長谷部誠を思わせる遠藤航が見せつけた分析力と対応力、日本代表の欠かせない軸に/日本代表コラム

2020.11.14 15:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2カ月連続でのヨーロッパ組のみでの欧州遠征。11月シリーズの初戦となったパナマ代表戦は、1-0で勝利を収めた。約1年ぶりの活動となった10月ではアフリカ勢のカメルーン代表、コートジボワール代表を相手に2試合とも無失点。結果は1勝1分けで終えていたが、パナマ戦に勝利し2連勝となった。

◆南野のPKで勝利!日本代表vsパナマ代表 ハイライト

2年前に対戦した時とは監督もメンバーも変わっているパナマ代表。日本はキックオフから良い入りを見せたが、徐々にパナマが日本のプレスに慣れると、日本は押し込まれていないながらも窮屈な戦いを強いられた。その中で目立ったのが、後半から入ったMF遠藤航(シュツットガルト)だった。

◆スタンドから分析していた前半

この試合はMF柴崎岳(レガネス)とMF橋本拳人(FCロストフ)の2人がボランチで先発出場。橋本は夏にFC東京からロシアへと移籍すると、1つ前のポジションで起用され得点力が開花。ここまで5ゴールを記録するなど、好調を維持していた。

10月の活動は渡航制限の影響から招集外となったが、この試合では先発。持ち味であるボール奪取は時折見せたものの、バイタルエリアで相手を自由にさせてしまうシーンが散見された。

その理由について、スタンドから見ていた遠藤が試合後に「拳人も間で受けていましたけど、1ボランチ気味だったので捕まりやすかったかなと思う」とコメント。ボランチ2人の関係性が難しさを生んでいたと分析した。

この試合では通常の[4-2-3-1]ではなく、3バックを採用した[3-4-2-1]で臨んだ日本。守備ではウイングバックが下がって5バック気味となり、ボランチの2人がその前に並ぶ形となった。

しかし、攻撃時は、3バックの前に橋本、柴崎もう1列前にポジションを取り、[3-3-1-2-1]のような形に。しかし、シャドーに入ったMF久保建英(ビジャレアル)とMF三好康児(アントワープ)が高い位置を取れなかったため、柴崎の位置が苦しい形に。そして、橋本の脇をパナマに使われるシーンが増えていった。

遠藤は「前半上から見ていて前につければチャンスになるなと。拓実やシャドーは空いてるなと思った」としたが、柴崎は距離が近すぎて使いずらい状況に。そのため「2ボランチは横並びの方がボールを動かしやすいなというイメージだった」と縦関係ではなく、横に並ぶべきだと感じていたことを明かした。

◆ピッチ内でスカウティング能力を発揮

そう語った遠藤は、ハーフタイムで橋本に代わって登場。すると、すぐさま日本のプレーが激変する。

まず第一に、ブンデスリーガでトップのデュエル勝利数を誇る遠藤の持ち味が発揮。パナマの選手からのボール奪取を行うだけでなく、苦しくなりそうな場面には常に遠藤が顔を出してピンチを未然に防いでいた。

さらにテンポの良さも1つ大きく変化した要因だ。後方からのビルドアップを行う日本だが、最終ラインがボールを持つとペースダウン。ボランチに一度つけても、じっくりと前線やサイドの状況を見て展開していくことが多い。

もちろんその戦い方が悪いわけではなく、遅攻という点では柴崎の展開力や試合を読む力も大いに発揮されるのだが、遠藤が試みたのはテンポをアップさせることだった。

遠藤はパスを供給する時の判断材料として「味方のポジションも見ているんですが、相手がどうプレスをかけるかを特に注意しています」と、相手の守り方に合わせた判断をすると語った。「例えば、3バックのナオ(植田直通)がボールを持った時に、ボールサイドのボランチは掴まれているけど、逆の僕はフリーだたり。相手のポジションを見てプレーすることを意識している」とコメントした。

聞こえがいいということではなく、常にピッチ上で臨機応変に対応することを考えている遠藤。ポイントは、「相手の位置、味方の位置、自分の位置を把握することが大事だと思います」と、全ての立ち位置が決め手となると明かした。

このプレーはブンデスリーガで揉まれていることも大きく関係する。フィジカル的に優れた相手と常日頃対峙する上では、デュエルの強さ=フィジカルの強さだけでなく、判断力に優れていなければ、デュエルで勝つことはできない。遠藤は日々積み上げたものを、最大限ピッチで表現したということだ。

決勝ゴールとなった南野のPKに繋がるプレーでは、遠藤の起点から久保のスルーパスに繋がっていた。久保はこのシーンについて「相手もしっかりプレスに来ていましたが、判断の緩みがあって、遠藤選手から自分が受けたい位置に良いパスが来た」と語っており、遠藤のパスがきっかけだったとコメント。一方の遠藤は、「僕がタケにつけたところは特に難しいことはしていないです」と、普通のプレーだと強調。これも、ブンデスリーガで掴んだ自身が影響していると言えるだろう。

久保は遠藤のプレーについて「球際の強さと、起点のシーンでは早いパスを出してくれたので、一緒にやっていて余裕があると感じた」とコメント。「クラブで結果を出して自信を持ってきていると思うので、自分もそういう自信を吸収したいと思います」と、チームメイトでも自信を感じ取ったようだ。

◆ボランチの外せない軸に成長

森保一監督はこの試合の後半から遠藤を使うことは決めていたと試合後にコメント。その効果については「ディフェンスラインから、サイドからボールを受けて起点となり、流れが変わった」と評価。さらに「バランスの部分でもセカンドボールを拾えたり、球際の部分でも全体の良さが出せるようになったと思う」とし、個人の良さだけじゃなく、チーム全体へプラスの効果をもたらせたことを評価した。

日本代表のボランチといえば、長年キャプテンとしてプレーしたMF長谷部誠(フランクフルト)、そして代表最多キャップを誇るMF遠藤保仁(ジュビロ磐田)が挙げられるだろう。

バランスの取れた2人もメンバーから外れた中、ゲームメーカーとして柴崎がチームを支えてきた。ゲームを読む力で攻守にわたって高い能力を発揮している柴崎だが、ここに来て遠藤がそれを凌駕するパフォーマンスを見せている。

遠藤は「ブンデスでやっていたことが出せたということ」と、日頃のプレーをしただけだとコメントしたが、そこのレベルをしっかりと表現できることは、大きく成長していることの証だろう。

それは、同じブンデスリーガで外国人選手として最多出場、さらに今季のブンデスリーガでは最も長くプレーする選手としてドイツで成長を続けてきた長谷部を思い起こさせる。チームのバランスを取り、攻撃と守備を司る遠藤の力は、日本代表の飛躍には欠かせなくなりそうだ。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
コメント
関連ニュース
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.58】ACL再開初戦で値千金のPKセーブ東京五輪・A代表に強烈アピール!/オビ・パウエル・オビンナ(横浜FM/GK)

2年後の2022年カタール・ワールドカップの地で行われている2020年AFCチャンピオンズリーグ(ACL)。昨季J1王者の横浜F・マリノスは25日、中国の強豪・上海上港と再開初戦を迎えた。 主導権を握りながら、思うようにゴールを割れない横浜は、0-0のまま終盤に突入。残り10分となった時、右サイドバック・松原健がまさかのPKを献上してしまった。 絶体絶命の大ピンチ。しかもキッカーは元ブラジル代表のオスカルだ。この世界的名手の前に敢然と立ちはだかったのが、若き守護神のオビ・パウエル・オビンナ。彼は193㎝の長身を生かして両手を伸ばし、シュートを鋭くセーブし、失点を阻止してみせた。 この気迫がチーム全体に伝わり、後半45分の天野純の決勝ゴールにつながる。最終的に横浜は1-0で逃げ切り、H組3連勝。グループ突破に王手をかけたのだ。 「試合経験がなくて若いと言われますけど、この時のために毎日練習を積んできたので、焦りはなかったし、すごく自信を持ってプレーできました。PK自体もいいコースでしたけど、しっかり弾けた。しっかり準備してきた自信があったからセーブできたと思います。マリノスは誰が出てもしっかり高いパフォーマンスを出せるチーム。僕が出る以上、ミスを恐れることなく、チームに貢献しようと思って戦いました」 試合後の公式会見にのぞんだオビは淡々と語ったが、その口ぶりには自信が溢れていた。今春、流通経済大学を卒業してプロ入りしたばかりのルーキーではあるが、育成型期限付き移籍で8月から栃木SCに赴き、9試合に出場。実戦経験を積み重ねて10月末に横浜に戻ったことが奏功したのだろう。 11月14日の浦和レッズ戦でいきなりJ1デビューを果たすと、18日の川崎フロンターレ戦では高丘陽平の退場に伴って前半途中から登場。好セーブを連発して、川崎を最後まで追い詰めた。そしてこの上海上港戦での大活躍だ。23歳の大型守護神は今、乗りに乗っているといっていい。 ここ数年、外国人GKが席巻してきたJリーグだが、今季に入ってから若い守護神の台頭が大いに目立っている。FC東京の波多野豪、鹿島アントラーズの沖悠哉、湘南ベルマーレの谷晃生、清水エスパルスの梅田透吾らが筆頭だが、オビも彼らに匹敵する存在感を示している。2019年段階までは大迫敬介(広島)が「次世代の日本代表正GK最右翼」と評されてきたが、誰が突き抜けるか分からない状況になってきたのは間違いない。それだけ競争が激化しているだけに、ACLでのブレイクはオビにとって非常に大きな意味を持つだろう。 ナイジェリア人の父と日本人の母の間に生まれた彼は天性の身体能力の高さを備えたプレーヤーだ。潜在能力の高さはJFAアカデミー福島時代から折り紙付きで、U-16時代から断続的に日の丸を背負い続けてきた。 しかしながら、2013年U-17ワールドカップ(UAE)はメンバー入りできず、2017年U-20ワールドカップ(韓国)も同学年の小島享介(新潟)、1つ下の波多野、山口瑠偉(レクレアティーボ・ウエルバ)らの壁に阻まれ、世界舞台参戦は叶わなかった。 悔しさを糧に流経大では1年からレギュラーを確保。コンスタントにピッチに立ち続けてきた。この活躍を買われ、2018年8月のアジア大会(インドネシア)に挑むU-21日本代表に呼ばれ、森保一監督の下でプレーする機会を得る。ここで現在A代表に定着している板倉滉(フローニンゲン)や三好康児(アントワープ)らとともに戦えたのは大きな財産になったはず。下田崇GKコーチとコミュニケーションを取りつつ、自身の長所と短所に向き合ったことも大きかった。 それから2年余りの間、コツコツと自己研鑽を図った結果、彼は才能を大きく開花させつつある。オビのように高さとバネがあり、反応が鋭く、守備範囲の広いGKはどのチームでも必要とされるはず。足元のビルドアップに強くこだわるアンジェ・ポステコグルー監督も起用に踏み切ったのだから、ビルドアップの部分も着実に前進しているということ。そこは大いに自信を持っていい。 このように目覚ましい成長を遂げれば、1年延期となった東京五輪はもちろんのこと、A代表入りも見えてくる。前述の通り、同世代の守護神争いが熾烈を極めているため、抜け出すのはそう簡単なことではないが、このまま横浜で定位置を確保し、試合に出続けていれば、自ずと道は開けてくるに違いない。本人も明るい未来を信じて、カタールのピッチに立ち続けているはずだ。 さしあたって今、やらなければいけないのは、ACL1次ラウンド突破を決めること。今日28日の上海上港戦で宿敵を零封することが肝心だ。27日のFC東京vs上海申花戦を見ても分かる通り、同じ相手との再戦は一筋縄ではいかない。初戦で敗れた側は捨て身でぶつかってくる。オビはそれだけ死力を尽くしてくる相手に立ちはだからなければならないのだ。そこで堂々たる仕事ぶりを見せつければ、ポステコグルー監督はもちろんのこと、森保監督の信頼も高まる。今は一気に階段を駆け上がるチャンス。この機を逃すことは許されない。彼には持てる力の全てを注いで、鬼気迫るパフォーマンスを示してほしいものだ。 <div id="cws_ad">><hr>【文・元川悦子】<br/>長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2020.11.28 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

最新FIFAランク! 日本は27位維持、イタリアがトップ10返り咲き

国際サッカー連盟(FIFA)は27日、最新のFIFAランキングを発表した。 今月の活動で前月に続いて欧州遠征を実施した日本代表はパナマ代表とメキシコ代表とそれぞれ国際親善試合で対戦して、1勝1敗で終了。前月の総合ポイントから1ポイント減らしたものの、全体27位をキープした。アジア全体でも昨年11月から続くトップの座を守っている。 世界全体でみると、上位はトップから6位まで変動なし。UEFAネーションズリーグのファイナルズ進出を決めたイタリア代表が2014年5月以来のトップ10入りを果たしたほか、日本に勝利したメキシコ代表も9位にランクアップしている。 ◆11月のFIFAランキングTOP10(カッコ内は前回の順位) 1.ベルギー(1) 2.フランス(2) 3.ブラジル(3) 4.イングランド(4) 5.ポルトガル(5) 6.スペイン(6) 7.アルゼンチン(8) 8.ウルグアイ(7) 9.メキシコ(11) 10.イタリア(12) ◆アジア内TOP10(カッコ内は総合順位) 1.日本(27) 2.イラン(29) 3.韓国(38) 4.オーストラリア(41) 5.カタール(59) 6.サウジアラビア(67) 7.イラク(69) 8.UAE(74) 9.中国(75) 10.シリア(76) 2020.11.28 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「OBチームの試合で同じチームでプレー」JFA田嶋幸三会長もマラドーナ氏逝去を追悼「突然のことで非常に残念です」

25日、アルゼンチン、そしてフットボール界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が他界した。60歳だった。 先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏は、今月2日にサナトリオ・イペンサ・ラ・プラタ病院へ緊急入院。精密検査の結果、脳に硬膜下血腫が見つかったため、3日に緊急手術を受けていた。その後は状態が安定し、同11日に退院していた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRQkZwNEVQayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 突然の訃報に全世界のフットボールファンが悲しみにくれる中、日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長も追悼のコメントを発表した。 「2017年1月に行われたFIFAの年間表彰式とカウンシル会議のためにチューリッヒに行った際にマラドーナさんにお会いしました。その時に行われたOBチームの試合で同じチームでプレーし、とてもお元気な様子でした」 「日本にも多くのファンがいて、ペレさんらと共に世界中のサッカーに影響を与えた選手だったと思います」 「FIFA総会の際にはいつもレジェントマッチが行われますので、来年、日本でお会いできると楽しみにしていました。今回の悲報は突然のことで非常に残念です」 2020.11.26 17:10 Thu
twitterfacebook
thumb

「初めてプロの選手で憧れて、真似した」日本代表MF乾貴士もマラドーナ氏の急逝を追悼

25日、アルゼンチン、そしてフットボール界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が他界した。60歳だった。 先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏は、今月2日にサナトリオ・イペンサ・ラ・プラタ病院へ緊急入院。精密検査の結果、脳に硬膜下血腫が見つかったため、3日に緊急手術を受けていた。その後は状態が安定し、同11日に退院していた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRQkZwNEVQayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 突然の訃報に全世界のフットボールファンが悲しみにくれる中、エイバルの日本代表MF乾貴士も自身のインスタグラムで追悼。初めて憧れた選手だったと明かした。 「初めてプロの選手で憧れて、真似したのがマラドーナやったなぁ。何回もビデオ借りて見ての真似しての繰り返しやった。肩でトラップして後ろの相手抜いたのはほんまに衝撃やった!!」 「他にも凄いプレーがありすぎてそのプレーはあんま知られてないんやろなぁ。笑」 「亡くなってしまったのは残念やけど、ほんまにお疲れさまでした」 <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CIB8KAej8fe/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CIB8KAej8fe/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CIB8KAej8fe/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Takashi Inui/乾貴士(@takashi.08)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.11.26 09:25 Thu
twitterfacebook
thumb

個人の事情で…なでしこジャパン候補から浦和DF南萌華が離脱

日本サッカー協会(JFA)は25日、なでしこジャパン候補メンバーから浦和レッズレディースDF南萌華が離脱することを発表した。 JFAによると、南は個人の事情のため離脱するとのことだ。なお代替選手はいないとのことだ。 なでしこジャパン候補は、すでにDF宮川麻都(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が不参加となり、FW上野真実(愛媛FCレディース)が離脱していた。 2020.11.25 11:01 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly