【2022年カタールへ期待の選手vol.55】柴崎&航コンビに中山も台頭したボランチ陣。ハリルの申し子は巻き返しを図れるか?/井手口陽介(ガンバ大阪/MF)

2020.10.18 12:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
森保ジャパンの約1年ぶりの代表活動となった10月オランダ2連戦(ユトレヒト)は1勝1分という悪くない結果で終了した。9日の初戦・カメルーン戦は長期間のブランクと選手たちの過度な気負いで前半は守備が空回りしたが、後半から3バックにシフトしたことで修正が図られ、全体に落ち着き、スコアレスドローに持ち込んだ。13日のコートジボワールとの2戦目はその流れを踏襲し、守りの安定度が向上。けれども、攻撃の方は迫力不足を露呈した。最終的には植田直通(セルクル・ブルージュ)の劇的ヘディング弾が飛び出し、1-0の勝利をモノにしたが、アタッカー陣は不完全燃焼感を色濃く感じたことだろう。

こうした中、前進を示したポジションの1つがボランチだ。今回は柴崎岳(レガネス)、遠藤航(シュツットガルト)、中山雄太(ズウォレ)、板倉滉(フローニンゲン)という4枚が招集され、1戦目は柴崎・中山、2戦目は柴崎・遠藤のコンビで戦った。前者は中山が大きな成長が示し、後者は同級生コンビが好連携が光った。とりわけ、ブンデスリーガ1部初挑戦の遠藤航が今季クラブで示している通りの力強さと球際の激しさ、攻守両面での献身性を前面に押し出したことは特筆すべき点。森保一監督にとっても朗報と言えるだろう。

この3人がポジション争いで一歩リードしたのは間違いないが、今夏ロシアに赴いた橋本拳人(ロストフ)も控えているし、国内組にも優れた人材はいる。その筆頭が今季ガンバ大阪で軸を担っている井手口陽介だ。遠藤保仁のジュビロ磐田移籍もあり、24歳になった「ハリルホジッチ監督の申し子」の存在価値は古巣復帰1年が経過し、鋭いパフォーマンスを取り戻している。もともとボール奪取能力には定評があったが、その強みが研ぎ澄まされたうえ、積極的に攻撃にも絡み、意欲的にミドルシュートも打っている。遠藤がチームを離れた今、生え抜きボランチは「自分がやらなアカン」という気持ちが強めているはず。そういう意味で、彼の復活が非常に興味深い。

そもそも井手口は2018年ロシアワールドカップに参戦するはずの人間だった。ご存じの通り、ハリル監督時代はレギュラーに抜擢され、日本が6大会連続世界切符を獲得した2017年8月のオーストラリア戦(埼玉)で強烈なダメ押し弾をゲット。眩いばかりの輝きを放った。同年12月のEAFF E-1選手権(東京)でも中盤の軸として奮闘。そこで韓国に4失点粉砕された経験も踏まえ、2018年1月に欧州挑戦を決断。イングランド1部・リーズ・ユナイテッドの一員となった。

しかし、そこからレンタルされたスペイン2部のクルトゥラス・レオネッサでは言葉や文化、習慣の問題から異国になじめず、出番を得られず苦しんだ。それに加えて、4月のハリル解任というショッキングな出来事が重なり、ほぼ手にしたと思われていたロシア行きを逃してしまう。事前合宿までは帯同していただけに、本人も悔しさひとしおだったに違いない。そんな屈辱を晴らすべく、同年夏にはドイツ2部のグロイター・フルトに2度目のレンタルに出たが、今度は右ひざ後十字じん帯断裂と半月板損傷という2度の重症を負い、「海外で成長したい」という思いは叶わなかった。

数多くの挫折を経て、彼は2019年夏に古巣・ガンバに戻ったわけだが、当初はコンディションが上がらず苦しんだ。「井手口は公式戦から長い間遠ざかっていた。自分でトレーニングはしていたが、実戦感覚がまだ戻っていない。もう少しかかる」と宮本恒靖監督も長期化を覚悟していた。そうやって辛抱して使い続けてくれた指揮官に応えるべく、井手口自身も奮起。試合を重ねるごとに復調していった。

「ツネさんが使ってくれているから、期待に応えたい気持ちは絶対にある。誰よりも最後まで走り抜きたいです。厳しい状況なった時、プレーで若手を鼓舞できる存在になれればいい。僕はこのチームの若手の中ではいろんな経験がある方なんで、それを還元できればいいと思ってます」と本人も海外挑戦前とは異なる心境を吐露した。自分がガンバをリードすることで、復帰させてくれた恩に報いたいと強く願っていたからこそ、こういった発言をしたのだろう。

あれから1年が経過し、コンディション自体は以前に近いところまで戻ってきた。あとは攻守両面でより大きな仕事をするだけだ。今季の彼はここまでリーグ全22試合に出場。2得点を挙げているが、もっともっと得点に絡んでいけるはず。国内でのプレーを選択した以上、柴崎や遠藤航、中山らに勝ちたいなら、武器のボール奪取力や豊富な運動量のみならず、「点の取れるボランチ」に飛躍することが肝要なのだ。

同じガンバのアカデミー出身の先輩・稲本潤一(相模原)は2002年日韓ワールドカップでの2ゴールに象徴される通り、「守れて点の取れるボランチ」として一世を風靡した。彼ほどのサイズのない井手口にあそこまでのダイナミックさが出せるかは未知数だが、2017年の絶好調時を振り返ってみれば、そのレベルに到達できる可能性はありそうだ。かつて日本代表で一緒に戦った山口蛍(神戸)も「陽介はホントいい選手」と絶賛していた。その非凡な能力を再び代表の大舞台で発揮できる時は来るのか。全てはガンバでの一挙手一投足と活躍度にかかっている。

【文・元川悦子】
長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。
関連ニュース
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.75】欧州5大リーグ参戦で吉田・冨安鉄板コンビを崩す。セルビア戦でその布石を!/植田直通(ニーム/DF)

吉田麻也(サンプドリア)と冨安健洋(ボローニャ)という森保ジャパンの鉄板センターバック(CB)コンビが揃ってU-24日本代表に回り、通常とは異なる編成を強いられている6月シリーズの日本代表守備陣。 6月3日のU-24日本代表戦では谷口彰悟(川崎フロンターレ)と植田直通(ニーム)、7日の2022年カタールワールドカップ(W杯)2次予選・タジキスタン戦(吹田)では昌子源(ガンバ大阪)と中谷進之介(名古屋グランパス)のコンビで戦ったが、4人の序列は混とんとした状態。U-24の方にも5月28日のミャンマー戦(千葉)で吉田とコンビを組んだ板倉滉(フローニンヘン)がいて、誰が最終予選に生き残るか分からない。 それだけに、今シリーズ最強の敵と目される11日のセルビア戦(神戸)は重要な試金石と言っていい。イングランド・プレミアリーグ活躍中のアレクサンダル・ミトロビッチ(フルアム)ら攻撃陣の主力は来日しなかったものの、ネマニャ・グデリ(セビージャ)らを擁する手強い相手なのは間違いない。彼らを完封できれば、確実に評価は上がる。 この一戦に闘志を燃やしているのが、2021年1月にフランス・リーグ・アン参戦を果たした植田直通だ。 「個の部分で勝つのは当たり前。局面では自分の個の強さだったり、1人1人の強さが重要になるので、そこでは絶対に負けたくない。それに加えて、日本のよさである組織で守るよさも必要になってくると思います」と対人守備に絶対的自信を持つ26歳の大型DFは目をぎらつかせていた。 ご存じの通り、植田は2018年ロシアW杯メンバーの1人だ。が、フィールドプレーヤーでは遠藤航(シュツットガルト)、大島僚太(川崎フロンターレ)とともに出番なし。ラウンド16・ベルギー戦で相手がパワープレーを仕掛けてきた際、「植田を出すべきだった」と主張する関係者も少なくなかったが、あの時点では西野朗監督(現タイ代表)の絶対的信頼を勝ち得ることができなかったのだろう。 この悔しさを糧にベルギー1部のセルクル・ブルージュへ移籍。熊本・大津高校から2013年に常勝軍団・鹿島アントラーズ入りして5年半は「強いチームでの守り方」を実践してきたが、新天地は下位争い常連チーム。植田自身も大きな環境の違いに苦しんだ。 「このチームをどう立て直すのかが、今の僕に求められること。『神様が与えた試練』だと思ってます。それに日本では身体的に必ず勝てた。普通に飛ぶだけで勝てた相手が沢山いました。だけどこっちでは2m超のFWも結構いるし、速くて強い選手もかなりいる。そういう相手にどう向き合っていくかというテーマに挑み続けています」と植田は2シーズン目を迎えた2019年秋、難しさを語っていた。 そこで大事になるのが、相手を自由に競らせないポジショニング。それで勝負が決まると植田は考え、細かい位置取りにこだわるようになった。相手の出足を遅らせ、バランスを崩せればゴールの確率も下がる。その駆け引きを覚えたことは大きな収穫だったという。 「もう1つ欧州で感じたのは、こっちのDFのスライディング第一という価値観。『マークを外されても最後にスライディングで当てればそれでいいや』くらいの気持ちがあるし、技術もある。僕はもともとスライディングをする選手じゃなかったけど、吸収できるものは全てした方がいいと思って貪欲に取り組んでいます」と植田は新たな自分になろうと躍起になっていた。 高みを追い求める貪欲さは、今年1月にフランスへ赴いてからより一層、強まった。欧州5大リーグの1つである同国で活躍するアタッカー陣はとにかく屈強でパワフルだ。ムバッペやネイマール(PSG)のような世界トップ選手もいて、彼らを止めるには自分自身をもう一段階二段階引き上げないといけないと気付いたからだ。 「フランスでは少しでも距離感を空けてしまえば、完全に失点してしまう。相手のゴールを決め切る力は相当レベルが上がったと思うので、少しでもポジショニングを間違えれば即失点につながる。そこへのこだわりはより強くなりましたね」 今回のセルビアは、欧州3年間の積み重ねを発揮する絶好の相手。目下、植田は昌子、板倉らと代表CB3番手争いをしている立場だが、ここで一気に差をつけ、吉田・冨安の牙城を崩すためにも、今ここで圧倒的存在感を見せつけることが必要だ。 「今回、麻也君たちがいないってことで、リーダーシップやゲームを読む力がより求められてくると思います。攻撃陣が前へ前へ行きたい気持ちも分かりますけど、後ろから見ていて気付いた部分を発信することも大切。『ここは1回落ち着かせよう』とか自分たちの声掛けでゲーム展開も違ってくる。チームの勝利のためにそういったアクションも起こしていきたいと思ってます」 そうやってチーム全体をコントロールできる「大きな器」と「安定感」を示せれば、森保一監督も植田を鉄板CBと同格に位置付ける可能性が高い。となれば、最終予選も主力の1人として戦えるだろうし、前回ピッチに立てなかったW杯の大舞台にも手が届く。 同じ2016年リオ・デ・ジャネイロ五輪組の遠藤航がドイツで飛躍的成長を遂げたのも、やはりロシアで味わった屈辱をエネルギーにしているから。今や日本代表の心臓となった同世代の盟友に植田も続くことができるはずだ。 いずれにせよ、まずはセルビア戦をしっかり戦うことが肝心。今回は日本代表における彼の立ち位置を左右する大きな分岐点になりそうだ。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.06.11 17:55 Fri
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.74】オーバーエージ抜きFW陣のけん引役。ガーナ戦の1得点1アシストで「チームを勝たせる仕事」を遂行/上田綺世(鹿島アントラーズ/FW)

3日に急きょ組まれた日本代表との"兄弟対決"を東京五輪・当落選上メンバー主体の編成で戦ったU-24日本代表。攻撃陣も田川亨介(FC東京)を最前線に据え、その後ろに三好康児(アントワープ)、久保建英(ヘタフェ)、遠藤渓太(ウニオン・ベルリン)の欧州組トリオを並べる布陣で挑んだ。 しかし、個人個人の生き残りへの意識が空回りしたのか、森保一監督が重視する連携・連動を欠き、チームとしての崩しが見られなかった。結果的にも0-3。前後半の立ち上がりに失点を重ねるという試合運びの悪さを露呈。オーバーエージ枠で加わった新キャプテン・吉田麻也(サンプドリア)も「ハッキリ言って1点目のような失点を大会でやってしまうと、大会自体が終わってしまう可能性がある」と苦言を呈していた。 5日のU-24ガーナ戦(福岡)では同じ轍を踏むわけにはいかない。札幌から福岡への移動日だった4日に予期せぬ悪天候に見舞われ、いったん新千歳空港へ到着しながら、再び札幌ドームに移動してブルペンで練習し、夜に飛行機に乗るというドタバタを強いられた分、コンディション面では難しさがあっただろうが、それを言い訳にはできなかった。今回は吉田、酒井宏樹(マルセイユ)、遠藤航(シュツットガルト)のオーバーエージ3人を含めたベスト布陣を組んだだけに、東京五輪本番の初戦・南アフリカ戦を想定したいい入りを見せる必要があった。 こうした中、大きな重責を背負ったのが、最前線に陣取った上田綺世(鹿島アントラーズ)。森保一監督がオーバーエージ枠で大迫勇也(ブレーメン)を招集しなかった分、彼に課せられる役割がより大きくなると見られたからだ。 「もともと代表に呼ばれるということは国を背負うということ。その覚悟を持って僕は戦っていますし、それは鹿島でも変わらない。何をもってエースというのか分からないですけど、僕はFWである以上、試合に勝たせるための点を取るのが仕事だと思っている。U-24代表通算で僕が一番多く点を取っているかもしれないですけど、目の前の試合で点を取ることが重要。FWとしての責任を持ってプレーしていきます」と上田は改めて強い決意を胸に秘め、福岡・ベスト電器スタジアムのピッチに立った。 長距離移動に厳格なコロナ対策の疲労、年齢的に日本より年下と三重苦を強いられたガーナが相手ということもあり、日本は序盤から敵を圧倒した。上田は献身的な守備でチームに貢献。開始16分の堂安律(ビーレフェルト)の先制弾のシーンではゴール前に飛び込んでマークを引き付ける黒子の働きをしてみせた。 ここまでは自分のリズムでボールを受ける機会が少なかったものの、前半32分には大きな見せ場が訪れる。久保建英(ヘタフェ)のスルーパスに抜け出し、ゴールライン際のところから中央にラストパス。そこに久保が飛び込み、左足で豪快にネットを揺らす。上田の巧みな動きが2点目を演出したのである。 前半を3-0で折り返した日本は後半も攻撃の手を緩めなかった。立ち上がり早々に相馬勇紀(名古屋)が4点目を叩き出し、迎えた11分、上田は左サイドバック・中山雄太(ズウォレ)の高精度クロスを頭で合わせ、5点目をゲット。1ゴール1アシストという結果を残し、6-0の大勝の原動力となった。 「どちらかというとホッとしたというか、やっと取れたという実感があります。ニアに入っていく意識はあったけど、深い位置からのクロスだったので、マイナスも行けるようにしていた。(マイナスに流れたけど)身体能力を活かしてニアに打てたのでよかったです」 本人は冷静にゴールシーンを分析したが、そうやって自身の一挙手一投足を俯瞰できるのが、彼の強みだ。持ち前の賢さを生かして長所短所を客観視し、突き詰めていくことで、大迫勇也(ブレーメン)らの領域に上り詰めようと躍起になっているに違いない。南アフリカ、メキシコ、フランスという強豪国と渡り合える東京五輪は自らを一段階、二段階飛躍させる絶好の機会。これをガッチリとつかみに行くべきだ。 「東京五輪はキャリアの分岐点。活躍すれば海外も見えてくるかもしれないですし、選ばれなければ、次のキャリアに向けて頑張るだけ。1つの区切りになると思います」 彼はこう語っていたが、確かに憧れの大迫はドイツに赴いてから急激な成長曲線を辿った。上田が同じ道を歩みたければ、やはり海外移籍のチャンスを引き寄せるしかない。 2019年夏に法政大学に在学しながらサッカー部を退部し、鹿島アントラーズ入りしてから早いもので2年。彼は2020年はJ1・26試合出場10得点という好成績を残し、今季もケガの離脱を繰り返しながら13試合出場6得点という悪くない数字を出している。直近の5月30日の川崎フロンターレ戦を見ても、荒木遼太郎のスルーパスに鋭く反応。GKチョン・ソンリョンの動きをしっかり見ながら右足ループで押し込んだ一撃は進化を象徴するものだった。「普段の僕にはないアイディアを生かせたし、新しい引き出しのゴールを取れた」と本人も手ごたえを口にしていた。 そうやって一瞬の判断で多彩な得点パターンを出せるのは、優れたストライカーの絶対的条件。今回のU-24代表を見渡すと、左右両足とヘッドで柔軟にゴールを奪えるのは上田くらいだ。しかも、前線でボールを引き出し、タメを作り、2列目やサイドバックが上がる時間を稼ぐプレーにも長けている。この万能型FWがオーバーエージ不在の攻撃陣をけん引しなければ、日本悲願のメダル獲得はあり得ない。 「ポスト・大迫勇也一番手」と目される男にはここで一気に浮上してほしいもの。ガーナ相手に見せたゴール前の迫力を、次なるジャマイカにも示すことが肝要だ。それが五輪本番、そして近未来の海外進出につながる。伸び盛りの今を逃してはならない。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.06.07 11:45 Mon
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.73】長友との対決は幻に。その悔しさ糧にガーナ戦に!五輪活躍で理想的な新天地もゲット!/堂安律(ビーレフェルト/MF)

3日の日本代表対U-24日本代表の"兄弟対決"で注目されていたのが、長友佑都(マルセイユ)と堂安律(ビーレフェルト)のマッチアップだった。 試合前日には長友が「堂安さん、久保(建英=ヘタフェ)さん怖いです」と挑発すれば、堂安の方も「佑都君とは試合って形では対峙したことがないんで、すごく楽しみ。あの人がガンガンガツガツ来る。しっかり準備したい」と若さで突き進むつもりでいた。 ところが、ふたを開けてみると、長友はスタメンに名を連ねたが、堂安はベンチスタート。後半28分からようやくピッチに送り出されたが、その時点ではすでに長友は退いていて、注目対決は実現しなかった。22歳のアタッカーにしてみれば、インテル、ガラタサライ、マルセイユという欧州で名の知れたビッグクラブで活躍してきた長友を抜ければ、より格上のクラブへの門戸が開ける可能性もあっただけに、悔しさひとしおだろう。その不完全燃焼感を5日のU-24ガーナ戦(福岡)にぶつけるしかない。 森保一監督が2017年12月に東京五輪に向けたチームを立ち上げた時点から、エース候補の1人と目されてきた堂安。だが、当時すでにオランダ・フローニンヘンに移籍していたため、チーム招集機会は皆無に近かった。さらに言うと、2018年9月に森保監督がA代表指揮官を兼務し始めた時点で、こちらの主要メンバーに位置付けられたことで、東京五輪世代での活動参加が一段と遠のいた。 直近の参戦は2019年11月のU-22コロンビア戦(広島)だから、かなり前のこと。しかも、久保や板倉滉(フローニンヘン)、中山雄太(ズウォレ)ら欧州組が一堂に会したその試合は0-2の完敗。堂安も持ち前の突破力や機動力を発揮できずに終わっている。 「もう1カ月で五輪が始まるので、コミュニケーションは意識してますし、あとはプレーで示すこと。自分がしっかり引っ張っていこうと思ってます」と本人もA代表常連組らしい自覚を口にする。PSVで出番を得られずくすぶっていた2019年末時点と、ビーレフェルトで今季リーグ戦フル稼働した現在とは動きのキレもプレーの幅もメンタル面も全て違う。自身の成長の跡を示すためにも、今回のガーナ戦では「目に見える違い」を見せて、ゴールに直結する仕事を果たさなければならない。 「欧州5大リーグと言われるブンデスリーガは明らかにオランダより個人の能力は高いですし、バイエルン、ドルトムントといった強豪クラブと戦える。そういう中で、日本人のよさである俊敏性というか、大柄なDFに対して小回りの利くプレースタイル、バイタルエリアで受けて間に潜り込んでいくドリブルとかは通用したと思ってます」と堂安はドイツで戦い抜いた自信を口にした。 ガーナという屈強なフィジカルを誇る相手には、磨き上げた長所を大いに発揮できるチャンスがありそうだ。A代表でともに戦う機会が多い久保や遠藤航、酒井宏樹らも近くにいてサポートしてくれるだけに、彼の強みをより一層、発揮しやすいはず。大いに期待してよさそうだ。 「ドイツで戦って自分らしさを取り戻せた部分もありますけど、改めて個人で打開できる能力を伸ばす必要があるとも感じました。PSVにいた時は自分の周りにスーパーな選手がいたので、自分が1対1で仕掛けるのをやめて、そっちにパスするのを選択することが多かったので、少しずつプレースタイルが自分らしくないというか、ネガティブなものになっていった。でも、ビーレフェルトでその点をさらに伸ばせたし、自分の良さを蘇らせることができたと思ってます」 本人がこう語るように、持ち前のチャレンジ精神を取り戻せたという。それをピッチ上で存分に表現できれば、必ずいい方向に進むはず。ゴールという結果が欲しいのなら、恐れずに前に突き進むしかないのだ。 2018年秋にA代表の右サイドのレギュラーに躍り出た頃の20歳の堂安はアグレッシブさがウリの選手だった。それが2019年アジアカップ(UAE)で壁にぶつかった頃から迷いが見え始め、その後、伊東純也(ヘンク)の台頭によってポジションを奪われる格好になってしまった。そちらの定位置を奪回する意味でも、五輪代表で結果を残すことは必要不可欠だ。五輪直後には2022年カタール・ワールドカップ アジア最終予選も迫っている。この厳しい戦いを視野に入れても、彼にはここで一気にギアを上げてもらう必要がある。 ビーレフェルトに完全移籍する話が資金難で難しくなったと報じられる中、堂安は来季活躍できる新天地を探さなければいけない立場。PSVに戻るより、彼を重要戦力として考えてくれる別クラブに赴いた方がA代表での序列アップにもつながる。理想的な好循環を生み出すためにも、やはり東京五輪の活躍は必須。それに向けての大きな一歩となるガーナ戦で「堂安ここにあり」を示すこと。それを強く求めたい。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.06.05 17:40 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.72】鈴木彩艶も参戦し激戦の五輪GK争い。第一人者は地位を守り、A代表昇格を果たせるか?/大迫敬介(サンフレッチェ広島/GK)

2022年カタールワールドカップアジア2次予選・ミャンマー戦(千葉)からスタートした5〜6月の日本代表活動。28日の初戦は欧州組だけの構成だったが、順当に10-0で圧勝。最終予選進出を決めた。 次の段階からはA代表とU-24代表の活動に分かれるが、後者にとっては2か月後に迫る東京五輪最終登録メンバー18人を絞り込むための最終テストの場。非常に重要な意味を持つのだ。 すでにオーバーエージ枠の吉田麻也(サンプドリア)、酒井宏樹(マルセイユ)、遠藤航(シュツットガルト)が決まっているため、U-24世代に残されているのは15枠。このうちGKは2枠という狭き門だ。そこに大迫敬介(サンフレッチェ広島)、谷晃正(湘南ベルマーレ)、沖悠哉(鹿島アントラーズ)、鈴木彩艶(浦和レッズ)の4人が挑む。他のポジション以上に大激戦なのは間違いないだろう。 候補者のうち、最も正守護神に近いと目されるのが大迫である。A代表との融合チームだった2019年コパ・アメリカ(ブラジル)やEAFF E-1選手権(釜山)にも参戦。「次世代の日本代表守護神最有力」と目されてきたからだ。当時、19歳ながら世界的強豪のチリに勇敢に挑んでいく姿勢を間近で見ていた川島永嗣(ストラスブール)も「ポテンシャルの大きな選手」と高く評価。そのままの勢いでA代表に定着するかと思われた。 だが、コロナ禍の2020年は国内組の代表活動がほぼできず、彼自身もJリーグで出番を失うことが多かった。広島の城福浩監督はベテラン守護神・林卓人を重用。大迫は2019年の29試合から15試合へとJ出場実績を大きく減らすことになった。 「試合に出られない時期が多かったですけど、自分自身の感覚としては、いつ出番が来てもやれる自信はありました。出られなかった要因としては、メンタルが一番大きかったと思います。代えられた時はメンタルの持っていき方が難しかった。シーズン通して苦しかったけど、どんな時も前向きに取り組むことの大事さは改めて感じました」と本人も昨年末の五輪代表合宿の際、しみじみコメントしていた。 その発言通り、GKはつねに心身両面で安定感を維持し続けなければいけない。何が起きても平常心を保つ必要があるし、パフォーマンスの浮き沈みも許されない。それを21歳という若さで学べたのは、大迫にとって非常にポジティブなこと。五輪の1年延期には意味があったのだ。 迎えた今季。クラブでポジションを奪回した彼はここまでリーグ18試合フル出場(5月29日時点)。今月に入って複数失点している試合が多いのは気がかりだが、彼自身のパフォーマンスがブレているわけではない。 とりわけ王者・川崎フロンターレ相手にドローに持ち込んだ4月16日のゲームなどは「失点しても我慢強く戦うことで勝ち点を拾えると確信を得られた。チームとして前半から前からプレスをかけた分、息が上がっていたので、悪い流れの時は時間を使って落ち着けるなど冷静に判断しながらやれました」と本人も発言。タフさと粘り強さを押し出しつつ、巧みな判断力でリズムの変化をつけていた。 こうした多様性と柔軟性は昨年までの大迫にはなかったもの。五輪本番になれば、南アフリカ、メキシコ、フランスという強豪が相手。必ず押し込まれる時間帯が出てくる。そこで川崎戦のような頭脳的なプレーを見せられれば、チーム全体に安心感を与えられるだろう。吉田や酒井といった百戦錬磨の面々が最終ラインに陣取っているのも心強いが、やはり守護神がチームを最後尾から確実に支えていなければ、メダルという大きな目標には届かない。 今回の4人のGK候補者のうち、こうした風格を出せるのは大迫だけではないか。俊敏性と反応の秀でた谷、キックや組み立てに長けた沖、18歳ながら規格外のフィジカルを持つ鈴木も魅力的ではあるが、総合力と経験値を考えるとやはり大迫抜きには語れない。彼には森保監督の期待に応えるような傑出した仕事ぶりを見せてもらうしかない。 さしあたって6月5日のU-24ガーナ戦(福岡)と13日のU-24ジャマイカ戦(豊田)だ。このいずれかで大迫はスタメンに抜擢されるはず。そこで相手を封じ込め、日本の勝利の原動力になれれば、五輪本番のピッチをグッと引き寄せることができるだろう。 そして五輪で好結果を残せば、秋からのカタールW杯最終予選、1年半後のW杯本大会にもつながる。目下、A代表のGK争いも38歳の大ベテラン・川島や国内で再出発した権田修一(清水エスパルス)らを軸に混とんとしている。若い世代が一気にのし上がる可能性もゼロではないだけに、この機を逃してほしくない。 「もちろん五輪では金メダルを取りたいですけど、昨年1月のタイの大会(AFC U-23選手権)の結果を見れば、簡単に言えることはない。目の前の試合結果を出し続けることが大事」とまずは直近の試合でベストを尽くすことが大迫にとっての至上命題だ。 2010年南アフリカW杯で楢崎正剛(名古屋CFR)から定位置を奪った川島のような勢いを、21歳の守護神には強く求めたいところ。森保監督に早くから評価されてきた彼の一挙手一投足が気になる。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.05.31 20:05 Mon
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.71】「自分で点を取る」と自らに言い聞かせて大化けした今季。日本代表復帰もある?/オナイウ阿道(横浜F・マリノス/FW)

5月9日のヴィッセル神戸との好調チーム同士対決を制し、暫定3位に浮上した横浜F・マリノス。2月26日の今季開幕・川崎フロンターレ戦を0-2で落とした時には、タイトル奪還を狙うアンジェ・ポステコグルー監督も険しい表情を浮かべていたが、続く3月7日のサンフレッチェ広島戦から11戦無敗。2位・名古屋グランパスが川崎戦に連敗し、鹿島アントラーズにも苦杯を喫しているだけに、消化試合数の少ない横浜が川崎追走一番手になりそうな雰囲気だ。 トリコロールの好調を支える1人が、最前線に位置するFWオナイウ阿道だ。広島戦で今季初得点を挙げた後は同僚FW前田大然のゴールラッシュを横目で見ることが多かった。しかし、4月6日のセレッソ大阪戦で5試合ぶりの今季2点目を奪うと、4月16日の北海道コンサドーレ札幌戦、24日の横浜FCとのダービー、5月1日のFC東京戦で合計6ゴールの固め取り。前田の8点に並ぶとともに、J1得点ランキングでもアンデルソン・ロペス(札幌)、レアンドロ・ダミアン(川崎)、古橋享梧(神戸)に続く暫定4位につけている。 「今年は思いを言葉にすることが大事だと考えてます。『自分が点を取るんだ』とつねづね頭で思ってたり、口にすることで、結果につながってくることがあると僕は思っているんです。試合中のチャンスは何十回もあるわけじゃないし、1つ1つ決めれるかどうかでチームの勝ち点が3か0になる。それは大きな違いです。去年は決めきれないシーンが多かったので、『あそこ(自分)に入れば絶対に点を取れる』という存在になっていきたいと強く思ってます」 オナイウは開幕直前にこう語気を強めていた。その発言通り、プロ8年目となる2021年は自分の中でやるべきことを言語化し、頭でイメージして、時に発信するように努めているのだろう。それが目に見える成果となって表れているのは素晴らしいこと。この調子で行けば、1年半ぶりの日本代表復帰もあるかもしれない。 森保一監督に前回呼ばれたのは、2019年11月のベネズエラ戦(大阪・吹田)。大分トリニータに所属していた当時はチーム最大の得点源として輝きを放っていた。2018年はJ2ながら22ゴールを叩き出し、2019年もJ1で2ケタゴールに到達した。そうやって数字がついてくれば、FWというのは指揮官の目に留まるもの。それは本人も自覚していた。 「FWは結果が一番。試合で使ってもらえた時にゴール、アシスト、ゴールにかかわるプレーっていうのをどれだけできるかが前線の選手の仕事。質も高いものを見せられるかが大事。そこは自分に言い聞かせながらやりたいと思ってます」とこの合宿時に彼は自戒を込めて語っていた。 だが、この時期にチャンスをつかんだのは、同じくJで活躍して代表入りした鈴木武蔵(ベールスホット)の方。鈴木は2019年9月にスタートした2022年カターW杯アジア2次予選にコンスタントに帯同。大迫勇也(ブレーメン)のバックアップ一番手と目されるまでになってきた。フィジカルの強さと得点感覚の鋭さという武器が共通するオナイウとしては、鈴木に負けじと再浮上のきっかけをつかみたいところ。2014年AFC・U-19選手権(ミャンマー)でコンビを組んだ南野拓実(サウサンプトン)が今やエースナンバー10を背負う絶対的存在になっていることもあって、「同じ土俵に立ちたい」という野心も内に秘めているはずだ。 「拓実君から盗んでいけるところもあるし、他のFWから学べるところも沢山ある。それを吸収して自分の力にしていければと思ってます。僕は(ジェフ)千葉でプロになってから、浦和(レッズ)で試合に出られず、J2の(レノファ)山口へ行き、大分で代表に初めて呼んでもらえるようになった。苦労した分、代表への思いは強いです。代表っていうのはサッカーをやってる人間全員が目指しているところ。この責任感や喜びを感じながらプレーしたいです」 1年半前にしみじみとこう語っていたオナイウ。彼は代表復帰の価値をよく理解している人間だ。そういうFWが好調を維持しているのだから、今こそ、チャンスを与えられてしかるべきではないか。タイミングのいいことに、直近の5月末~6月にかけて代表活動期間が迫っている。ここで招集されるか否かは大きな注目点と言っていい。 今回は5月28日に予定されるミャンマー戦こそ欧州組のみで戦うが、ここで最終予選進出を決められれば、その数人が離脱する見通し。となれば、6月のタジキスタン戦やキルギス戦、親善試合2戦は国内組に出番が巡ってくる。オナイウのようなキャップ数ゼロの選手にとっても千載一遇のチャンス。これを逃す手はないのだ。 3月シリーズでも、日韓戦(日産)初キャップの山根視来(川崎)がいきなり初ゴールを挙げ、モンゴル戦(千葉)では稲垣祥(名古屋)が代表デビュー戦2ゴールと気を吐いた。その活躍が彼らにとって大きな自信につながり、4月以降のJリーグでも明確な結果となって表れている。オナイウもその流れに続きたい。 そのためにも、まずはマリノスの試合で結果を出し続けることが肝要だ。首尾よくメンバー入りできれば、ゴールという結果でアピールするしかない。代表で生き残る選手というのは、2010年南アフリカW杯・カメルーン戦(ブルームフォンテーヌ)で決勝弾を挙げた本田圭佑(ネフチ・バクー)に象徴される通り、ここ一番で勝利を引き寄せる結果を出せる人間だけ。25歳の点取屋は今、人生の大きな岐路に立っているといっても過言ではない。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.05.15 13:25 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly