「彼との対峙は本当にハード」 好調継続のケアンをPSG指揮官が再び称賛

2020.11.09 17:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督がイタリア代表FWモイゼ・ケアンの活躍ぶりに改めて目を細めた。昨夏に加入したエバートンで輝き切れず、今夏の移籍市場でPSGに活躍の場を移したケアン。その新天地フランスで迎えた今季のここまで公式戦7試合に出場して、5ゴールとイングランドで燻った才能を示す活躍が続いている。

そんなケアンは7日に行われたリーグ・アン第10節のスタッド・レンヌ戦でも自身の今季リーグ戦3得点目となるゴールを記録。トゥヘル監督は試合後、2ゴールを決めた先のチャンピオンズリーグ(CL)グループH第2節のイスタンブール・バシャクシェヒル戦後と同じく賛辞を送った。

「ケアンには度胸があり、恐れず、勇気もある。求められたことをやってくれている。私は今の彼と対峙するDFになりたいとは思わないね。彼とのマッチアップは本当にハード。そういう状況は我々にとっても、非常に重要なことだ」

なお、ケアンは買い取りオプションなしのシーズンローンという条件でPSG入り。エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督は先日、修業先での活躍に満足感を示しつつ、「来季は我々の下に戻ってくるだろう」と語り、復帰の可能性を示唆している。
コメント
関連ニュース
thumb

アウベスがムバッペに送った、磁石で吸いつくような絶妙アーリークロス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はサンパウロの元ブラジル代表DFダニエウ・アウベスがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆アウベスが見せた美しいアーリークロス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ0d2Y2TWNXSiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナやユベントスで輝かしい活躍を見せたアウベスは、2017年夏にPSGに加入。頼れるベテランとして活躍し、PSGのタイトル獲得に貢献した。 超攻撃的SBとして、守備だけでなく攻撃面でも存在感を発揮するアウベスだが、2017年11月4日に行われたリーグ・アン第12節のアンジェ戦では、技ありのアシストで同僚のゴールをお膳立てしている。 試合開始早々の5分、ハーフウェイライン付近の右サイドでアウベスがボールを持つと、中央を伺いながら右サイドでドリブルを開始。中央で裏へ動き出すFWキリアン・ムバッペに向けてアーリークロスを放つと、大外からカーブを描きながら変化するボールは、DFの頭上を越え、ムバッペの足元にピンポイントに収まる。ムバッペがこの後ろからのボールに走りながら右足ダイレクトで合わせると、見事な先制ゴールとなった。 素晴らしいゴールで先制したPSGは、その後も追加点を挙げ、5-0の大勝を収めている。 2020.11.30 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

自陣からパス一本!ヴェッラッティが見せた美しいロングパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティが決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ヴェッラッティの正確なロングフィード<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI3b0s0RDZWbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2012年夏にペスカーラからPSGに加入したヴェッラッティは、主力MFとして活躍。中盤から試合を組み立て、チームに貢献している。 抜群のパスセンスと高いボール奪取力で、165cmと小柄ながら存在感を見せるヴェッラッティだが、2017年5月14日に行われたリーグ・アン第37節のサンテチェンヌ戦では、見事なアシストを記録している。 1-0とPSGリードの38分、自陣中央でボールを持ったヴェッラッティは、相手からのプレスをいなしながら前線を確認すると、ロングボールを入れる。正確なパスは相手ディフェンスラインの裏に走っていたFWルーカス・モウラにピンポイントで入ると、モウラがそのままボックス内に侵入、ゴール前から強烈なシュートをゴール上のネットに突き刺し、相手を突き放す追加点を決めた。 その後も得点を重ねたPSGが5-0の大勝を収めている。 2020.11.29 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

PSGがリーグ戦2試合連続足踏み…エースのネイマールはCLユナイテッド戦に向けて危機感露わ

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが来週に迫る大一番に向けて危機感を露わにした。 PSGは28日に本拠地で行われたリーグ・アン第12節でボルドーと対戦。オウンゴールで先制を許した展開から前半のうちに逆転まで持っていったが、後半に追いつかれ、2-2の引き分けに終わった。 今季3敗目を喫した前節のモナコ戦に続く足踏みで、12月2日に敵地で予定するチャンピオンズリーグ(CL)グループH第5節のマンチェスター・ユナイテッド戦に向けても不安を残している。 そのボルドー戦にフル出場したネイマールは試合後、フランス『Canal+』のマイクを通じて、来るユナイテッド戦に向けて修正の必要性を口にした。 「水曜日(12月2日)のマンチェスター戦がどれだけ大事なゲームなのかはわかっている。火曜日(24日)に行われたCLの試合(RBライプツィヒ戦)ように、決定的なものになる。水曜日は良いプレーをして、自分たちのベストゲームにしたい。でも、細かい部分を修正して、チームとしてもっと良いプレーをしないと。それができないようだと、難しくなる」 なお、今季もCL制覇を悲願とするPSGはグループH4試合を消化した現時点で、首位ユナイテッドを3ポイント差で追う2位。ただ、ライプツィヒとは勝ち点で並び、油断できない状況となっている。 2020.11.29 15:30 Sun
twitterfacebook
thumb

“稲妻”ラベッシがズラタン、パストーレとの美しい崩しから決めた見事なゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は元アルゼンチン代表FWのエセキエル・ラベッシ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)で決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆華麗な連携からラベッシが豪快なシュートを叩き込む<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJyQjhQdzFjVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2012年夏にナポリからPSGに加入したラベッシは、チームの主力の1人として活躍。豊富な経験を武器に得点を重ねた。 キレのあるドリブルとパンチのあるシュートから“稲妻”とも呼ばれたラベッシだが、2015年1月30日に行われたリーグ・アン第23節のスタッド・レンヌ戦では、見事な連携プレーからゴールを決めている。 0-0で迎えた29分、左サイドからドリブルで仕掛けたFWズラタン・イブラヒモビッチが、MFハビエル・パストーレとのパス交換からボールをボックス手前まで運ぶと、中央のMFアドリアン・ラビオにパスを送る。 ラビオがダイレクトで絶妙の浮き球パスをボックス内に出すと、これを受けたパストーレもダイレクトでゴール前のラベッシに送り、ラベッシが左足で豪快なシュートを叩き込んだ。 このゴールが決勝点となり、PSGが1-0で勝利している。 2020.11.29 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

“伝説のファンタジスタ”ロナウジーニョがバルサで決めた、針の穴を通すようなスーパーミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏がバルセロナ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロナウジーニョが決めたキャリアベストゴールの1つ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHdHEycEh1eCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2003年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)からバルセロナに加入したロナウジーニョ氏は、華麗なパフォーマンスで観客を魅了。バルサファンのみならず、フットボールファンから愛された。 キャリアを通して、思わず息を吞むようなゴールを数多く決めたロナウジーニョ氏だが、2005年5月8日に行われた、ラ・リーガ第35節のバレンシア戦では、自身のキャリアの中でもベストゴールの一つを決めている。 0-0で迎えた28分、右サイドからのクロスをボックスの外で受けたロナウジーニョは、ボールをコントロールし、ゴールを確認すると、助走を取らずに右足を一振り。狙いすまされたシュートは、浮き上がるような弾道でゴール右上の角に一直線に飛んでいき、見事なスーパーゴールが決まった。 ロナウジーニョのゴールで先制に成功したバルセロナは、その後追加点を奪い、2-0で勝利している。 2020.11.28 19:00 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly