【超WS選定週間ベストイレブン/J1第24節】C大阪撃破の浦和から最多4名! J1通算300試合出場の倉田秋も

2020.10.26 16:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
明治安田生命J1リーグ第24節の6試合が24日から25日にかけて開催された。超WS編集部が各試合から印象に残った選手を選りすぐり、ベストイレブンを紹介する。なお、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の日程調整の関係で前倒し開催されていたヴィッセル神戸vs川崎フロンターレ、FC東京vs大分トリニータ、横浜F・マリノスvs清水エスパルスは除外している。

GK西川周作(浦和レッズ/4回目)
1失点したものの、C大阪の攻撃に対して冷静に対応。69分にはブルーノ・メンデスのヘディングシュートをビッグセーブで凌いだ。

DF宮澤裕樹(北海道コンサドーレ札幌/初)
キム・ミンテが出場停止のなか、ディフェンスラインをしっかり統率。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督のJ1通算200勝目に一役買った。

DF槙野智章(浦和レッズ/2回目)
22分に身体を張ったカバーリングで相手の決定機を阻止。シュートブロックなど闘志を全面的に出して奮闘した。

DF永戸勝也(鹿島アントラーズ/初)
GK沖悠哉がゴールマウスを離れたなか、茶島雄介との一対一をブロック。最後まで集中を切らさず、クリーンシートに貢献した。

MF長澤和輝(浦和レッズ/初)
同点ゴールのPK奪取に繋がるインターセプト。さらに、マンツーマン気味にマークした清武弘嗣に仕事をさせなかった。

MF三竿健斗(鹿島アントラーズ/2回目)
76分にはエヴェラウドの決勝ゴールの起点になるパスを供給。11キロを超える同試合1位の走行距離で縦横無尽に動き回り潤滑油に。

MF稲垣祥(名古屋グランパス/3回目)
相手GKの好セーブでゴールが遠いなか、いち早くこぼれ球に反応して先制点を記録。この日の走行距離も12キロを超えて、ハードワークを怠らなかった。

MF福田湧矢(ガンバ大阪/初)
クリスティアーノを相手に粘り強い守備を披露。攻撃では上下運動を繰り返し、クロスボールでチャンスを演出した。

MF倉田秋(ガンバ大阪/3回目)
J1通算300試合出場のメモリアルゲームでアデミウソンの決勝ゴールをアシスト。ギャップで受けて多くの決定機を作り出した。

MF汰木康也(浦和レッズ/2回目)
切れ味抜群のドリブル突破からPKを獲得する。さらに、数的不利の状況から左サイドのゴールライン際をすり抜けて3点目を演出した。

FWアンデルソン・ロペス(北海道コンサドーレ札幌/初)
重戦車並のドリブルから1ゴール1アシスト。79分には浮き球で時間を作るビューティフルアシストを披露した。
コメント
関連ニュース
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第29節】J1史上最速優勝の川崎Fからハット達成の家長含めて最多6名を選出!

明治安田生命J1リーグ第29節の6試合が25日に開催された。 超WS編集部が各試合から印象に残った選手を選りすぐり、ベストイレブンを紹介する。 なお、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の日程調整の関係で前倒し開催された横浜F・マリノスvs北海道コンサドーレ札幌、ヴィッセル神戸vs名古屋グランパス、浦和レッズvsFC東京は除外している。 GKヤクブ・スウォビィク(ベガルタ仙台/2回目) 幾度となく強烈なシュートを浴びるも、安定したセービングを披露。試合終了間際にはビッグセーブも飛び出して3試合ぶりの勝利に導いた。 DF平岡康裕(ベガルタ仙台/2回目) 前半終了間際の大事な時間にGKヤクブ・スウォビィクのセービングのこぼれ球をゴールライン上でクリア。守勢が続くも、粘りを見せてクリーンシートに貢献した。 DFジェジエウ(川崎フロンターレ/6回目) 前半に凡ミスもあったものの、パワフルなプレーでパトリックを封殺。カバーリングの出足も早く、広範囲を守った。 DF登里享平(川崎フロンターレ/3回目) ドンピシャクロスで優勝を決めたレアンドロ・ダミアンの決勝点を演出。73分には家長のゴールの起点になるなど、攻守両面で存在感を示した。 MF家長昭博(川崎フロンターレ/3回目) 勝利すれば優勝が決まる古巣との大一番で圧巻のハットトリック。チャンスを確実に決めきる力はさすがの一言。 MF田中碧(川崎フロンターレ/3回目) 豊富な運動量で縦横無尽に動き回り、中盤でファイト。鋭いシュートを放つなど、八面六臂の活躍だった。 MF清武弘嗣(セレッソ大阪/6回目) 10分にチームを5試合ぶりの勝利に導く決勝点。古巣対戦で守勢だったものの、坂元達裕と片山瑛一との流動的なプレーで相手に脅威を与え続けた。 MF竹内涼(清水エスパルス/初) 先制点の始発点になるなど、潤滑油として機能。38分にはバウンドしていたクロスを正確にゴール左隅に突き刺す技ありのゴールも決めて見せた。 MF三笘薫(川崎フロンターレ/5回目) 50分には数的不利ながらも狭い局面でも1人で打開して家長のゴールをアシスト。73分には長い距離を持ち込んで、持ち味のドリブル突破を遺憾なく発揮した。 FWレアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ/3回目) 2年ぶり3回目の優勝を決める先制点をマーク。45分にはCKから家長のゴールをアシストするなど、ポストプレーも秀逸で攻撃陣をけん引した。 FWオルンガ(柏レイソル/7回目) 最前線でターゲットに。75分には決勝点となった2点目をボール奪取からフィニッシュまで1人で完結。クリスティアーノの3点目も身体を張ったポストプレーで起点となった。 2020.11.26 17:35 Thu
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第28節】優勝阻止した立役者を選出!最多は鹿島の3選手

明治安田生命J1リーグ第28節の7試合が21日から22日にかけて開催された。 超WS編集部が各試合から印象に残った選手を選りすぐり、ベストイレブンを紹介する。 <div id="cws_ad">◆優勝ならず!大分トリニータvs川崎フロンターレ<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1m5jhxw0if0ok10s3oe98dv11k" async></script></div> なお、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の日程調整の関係で前倒し開催されたFC東京vs横浜F・マリノス、横浜FCvsヴィッセル神戸は除外している。 GK沖悠哉(鹿島アントラーズ/4回目) 1失点もビッグセーブで最後尾からチームを鼓舞。さらに、自陣からのロングフィードで2点目を演出した。 DFエドゥアルド(サガン鳥栖/4回目) オルンガとの対峙ではほとんど何もさせず。ディフェンスラインを統率するだけでなく正確なビルドアップで最終ラインから攻撃を組み立てた。 DFキム・ヨングォン(ガンバ大阪/3回目) 攻め入られる時間が続いたゲームで身体を投げ出したシュートブロックなどで最少失点に貢献。勝たなければ川崎Fの優勝が決まる一戦で逆転勝利の基盤を築いた。 DF佐々木翔(サンフレッチェ広島/初) 空中戦・対人で激しくコンタクト。組織的な守備でC大阪アタッカー陣を封殺した。 MF山本悠樹(ガンバ大阪/2回目) 左サイドへの大きな展開で同点ゴールを演出すると、左CKから高尾瑠のJ1初ゴールとなる逆転弾をアシスト。守備面でも奮闘して逆転勝利に貢献した。 MF島川俊郎(大分トリニータ/2回目) 中盤の底に構えて躍動する攻撃陣を後押し。技術の高い大島僚太や中村憲剛に厳しくプレスを掛けて自由を奪った。 MFファン・アラーノ(鹿島アントラーズ/2回目) 右に左に顔を出して仙台ゴールに迫った。エヴェラウドの先制点をアシストすると、57分には個人技でシュートコースを生み出し、華麗な股抜きショットでネットを揺らした。 MF野村直輝(大分トリニータ/2回目) 自身で獲得したPKをしっかりと決めて川崎Fの優勝に待ったをかける。両チーム最長の走行距離で動き回り幾度も川崎Fの脅威に。 MFマテウス(名古屋グランパス/6回目) 11分に敵陣中央からスーパーシュートで先制弾をマークすると、56分にふわりとしたクロスでガブリエル・シャビエルのゴールをアシスト。攻守にわたって縦横無尽に躍動して存在感を示した。 FWエヴェラウド(鹿島アントラーズ/2回目) 後半開始早々にヘディングシュートを突き刺すと、右サイドから高精度クロスで3点目をアシストして1ゴール1アシスト。不敗神話継続。 FWアンデルソン・ロペス(北海道コンサドーレ札幌/3回目) 13分に荒野拓馬の負傷によってスクランブル投入となった中で同点弾に逆転ゴールの活躍を披露。5-1の圧巻逆転勝利の口火を切った。 2020.11.23 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第27節】18戦ぶり勝利の仙台エースが古巣相手に圧巻のハットトリック!

明治安田生命J1リーグ第27節の8試合が14日から15日にかけて開催された。超WS編集部が各試合から印象に残った選手を選りすぐり、ベストイレブンを紹介する。 なお、12月9日に予定されている柏レイソルvs大分トリニータは除く。 <div id="cws_ad">◆長沢駿が古巣相手にハットで18戦ぶりの勝利に導く<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=10oqe5yjszwgb17j856h0mafvd" async></script></div> GK谷晃生(湘南ベルマーレ/初) 藤本憲明と一対一の局面を3度迎えるも、鋭い反応とポストを味方につけ全て阻止。再三のビッグセーブで監督もMVPと称賛。 DFオ・ジェソク(名古屋グランパス/2回目) 古巣のストロングポイントであるレアンドロと途中出場の永井謙佑を中谷進之介と共に完璧に封殺。攻撃面でも献身的で前線選手をサポートした。 DF平岡康裕(ベガルタ仙台/初) J1初先発の唐山翔自に経験の差を見せつけるように何もさせず。金正也と共に好調だったG大阪に付け入る隙を与えなかった。 DFファン・ソッコ(清水エスパルス/2回目) ヴァウドと協力してC大阪攻撃陣に自由を与えず。金井貢史の負傷交代後に左サイドバックにポジションを移したが、そつなくこなした。 MF水沼宏太(横浜F・マリノス/初) 正確無比なクロスから前半だけで3アシスト。加えて、後半にはオナイウとのワンツーから完璧なシュートを突き刺した。 MFヘナト・アウグスト(清水エスパルス/3回目) 11kmを超える運動量で攻守に存在感。49分には味方とのパス交換でボックス内に侵入すると、難しい体勢からオーバーヘッドでネットを揺らし、今季初の連勝に貢献した。 MF米本拓司(名古屋グランパス/2回目) 古巣戦で開始から闘志溢れるプレーでアクセル全開。豊富な運動量でピンチの芽を摘んだ。 MFイサック・クエンカ(ベガルタ仙台/初) 先制点のアシストは0.5点分の価値あり。左サイドで抜群のボールコントロールで相手DFを機能不全に追いやった。 MFオナイウ阿道(横浜F・マリノス/初) 本職ではないトップ下でのプレーだったものの、ジュニオール・サントスや前田大然、水沼宏太との距離感が良く、攻撃を牽引。古巣戦で2アシストを記録した。 FWジュニオール・サントス(横浜F・マリノス/2回目) 相手を翻弄したドリブルから先制点を記録すると、巧みなボールコントロールから2点目。3点目も個人技からのゴールでハットトリックを達成した。 FW長沢駿(ベガルタ仙台/初) 古巣相手に圧巻のハットトリック。さらには両チーム最多の12㎞以上を走り、攻守両面で抜群の存在感を披露して18試合ぶりの勝利に導いた。 2020.11.16 13:25 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第26節】12連勝の川崎F撃破の札幌から最多3名を選出! 朴一圭はデビュー戦で好守連発

明治安田生命J1リーグ第26節の6試合が3日に開催された。超WS編集部が各試合から印象に残った選手を選りすぐり、ベストイレブンを紹介する。なお、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の日程調整の関係で前倒し開催されたFC東京vs鹿島アントラーズは除外している。 また、予定されていたベガルタ仙台vs柏レイソルは柏レイソルに新型コロナウイルスの陽性反応者が出たことにより中止に。湘南ベルマーレvs横浜F・マリノスは11日に開催予定となっている。 GK朴一圭(サガン鳥栖/2回目) 鳥栖でのデビュー戦で前半終了間際にマテウスとの一対一をストップした直後に前田直輝の至近距離シュートもセーブ。好守連発で存在感を示した。 DF松田陸(セレッソ大阪/2回目) “大阪ダービー“で4試合ぶりのスタメン復帰。ビルドアップ時には中央へ入るなど効果的な立ち位置で攻撃を支えた。 DFヴァウド(清水エスパルス/2回目) ドウグラスに粘り強く応対。60分には右CKからヘディングシュートでネットを揺らし、平岡新監督初陣で逆転勝利への反撃の狼煙を上げた。 DFキム・ミンテ(北海道コンサドーレ札幌/2回目) レアンドロ・ダミアンのフィジカルに徹底対抗。ディフェンスラインを統率して12連勝中の川崎Fをゼロで抑える。 MF小野瀬康介(ガンバ大阪/2回目) 先制点に繋がるクロスを送る。宇佐美貴史へのスルーパスでも決定機を演出した。 MF荒野拓馬(北海道コンサドーレ札幌/2回目) スタートはトップ下に入り、ゼロトップ気味に攻撃を構築。随所でチャンスに顔を出して65分に追加点をマークした。 MF野村直輝(大分トリニータ/初) 古巣の横浜FCを相手に攻撃の舵取り役として躍動。左CKから島川俊郎のゴールをアシストし、11kmを超えるチーム1位の運動量で逆転勝利の立役者となった。 MF田中達也(大分トリニータ/4回目) 左サイドからのクロスでチャンスを作る。2点ビハインドから追い付いて迎えた後半アディショナルタイムには劇的な逆転弾を頭で決めた。 MF西澤健太(清水エスパルス/2回目) 正確無比なプレースキックから2アシスト。エウシーニョのゴールも演出して新体制白星発進に貢献した。 FWアンデルソン・ロペス(北海道コンサドーレ札幌/2回目) 0-0の状況で61分から送り出されると、1分後に得点。ポストプレーや前線の守備で奮闘して追加点の起点となり、首位を独走する川崎F撃破へ導いた。 FWレアンドロ・ペレイラ(サンフレッチェ広島/2回目) 最前線のターゲットとして奮起。幾度となく決定機に絡むと、76分に狭いスペースでシュートコースを作り同点弾を挙げた。 2020.11.04 17:15 Wed
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第25節】引退発表した川崎Fの“バンディエラ”中村憲剛が40歳の誕生日で圧巻の活躍!

明治安田生命J1リーグ第25節の7試合が10月31日に開催された。超WS編集部が各試合から印象に残った選手を選りすぐり、ベストイレブンを紹介する。 なお、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の日程調整の関係で前倒し開催されていたヴィッセル神戸vsセレッソ大阪、横浜F・マリノスvsサガン鳥栖は除外している。 GKヤクブ・スウォビィク(ベガルタ仙台/初) チームは16試合未勝利と状況は良くないが、この試合でも決定機阻止連発で孤軍奮闘。引き分けに終わったものの、最後尾で立ちはだかる姿はチームの希望に。 DFヴァウド(清水エスパルス/3回目) 激しいチェイシングでFW呉屋大翔を封殺。身体を張ったディフェンスで守り抜き、7試合ぶりのクリーンシートに貢献。 DF丸山祐市(名古屋グランパス/3回目) 守る時間が長かったものの、相棒の中谷進之介とコミニケーションを取りながら鹿島の2トップにほぼ仕事をさせず。試合が荒れていたなか、冷静さを保って最後までプレーした。 DF田中聡(湘南ベルマーレ/初) 現役高校生とは思えない堂々としたプレーで広範囲をカバー。出足の早いインターセプトでトランジションの起点にもなり、果敢な攻撃参加で後方から援護した。 MF山本悠樹(ガンバ大阪/初) 失点の場面ではドウグラス・オリヴェイラにつききれなかったものの、正確なFKからパトリックの決勝点をアシストしてミスを帳消し。リズム良くパスを回して潤滑油にもなった。 MF守田英正(川崎フロンターレ/4回目) 先制点に繋がるPK獲得は彼の意表つくループパスから。バイタルエリアをケアしつつ、チームの舵を取り、チャンスを演出した。 MF井手口陽介(ガンバ大阪/5回目) 相手の股下を通す絶妙なコントロールショットで苦しい時間帯に同点弾。セカンドボールの回収やチャンスメイクなどチームの心臓として存在感を発揮。 MF中村憲剛(川崎フロンターレ/2回目) キャリア初のバースデー弾。40歳の誕生日で“多摩川クラシコ”の主役に。巧みなポジショニングから決勝点を記録して千両役者ぶりを発揮し、翌日には引退を発表した。 MFマテウス(名古屋グランパス/5回目) 先制点に繋がるPKを奪取。守勢の展開で消えている時間もあったが、後半アディショナルタイムに試合を決定づける技ありのループシュートを決めきった。 FW指宿洋史(湘南ベルマーレ/初) 60分のサインプレーは決めきれなかったものの、79分に2試合連続となるゴールを決めて、チームの3試合ぶり勝利に貢献。守備面でもハードワークを怠らず、ファーストディフェンダーの役割を全う。 FWパトリック(ガンバ大阪/初) 空中戦の強さを見せて1stプレーで決勝点。試合終了間際にはゴールライン上で決定機をクリアして単独2位浮上となる勝利を呼び込んだ。 2020.11.02 16:45 Mon
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly