ファンの信頼を失った大迫勇也、ブレーメン指揮官は代表活動をポジティブに捉える「上手くいった」

2020.10.16 13:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督が、日本代表FW大迫勇也について語った。ドイツ『Deichstube』が伝えた。大迫は、今回のインターナショナル・マッチウィークで日本代表に合流。しかし、ブレーメンに戻ってから5日間の隔離期間を取る必要があったため、9日に行われたカメルーン代表戦のみでクラブへと戻った。

カメルーン戦では90分間出場した大迫。ゴールこそ奪えなかったが、体を張ったポストプレーなどらしさを見せていた。

今シーズンは開幕からパフォーマンスが上がらず、開幕戦のヘルタ・ベルリン戦では交代時にファンから拍手。プレーへの賞賛ではなく、パフォーマンスが低い大迫の交代を支持する屈辱の拍手を受け、信頼を失う形となっていた。

コーフェルト監督も大迫のパフォーマンスが低いことを認めており、その後はシャルケ戦で終了間際に出場、アルミニア・ビーレフェルト戦では起用されないまま終わっていた。

そんな中で日本代表に合流した大迫。早めにチームを離れ、自宅で隔離期間を過ごしていたが、コーフェルト監督は今回の代表合流がプラスに働いたと感じているようだ。

隔離中の大迫に関してはトレーニング内容を把握しているようで、「彼は4つのフィットネス機器を設置していた。トレッドミルがあり、バイクといくつかのウェイト機器が周りに置いてあった」とコメント。ウェブカメラで状況を見守っていたようだ。

また、「彼は基本的な部分はカバーできている」と語り、コンディション面が落ちていないことw確認した様子。さらに「リラックスしている印象だったよ」と、メンタル面も回復していることが確認できたようだ。

日本代表としてカメルーン戦にフル出場したことについても「確かにうまくいった」と手応えを語っており、リフレッシュできていると感じたようで、「明確に選択肢に入っている」と17日のブンデスリーガ第4節のフライブルク戦のメンバーとしても検討していることを語った。

ブレーメンは元オランダ代表MFデビー・クラーセンがアヤックスへと完全移籍。そのため、大迫への依存度はこの先高くなる。

しかし、コーフェルト監督は大迫が開幕戦で受けた屈辱から回復できていると信じており、乗り越える必要があるとの見解を示した。

「何が起こったかユウヤも触れたはずだ。それは気分が良いものではなかっただろう。ただ、この仕事をしている我々全員が、乗り越えなければいけないものでもある」

「我々が応援をされることも一面であるが、その反対側もあるということだ」
コメント
関連ニュース
thumb

ブレーメンFW大迫勇也は重傷を免れるも、チーム得点王・フュルクルクは1カ月程度離脱へ

ブレーメンは26日、日本代表FW大迫勇也の負傷状況を報告した。 大迫は25日に行われたブンデスリーガ第5節のホッフェンハイム戦でベンチスタート。37分にニクラス・フュルクルクに代わって出場したものの、87分にタヒス・チョンと交代していた。 試合中、相手選手と接触した際に右ヒザに相手選手のスパイクがヒット。ピッチを一旦出て治療し戻ったものの、プレー続行が不可能となっていた。 ブレーメンは26日に検査を実施したとし重傷ではないと報告。それでも早期復帰は難しいとフロリアン・コーフェルト監督が明かした。 「検査の結果、ヒザの内部の損傷はなかった。しかし、痛みを伴う打撲だった。数日は様子を見たいと思う。今週中にユウヤがトレーニングを再開するのは不可能ではないだろう」 一方で大迫と交代したフュルクルクに関しては「MRI検査でニクラスはふくらはぎの筋肉を損傷していることがわかった。インターナショナルブレイクが終わるまではチームに合流できないだろう。もしかしたら、11月の終わりまでかかるかもしれない」と語り、こちらはしばらく離脱する事になってしまったようだ。 ブレーメンはここまでブンデスリーガで5試合を戦い、2勝2分け1敗の7位に位置。大迫はここまで3試合、フュルクルクは5試合に出場しチーム最多の4ゴールを記録していた。 2020.10.27 09:35 Tue
twitterfacebook
thumb

大迫が前半途中から出場も終盤に負傷交代、ブレーメンはドロー《ブンデスリーガ》

ブレーメンは25日、ブンデスリーガ第5節でホッフェンハイムをホームに迎え、1-1で引き分けた。ブレーメンのFW大迫勇也は37分から出場し、87分に交代している。 2勝1分け1敗スタートのブレーメンが、2勝2敗スタートのホッフェンハイムをホームに迎えた一戦。 前節フライブルク戦では代表戦帰りだった影響もあってベンチ外となった大迫がベンチスタートとなった試合は、開始5分にブレーメンが先制する。 右サイドからのゲブレ・セラシェのクロスをM・エッゲシュタインが左足ダイレクトで合わせてネットを揺らした。 しかし、守勢に回っていたブレーメンは22分に追いつかれる。スコフの左サイドからのアーリークロスが流れると、ボックス右のルディが折り返し、最後はガイガーに決められた。 1-1となって以降、ブレーメンは左足ふくらはぎを負傷したフュルクルクに代わって37分に3試合ぶりの出場となる大迫が[3-4-2-1]の最前線に投入される。 劣勢の前半を終えて迎えた後半、引き続き守勢のブレーメンは59分に決定機。サージェントのパスに抜け出したビッテンコートがGKと一対一となるも、シュートは左ポストに直撃した。 膠着状態に陥る中、74分には大迫がボックス手前右からミドルシュートでオンターゲットを記録するもGKにセーブされてしまう。終盤には右ヒザを蹴られた大迫がプレー続行不可能となり、86分にピッチを後に。 結局、試合は1-1で引き分け、勝ち点1を分け合っている。 2020.10.26 03:53 Mon
twitterfacebook
thumb

ブレーメンでコロナ感染者…地元メディアは新加入のフェリックス・アグと特定

ブレーメンは22日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを報告した。 クラブは21日の朝に定期検査を実施。その中で未公表の選手1名が陽生と診断されたようだ。症状はなく、また、残りのメンバーは全員陰性と伝えられている。 地元メディア『Deichstube』は、U-21ドイツ代表DFフェリックス・アグが該当選手と特定。今夏に加入し、ここまで出場機会はない選手だ。 なお、この結果を受けて、チームは23日に行われる次回の検査まで、全選手およびコーチ陣、スタッフに対し自宅待機を命令。22日に予定されていたトレーニングは中止となった。 現在ブンデスリーガで4勝2分け1敗で7位につけるブレーメンは、25日の第5節で8位のホッフェンハイムと対戦する。 2020.10.22 19:50 Thu
twitterfacebook
thumb

9日のカメルーン戦のみの参加となるFW大迫勇也「ゴールに絡む、ゴールを取ることが一番」

日本代表は8日、オランダのユトレヒトで4日目のトレーニングキャンプを実施。カメルーン戦を翌日に控えた中、トレーニング前にFW大迫勇也(ブレーメン)がメディアの取材に臨んだ。 昨年12月以来の代表活動となる日本代表。今回はオランダでカメルーン代表、コートジボワール代表との国際親善試合を戦う。 昨年9月のミャンマー代表戦以来の代表合流となった大迫。久々の代表戦については「常に代表の試合はクラブとは違いますし、切り替えの部分はもちろん、頭の切り替え含めて、色々違うので、良い準備ができています」と問題がないことを強調した。 今回は所属するブレーメンの本拠地であるブレーメン州のプロトコルの関係で、カメルーン戦のみの参加となるが「代表チームと僕の所属チームの話し合いの結果なので、それ以上のことはないです。与えられたところでプレーするだけです」と1試合に全力を投じるとした。 久々の代表活動については「代表期間は1年空きましたけど、しっかりと代表でのプレーのイメージを持っていますし、準備は確実にできています」とコメントし、「ヨーロッパで今月2試合チームとしてできるということで、コンディションの良い相手とできるのは、僕たちにとっても大きいと思いますし、ここで結果を残すことで次に繋がると思います。大事にしたいですし、結果を出すことに集中して臨みたいと思います」とまずは結果を求めると意気込みを語った。 明日のカメルーン戦については「前の選手なので、しっかりとゴールに絡む、ゴールを取ることが一番ですし、代表チームが勝つために全てを出し切ることが全選手しなくてはいけないことなので、そこに集中して取り組みたいです」とコメント。大迫が得点に絡むシーンに期待だ。 2020.10.08 18:12 Thu
twitterfacebook
thumb

大迫勇也同僚FWラシツァ、レバークーゼン移籍が土壇場で破談に

レバークーゼン行きが目前に迫っていたブレーメンのコソボ代表FWミロト・ラシツァ(24)だが、移籍市場閉幕直前の土壇場に破断となっていたようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 今夏にアストン・ビラやナポリも獲得に動いたと言われているラシツァ。2018年夏にブレーメンに加わり、昨シーズンは公式戦34試合で11ゴールをマークするなど主力として活躍していた。 予てより、ラシツァ本人はステップアップ希望を公言しており、財政面の問題を抱えるブレーメンも適切なオファーが届けば移籍を容認する構えを見せていた。 その中で移籍目前となっていたのが、昨季のブンデスリーガ5位のレバークーゼンだった。交渉は移籍市場最終日の5日に終盤を迎え、レンタル移籍で決着するかに思われていたが、買い取りオプションの移籍金で折り合いがつかず、土壇場になって破断に終わっていたようだ。 ラシツァも移籍が完了するものと信じていたため、急転直下の残留に動揺している模様。ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督は、同選手の心のケアのため1週間の休養を与えることを明かした。 「ここ数日はミロトにとって簡単ではなかった。何度も行ったり来たりして忙しなかった。そのため、彼がもう一度ブレーメンに集中出来る精神状態に戻すため、1週間の休暇を与えることにした。ミロトのクオリティは誰もが知っている。彼はこれから数カ月にわたって、我々にとって非常に重要な選手となるだろう」 なお、今季のラシツァはヒザのケガの影響でここまで未出場となっている。 2020.10.07 15:16 Wed
twitterfacebook