長谷部誠を思わせる遠藤航が見せつけた分析力と対応力、日本代表の欠かせない軸に/日本代表コラム

2020.11.14 15:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2カ月連続でのヨーロッパ組のみでの欧州遠征。11月シリーズの初戦となったパナマ代表戦は、1-0で勝利を収めた。約1年ぶりの活動となった10月ではアフリカ勢のカメルーン代表、コートジボワール代表を相手に2試合とも無失点。結果は1勝1分けで終えていたが、パナマ戦に勝利し2連勝となった。


◆南野のPKで勝利!日本代表vsパナマ代表 ハイライト

2年前に対戦した時とは監督もメンバーも変わっているパナマ代表。日本はキックオフから良い入りを見せたが、徐々にパナマが日本のプレスに慣れると、日本は押し込まれていないながらも窮屈な戦いを強いられた。その中で目立ったのが、後半から入ったMF遠藤航(シュツットガルト)だった。

◆スタンドから分析していた前半

この試合はMF柴崎岳(レガネス)とMF橋本拳人(FCロストフ)の2人がボランチで先発出場。橋本は夏にFC東京からロシアへと移籍すると、1つ前のポジションで起用され得点力が開花。ここまで5ゴールを記録するなど、好調を維持していた。

10月の活動は渡航制限の影響から招集外となったが、この試合では先発。持ち味であるボール奪取は時折見せたものの、バイタルエリアで相手を自由にさせてしまうシーンが散見された。

その理由について、スタンドから見ていた遠藤が試合後に「拳人も間で受けていましたけど、1ボランチ気味だったので捕まりやすかったかなと思う」とコメント。ボランチ2人の関係性が難しさを生んでいたと分析した。

この試合では通常の[4-2-3-1]ではなく、3バックを採用した[3-4-2-1]で臨んだ日本。守備ではウイングバックが下がって5バック気味となり、ボランチの2人がその前に並ぶ形となった。

しかし、攻撃時は、3バックの前に橋本、柴崎もう1列前にポジションを取り、[3-3-1-2-1]のような形に。しかし、シャドーに入ったMF久保建英(ビジャレアル)とMF三好康児(アントワープ)が高い位置を取れなかったため、柴崎の位置が苦しい形に。そして、橋本の脇をパナマに使われるシーンが増えていった。

遠藤は「前半上から見ていて前につければチャンスになるなと。拓実やシャドーは空いてるなと思った」としたが、柴崎は距離が近すぎて使いずらい状況に。そのため「2ボランチは横並びの方がボールを動かしやすいなというイメージだった」と縦関係ではなく、横に並ぶべきだと感じていたことを明かした。

◆ピッチ内でスカウティング能力を発揮

そう語った遠藤は、ハーフタイムで橋本に代わって登場。すると、すぐさま日本のプレーが激変する。

まず第一に、ブンデスリーガでトップのデュエル勝利数を誇る遠藤の持ち味が発揮。パナマの選手からのボール奪取を行うだけでなく、苦しくなりそうな場面には常に遠藤が顔を出してピンチを未然に防いでいた。

さらにテンポの良さも1つ大きく変化した要因だ。後方からのビルドアップを行う日本だが、最終ラインがボールを持つとペースダウン。ボランチに一度つけても、じっくりと前線やサイドの状況を見て展開していくことが多い。

もちろんその戦い方が悪いわけではなく、遅攻という点では柴崎の展開力や試合を読む力も大いに発揮されるのだが、遠藤が試みたのはテンポをアップさせることだった。

遠藤はパスを供給する時の判断材料として「味方のポジションも見ているんですが、相手がどうプレスをかけるかを特に注意しています」と、相手の守り方に合わせた判断をすると語った。「例えば、3バックのナオ(植田直通)がボールを持った時に、ボールサイドのボランチは掴まれているけど、逆の僕はフリーだたり。相手のポジションを見てプレーすることを意識している」とコメントした。

聞こえがいいということではなく、常にピッチ上で臨機応変に対応することを考えている遠藤。ポイントは、「相手の位置、味方の位置、自分の位置を把握することが大事だと思います」と、全ての立ち位置が決め手となると明かした。

このプレーはブンデスリーガで揉まれていることも大きく関係する。フィジカル的に優れた相手と常日頃対峙する上では、デュエルの強さ=フィジカルの強さだけでなく、判断力に優れていなければ、デュエルで勝つことはできない。遠藤は日々積み上げたものを、最大限ピッチで表現したということだ。

決勝ゴールとなった南野のPKに繋がるプレーでは、遠藤の起点から久保のスルーパスに繋がっていた。久保はこのシーンについて「相手もしっかりプレスに来ていましたが、判断の緩みがあって、遠藤選手から自分が受けたい位置に良いパスが来た」と語っており、遠藤のパスがきっかけだったとコメント。一方の遠藤は、「僕がタケにつけたところは特に難しいことはしていないです」と、普通のプレーだと強調。これも、ブンデスリーガで掴んだ自身が影響していると言えるだろう。

久保は遠藤のプレーについて「球際の強さと、起点のシーンでは早いパスを出してくれたので、一緒にやっていて余裕があると感じた」とコメント。「クラブで結果を出して自信を持ってきていると思うので、自分もそういう自信を吸収したいと思います」と、チームメイトでも自信を感じ取ったようだ。

◆ボランチの外せない軸に成長

森保一監督はこの試合の後半から遠藤を使うことは決めていたと試合後にコメント。その効果については「ディフェンスラインから、サイドからボールを受けて起点となり、流れが変わった」と評価。さらに「バランスの部分でもセカンドボールを拾えたり、球際の部分でも全体の良さが出せるようになったと思う」とし、個人の良さだけじゃなく、チーム全体へプラスの効果をもたらせたことを評価した。

日本代表のボランチといえば、長年キャプテンとしてプレーしたMF長谷部誠(フランクフルト)、そして代表最多キャップを誇るMF遠藤保仁(ジュビロ磐田)が挙げられるだろう。

バランスの取れた2人もメンバーから外れた中、ゲームメーカーとして柴崎がチームを支えてきた。ゲームを読む力で攻守にわたって高い能力を発揮している柴崎だが、ここに来て遠藤がそれを凌駕するパフォーマンスを見せている。

遠藤は「ブンデスでやっていたことが出せたということ」と、日頃のプレーをしただけだとコメントしたが、そこのレベルをしっかりと表現できることは、大きく成長していることの証だろう。

それは、同じブンデスリーガで外国人選手として最多出場、さらに今季のブンデスリーガでは最も長くプレーする選手としてドイツで成長を続けてきた長谷部を思い起こさせる。チームのバランスを取り、攻撃と守備を司る遠藤の力は、日本代表の飛躍には欠かせなくなりそうだ。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
関連ニュース
thumb

U-24日本代表が今月にU-24アルゼンチン代表と2連戦! 東京五輪出場国と力試し

日本サッカー協会(JFA)は1日、今月のU-24日本代表活動として、U-24アルゼンチン代表との2試合実施を発表した。 1試合目は26日に東京スタジアムで開催され、2試合目は29日に北九州スタジアムで予定。U-24日本代表にとって、昨年1月以来となる実に1年2カ月ぶりの対外試合となる。 U-24アルゼンチン代表は南米予選を1位で通過して、今夏開催予定の東京オリンピック出場権を獲得。U-24日本代表にとっても本番を想定した力試しの一戦になりそうだ。 なお、いずれの試合もる国際親善試合として催され、ナイトゲームで調整。U-24日本代表とU-24アルゼンチン代表の対戦は2017年12月のチーム立ち上げ以降初だという。 2021.03.01 17:35 Mon
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.64】2019年J王者のポステコグルー監督が才能を高く評価。18歳のドリブラーは高みを目指す/樺山諒乃介(横浜F・マリノス/FW)

「彼はまだ若い。キャンプでチャンスをつかみ、開幕戦でデビューした。彼にとっては悔しいデビュー戦になったし、ホントに残念な結果だったが、まだまだ伸びしろがある。これからしっかりと成長を見ていきたいし、楽しみにしています」 2020年Jリーグ・天皇杯の2冠・川崎フロンターレに2019年J1王者の横浜F・マリノスが挑んだ26日の2021年J開幕戦。序盤から川崎Fが圧倒的にボールを支配し、家長昭博が立て続けに2ゴールを奪う中、アンジェ・ポステコグルー監督が高評価したトリコロールの18歳・樺山諒乃介が爪痕を残した。 横浜FMでは2007年の長谷川アーリア・ジャスール(FC町田ゼルビア)以来という高卒開幕スタメンを勝ち取った背番号35は、相手最終ラインのジェジエウやアンカーのジョアン・シミッチに積極果敢にプレスをかけにいき、アグレッシブさを前面に押し出した。 そして前半39分にはジェジエウら2枚相手に得意のドリブルでしかけ、緩急をつけながらかわしてみせた。ゴール前に送ったラストパスには誰も反応せず、得点には至らなかったが、プロデビュー戦で思い切ってよさを出しに行ける強心臓ぶりが大いに光った。 2点のビハインドを巻き返すべく、ポステコグルー監督は後半から水沼宏太や前田大然ら実績ある面々を投入したため、樺山は45分で交代を余儀なくされた。が、王者相手に真っ向勝負に打って出た経験は大きな財産になったはずだ。 「スタメンと知らされた時は正直、嬉しかったです。キャンプからアピールしてきて、メンバーに入れたらいいなと考えていたけど、まさかスタメンとは思いませんでした。ただ、どれだけ自信を持って挑んでも、やっぱり王者はすごかった。楽しかったけど、全然自分のよさを出せなかったですね。どんな相手でも自分のよさを出せるようにしないといけないという課題が残りました」と本人も最高峰チームとの実力差を素直に認めていた。 大阪のRIP ACE(リップエース)FCに在籍した中学時代から注目を集め、興国高校時代には2018年U-16代表としてインターナショナルドリームカップに参戦するなど、大器の予感を漂わせてきた樺山。高校3年になる前の2020年2月には横浜FM入りが内定し、練習にも参加していた。他の10代選手よりは一歩早くプロの水に馴染んだはずだったが、川崎Fの連動したハイプレスとダイレクトパスを素早くつなぐ攻撃は想像を絶するものだったのだろう。 しかしながら、そこに食らいつかなければ明るい未来は開けてこない。横浜から日の丸を背負った川口能活(U-24日本代表GKコーチ)や中村俊輔(横浜FC)、齊藤学(名古屋)といった偉大な先人たちも、最初から順風満帆だったわけではないのだ。 中村俊輔の例を振り返ると、桐光学園からプロ入りした頃は線が細く、90分戦えるフィジカルを備えていなかった。そこで当時のアスカルゴルタ監督が後半25〜30分に投入し、徐々に強度に慣れるように仕向け、プレー時間を伸ばしていった。その結果、1年後には、岡田武史監督(現FC今治代表)率いる日本代表候補に呼ばれるまでになった。 かつてオーストラリア代表を指揮し、横浜FMをJ1王者へと導いたポステコグルー監督から才能を買われた樺山も少なからずチャンスを与えられるはず。そこでJ1の強度に適応し、攻守両面で獅子奮迅の働きを見せ、ドリブル突破という自身の武器を発揮できるようになれば、定位置確保も見えてくる。エウベルやマルコス・ジュニオールら外国人助っ人のコンディションが整っていない今はまさに千載一遇の好機。ここで畳みかけていくべきだ。 「自分のよさというのは、ドリブルで局面を打開することと、スルーパスやドリブルでチャンスメイクしてゴールをお膳立てすること。そうやって今回もチームの得点に関われるようにしたかったですね。前向きに仕掛けられる時にはもっと積極的にドリブルに行って、1回のチャンスでもゴールにつなげられるようにしたいと強く思いました」 本人は自身のやるべきことを明確に見据えている様子。それをいち早く早く具現化できるかどうかが肝心だ。幸いにして、今季の横浜FMにはYBCルヴァンカップもあり、若手の出場機会は増える。しかも3〜6月は超過密日程。どうしてもローテーションが必要になる。となれば、無尽蔵に走れる若さは大きな武器になる。そこを前面に押し出すことが、今の樺山に求められている。 2002年生まれの彼は2002年ワールドカップが横浜FMの本拠地・日産スタジアムで開催されたことを実際に見ていない世代。それでも、リバウド、ロナウド、ロナウジーニョの3Rが世界王者に君臨したことは知っているだろう。彼らが躍動し、世界を震撼させたピッチで10代のスター候補生が見る者を驚かすような仕事を見せてくれれば、日本サッカー界も活性化されるだろう。 昨今は久保建英(ヘタフェ)を筆頭に海外移籍した10代選手がやや停滞気味であるだけに、Jリーグの若手に気を吐いてもらう必要がある。2月27日の開幕戦でも阿部勇樹(浦和)や大久保嘉人(C大阪)らおっさん軍団の活躍が目立ったが、彼らから主役の座を奪い取る10代の台頭が大いに待たれるところ。 名門クラブで中村俊輔ら先人たちも達成できなかった開幕スタメンを勝ち取った樺山はその筆頭ではないか。貪欲に泥臭く前へ突き進み、新風をもたらしてほしいものである。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.02.28 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

え? 3月しっかり大事な1試合はやらない感じなんですか!? の巻/倉井史也のJリーグ

先週はモンゴル戦、やっちゃうぞっていうリリースがあったんですけど、今週はミャンマー戦やりませんって、どうなってんだ3月は!! って感じになってきました!! そりゃ確かにミャンマーは今、サッカーどころじゃないかもしれませんからね。まずは命を大事にしてねって感じだし。 と、そういう同情はありつつ、今後の予定ってどうなりそうなのかを今週は検証してみたりします。まず去年、日本サッカー協会が発表した今年の日本代表の予定は、 ・03月25日(木)ミャンマー戦(日産スタジアム)※延期決定 [同日 タジキスタンvsモンゴル] ・03月30日(火)モンゴル戦(アウェイ扱い・フクアリ) [同日 ミャンマーvsキルギス:延期] ・06月03日(木)キリンチャレンジ(札幌ドーム) ・06月07日(月)タジキスタン戦(吹田) ・06月11日(金)キリンチャレンジ(ノエスタ) ・06月15日(火)キルギス戦(吹田) さらにFIFAが指定する試合日は ・08月30日(月)〜09月07日(火) ・10月04日(月)〜10月12日(火) ・11月08日(月)〜11月16日(火) ってことはですね、6月のキリンチャレンジカップを1試合止めてそこでやるかってのが現実的なんですよね。ただ本当を言うと、さっさと予選突破を決めちゃえば、残りの試合は東京五輪の準備のために使えるのにっていうのもあるでしょ? 現時点では 順:チーム/点/試/勝/分/敗/得/失/差 1:日本/12/4/4/0/0/13/0/+13 2:キルギス/7/5/2/1/2/10/5/+5 3:タジキスタン/7/5/2/1/2/6/8/-2 4:ミャンマー/6/5/2/0/3/5/13/-8 5:モンゴル/3/5/1/0/4/2/10/-8 だから、あと2勝すればこのグループは突破できるんだし。 だから日本とミャンマーの2カ国間で調整して4月、5月あたりに試合をやるか、ってことも考えていいと思うんです。だって07月22日(木)〜08月07日(土)は東京五輪がある予定だし(汗)、その前の07月12日(月)と07月17日(土)はU-24日本代表の準備試合が入ってるし。 じゃあ、4月、5月って試合スケジュールどうなの? っていうと、○が空いてる日、そして×はACLの関係で難しいだろうって日。 【4月】 月・火・水・木・金・土・日 ■・■・■・○・2・3・4 ○・6・7・○・○・10・11 ○・×・14・×・16・17・○ ○・×・21・22・×・24・25 ×・27・×・×・× 【5月】 月・火・水・木・金・土・日 ■・■・■・■・■・1・2 ×・×・×・×・×・8・9 ○・○・12・○・○・15・16 ○・○・○・○・○・22・23 ○・○・26・27・○・29・30 31 いや、もうすでにパンパンなんですけど。でも何とかここにぶっ込めないか? 海外組は帰ってこられないかもしれないけど!! ね? どうですかね? ってこのコラムにしては珍しく前向きな提案型……か、訳もわかってなくて言い放ってるだけなんですけどね。 <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2021.02.20 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表、3月のW杯予選のミャンマー代表戦が延期に

日本サッカー協会(JFA)は19日、3月25日に日産スタジアムで開催予定だったカタール・ワールドカップ アジア2次予選兼AFC アジアカップ中国2023予選のミャンマー代表戦が延期となったことを発表した。 JFAによると、ミャンマーサッカー連盟より、アジアサッカー連盟(AFC)に対して3月のインターナショナルマッチカレンダーで予定している試合の開催延期を求めるレターが提出。AFCがこれを承認したとのことだ。 ミャンマーは、2月に予定されていたオマーン代表とのフレンドリーマッチが中止となっており、3月には日本戦のほか、バーレーン代表とのフレンドリーマッチも予定されていた。 現時点で新たな日程は未定とのこと。決定次第発表されるという。 日本代表は、3月にミャンマーとモンゴル代表とワールドカップ予選を戦う予定。モンゴル代表戦はアウェイでの試合の予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響を受け、日本国内で開催。3月30日にフクダ電子アリーナで行われる。 2021.02.19 17:52 Fri
twitterfacebook
thumb

日本は変わらずの27位で引き続きアジア最上位! 最新FIFAランク発表

国際サッカー連盟(FIFA)は18日、最新のFIFAランキングを発表した。 今年最初のFIFAランキング発表だったが、順位に大きな変動なし。日本代表は現状維持の全体27位で、昨年11月から続くアジア最上位の座を守っている。 また、ベルギー代表が依然、首位をキープ。フランス代表、ブラジル代表、イングランド代表、ポルトガル代表がベルギーを追う構図も変わらなかった。 一方で、モロッコ代表が2ランクアップの33位に。コスタリカ代表が前月から1つ上げ、50位に浮上している。 ◆2月のFIFAランキングTOP10(カッコ内は前回の順位) 1.ベルギー(1) 2.フランス(2) 3.ブラジル(3) 4.イングランド(4) 5.ポルトガル(5) 6.スペイン(6) 7.アルゼンチン(7) 8.ウルグアイ(8) 9.メキシコ(9) 10.イタリア(10) ◆アジア内TOP10(カッコ内は総合順位) 1.日本(27) 2.イラン(29) 3.韓国(38) 4.オーストラリア(41) 5.カタール(58) 6.サウジアラビア(67) 7.イラク(69) 8.UAE(74) 9.中国(75) 10.シリア(76) 2021.02.19 10:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly