90年ぶり開幕4連勝のアストン・ビラ指揮官「私は言った、歴史を作りにいくと」

2020.10.19 14:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
開幕4連勝を達成したアストン・ビラのディーン・スミス監督が喜びを露わにしている。クラブ公式サイトがコメントを伝えた。アストン・ビラは18日、プレミアリーグ第5節でレスター・シティと対戦した。昨季の1部昇格から2年目を迎えた同クラブは、開幕節のマンチェスター・シティ戦は、相手の過密日程を考慮して延期されているものの、今季初戦となったシェフィールド・ユナイテッド戦以降、開幕3連勝中だ。

前節はリバプールを7-2で下し、歴史的金星を獲得。その勢いのまま乗り込んだキングパワー・スタジアムでは、互いに決定機を作りながらも試合は終盤までゴールレスで推移していく。だが、後半アディショナルタイムに、今夏チェルシーからレンタル加入したMFロス・バークリーが値千金のミドルシュートを突き刺し劇的勝利。

アストン・ビラにとって開幕4連勝は1930-31シーズン以来、実に90年ぶり。この快挙にスミス監督も選手たちを手放しで称賛した。

「私はシーズンのはじめ、選手たちに『我々は歴史を作りにいく』と鼓舞していた」

「私の(プレミアリーグで)最初のシーズンでは、10勝を挙げてどうにか留まることが出来た。地に足着けて謙虚さを保つことが大切だった」

「私の称賛するブレンダン・ロジャーズ監督とそのチームを倒して得たこの成果は本当に大きなものだ。昨季の彼らはトップ4に値するチームだった」

「前回ここで対戦した時はロックダウンの前で、我々は4-0で敗れ去っていた」

「それ考えると今回の勝利は素晴らしいものだ。それは私だけでなく、全スタッフと選手たちにとってもだ」
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッドの次はシティ? ペップがグリーリッシュ獲得を指示

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がアストン・ビラの主将を務めるイングランド代表MFジャック・グリーリッシュ(25)の獲得を切望しているようだ。 今季のプレミアリーグでタイトル奪還を目指しているシティだが、いまいち乗り切れず、開幕から8試合を消化した現時点で1試合未消化分を残すとはいえ、3勝3分け2敗の暫定13位。自慢の攻撃陣もここまで10得点と鳴りを潜め、直近に行われた第9節のトッテナム戦も0-2の完封負けを喫した。 イギリス『インデペンデント』によると、グアルディオラ監督は契約延長に至った交渉でチームのテコ入れを図る必要性を説き、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)やトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(27)らが候補に挙がったという。 ただ、グアルディオラ監督が最も獲得のチャンスがある選手としてみなしているのはイングランド代表にも活躍の場を広げているグリーリッシュ。今月の代表活動中にイングランド代表と対戦した教え子のベルギー代表MFケビン・デ・ブライネともグリーリッシュについて話し合い、その一戦での活躍を評価する様子だったのことだ。 グリーリッシュは今夏にマンチェスター・ユナイテッドの視線も集まったが、推定移籍金7000万ポンド(約97億6000万円)もネックとなり、アストン・ビラに残留。今年9月に5年契約を結び、1億ポンド(約139億4000万円)の違約金が設定されたといわれている。 今年9月にイングランド代表デビューも果たして世界中からの評価が高まるグリーリッシュだが、グアルディオラ監督の熱視線にどのような反応を示すのだろうか。 2020.11.24 15:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ビラ守護神E・マルティネスに自信!「このクラブはヨーロッパの舞台を狙える」

アルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスが、アストン・ビラはヨーロッパの舞台を狙えると確信している。 今夏にアーセナルからアストン・ビラへ活躍の場を移したE・マルティネスは、守護神としてここまでプレミアリーグ全試合に出場。9失点はリーグ最少タイ記録で、クリーンシートも4試合と、6位に躍進するチームを見事に支えている。 順位表も含めて、現在のチーム状況に満足感を示すE・マルティネスは大きな野心を持って移籍したと主張。また、アストン・ビラ移籍をステップダウンとする意見を真っ向から否定した。 「(移籍した)初日からアストン・ビラとヨーロッパの舞台立つという野心を持っていた。僕はこのクラブを可能な限り高いところまで連れて行きたい。僕たちは正しい道を進んでいると思うよ」 「今季はその目標が達成できそうかって? もちろん。だけどそのためには努力し続けなければならない」 「ビラに行こうと決めたのは、監督が信頼できる人だったのと、クラブの野心に惹かれたから。それとどれほどのビッグクラブか知っていたからだよ。アストン・ビラがビッグクラブという認識がない人もいるみたいだけどね」 「そういう人たちは皆、この移籍をステップダウンと言う。だけどいつも言っているようにこれはステップアップだ。本当に良いシーズンを過ごせているよ」 2020.11.11 16:24 Wed
twitterfacebook
thumb

「彼は良いDFじゃない」、グリーリッシュに翻弄されたベジェリンをアーセナルOBが酷評!

アーセナルのクラブOBであるケビン・キャンベル氏が、スペイン代表DFエクトル・ベジェリンを酷評している。イギリス『Football Insider』が伝えている。 アーセナルは8日にホームで行われたプレミアリーグ第8節のアストン・ビラ戦で0-3の完敗。リーグ15位の9得点という相変わらずの得点力不足に加え、この試合では安定傾向にあった守備でも低調なパフォーマンスに終始し、イングランド人FWオリー・ワトキンスに2ゴールを許すなど、リバプール戦と並ぶ今季最多失点となった。 この惨敗はチーム全体の低調なパフォーマンスが大きな原因だが、とりわけ守備面で足を引っ張ってしまったのが、右ウイングバックでプレーしたベジェリンだ。同選手はマッチアップしたイングランド代表MFジャック・グリーリッシュに翻弄される場面が多く、右センターバックに入ったイングランド人DFロブ・ホールディングと共に相手の攻めどころとなってしまった。 そのため、アーセナルの下部組織出身でトップチームやエバートンで活躍したストライカーのキャンベル氏は、ビラ戦でのベジェリンの守備に関して強い言葉で非難している。 「アルテタはチームのパフォーマンスと屈服ぶりにショックを受けたはずだ」 「ベジェリンは良いディフェンダーではない。そして、ジャック・グリーリッシュを相手にそのことを露呈した」 「グリーリッシュはエミレーツの左サイドを駆け回っていた。そういった中でディフェンスは相手のウイングに対して一対一で守れなければならない」 「とりわけ、グリーリッシュのようなボールプレーヤーに対しては自分の形に戻るだけでは十分ではない。ボールプレーヤーはディフェンスの周囲を動き回って常に出し抜こうとする。グリーリッシュやバークリーがやったようにね。したがって、ディフェンスはボールに対しても影響を与えていく必要がある」 「もちろん、ベジェリンは周囲の助けを得ることができなかった。多くの人はロブ・ホールディングにそれを期待していたが、彼は復帰したばかりだった。そして、オリー・ワトキンスはホールディングがまだまだ錆び付いていることを明らかにした」 2020.11.11 16:13 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、アストン・ビラにホームで3失点完敗…今季2度目の連勝はならず《プレミアリーグ》

アーセナルは8日、プレミアリーグ第8節でアストン・ビラとホームで対戦し、0-3で完敗した。 前節マンチェスター・ユナイテッドに辛勝しリーグ戦3試合ぶりの勝利を飾った9位アーセナルは、3日前に行われたヨーロッパリーグでヨーロッパリーグ(EL)でも主力を温存しながらモルデに快勝を収め、好調を維持している。 リーグ戦2連敗中と開幕当初の勢いを失いつつある8位アストン・ビラをホームに迎えたアーセナルは、ELから先発メンバーを9人変更。オーバメヤンやラカゼット、ウィリアン、サカ、パルティらが主力が先発に復帰した。 試合は開始46秒でアストン・ビラがゴールネットを揺らす。ボックス左横でパスを受けたグリーリッシュが中に切り込みながらラストパスを供給。これをボックス内に駆け上がったJ・マッギンがワントラップから豪快な左足のシュートを叩き込んだ。 このゴールでアストン・ビラの先制かと思われたが、VARが入り、J・マッギンとGKレノの間のオフサイドポジションにいたバークリーがプレーに関与したとの判定でゴールは取り消しとなった。 その後は一進一退の展開が続いたが、再びネットを揺らしたのはアウェイチームだった。25分、バークリーのパスでボックス左に抜け出したターゲットがDFとGKの間にダイレクトクロスを供給。これが逆サイドを駆け上がったトレゼゲのブロックに入ったサカのオウンゴールを誘い、アストン・ビラが先制した。 先制を許したアーセナルは41分にチャンス。オーバーラップしたティアニーの左クロスをファーサイドに駆け上がったラカゼットが頭で合わせたが、このシュートは枠に上に外れた。 迎えた後半、1点を追うアーセナルはパルティを下げてダニ・セバージョスを投入。すると55分、ボックス左横でFKを獲得すると、キッカーのウィリアンがトリックプレーをチョイス。ボックス中央手前でパスを受けたティアニーの落としから最後はセバージョスがコントロールシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。 さらに61分には、右CKのセカンドボールをセバージョスが繋ぐとボックス左から侵入したガブリエウのクロスをホールディングが左足で合わせたが、シュートはわずかにゴール左に外れた。 ゴールが遠いアーセナルは、65分にラカゼットとウィリアンを下げてエンケティアとペペを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはアストン・ビラだった。 72分、中盤でボールを受けたドウグラス・ルイスがボックス左へロングパスを送ると駆け上がったバークリーが左足ボレーで折り返すと、ゴール前に走り込んだワトキンスがダイビングヘッドでゴールに叩き込んだ。 畳みかけるアストン・ビラは75分にも、自陣からのロングカウンターで複数のDFを引き連れてボックス付近まで運んだグリーリッシュの丁寧な落しに反応したワトキンスがボックス左から見事なコントロールシュートをゴールに流し込み、試合を決定づける3点目を挙げた。 結局、試合はそのまま0-3でアーセナルは完敗。一方のアストン・ビラは、3試合ぶりの勝利で6位まで順位を上げている。 2020.11.09 06:18 Mon
twitterfacebook
thumb

バンフォードがハットのリーズ、アストン・ビラの開幕からの連勝を4でストップ!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第6節、アストン・ビラvsリーズが23日に行われ、0-3でリーズが勝利した。 開幕4連勝と最高のスタートを切ったアストン・ビラと、2勝1分け2敗スタートとなったリーズの一戦。 グリーリッシュやバークリー、ドウグラス・ルイスらが先発となったアストン・ビラと、ロドリゴやエウデル・コスタ、バンフォードらがスタメンとなったリーズの試合は、リーズが積極的な入りを見せる。 4分にバンフォードの際どいダイビングヘッドでゴールに迫ったリーズは、12分には左サイドのアリオスキのチャンスメークからロドリゴが決定的なシュートを浴びせた。 劣勢のアストン・ビラは17分、バークリーのミドルシュートでゴールに迫ると、26分に決定機。味方のシュートのルーズボールをボックス左のグリーリッシュがシュート。だが、ゴールカバーに入ったエイリングの好クリアに阻まれた。 前半半ば以降は膠着した展開となった中、44分にリーズにチャンス。だが、バンフォードが左クロスに合わせたシュートは枠を捉えきれなかった。 迎えた後半、52分にグリーリッシュが個人技でGK強襲のシュートを浴びせたアストン・ビラは54分にも決定機。右CKからコンサのボレーシュートが枠を捉えたが、GKメリエの好守に阻まれた。 すると55分、リーズが先制する。カウンターに転じた流れから、ボックス左に侵入したロドリゴのシュートのルーズボールをバンフォードが詰めた。 さらに67分、リーズがファインゴールで加点する。クリッヒのパスをバイタルエリアで受けたバンフォードが前を向き、ペナルティアーク右から左足を一閃。強烈なシュートがゴール右上に突き刺さった。 そして74分、バンフォードがハットトリックを達成する。ボックス右でエウデル・コスタのパスを受けたバンフォードがDF4人に対応されながらも巧みなステップからのコントロールシュートでゴール左に蹴り込んだ。 勝負を決定付けたリーズは終盤にかけて、ロドリゴやエウデル・コスタをお役御免とした中、アストン・ビラの反撃を許さずに3-0で勝利。3勝目を挙げ、アストン・ビラの開幕からの連勝を止めている。 2020.10.24 05:56 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly