36歳マスチェラーノが現役引退を表明 「キャリアを終えるときが来た」

2020.11.16 09:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エストゥディアンテスの元アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ(36)が現役引退を表明した。クラブが発表している。マスチェラーノはリーベル・プレートでプロデビュー後、コリンチャンスを経て、2006年夏のウェストハム移籍を機に欧州進出。リバプールで元イングランド代表MFのスティーブン・ジェラード氏らとともに中盤の軸を担い、2010年夏からバルセロナに活躍の場を移した。

◆マスチェラーノ、バルサでの栄光の瞬間

そのバルセロナで本職のボランチとしてでなく、センターバックとして地位を築き、4度のラ・リーガ制覇や2度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝に貢献するなどして、2018年1月に河北華夏入り。2019年12月からエストゥディアンテスに加わり、母国復帰を果たした。

また、アルゼンチン代表としても通算147キャップを記録。2006年のドイツから4大会連続でワールドカップ(W杯)メンバーに選ばれ、全7試合にフル出場した2014年のブラジル大会で準優勝に貢献した。

マスチェラーノは15日に行われたスーペルリーガ・アルヘンティーナ第3節のアルヘンティノス・ジュニアーズ戦後、現役引退の意向を明らかにした。

「僕は100%の力で自分のキャリアを生き抜いてきた。アルゼンチンに戻る決断を信じてくれたエストゥディアンテスやチームメイト、そしてこの仕事への信頼を失いたくなかったんだ。僕のキャリアを終えるときが来たのさ。ここ数カ月の出来事をずっと考え続けきたが、最も正しいのは今、キャリアを終えることだった」

「クラブの状況や結果とは関係なく、ここ数年に感じていたのはサッカー選手であるという幻想が薄れ始めているということだ。パンデミックが終われば元に戻るだろうと思っていたが、そう感じられなかった。すべての人に敬意を払って、身を引き、このキャリアを終わらせるときが来た。このタイミングを逃したくなかったんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

世界一にもなれた稀代の創造主、ファン・セバスティアン・ベロン

これまでのサッカー界には、数多くのクリエイティブな選手が存在した。それは、サッカーのスタイルが大きく変化した現代にも存在しているが、当然のことながらそのプレースタイルも変化している。 一方で、自分のスタイルを崩さずに輝きを放ち続けようともがいた選手も多くいる。しかし、その多くが、サッカースタイルの波に敗れたり、リーグの特性、チームコンセプトの犠牲になっていった。 クリエイティブな選手としてパッと想像される中には、現在はレアル・マドリーで指揮を執るジネディーヌ・ジダンがいるだろう。ボールを持った時の立ち姿やドリブルで相手をかわす姿勢など、そのプレー自体がエレガントさに溢れており、現役ラストマッチとなった2006年ドイツ・ワールドカップ決勝での頭突きは世界が衝撃に包まれた。 そのジダンと肩を並べるクリエイティビティを持ち、自身のスタイルを貫き通したがために、意外なキャリアを歩むこととなったのが、元アルゼンチン代表MFファン・セバスティアン・ベロンだ。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">◆流浪の創造主 </div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/veron3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ベロンがキャリアをスタートさせたのは、母国のエストゥディアンテス。クラブの歴史において偉大な人物であり、“ブルッハ(魔法使い)”の愛称で親しまれたファン・ラモン・ベロン氏を父に持つベロンは、同じ道を歩んだ。 プロキャリアスタートから1年半で名門のボカ・ジュニアーズに移籍。すると半年で海を渡り、21歳でサンプドリアへと加入した。 当時からベロンのプレースタイルは異次元と言って良いもの。誰もが想像つかないような創造性を備え、独自のルールでプレーをしていた様にさえ見えるほど。ただ、その創造性がズバ抜けていたことで、チームの中心選手でもあった。 1998年に加入したパルマでは、同胞のFWエルナン・クレスポとのコンビがフィーバー。2人のコンビネーションの破壊力は抜群で、“ミラクル・パルマ”と呼ばれるチームの中心を担った。 プロビンチャ(地方クラブ)に過ぎなかったパルマだが、このシーズンは若きジャンルイジ・ブッフォンを守護神に、ファビオ・カンナバーロ、リリアン・テュラム、ネストル・センシーニの3バックが構えた。ベロンはトップ下で攻撃をコントロール。チームはUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)とコッパ・イタリアを制した。 強力なクレスポとのコンビは、1999年にそのままラツィオへと移籍。すると、ラツィオではスクデットとコッパ・イタリア優勝を成し遂げ、その創造性でチームを牽引した。 イタリアでの3クラブでは遺憾なく創造性を見せつけていたベロンは、2001年7月にマンチェスター・ユナイテッドへと加入。この移籍が1つの転機となった。 <div id="cws_ad">◆稀代の創造主 ベロンの魔法のようなプレーの数々<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2djQyV3dxayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div><div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://ryan.onelink.me/C7cD/1fb76a70&c=sega_20201102_1">バティストゥータ、サネッティ、ベロンが<br />「サカつくRTW」に登場!</a><hr></div><div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">◆守れなかった自分のスタイル </div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/veron2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 当時のイングランド史上最高の移籍金2810万ポンド(当時のレートで約50億円)でユナイテッドへと加入したベロンは、異色の存在だったと言える。当時のメンバーでは、92年組と呼ばれるデイビッド・ベッカムやポール・スコールズ、ライアン・ギグスの他、ロイ・キーンやオーレ・グンナー・スールシャール、ルート・ファン・ニステルローイなどがいた。 超名門であってもベロンはその持ち前の感覚で、チームに違いをもたらす。2002-03シーズンにはプレミアリーグを制覇と結果も残した。 しかし、ベロンが異彩を放てた試合はセリエA時代と比べると大きく制限がされていた。その理由の1つは、ポジションの変更だ。 当時トップ下を置いていたセリエAとは違い、イングランドでは伝統的にフラットな[4-4-2]が採用。そのため、ベロンのポジションは1列下がったところに置かれた。 加えてプレミアリーグの激しいスタイルもベロンを困らせる。創造的なプレーに集中できなくなったベロンは、ユナイテッドでは自ら汗をかき、守備のタスクもこなす必要があったのだ。 チャンピオンズリーグというヨーロッパの舞台や、守備を重点的にプレーするフィル・ネビルとのコンビではその力を存分に発揮したベロンだが、リーグ戦では結果が出せず。ロマン・アブラモビッチ氏がオーナーとなったチェルシーに2003年8月へ移籍。しかし、チェルシーでも結果を残せず、インテルへと移籍し、イタリアで再びプレーした。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">◆旅の終わりは故郷へ、そして会長に </div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/veron4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> インテルでプレーした後、2006年7月にプロキャリアをスタートさせたエストゥディアンテスへと復帰。すでに終わった選手としてのレッテルを剥がし、完全復活を果たした。 2009年には父と同じように愛するクラブをコパ・リベルタドーレス優勝に導き、自身も2008、2009年と2年連続で南米最優秀選手に選出。ベロンには欧州からのオファーもあったが、エストゥディアンテスへの愛情を示して残留すると、2014年にスパイクを脱ぐ。その後2017年に一度現役復帰するも、引退後はクラブの会長職を務めている。 キャリアを通してセリエAやプレミアリーグのタイトルも勝ち取ってきたベロンだが、キャリアで最も印象的な瞬間について、2009年のコパ・リベルタドーレス優勝だと語っており、いかにその瞬間がベロンにとって大きなものだったかが分かる。世界一にもなれた創造主は、母国で新たな才能を生み出すことに力を割いている。 <div style="text-align:left;" id="cws_ad"><hr>魔法のようなプレーとテクニックで往年のセリエAファンを魅了したベロンが、大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!<br /><br />ベロンとともにアルゼンチン代表として1998年のフランスW杯で日本代表と戦った、FWガブリエル・バティストゥータとDFハビエル・サネッティも同時に登場している。『サカつくRTW』で“小さな魔法使い”の姿を観たい方は是非一度チェックしよう。</div><hr> 2020.11.04 18:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ロホがユナイテッド復帰か…レンタル先の指揮官「去ることになりそう」

エストゥディアンテスでプレーする元アルゼンチン代表DFマルコス・ロホ(30)に対して、マンチェスター・ユナイテッド帰還の可能性が高まっているようだ。イギリス『teamtalk』が報じた。 ロホはエストゥディアンテスでプロデビュー後、スパルタク・モスクワやスポルティング・リスボンを経て、2014年にユナイテッド入り。契約が2021年まで残っているが、オーレ・グンナー・スールシャール監督の下で序列が下がり、今年1月にシーズンローンでエストゥディアンテスに復帰した。 しかし、古巣復帰後はケガや新型コロナウイルスの影響もあり、わずか公式戦1試合の出場のみ。4月に地元のラジオ番組『Estudiantes Y Su Gente』でエストゥディアンテスにとどまりたい思いを打ち明けたロホだが、指揮官の見立てによると、それが叶いそうにない状況のようだ。 エストゥディアンテスのレアンドロ・デサバト監督は『Radio Late 931』でロホの残留意思を認めつつ、「我々は待つしかない。だが、ロホは去ることになりそうだ。ローン契約の期限が迫っており、マンチェスターが延長を望まないのであれば、それも理解できる」と話したという。 なお、イギリスメディアの既報によれば、ユナイテッドはロホの売却を検討しており、移籍金額を1200万ポンド(約16億2000万円)に設定しているとみられる。 2020.06.02 18:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ロホが母国で愚行…外出禁止令を破る

マンチェスター・ユナイテッドからエストゥディアンテスにレンタル移籍している元アルゼンチン代表DFマルコス・ロホ(30)がロックダウン中に規則を破ってしまったようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 アルゼンチンは新型コロナウイルスの感染拡大により、5月10日までロックダウン(都市封鎖)。他人宅への訪問が禁じられているなか、ロホは友人宅でポーカーをしたり、喫煙している姿がSNSで晒されてしまった。 その投稿主は兄のフランコ氏で、すでに削除されたというが、拡散されており、時すでに遅し。保有権を持つユナイテッドはこの行動を問題視して、ロホと話し合いを行うようだ。 なお、イングランドではエバートンのイタリア代表FWモイゼ・ケアンやアストン・ビラのイングランド人MFジャック・グリーリッシュ、マンチェスター・シティのイングランド代表DFカイル・ウォーカーなどが外出制限の規律違反をしている。 2020.05.04 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ロホ、エストゥディアンテスとのレンタル延長を望む! 主将マスチェラーノも残留に期待

エストゥディアンテスでプレーする元アルゼンチン代表DFマルコス・ロホ(30)がレンタル期間の延長を希望しているようだ。イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 ロホはエストゥディアンテスでプロデビュー後、スパルタク・モスクワやスポルティング・リスボンを経て、2014年夏にユナイテッド入り。公式戦122試合2得点4アシストを記録した後、2021年まで契約を残すなか、今年1月にシーズンローンでエストゥディアンテス復帰を果たした。 しかし、古巣復帰後はケガや、新型コロナウイルスの影響でわずか1試合の出場のみ。そうした不本意な状況もあり、ロホの心にレンタル期間を延長したい思いが芽生えているという。地元のラジオ番組『Estudiantes Y Su Gente』で次のような意向を口にしている。 「僕に委ねられているのであれば、マンチェスター・ユナイテッドの首脳陣に対して、さらに6カ月間残留できる可能性を話し合う」 「少ない出場試合数で去らなくちゃいけないとなると、ものすごい痛みを感じるだろうね。今は完全に回復して、復帰できる状態だ」 なお、エストゥディアンテスの主将を務める元アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノは14日、ロホの上記コメントに反応。ツイッター(@Mascherano)を通じて、「僕は信じている。君が契約を延長してくれることをね」と記している。 2020.04.16 16:25 Thu
twitterfacebook
thumb

G・ミリートがエストゥディアンテス監督退任! カップ戦で4部に敗れる失態…

エストゥディアンテスは4日、ガブリエル・ミリート監督(39)の退任を発表した。 母国のインデペンディエンテやレアル・サラゴサ、バルセロナで活躍した元アルゼンチン代表DFのミリート監督は、2012年に現役を引退。 その後、インデペンディエンテ、エストゥディアンテス、チリのオヒギンスの指揮官を歴任し、昨年3月にエストゥディアンテスの監督に復帰。昨シーズンは26チーム中で17位のフィニッシュとなっていた。 今シーズンは第22節終了時点で24チーム中の13位と中位に位置。今冬の移籍市場ではバルセロナとアルゼンチン代表の元チームメートであるMFハビエル・マスチェラーノ、マンチェスター・ユナイテッドからレンタル加入のDFマルコス・ロホの加入で後半戦の巻き返しが期待されていた。 だが、4日開催のコパ・アルヘンティーナで4部のデポルティボ・ラフェレレ相手に屈辱的な敗退を喫したことを受け、このタイミングでの更迭となった。 2020.03.05 21:36 Thu
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly