幻ゴールのヘンダーソン「無情な判定だね」 ファン・ダイクと交錯した相手守護神からの謝罪も明らかに

2020.10.18 13:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが17日に敵地で行われたプレミアリーグ第5節のエバートン戦後、自身の幻ゴールに対する心境を語り、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを負傷交代に追い込んでしまった相手選手の謝罪を明かした。プレミアリーグ連覇を目指すリバプールは代表ウィーク明けの初戦で開幕から無傷の4連勝で首位を走る宿敵エバートンと激突。2-7の衝撃的なスコアで敗北したアストン・ビラとの前節を払拭する結果が求められたが、2度のリードを守り切れず、2-2のドローに終わった。

この試合にフル出場した主将のヘンダーソンは2-2の後半アディショナルタイムにゴールネットを揺らしたが、ビデオアシスタントレフェリー(VAR)判定でセネガル代表FWサディオ・マネのオフサイドを取られ、幻に。際どい判定に賛否の声が挙がっている。

ヘンダーソンは試合後、イギリス『BT Sport』で自身のゴール取り消し判定に肩を落としつつ、来週からスタートするチャンピオンズリーグ(CL)の戦いに目を向ける姿勢を示した。

「(判定は)無情だね。僕らは勝利に値した。パフォーマンスに関してはすごく満足している。3ポイントを手にできなかったのは残念だが、ポジティブにとらえて、前に進む。常に何が大事なのかを意識する僕らは次の試合、アヤックス戦のことを考えている」

また、ファン・ダイクと交錯したエバートンのイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードとの試合後におけるやりとりの一部を明らかに。「ジョーダンは試合後に詫びに来た。ヴィルヒルへの伝達を頼まれたよ」と話している。
コメント
関連ニュース
thumb

FIFA年間最優秀監督賞候補にフリックやクロップら5人の名将が選出

国際サッカー連盟(FIFA)は25日、2020年の『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の年間最優秀監督賞候補5名を発表した。 今回有識者によって選出された年間最優秀監督賞候補には、昨シーズンのバイエルンでチャンピオンズリーグ(CL)、ブンデスリーガ、DFBポカールのシーズントレブルを達成したハンジ・フリック監督を筆頭に錚々たる名将が選出された。 本命のフリック監督以外ではリバプールに史上初のプレミアリーグのタイトルをもたらしたユルゲン・クロップ監督、セビージャでヨーロッパリーグ(EL)制覇を成し遂げたフレン・ロペテギ監督、レアル・マドリーに3シーズンぶりのラ・リーガのタイトルをもたらしたジネディーヌ・ジダン監督が順当に選出。 その中でやや意外な選考となったのが、フットボール界の鬼才と評されるリーズ・ユナイテッドのマルセロ・ビエルサ監督。フットボール界で多くの尊敬を集めるアルゼンチン人指揮官は、昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)を制してリーズを16年ぶりのプレミアリーグに復帰させたが、トップディビジョン以外でのリーグタイトルでの候補入りは異例と言える。 なお、FIFAの公式サイトでは3名の最終候補を選出するファン投票を実施中で、ここに全世界200以上のメディア、FIFA加盟国の代表監督とキャプテンの投票が加わり、12月17日にチューリヒで行われるセレモニーの場で受賞者が発表される予定だ。 2020.11.26 02:25 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールへの大敗は繰り返さないと誓うガスペリーニ「多くのプレゼントは与えない」

アタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)で前回大敗したリバプールへのリベンジに自信を持っているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 アタランタは現在CLのグループステージで3位となっており、決勝トーナメント進出のためこれ以上の敗北は避けたい状況だ。しかし、25日のCLグループD第4節で対戦するリバプールには、前回はホームにもかかわらず0-5のスコアで大敗しており、厳しい一戦が予想される。 しかし、試合前日会見に臨んだガスペリーニ監督は、チームが前回のような姿をさらすことはないと、自信を口にした。 「非凡なことを成し遂げているトップチームを相手にするのだから、非常に難しい試合になるだろう。我々はCL出場という大きな成果を得ているが、これをチャンスと捉え良いパフォーマンスを発揮したい。そのために必要なものは既に持っているのだから」 「我々が前回以上のプレーを見せなければならないのは明らかだ。あのような大敗を招いたときと同じミスはできない。相手の質の高さは知っているが、前回と違い多くのプレゼントを与えないことには自信を持っている。チーム全体のバランスを考える必要があるし、リバプールが長所を活かせる大きなギャップは作らないようにしたい」 「昨季からチームは変わったが、この2年間CLへの出場権を得られている。ヨーロッパリーグ(EL)とのレベルの違いを実感しているが、せっかくの機会を得た以上、学びを止めることは決してしない」 また、ガスペリーニ監督はインタビューの中で、リバプール戦がアタランタのベンチで迎える200試合目であることにも触れている。 「幸いなことにこの数年間は苦い瞬間がほとんどなく、常に最高潮を繰り返してきた。これから更に高いレベルでピークを迎えたいと願っている」 「CLに出ている他クラブと比べてリソースに劣る以上、成功を繰り返すのは簡単ではない。間違いを犯すわけにはいかないからね。でも、こうした状況はとてもエキサイティングだ」 2020.11.25 18:47 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第4節プレビュー②】バイエルン、リバプール、シティに突破の可能性

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節の8試合が25日に開催される。ここではA~Dの第4節のマッチプレビューを紹介していく。 ◆グループA: 突破の可能性あるバイエルンに奥川が再挑戦 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201124_14_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《29:00》 アトレティコ・マドリーvsロコモティフ・モスクワ バイエルンvsザルツブルク 前節はMF奥川がバイエルン相手にCL初ゴールを決めたものの、王者バイエルンが貫禄の3連勝スタートとしたグループA。一方でバイエルンに次ぐ突破候補のアトレティコがロコモティフ・モスクワに引き分け、1勝1分け1敗スタートとやや躓いている。迎える第4節では4連勝を目指すバイエルンに突破の可能性がある。 前節ザルツブルク戦では2点のリードを一時は追い付かれたものの、終わってみれば6発圧勝としたバイエルン。直近のブレーメン戦では代表帰りの選手たちをベンチスタートとしたことで引き分けに終わったが、ブンデスでは首位をキープ。ここでグループステージ突破を決め、リーグに集中できる環境としたい。 対するザルツブルクは奥川のゴールで一時追いつく善戦を見せたが、結果的には大敗となってしまった。ゴールを含め、好プレーを見せた奥川がバイエルン相手に2戦連続ゴールを叩き込めるかにも注目だ。 アトレティコは前節ロコモティフ戦では相手GKギリョルメの躍動と、厳しいVARによるPK被弾で引き分けに持ち込まれた。思うように勝ち点を積み上げられずにいるが、直近のラ・リーガではバルセロナ相手にウノゼロの勝利を飾った。シメオネ体制下でのリーグ戦初勝利を飾って勢いに乗る中、2位キープのための勝利となるか。 ◆グループB:最下位インテル、生き残りを懸けたマドリーとのリターンマッチ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201124_14_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《26:55》 ボルシアMGvsシャフタール 《29:00》 インテルvsレアル・マドリー 前節はグループBの突破候補本命と見られながらも未勝利同士の対戦となった中、レアル・マドリーがインテルに競り勝つ結果となった。そしてシャフタールに6発圧勝としたボルシアMGがグループ首位に立っている。迎える第4節、生き残りを懸けた最下位のインテルがマドリーをホームに迎える。 ここまで2分け1敗と苦戦が続くインテル。勝利してもおかしくない試合がありながらも勝ち点を取り損ねている中、直近のトリノ戦では2点のビハインドを負う逆境からFWルカクが4ゴールに絡む活躍を見せて見事な逆転勝利を見せた。この勢いをCLに持ち込めるかに注目したい。 一方、インテル戦では2点のリードを追いつかれながらも最終的にはFWロドリゴの決勝弾で競り勝ったマドリー。初勝利を挙げて1勝1分け1敗とした中、背水の陣で向かってくるインテルを返り討ちにできるか。ラ・リーガでは苦戦が続いているだけにCLグループステージ突破への道筋を付けておきたい。 FWプレアのハットトリックでシャフタールを粉砕したボルシアMG。初勝利を挙げて1勝2分けとし首位に浮上した中、ホームに迎えるシャフタールとの再戦で返り討ちとして首位キープとなるか。 ◆グループC: シティに突破の可能性、2戦連続日本人対決実現なるか <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201124_14_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《26:55》 オリンピアコスvsマンチェスター・シティ 《29:00》 マルセイユvsポルト 本命のシティが順当に3連勝スタートとしたグループC。そして日本人対決が実現した中、ポルトがマルセイユに快勝として2位をキープしている。迎える第4節、4連勝を目指すシティに突破の可能性がある。 前節オリンピアコス戦を3-0と快勝したシティは、プレミアリーグでは直近のトッテナム戦を0-2と敗れて現在13位と苦戦が続いている。プレミアリーグに集中するためにもここはオリンピアコスに連勝として一気にグループステージ突破を決めておきたい。 ポルトMF中島が途中出場、マルセイユDF酒井がフル出場した日本人対決は、ポルトに軍配が上がった。ここでポルトが勝利すればグループステージ突破をほぼ確実な状況にできるため、連勝を狙いたいところ。途中出場が続いている中島とマルセイユ不動の右サイドバックである酒井のマッチアップが今度こそ見られるかに注目したい。 ◆グループD: 4連勝目指すリバプールに突破の可能性 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201124_14_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《29:00》 アヤックスvsミッティラン リバプールvsアタランタ 前節はリバプールが敵地でのアタランタ戦をFWジョタのハットトリックなどで5発圧勝する圧巻の戦いぶりを見せた。そしてアヤックスがミッティランに競り勝って初勝利を挙げ、2位に浮上している。迎える第4節、4連勝を目指すリバプールに突破の可能性がある。 前節アタランタ戦ではリバプールがインテンシティに優れるアタランタの良さを全く出させずに完勝とした。CLとプレミアリーグで好結果を残しているリバプールだが、守備陣を中心にケガ人が続出し、FWサラーもコロナ陽性と欠場者が多数いる。逆境が続く中、アタランタを返り討ちにし、一気にグループステージ突破を決めてプレミアリーグに集中できる環境を手に入れられるか。 対するアタランタはリバプールに粉砕された後、セリエAでは2戦連続ドロー。とりわけ直近のスペツィア戦では低調な内容だった中、難攻不落のアンフィールドから勝ち点を持ち帰ることはできるか。 2020.11.25 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スタジアム外でファンのサポートを実感するジョタ「SNSや街頭で彼らを感じられている」

リバプールのポルトガル代表FWジオゴ・ジョタは、無観客試合が続いている状況でもファンのサポートを感じているようだ。クラブ公式サイトが伝えた。 今夏にウォルバーハンプトンから加入し、瞬く間にチームにフィットしたジョタ。ここまでの公式戦12試合で8ゴールを決めており、アンフィールドではデビューから4試合連続ゴール中と、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いとなっている。 こうした活躍により、ジョタはファンの選ぶ10月の月間最優秀選手に選出。インタビューに応じたポルトガル代表FWは、「これからもハードワークを続けて、チームのために結果を出し続けたいね」とコメントしている。 さらに、ジョタはインタビューの中で、スタジアムにファンがいない寂しさを感じつつも、それ以外の場所で常にサポートを感じていると語った。 「初ゴールを決めたときにも言ったんだけど、スタジアムが満員だったらより特別な瞬間になっているだろうなと思った。でも、SNSや街頭なんかでファンの皆が声をかけてくれる。だから僕は、彼らを感じられているんだ」 「もちろん、それとスタジアムにファンがいるかどうかは別の話だね。叶うなら、早くファンに戻ってきて欲しい。でも、僕は彼らのサポートを感じているし感謝しているよ。そして前にも言ったように、試合に勝ち続けられるようにしたいね」 また、ジョタは3-0のスコアで完勝したプレミアリーグ第9節のレスター戦についても触れており、あの勝利がチームにさらなる自信を与えたと話している。 「この前の試合は、僕らが正しい道を歩んでいると示してくれた。クリーンシートもリーグではあまり達成できていなかったから、本当に重要だったね。3得点した以外にも多くのチャンスを作れたし、正しい道を歩んでいると思う。これからも努力を続けて、結果を出していきたい」 2020.11.25 16:40 Wed
twitterfacebook
thumb

フィルミノの重要性を強調するクロップ「彼は12種類の楽器を奏でられるような選手」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、批判も見られるブラジル代表FWロベルト・フィルミノを全面的に擁護している。クラブ公式サイトが伝えた。 フィルミノは今シーズン公式戦13試合に出場しており、高い献身性と巧みなチャンスメイクなどで大きな貢献を果たしているが、ゴール数は「2」とやや物足りない数字になっている。 今夏にチームへ加入したFWジオゴ・ジョタが公式戦12試合で8ゴールを決めていることもあり、メディアからはフィルミノをベンチとし、ジョタを3トップの一角に据えることを提言する声が多く聞かれていた。 しかし、クロップ監督はそうした声に惑わされることはなく、フィルミノがチームにとってどれだけ貴重な存在であるかを語っている。 「ボビー(フィルミノの愛称)にとって得点は常に重要だが、それがなくても彼は完璧な選手さ。フットボールはオーケストラのようなものなんだ。大きな音で演奏する人がいる一方、それほど大きくない音で演奏する人もいる。だが、そういうプレイヤーだってリズムを取るためには不可欠なのだ」 「ボビーは信じられないほど重要な存在であり、我々のオーケストラにおいて12の楽器を演奏していると言っていい。彼は我々のリズムに欠かせない存在だよ。ありがたいことに、彼がいなくても演奏は可能だが、ピッチに彼がいる方が良い。試合出場数を見れば、私がボビーを気に入っているのは明らかだね」 また、クロップ監督はフィルミノがプレミアリーグ第9節のレスター戦で得点した際、ピッチ上のほとんどのチームメイトが祝福したことにも言及。チームの態度を称賛している。 「ボビーについて私は何も心配していないが、ゴールを決めるのは時々助けになることがある。そして、(レスター戦の)ゴールはとても重要なものだった」 「私がこのゴールで一番気に入ったのは、セレブレーション時の選手たちの反応だね。選手たちは新聞などを読み、(フィルミノに)批判があると知っていた。だから、彼らはボビーがゴールを決めたことを本当に喜んでいたし、絶対に正しいことだと感じていたんだよ」 2020.11.25 16:02 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly