元スペイン代表MFベニャが豪リーグのマッカーサーFCに加入!

2020.11.15 13:36 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オーストラリアのAリーグに所属するマッカーサーFCは13日、元スペイン代表MFベニャ・エチェバリア(33)の加入を発表した。アスレティック・ビルバオのカンテラ出身のベニャは、ベティスでの活躍を経て2013年に古巣アスレティックに復帰。以降は7シーズンに渡って在籍し、卓越したキック精度とパスセンスを武器に主力として活躍してきた。

しかし、昨シーズン終了をもってクラブとの契約が満了し、現在はフリーの状況が続いていた。

なお、アスレティック通算242試合出場を誇り、スペイン代表通算4キャップを刻む実力者は新型コロナウイルスの検疫によって14日間の隔離措置を取った後、正式にマッカーサーFCの一員となる。
コメント
関連ニュース
thumb

ビルバオ、スペイン代表DFウナイ・ヌニェスと2025年まで契約延長

アスレティック・ビルバオは17日、スペイン代表DFウナイ・ヌニェス(23)と2025年6月まで契約を延長したことを発表した。 ビルバオの下部組織出身であるセンターバックのウナイ・ヌニェスは、2017年8月にトップチームデビュー。そのデビューシーズンに主力として活躍し、2019年9月にスペイン代表デビューを果たした。 ただ、過去2シーズンはDFイニゴ・マルティネス、DFジェライ・アルバレスの前に控えに回り、今季もラ・リーガ3試合の先発に留まっている。 2020.11.17 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ビルバオのレジェンド、ベニャとスサエタがオーストラリア移籍か

アスレティック・ビルバオのレジェンド2人がオーストラリア移籍に迫っているようだ。 スペイン『アス』が報じている2人とは、ともにスペイン代表でもプレー経験のあるMFベニャ・エチェバリアと、MFマルケル・スサエタだ。前者は昨季限りでビルバオを退団、後者は2019年夏に退団し、ガンバ大阪へ移籍。今年1月にメルボルン・シティに加入するも、7月に家族間の問題で退団している。 現在はフリーの身である両者だが、エチャバリアは公式戦通算242試合、スサエタに至っては500試合以上に出場し、ともにビルバオの下部組織出身というレジェンド・オブ・レジェンド。年齢的にキャリア晩年に差し掛かり、惜しまれながらも退団を決意したが、まだまだ33歳と32歳で現役続行に全くもって支障はないはずだ。 そんな2人に関心を持っているとされているのが、オーストラリアのシドニーに本拠地を置くマッカーサーFCだ。2018年にマッカーサーとサウスウェスト・シドニーが統合して誕生したクラブで、今季から国内トップのAリーグに昇格。監督はオーストラリア女子代表も務めたことのある46歳のアンテ・ミリチッチ氏だ。 一方で、『アス』はその他の可能性もあると指摘しており、両選手の元チームメイトであるDFクリスティアン・ガネアが今夏に加入したギリシャのアリス・テッサロニキをはじめ、キプロスやトルコへの移籍も示唆している。 ビルバオを代表する2人のレジェンドの去就はいかに。 2020.11.04 17:38 Wed
twitterfacebook
thumb

セビージャが痛恨のリーグ3連敗…後半終盤の連続失点でアスレティックに逆転負け…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第8節、アスレティック・ビルバオvsセビージャが10月31日にサン・マメスで行われ、ホームのアスレティックが2-1で逆転勝利した。 直近のチャンピオンズリーグ(CL)でスタッド・レンヌ相手に初白星を手にしたセビージャが、難敵アスレティックを相手に連敗ストップを狙った一戦。 試合はアウェイのセビージャが幸先良く先制に成功する。9分、左サイドに大きく開いたジョルダンの斜めのパスに反応したオカンポスが左サイド深くでグラウンダーの折り返しを供給。これをボックス中央のエン=ネシリが右足ダイレクトで合わすと、DFジェライに当たって大きくコースが変わったボールがニアサイドに決まった。 その後は一進一退の攻防となった中、互いに流れの中で攻め切れず、中盤での潰し合いが続く。41分にはアスレティックのラウール・ガルシア、43分にはエン=ネシリがいずれも得意のヘディングシュートでゴールに迫ったものの、前半はこのまま終了を迎えた。 ここ最近、複数得点が課題となっている中、セビージャは後半立ち上がりの50分にヘスス・ナバスの鋭いクロスに反応したエン=ネシリが決定的なヘディングシュートを放つが、ここは相手DFのゴールカバーに遭う。 その後は持ち味の堅守でリードを維持してきたセビージャだったが76分に追いつかれる。アスレティックの左CKの場面でニアのベスガが頭でファーに流したボールをフリーのムニアインが冷静に押し込んだ。 これで再びゴールを奪いに行かなければならなくなったセビージャだが、逆に試合を引っくり返される。86分、左サイドのイニャキ・ウィリアムズが右足に持ち替えて入れたクロスに対してDFジエゴ・カルロスが被ってしまうと、後方に飛び込んだ途中出場のサンセにファーストタッチをゴールへ流し込まれた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、敵地で痛恨の逆転負けとなったセビージャは厳しいリーグ戦3連敗となった。 2020.11.01 05:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ビルバオがトリノのスペイン人MFベレンゲルを獲得

アスレティック・ビルバオは2日、トリノのスペイン人MFアレハンドロ・ベレンゲル(25)の獲得が合意に達したことを発表した。メディカルチェックをパスした後、ベレンゲルはビルバオと2024年6月までの4年契約を結ぶとのことだ。 パンプローナ出身のアタッカーであるベレンゲルは、オサスナの下部組織出身で2014年9月にトップチームデビュー。オサスナで活躍後、2017年夏にトリノへ完全移籍していた。トリノでは在籍3年間で公式戦97試合に出場し10ゴール12アシストを記録していた。 2020.10.02 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

武藤が終盤出場でデビュー! 乾先発のエイバルはビルバオとのダービー惜敗で未勝利続く《ラ・リーガ》

エイバルは27日、ラ・リーガ第3節でアスレティック・ビルバオをホームに迎え、1-2で敗れた。エイバルのMF乾貴士は84分までプレーし、FW武藤嘉紀は90分から出場し、ラ・リーガデビューを飾っている。 前節ビジャレアルに逆転負けを喫し1分け1敗スタートとなったエイバルは、乾が[4-3-3]の左ウイングで3試合連続スタメンとなり、武藤は前節に続きベンチスタートとなった。 同じバスク州に本拠地を置くビルバオに対し、エイバルがやや押し気味に試合を進めた中、15分にチャンス。乾が左サイドから上げたクロスにキケ・ガルシアがボレーで合わせたシュートがわずかに枠の上に外れた。 直後、イニャキ・ウィリアムズに際どいシュートを打たれたエイバルだったが、その後はこう着状態に。36分には元エイバルのDFカパに決定的なシュートを許すも、ここは守護神のドミトロビッチがセーブした。 しかし41分、左サイドからのイニャキ・ウィリアムズのクロスを受けたペナルティアーク右のウナイ・ロペスにゴール左へシュートを蹴り込まれ、エイバルは先制を許してしまう。 1点ビハインドで迎えた後半、エイバルがペドロ・レオンとキケを投入した中、開始3分に追いつく。右CKからニアサイドのキケ・ガルシアがヘッドで叩き込んだ。 その後は拮抗した攻防が続いていた中、68分に逆転されかける。途中出場のビジャリブレの左サイドからのクロスをイニャキ・ウィリアムズにダイレクトで蹴り込まれた。しかし、ビジャリブレのポジションがオフサイドだったとしてVARの末にノーゴールに覆った。 終盤にかけても膠着状態が続いていたが、エイバルは87分に勝ち越される。ボックス右に侵入したカパのマイナスのクロスをウナイ・ロペスにダイレクトで合わせられた。 ウナイ・ロペスのドブレーテで再び追う展開となったエイバルは90分にラ・リーガデビューとなる武藤を投入する。しかし、7分の追加タイムで追いつくことはできずに惜敗。開幕から3試合で1分け2敗の未勝利となっている。 2020.09.27 23:16 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly