・ミネイロに移籍し母国凱旋を果たした。 その加入1年目には公式戦67試合で36ゴールをマークし、クラブ50年ぶりのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA優勝の原動力として活躍。また、同リーグの得点王やベストイレブン、そして年間最優秀選手賞を受賞し、個人賞を総なめに。 また、加入2年目も公式戦46試合29ゴールと、年齢を全く感じさせぬ圧倒的な存在感を示した。 その怪物アタッカーは昨年に1年の延長オプションを含む、2024年末までの契約をアトレチコ・ミネイロと結んでいるが、ここにきてトルコ行きの可能性が急浮上。 前述のトルコメディアによると、アダナ・デミルスポルはフッキ獲得に向けて個人間、クラブ間の双方で合意に至っており、ムラト・サンカク会長は元ブラジル代表FWの獲得を確信しているという。 なお、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が率いるアダナ・デミルスポルは、昨シーズン限りで元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが退団。昨年11月には元ロシア代表FWアルテム・ジューバが加入からわずか3カ月でクラブを離れており、得点源の獲得が急務となっている。 2023.01.05 05:30 Thu
twitterfacebook
thumb

前セルタ指揮官コウデ氏、ブラジルの名門へ! アトレチコ・ミネイロが就任を発表

アトレチコ・ミネイロは19日、前セルタ指揮官のエドゥアルド・コウデ氏(48)を新指揮官として招聘したと発表した。契約期間は2024年12月までとなる。 アルゼンチン人のコウデ氏は現役時代、サン・ロレンソやリーベル・プレート、ロサリオ・セントラルなどといった母国の名門で長くプレー。2011年の引退後はメキシコのティファナやブラジルのインテルナシオナルなどで指揮を執った。 2020年11月には、現役時代に1シーズンのみ在籍したセルタの指揮官に就任。1年目はラ・リーガ8位、2年目の昨季は11位でフィニッシュと、財政的に小規模なクラブを安定した順位へと導いていたが、今月2日に成績不振で解任されていた。 2022.11.20 17:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタのウルブス行きに暗雲、就労ビザ申請を却下される

ウォルバーハンプトン行きの報道が加熱する元スペイン代表FWジエゴ・コスタ(33)だが、手続きで問題に見舞われてしまったようだ。 今年1月にアトレチコ・ミネイロとの契約を解除して以降、フリーのジエゴ・コスタ。最近の報道ではストライカーの相次ぐ故障で補強が急務となるウォルバーハンプトンのラブコールが噂されている。 当初こそトライアルを受けるとの見通しがなされたが、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は1年契約での合意済みを主張。一気に加入決定の様相を呈している。 しかも、6日にメディカルチェックともいわれるが、イギリス『The Athletic』のデイビッド・オーンスタイン記者によると、労働許可証の申請が点数不足で却下され、暗礁に乗り上げたという。 ただ、ウォルバーハンプトンは動きを止めていないようで、異議申し立てを行っている模様。元チェルシーのジエゴ・コスタにとって、この移籍が決まればプレミアリーグ復帰となるが、いかに。 2022.09.06 19:43 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly