選手が酒気帯び運転の新潟、是永大輔社長が辞任「信頼回復のためには、自分がここから離れるべきだと考えた」

2020.11.06 14:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アルビレックス新潟は6日、臨時取締役会を実施し、是永大輔氏が代表取締役社長を辞任したことを発表した。なお、後任には取締役常勤顧問兼アルビレックス新潟後援会副会長であった中野幸夫氏(65)が就任。是永氏は17日に取締役に異動し、12月31日にをもって取締役を退任する予定とのことだ。

新潟では、9月9月17日(木)の午前1時から2時の間。新潟県新潟市内にて、ブラジル人FWファビオが酒気帯び運転の取り締まりを受けていたとのこと。また車に同乗していたスペイン人FWペドロ・マンジーも捜査対象となっていた。

しかし、新潟は捜査結果が出るまでの間、ファビオを6試合で起用。さらに、Jリーグへの報告義務を怠ったことが疑われ調査が進められている。なお、ファビオペドロ・マンジーは書類送検され、クラブと契約解除となっていた。

この一連の騒動では、クラブの対応が大きく問題視された中、是永氏は社長を辞任。改めて謝罪した。

「今回の一連の騒動によりご迷惑をおかけしたすべてのみなさま、大変申し訳ありません。心よりお詫び申し上げます」

「2018年9月の専務就任、2019年1月の社長就任以来、クラブの価値を高めるために情熱を持って精一杯取り組んで参りましたが、今回の件では判断と対応を大きく間違えました。結果、クラブの価値を毀損してしまう事態となりました。みなさまが、そして自分自身が心から愛するアルビレックス新潟の名誉を傷つけてしまったこと、毎日、自責の念に駆られています。選手やスタッフ、社員のみなさんには何も瑕疵はございません。本当に申し訳ありません」

「また、アルビレックスファミリーだけではなく、すべてのJリーグファン、サッカーファンのみなさまにも大きなご迷惑をおかけしました。恥ずかしく、情けなく、猛省しています」

「記者会見でも述べさせていただいたように、今回の件は決して隠蔽を意図したものではありません。しかし、結果として誤解を招く状況に陥らせてしまったことも理解しています。何より、懲罰というJリーグの処分を重く受け止めています。大きな責任を感じています」

「世の中をこれほどお騒がせしてしまっていること、そしていま最も必要であるクラブの速やかな信頼回復のためには、自分がここから離れるべきだと考えました」

「サポーターのみなさまには思い切り応援していただきたいため、またチームにはこれからの戦いに集中してもらいたいため、そしてクラブが予算編成とチーム編成など来季の準備を進めるためにも、このタイミングで辞任することとさせていただきました」

「今後はいちサポーターとしてアルビレックス新潟の未来に貢献させていただきたく思っています」

また、新たに代表取締役社長に就任する中野氏もコメントしている。

「このたび、是永大輔の代表取締役社長の辞任に伴い、後任として就任することとなりました。一連の事案につきまして、多くの皆様にご迷惑とご心配をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。深くお詫びを申し上げます」

「当クラブは創設以来、ファン・サポーターの皆様、パートナー企業の皆様、後援会員の皆様、ホームタウンの関係者様、株主の皆様など、大変多くの方々に支えていただきながら、ここまで歩んでまいりました。代表取締役社長へ就任するにあたり、これまでのご声援やご支援に報いるためにも、誠心誠意の対応を信条として、信頼回復に努める所存です」

「そして、現在J2リーグは終盤戦に差し掛かっています。選手や監督、すべてのスタッフは、最後まで団結心を持って戦い抜く決意です。引き続き、皆様の温かいご声援をアルビレックス新潟へお送りいただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」

関連ニュース
thumb

4連勝の新潟がJ1昇格に王手! 徳島は珍記録を樹立【明治安田J2第38節】

25日、明治安田生命J2リーグ第38節の7試合が各地で行われた。 首位の新潟はホームに残留争い中の大宮を迎えた。16分の小見のミドルシュート、24分の伊藤のボックス右から左ポストを掠める際どいシュートなど、序盤から相手を圧倒しながら試合を進めていく。 しかし、一方で44分には大宮にCKからポスト直撃のヘディングシュートを許すなど危ないシーンも。後半に入った63分にも柴山のミドルシュートがGK小島を強襲。なんとか好セーブで難を逃れたが、決定的な場面を作られてしまう。 それでも迎えた72分、ハーフウェイラインから連動しながらパスを繋ぎ、最後はボックス中央で鈴木が潰れたところを秋山が押し込んで先制。新潟が遂に均衡を破った。 そして、その後は危なげない試合運びで逃げ切りに成功。4連勝で6年ぶりのJ1昇格に王手をかけた。 3位の岡山は仙台に快勝を収めた。ミッチェル・デュークがオーストラリア代表で結果を残すなか、シティライトスタジアムではもう一人のオーストラリア人が活躍。40分、岡山がカウンターから攻勢に転じると、中央でボールを持ったステファン・ムークがドリブルで運び、ボックス中央の永井とのワンツーでボックス左に侵入。そのまま左足でシュートを流し込み、先制点を奪った。 後半に入ると、立ち上がりに岡山に追加点。右サイドを懸命に駆け上がる河野がスルーパスを受け、ゴール前にクロスを供給。逆サイドから走り込んだ佐野が左足インサイドステップで丁寧にハーフボレーで合わせ、ネットを揺らした。 後半アディショナルタイムにも途中出場の仙波がダメ押しゴールを挙げた岡山はこれで2連勝。2位横浜FCと5ポイント差をキープしつつ、昇格プレーオフ圏内をほぼ確実なものとした。 その他、4位の熊本は黒木の今季初ゴールで千葉を下して2連勝。また、ホームで水戸と対戦した徳島は1-1出引き分けに。この結果、今季のドロー数が23試合となり、2004年に横浜FCが記録した22試合というJリーグ記録を更新した。 ◆明治安田生命J2リーグ第38節 ▽9/25(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 3</span>-0 ベガルタ仙台 いわてグルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ツエーゲン金沢</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ブラウブリッツ秋田 2</span>-1 FC町田ゼルビア ジェフユナイテッド千葉 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ロアッソ熊本</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 1</span>-0 大宮アルディージャ 徳島ヴォルティス 1-1 水戸ホーリーホック 栃木SC 0-0 FC琉球 ▽9/24(土) ザスパクサツ群馬 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">6 レノファ山口FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ 1</span>-0 モンテディオ山形 V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 横浜FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大分トリニータ 2</span>-1 ヴァンフォーレ甲府 2022.09.25 20:10 Sun
twitterfacebook
thumb

J1昇格目指す首位・新潟に痛手、今季9得点のMF高木善朗が右ヒザ前十字じん帯損傷

アルビレックス新潟は21日、MF高木善朗の負傷を発表した。 クラブの発表によると、高木は18日に行われた明治安田生命J2リーグ第37節の水戸ホーリーホック戦で負傷したとのことだ。 検査の結果、右ヒザ前十字じん帯損傷と診断。全治は明かされていない。 高木は水戸戦に先発出場。しかし、26分に味方からのパスを受けようとした際、相手DF楠本卓海と交錯。その場ですぐにうずくまり、試合は中断。担架で運び出され、FW小見洋太と交代していた。 高木は今シーズンの明治安田J2で32試合に出場し9得点を記録していた。 新潟はJ1昇格を目指して現在首位。残り5試合だが、大きな痛手となってしまった。 2022.09.21 10:33 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟が途中出場・三戸舜介の決勝弾で首位キープ! 横浜FCはチアゴ・アウベスにやられ山形に痛恨の敗戦…下位は岩手が降格圏に逆戻り【明治安田J2第35節】

14日、明治安田生命J2リーグ第35節の全試合が行われた。 首位と勝ち点で並ぶ2位の横浜FC(勝ち点68)はアウェイで8位のモンテディオ山形(勝ち点49)と対戦した。 前節は引き分け、首位陥落した横浜FC。なんとしても勝利したい一戦だったがホームの山形が主導権を握っていく。 互いに譲らないまま時計は進んだが42分、ボックス手前で河合秀人のパスを受けた半田陸がスルーパス。これを走り込んだ加藤大樹が蹴り込むが、わずかに飛び出ていてオフサイド。横浜FCは命拾いする。 ゴールレスで迎えた後半は横浜FCも反撃。49分、長谷川竜也のスルーパスに反応した近藤友喜がボックス内でGKと一対一に。シュートを放ったが、GK後藤雅明がビッグセーブを見せる。 すると74分、右サイドでボールを拾ったチアゴ・アウベスがドリブルを仕掛けてクロス。これをニアサイドで藤田息吹がヘッドも、枠を捉えられない。 それでも79分、横浜FCは敵陣でのスローインからボールを失うと山形はカウンター。藤田が自陣から浮き球のパスを出すと、DFの上を越えたパスを受けたチアゴ・アウベスが冷静に決めて先制する。 さらに83分、細かいパスワークから抜け出たデラトーレがボックス内右からグラウンダーのパス。ボックス中央でチアゴ・アウベスが反転シュートを放ちゴール。横浜FCはゴールを目指すが1点が遠く、2-0で山形が勝利を収めた。 首位のアルビレックス新潟(勝ち点68)はアウェイで14位のヴァンフォーレ甲府(勝ち点42)と対戦した。 前節首位に浮上した新潟。今節はその首位を守るべくアウェイの地に乗り込んだ。 序盤は甲府がペースを握っていた中、18分に新潟が一瞬の隙を突くことに。松田詠太郎がパスをカットすると伊藤涼太郎が左サイドの敵陣中央から縦パス。これを受けた小見洋太がドリブルを仕掛け、角度のないところからゴールを射抜いて先制する。 アウェイの地で先制した新潟。しかし、先制後はホームの甲府がもり返し押し込んでいく。しかし、甲府は決め切れずに前半を終える。 迎えた後半は一進一退の攻防に。すると64分、谷口海斗が高い位置でボール奪うと、高木善朗へ。その高木が絶妙なスルーパスを送ると、途中出場の三戸舜介が走り込んで受けて決め切り、貴重な追加点を奪う。 甲府を尻目に効果的に得点を重ねた新潟。しかしその甲府は、途中投入のウィリアン・リラがゴールへと迫るが、2度の決定機を生かせず。それでも、81分にウィリアン・リラがこぼれ球を拾って浮き球のシュートでゴール。終盤に1点を返す。 ここから押し込みゴールに迫っていくが、なかなかこじ開けられず。それでもアディショナルタイム4分には左からイゴールのクロスをウィリアン・リラがヘッド。シュートはゴール右に飛ぶが、GK小島亨介が横っ飛びセーブで防ぎ得点を許さない。 プレーオフ圏の4チームも今節は明暗分かれることに。3位のファジアーノ岡山(勝ち点63)はアウェイで11位の徳島ヴォルティス(勝ち点48)と対戦。Jリーグ最多の引き分け「22」に迫る徳島との試合だったが、ホームの徳島が藤尾翔太のゴールで1-0で勝利。岡山は痛恨の敗戦となった。 4位のロアッソ熊本(勝ち点57)は9位のFC町田ゼルビア(勝ち点49)と対戦し0-0のドロー。6位の大分トリニータ(勝ち点55)は19位の大宮アルディージャ(勝ち点34)と対戦し、2-2のドローに終わった。 また、5位のベガルタ仙台(勝ち点55)はアウェイで15位の栃木SC(勝ち点40)と対戦。中山仁斗のゴールを守り抜き、伊藤彰新監督にとっての初勝利となった。 なお、降格圏の直接対決となった21位のザスパクサツ群馬(勝ち点32)と22位のFC琉球(勝ち点29)の直接対決は0-0のドロー。ただ、20位のいわてグルージャ盛岡(勝ち点33)が10位ジェフユナイテッド千葉(勝ち点49)1に1-2で敗れており、群馬と入れ替わり岩手が降格圏に沈んだ。 ◆明治安田生命J2リーグ第35節 ▽9/14(水) いわてグルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 2</span>-0 横浜FC 水戸ホーリーホック 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 V・ファーレン長崎</span> 栃木SC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ベガルタ仙台</span> ザスパクサツ群馬 0-0 FC琉球 大宮アルディージャ 2-2 大分トリニータ 東京ヴェルディ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ブラウブリッツ秋田</span> レノファ山口FC 1-1 ツエーゲン金沢 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 1</span>-0 ファジアーノ岡山 ロアッソ熊本 0-0 FC町田ゼルビア ヴァンフォーレ甲府 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> 2022.09.14 21:42 Wed
twitterfacebook
thumb

代表引退の名古屋GKランゲラックが復帰、トーマス・デンは4年ぶり招集! オーストラリア代表メンバーが発表《国際親善試合》

オーストラリアサッカー協会(FFA)は14日、国際親善試合に臨むオーストラリア代表メンバー31名を発表した。 大陸間プレーオフを制し、カタール・ワールドカップ(W杯)の出場権を獲得したオーストラリア。今回は6名の初招集選手をメンバーに含めた。 さらに、DFトーマス・デン(アルビレックス新潟 )を2018年以来となる招集。また、代表引退を発表していたGKミッチェル・ランゲラック(名古屋グランパス)も招集している。その他、FWミッチェル・デューク(ファジアーノ岡山)、FWアダム・タガート(セレッソ大阪)が招集され、Jリーグからは4名が召集された。 オーストラリアは22日にホームでと25日にアウェイでニュージーランド代表と2試合を戦う。 今回発表されたオーストラリア代表メンバーは以下の通り。 ◆オーストラリア代表メンバー31名 GK ミッチェル・ランゲラック(名古屋グランパス/日本) アンドリュー・レッドメイン(シドニーFC) マシュー・ライアン(コペンハーゲン/デンマーク) DF ナサニエル・アトキンソン(ハート・オブ・ミドロシアン/スコットランド) アジズ・ベヒッチ(ダンディー・ユナイテッド/スコットランド) ハリソン・デルブリッジ(仁川ユナイテッド/韓国) ミロシュ・デゲネク(コロンバス・クルー/アメリカ) トーマス・デン(アルビレックス新潟/日本) フラン・カラチッチ(ブレシア/イタリア) ジョエル・キング(オーデンセ/デンマーク) トレント・セインズベリー(アル・ワクラ/カタール) ベイリー・ライト(サンダーランド/イングランド) MF キアヌ・バッカス(セント・ミレン/スコットランド) キャメロン・デブリン(ハート・オブ・ミドロシアン/スコットランド) タイリース・フランソワ(HNKゴリツァ/クロアチア) デニス・ジェンロー(トゥールーズ/フランス) アルディン・フルスティッチ(エラス・ヴェローナ/イタリア) ジャクソン・アーバイン(ザンクト・パウリ/ドイツ) マシュー・レッキー(メルボルン・シティ) ライリー・マクグリー(ミドルズブラ/イングランド) コナー・メトカーフ(ザンクト・パウリ/ドイツ) アーロン・ムーイ(セルティック/スコットランド) ライアン・ストレイン(セント・ミレン/スコットランド) FW マーティン・ボイル(ハイバーニアン/スコットランド) ジェイソン・カミングス(セントラルコースト・マリナーズ) ミッチェル・デューク(ファジアーノ岡山/日本) ガラン・クオル(セントラルコースト・マリナーズ) アワー・メイビル(カディス/スペイン) ジェイミー・マクラーレン(メルボルン・シティ) アダム・タガート(セレッソ大阪/日本) マルコ・ティリオ(メルボルン・シティ) 2022.09.14 10:12 Wed
twitterfacebook
thumb

「ぜひうちも」ゴール後に看板タッチした新潟MF高木善朗にスポンサーからリクエスト続々!「素敵な関係」

アルビレックス新潟のMF高木善朗にスポンサーからリクエストが相次いでいる。 新潟は10日、明治安田生命J2リーグ第35節でFC琉球とホームで対戦。およそ3年ぶりのチャントが戻ってきた中、55分に渡邊泰基のロングスローから最後は高木善朗が蹴り込み先制すると、さらに追加点も奪って3-0で勝利した。 先制点をマークした高木は観客席の近くまで駆け寄りサポーターたちとゴールを喜んでいたが、ピッチに戻る際にスポンサー看板を右手で軽くタッチしていたのが確認できた。 その時にタッチされたのはオフィシャルクラブパートナーの「株式会社越後薬草」だったが、試合後に同社がツイッターを更新。高木のタッチが意図的だったと断定した。 「【報告】9/10琉球戦にてサポーターの方々の報告により発覚した件について。得点後、高木選手が弊社アドボードを視認後にタッチしているのではないか!?との情報を数多く頂戴し、弊社独自の調査をした結果『意識的にタッチしている‼』と断定させて頂きました!!笑」 すると、この投稿に高木本人も反応。「越後薬草さんだ!と思ってタッチしました!!いつもありがとうございますございます!(原文ママ)」とスポンサーへの感謝も綴った。 選手とスポンサー間の微笑ましいやり取りであったが、高木に対しては、同じくオフィシャルクラブパートナーを務める「フラー株式会社」、「株式会社Riparia」、「株式会社プロッセル」の人々から「次は黄色のうちの看板にも!!」、「まとめて全部タッチしてもらいたい」、「ぜひうちも」とリクエストが送られた。 これらのやり取りにはファンからも「スポンサーと選手の素敵な関係ですね」、「こういった選手とスポンサーとのコミュニケーション胸熱」、「最高」といった言葉が届けられている。 なお、高木とスポンサーのやり取りが話題になるのは今回が初めてではなく、4月にはゴール直後に「中越グループ」のスポンサー看板に激突し、食事券が進呈されていた。 <span class="paragraph-title">【動画】越後薬草が意図的だったと断定した高木の看板タッチシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/yyyoshiaaaki18?ref_src=twsrc%5Etfw">@yyyoshiaaaki18</a> <a href="https://twitter.com/albirex_pr?ref_src=twsrc%5Etfw">@albirex_pr</a> <a href="https://t.co/IcUNkBoCkv">pic.twitter.com/IcUNkBoCkv</a></p>&mdash; L E O 9 (@leo9) <a href="https://twitter.com/leo9/status/1568544400401403906?ref_src=twsrc%5Etfw">September 10, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.13 20:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly