酒気帯び運転発覚で新潟と契約解除のFWファビオは略式起訴、FWペドロ・マンジーは起訴猶予処分

2020.10.28 18:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アルビレックス新潟は28日、19日に契約解除となったFWファビオ(23/写真)、FWペドロ・マンジー(32)への刑事処分を発表した。事件は9月17日(木)の午前1時から2時の間。新潟県新潟市内にて、ファビオが酒気帯び運転の取り締まりを受けたとのこと。その後任意捜査が行われ、15日に捜査が終了。19日にファビオ、ペドロ・マンジーともに書類送検され、契約解除となった。

また、ファビオに関しては、酒気帯び運転発生後の明治安田生命J2リーグ第21節から第26節まで6試合に出場しており、問題となっていた。

ファビオは、新潟区検察庁の取り調べを経て、道路交通法違反(酒気帯び運転)の罪で略式起訴。罰金刑を科され、罰金は即日納付したとのこと。

ペドロ・マンジーは、道路交通法違反(酒気帯び運転の幇助)の疑いで新潟区検察庁の取り調べを受けたものの、起訴猶予処分に。罰金等の刑罰は科されなかったとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

新潟がアルベルト監督との契約更新を発表「日本一のサポーターの皆さん、これからも一緒に戦いましょう」

アルビレックス新潟は24日、アルベルト・プッチ・オルトネダ監督(52)が来シーズンも指揮を執ることを発表した。 バルセロナでスカウトやアカデミーコーチなどを務めたアルベルト監督は、今シーズンから新潟の監督に就任。ここまで、明治安田生命J2リーグで14勝14分け7敗の勝ち点56という成績を残し、5位につけている。 シーズン残り7節となり、厳しい状況ながらも数字上は昇格の可能性を残している新潟。外国人選手の酒気帯び運転の問題などでクラブ内での問題を抱えることお待ったが、監督と合意に至ったようだ。 アルベルト監督はクラブを通じてコメントしている。 「どのような状況であっても、サポーターの皆さんがチームを応援してくださっていること、また選手やクラブスタッフが、私へのリスペクトの気持ちを表してくれていることが、私の心に強く響きました。その中で、クラブが私を必要としてくれたことが非常に嬉しく、そして契約延長が私の願いであったので、このたびの更新にとても大きな喜びを感じています」 「現在、チームが進んでいる道のりと同じように、これからも目の前の試合で全力を尽くすことが私の目標です。日々のトレーニングで努力を惜しまず成長を志し、勝利に向けて戦い続け、そして今のプレースタイルを継続していきたいと思います」 「また、サポーターの皆さんに誓えることがあります。アルビレックス新潟の選手たちは、一試合一試合、最後の一秒まで勝利を目指して戦い続けるということです。サポーターの皆さんには、選手たちへの後押しをお願いしたいと思います。日本一のサポーターの皆さん、これからも一緒に戦いましょう!!」 2020.11.24 12:31 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟痛恨、今季25試合出場のDF新井直人が左足第五中足骨骨折で今季終了

アルビレックス新潟は19日、DF新井直人が手術を受けたことを報告した。 クラブの発表によると、新井は11日の明治安田生命J2リーグ第33節ジュビロ磐田戦で負傷。左足第五中足骨骨折と診断され、19日に関連病院で手術を実施したとのことだ。全治は約3カ月の見込み。 新井は磐田戦に先発出場。しかし29分に堀米悠斗と交代していた。 新井は今シーズンの明治安田J2で25試合に出場。主力としてプレーしていたが、新潟にとって手痛い離脱となった。 2020.11.19 15:25 Thu
twitterfacebook
thumb

新潟MF福田晃斗が重傷、左ヒザ前十字じん帯断裂&外側半月板損傷で手術…全治は8カ月

アルビレックス新潟は14日、MF福田晃斗の負傷を発表した。 福田は、8日に行われた明治安田生命J2リーグ第32節のギラヴァンツ北九州戦で負傷。左ヒザ前十字じん帯断裂、左ヒザ外側半月板損傷と診断されたとのことだ。 なお、福田は11月中に手術を受ける予定。全治は手術後8カ月の見込みとのことだ。 福田はサガン鳥栖から今シーズン湘南ベルマーレへと完全移籍。明治安田生命J1リーグで5試合に出場していたが、新潟へと電撃移籍。新潟では明治安田生命J2リーグで19試合に出場していた。 2020.11.14 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟が北九州に競り勝ち4位へ浮上! 群馬に逆転勝利の長崎は福岡と2pt差に《J2》

明治安田生命J2リーグ第32節の10試合が8日に各地で行われた。 デンカビッグスワンスタジアムでは、5位・アルビレックス新潟と4位・ギラヴァンツ北九州の上位対決が開催。立ち上がりから球際で激しいバトルの応酬となる中、39分に新潟にアクシデント。26分にミドルシュートで北九州ゴールを脅かした福田が負傷し、ロメロ・フランクがスクランブル投入された。 ゴールレスで迎えた後半、徐々に流れを引き寄せる新潟は55分にチャンス。敵陣中央でパスカットした島田が堀米にボールを預けて敵陣左サイド深くでリターンを受ける。そこからファーサイドへクロスを入れると、田上がさらにマイナスへ。最後は高木が右足でシュートを放ったが、GK永井に阻まれた。さらに、61分には再び高木がミドルシュートで強襲もGK永井が好守を見せた。 攻め立てる新潟は69分に先制に成功。敵陣左サイド深くでスローインを受けたロメロ・フランクが粘り強いプレーからゴールラインを沿ってボックス内へ。山なりのクロスを鄭大世がヘディングで合わせると、GK永井が弾いたところをロメロ・フランクが横パスでつなげて大本がゴール。大本の加入後初弾でようやく試合を動かした新潟は、85分に本間がネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定に。北九州は終盤にかけて押し込む時間を作ったが、ゴールに結びつけることができずホームの新潟が1-0で勝利。北九州と順位を入れ替え4位へ浮上した。 6位のヴァンフォーレ甲府は、NACK5スタジアム大宮で15位の大宮アルディージャと対戦。甲府は34分にCKの流れから野澤がクロスを入れると、これに飛び込んだドゥドゥが頭でネットへ突き刺し先制する。追い掛ける大宮は58分、黒川のスルーパスをボックス左で受けた菊地が押し込んだ。 この勢いで勝ち越したい大宮だったが、64分に交錯したドゥドゥに対して山越が頭突きを見舞い一発退場に。さらに、70分には自陣でのミスからボックス内でファールを犯してPKを献上。それでも、泉澤のPKをGK笠原が止めて見せた。 両チームともに決定機を活かせないまま迎えた後半アディショナルタイム、甲府が劇的な勝ち越し弾を決める。左サイドの泉澤のクロスを金園が胸で落としたところを内田が蹴り込み、2-1でアウェイの甲府が勝利して5位へ順位を上げた。 そのほか、2位のアビスパ福岡は、19位の松本山雅FCに0-1で敗戦し足踏み。3位に位置するV・ファーレン長崎は、20位のザスパクサツ群馬に2-1の逆転勝利を収めて、福岡との差を2ポイントに縮めた。 ◆明治安田生命J2リーグ第32節 ▽11/8(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 1</span>-0 京都サンガF.C. 大宮アルディージャ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ヴァンフォーレ甲府</span> ジェフユナイテッド千葉 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5 モンテディオ山形</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルビレックス新潟 1</span>-0 ギラヴァンツ北九州 ツエーゲン金沢 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 水戸ホーリーホック</span> ジュビロ磐田 1-1 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 1</span>-0 FC町田ゼルビア アビスパ福岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 松本山雅FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 1</span>-0 レノファ山口FC ザスパクサツ群馬 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 V・ファーレン長崎</span> ▽11/7(土) 東京ヴェルディ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 徳島ヴォルティス</span> 2020.11.08 21:35 Sun
twitterfacebook
thumb

Jリーグ、ファビオの酒気帯び運転隠ぺいのアルビレックス新潟に罰金300万円とけん責処分

Jリーグは6日、アルビレックス新潟に対する懲罰の決定を発表した。 新潟では9月17日、FWファビオ(23)が新潟県新潟市内にて、午前1時から2時にかけて酒気帯び運転をしていたことが判明。さらにクラブは、この事実を隠ぺいし、10月14日までJリーグに報告していなかったことが大きな問題として取り上げられていた。 その後クラブは、ファビオおよび酒気帯び運転ほう助の疑いがあったFWペドロ・マンジー(32)と契約解除。前者は道路交通法違反の罪で罰金刑を科された一方で、後者は起訴猶予処分という決着に。 そしてこの度、Jリーグの村井満チェアマンはアルビレックス新潟に対し、罰金300万円とけん責処分を言い渡した。 処分の理由についてJリーグは、罰金に関しては「アルビレックス新潟は、ファビオ選手を含む外国人選手に対し、各国ごとに法規制の実情が異なることなどから外国人選手が犯しがちな飲酒運転について、これを適切に防止するために必要な指導、教育等の措置を講じていなかった」と説明。 また、けん責に関しては「同クラブは、ファビオ選手が上記酒気帯び運転により検挙されたことを知った後、この情報を代表取締役社長、ゼネラルマネージャー及び監督の三者で共有するにとどめ、Jリーグに対しても直ちに報告せず、同年10月12日、外部から通報を受けたJリーグからの確認を受けて初めて同月14日にJリーグに報告するに至った。その結果、この間、同クラブはJリーグによる是正の機会のないまま、独自の判断により、同選手をリーグ戦6試合に出場させることとなり、ひいてはJリーグの信用を大きく損うこととなった」としている。 これらの処分に対して、同日前任の是永大輔氏に代わり新潟の代表取締役社長に就任した中野幸夫氏が「このたびは、ファン・サポーターの皆様、パートナー企業の皆様、後援会員の皆様、ホームタウンの関係者様、Jリーグ、サッカー、スポーツに関わる皆様に、多大なるご迷惑をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。Jリーグからの懲罰を真摯に受け止め、再発防止と信頼回復に努めてまいります。今後ともご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます」と声明を発表している。 2020.11.06 15:48 Fri
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly