実りある活動の日本代表、「積極的にポジティブにチャレンジしてくれた」と評価する森保一監督は11月も同様の活動を希望

2020.10.14 06:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎JFA
13日、日本代表は国際親善試合でコートジボワール代表とオランダで対戦し、1-0で勝利した。前半からインテンシティの高い入りを見せた日本は、カメルーン戦からの反省を生かし、守備でイニシアチブを取ることに成功。良いペースで試合を進めながら、後半アディショナルタイムまで0-0の状況だったが、終盤に途中出場した植田直通がセットプレーからダイビングヘッド。これが決勝点となり1-0で勝利を収めた。

土壇場のゴールで勝利をもぎ取った日本。森保一監督は試合後の記者会見で試合を振り返り、収穫と課題をコメントした。

◆森保一監督(日本代表)

──最後まで集中できた試合だったが、後半は攻め込まれるところもあったが、選手交代で流れを変えたように見えたが

「相手も本当に力のあるチームで、最近の試合ではコートジボワールはFIFAランク1位のベルギーとフレンドリーマッチを行って、1-1という結果を掴み取れるチームということでした」

「もちろん全ての時間で優位に進められればいいですが、彼らが持っている力があるので、攻め込まれる時間帯があるのは仕方ないかなと。そこを無失点で粘り強く終わらせることができたことが良かったと思います」

「南野と久保の交代で流れが変わったことについては、チームとしてまずはやるべきことを選手たちが余力を残しながらハードワークする、高いインテンシティで戦うということではなく、久保は今持っている力をプレーする時間内に発揮してくれたと思いますし、これからまだまだ体力的にもつけていってもらいたいと思っていますが、全て出し切りながら全力で戦う部分には満足しています」

「チームとしてスタメンの選手がいて、疲れた時、流れが悪くなった時、勝ち切るためにサブの選手が出てきて、チームに活力を与えてくれるということは、サブの選手の役割として南野が良い働きをしてくれたと思いますし、これから戦う上で、最後植田が決勝点を決めてくれましたが、出場が1試合目になくて、練習の中から、自分のためチームのためにしっかり準備してくれて、集中を切らすことなく良い準備をしてくれたことが決勝点につながったと思いますし、サブの選手の役割を途中から出てきた選手たちは全うしてくれたと思います」

──昨日の会見では3バック、4バックを試したいという中で3バックをやらなかったこと、左サイドバックに中山雄太を起用した意図

「システムの部分に関しては、第1戦で4バックからハーフタイムを挟んで3バックに変えて戦いました。戦術の幅を広げるために、そして勝つためにということを含めて、1戦目は流れを見ながら試していくことで戦っていった」

「コートジボワール戦でも3バックで状況によっては戦うという練習をしてきましたが、それはあくまでも状況によってということで判断して、4バックで行った方が勝つ確率が高いのではないかと、勝利を目指して戦う上で判断しました」

「3バックで戦うときには、植田を3バックに入れて戦うことも考えていましたが、そのまま4バックの右サイドに入れて、しっかり守備をしながら攻撃に繋げていくことをしました」

「形は変わりましたが、選手たちが臨機応変に結果をもたらしてくれたと思います」

「中山の起用については、彼は所属チームでも今はボランチをやっていますが、これまでは左サイドでプレーしたりとかという経験があると思います。我々の日常のスカウティングでも左サイドバックができるのではないかということになった」

「センターバック、左サイドバック、ボランチという点では複数ポジションでプレーできるように要求していますし、左サイドではチームの戦い方として、戦術の部分もチーム力をアップさせるという意味でもチャレンジしたいと思って起用しました」

──1年ぶりの活動でやりたいと想定していたことはどれだけできたか。また、収穫と課題

「今回チャレンジしたいと思っていたことに関しては、ある程度のことはできたかなと。準備していたことを含めて、100%ではないですが、ある程度できたという風に思っています」

「チャレンジすることも、選手たちには攻守ともに要求してきましたが、何をというよりも、選手たちがこれをやろうということを勇気を持って積極的にポジティブにチャレンジしてくれたことは、監督としてありがたいと思いますし、チャレンジしながら結果を出すという部分、選手たちが素晴らしかっと思っています」

「攻撃で例を挙げると、ゴールキックの部分で、1戦目はゴールキックからロングキックを入れることがありましたが、コートボワール戦では自陣からボールをつないで、攻撃を仕掛けて行くという部分。マイボールを大切にしながら攻めようという部分、ゴールキックからチャレンジしてくれました」

「流れの中からでも、ボールを動かしながら、マイボールを大切にしながら、相手の守備を崩して行く部分。速攻を仕掛けられるときは仕掛けますが、ディフェンスラインからボールをつないで相手を崩して行くということ、相手の守備も個の能力が高いですし、組織的にも強いところもありますが、勇気のいるところだと思いましたが、選手たちが勇気を持って戦ってくれたと思います」

「守備の部分では切り替えて、そこからボール奪えたら奪いに行く。切り替えを早くする、ボールにアタックするという点では、この2試合で選手たちはチャレンジしてくれたと思います」

「攻から守に切り替わったとき、ボールにチャレンジしてそこがうまくいかなかった時に、中盤エリアでコンパクトブロックを作って、お互いの距離感をよくしてボールを奪いに行くことを1戦目も2戦目も選手たちはトライしてくれましたが、2戦目の方がよりコレクティブに、お互いの距離感をよくして、相手の嫌がる守備ができたと思っています」

「今言ったところはよくチャレンジしてくれました。他にもありますが、試合を見てざっくり見ていただける部分はそこだと思います」

──南野拓実鎌田大地の距離感、プレーの評価は

「非常に良い距離感で、お互いの関係でプレーしてくれたと思う。(南野)拓実は、(鈴木)武蔵の交代によってトップの位置に入りましたけど、タイプ的には違いますが、トップ下の鎌田と良いコンビネーションを持って、前線でも守備をまず関わる、攻撃になったときは起点になる、背後に飛び出したりした」

「起点になった時には鎌田とのコンビネーションで相手の守備網を崩すという部分。2人の関係は非常に息が合っていたと思います」

「練習の中ではそういうシチュエーションでなかなかトレーイニングできなかったですが、試合の中でお互いのイメージを共有してくれたと思います」

──11月の日本代表の活動について。2週間自主待機になるのか

「まずは11月の代表活動については決定事項ということで技術委員長やダイレクターから伝えられていることはありません」

「しかしながら、10月ヨーロッパで活動させていただいて、11月も同じようにというお願いはしています。今は関係者の方々が身を粉にして準備をしてくださっています。決定の報告を聞きたいと思います」

「我々日本代表の活動をするにあたって、本当に多くの方々に尽力していただいて、我々は活動することができたということ。関係者の方々、全ての方々にお礼を申し上げたいと思います」

「サッカーがこうやってヨーロッパに渡ってきて、国際試合ができたということを日本の他のスポーツ団体も、勇気を持って活動の場を広げて行けることに繋がればと思いますので、今回環境づくりをしてくださった方々に感謝を申し上げたいと思いますし、これから日本のスポーツ界がさらに動いていくという風に楽しみにしています」

「日本に帰国する予定です。そして自主待機はもちろんすることになると思いますので、自主待機の期間は協会の関係者の方々に確認しながらしたいと思います。そこは日本の政府が出しているルールに沿って我々も行動したいと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

11月に日本代表と対戦するパナマ代表メンバーが発表!ロシアW杯メンバーは8名《国際親善試合》

パナマサッカー協会(FPF)は26日、11月の日本代表戦に向けたパナマ代表メンバー24名を発表した。 パナマ代表を率いるトーマス・クリスチャンセン監督は、主に海外組を招集。ヨーロッパリーグ(EL)に出場しているLASKリンツのDFアンドレス・アンドラーデや2018年のロシア・ワールドカップメンバーでもあるFWエドガル・バルセナス(ジローナ)、FWガブリエル・トーレス(インディペンディエンテ・デル・バジェ)らを招集。国内組は2名となった。 日本とパナマは過去に1度だけ対戦。森保監督が率いた2018年10月12日に3-0で日本が勝利していた。 パナマ代表は11月13日にオーストリアのグラーツで日本代表と対戦。2試合目の相手はまだ発表されていない。今回発表されたパナマ代表メンバー24名は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆パナマ代表メンバー24名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ルイス・メヒア</span>(ナシオナル/ウルグアイ) <span style="font-weight:700;">マルコス・アレン</span>(アトレチコ・サンルケーニョ/スペイン) <span style="font-weight:700;">オルランド・モスケラ</span>(ブルサスポル/トルコ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ハロルド・カミングス</span>(ウニオン・エスパニョーラ/チリ) <span style="font-weight:700;">オスカル・リントン</span>(スリマ・ワンダラーズ/マルタ) <span style="font-weight:700;">ミゲル・ムリージョ</span>(アンデルレヒト/ベルギー) <span style="font-weight:700;">フィデル・エスコバル</span>(アルコルコン/スペイン) <span style="font-weight:700;">セサル・ブラックマン</span>(ドゥナイスカー・ストレダ/スロバキア) <span style="font-weight:700;">エリック・ダビス</span>(ドゥナイスカー・ストレダ/スロバキア) <span style="font-weight:700;">アンドレス・アンドラーデ</span>(LASKリンツ/オーストリア) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">オマル・ブラウン</span>(インディペンディエンテ・チョレラ) <span style="font-weight:700;">アブディエル・アヤルサ</span>(シエンシアーノ/ペルー) <span style="font-weight:700;">アルベルト・キンテロ</span>(ウニベルシタリオ・デポルテス/ペルー) <span style="font-weight:700;">ビクトル・グリフィス</span>(サントス・デ・グアピレス/コスタリカ) <span style="font-weight:700;">フアン・ダビド・テハダ</span>(タンパベイ・ローディーズ/アメリカ) <span style="font-weight:700;">アニバル・ゴドイ</span>(ナッシュビルSC/アメリカ) <span style="font-weight:700;">アルマンド・クーペル</span>(ハポエル・テルアビブ/イスラエル) <span style="font-weight:700;">イルビング・グディニョ</span>(マルベーリャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">アダルベルト・カラスキージャ</span>(カルタヘナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ホセ・ルイス・ロドリゲス</span>(ルーゴ/スペイン) <span style="font-weight:700;">エドガル・バルセナス</span>(ジローナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ガブリエル・トーレス</span>(インディペンディエンテ・デル・バジェ/エクアドル) <span style="font-weight:700;">ホルマン・アギラール</span>(サン・カルロス/コスタリカ) <span style="font-weight:700;">ホセ・ファハルド</span>(インディペンディエンテ・チョレラ) 2020.10.27 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島FW染野唯月が10月に続きU-19日本代表候補キャンプを離脱、腰痛のため

日本サッカー協会(JFA)は26日、U-19日本代表候補トレーニングキャンプに参加していた鹿島アントラーズのFW染野唯月が離脱することを発表した。 JFAの発表によると、染野は腰痛のために離脱するとのこと。代わりの選手は招集しないとのことだ。 染野は10月のトレーニングキャンプにも召集されていたが、その際は右足関節の痛みがあるとして不参加に。2カ月続けての離脱となってしまった。 U-19日本代表候補は、ガンバ大阪のFW唐山翔自がチーム事情により離脱が発表されていた。 2020.10.26 13:20 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪FW唐山翔自がチーム事情でU-19日本代表候補トレーニングキャンプ不参加

日本サッカー協会(JFA)は25日、ガンバ大阪が25日、所属するFW唐山翔自のU-19日本代表候補トレーニングキャンプ不参加を発表した。理由はチーム事情のため。代替招集はない。 キャンプは25〜28日まで千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドで実施。先日に現役を引退した内田篤人ロールモデルコーチも帯同する。 2020.10.25 19:20 Sun
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表候補が発表!横浜FCの斉藤光毅や鳥栖の松岡大起、C大阪の西川潤らが招集《トレーニングキャンプ》

日本サッカー協会(JFA)は23日、トレーニングキャンプに臨むU-19日本代表候補メンバーを発表した。 今回のメンバーには、明治安田生命J1リーグでも出場機会を得ているFW斉藤光毅(横浜FC)やMF小田裕太郎(ヴィッセル神戸)、MF松岡大起(サガン鳥栖)などが招集。また、J2リーグでプレー経験を積んでいるMF山本理仁、MF藤田譲瑠チマ(ともに東京ヴェルディ)やMF谷内田哲平(京都サンガF.C.)らも招集されている。 トレーニングキャンプは25日から28日まで千葉県内で実施。先日就任した内田篤人ロールモデルコーチも帯同する。今回発表されたU-19日本代表候補メンバーは以下の通り。 ◆U-19日本代表候補メンバー ※10/26追記 GK 藤田和輝(アルビレックス新潟) 鈴木彩艶(浦和レッズユース) 野澤大志ブランドン(FC東京) DF 成瀬竣平(名古屋グランパス) 大畑歩夢(サガン鳥栖) 西尾隆矢(セレッソ大阪) 三原秀真(愛媛FC) 木村誠二(FC東京) 加藤聖(V・ファーレン長崎) バングーナガンデ佳史扶(FC東京) 馬場晴也(東京ヴェルディ) 畑大雅(湘南ベルマーレ) 鈴木海音(ジュビロ磐田U-18) 佐古真礼(東京ヴェルディユース) MF 本田風智(サガン鳥栖) 松岡大起(サガン鳥栖) 小田裕太郎(ヴィッセル神戸) 武田英寿(浦和レッズ) 松橋優安(東京ヴェルディ) 谷内田哲平(京都サンガF.C.) 山本理仁(東京ヴェルディ) 藤田譲瑠チマ(東京ヴェルディ) 成岡輝瑠(清水エスパルスユース) 田中聡(湘南ベルマーレU-18) 三戸舜介(JFAアカデミー福島U-18) FW 藤尾翔太(セレッソ大阪) 斉藤光毅(横浜FC) <span style="text-decoration: line-through;">染野唯月(鹿島アントラーズ)</span>※腰痛のため離脱 西川潤(セレッソ大阪) <span style="text-decoration: line-through;">唐山翔自(ガンバ大阪)</span>※チーム事情により不参加 2020.10.23 16:10 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表が11月にメキシコに続きパナマとも対戦、森保一監督「粘り強さ、しぶとさをピッチで出す」

日本サッカー協会(JFA)は22日、11月の国際親善試合でパナマ代表と対戦することを発表した。 10月にオランダ遠征を行い、カメルーン代表とコートジボワール代表と対戦した日本代表。11月はオーストリアへ遠征し、メキシコ代表と対戦することがすでに発表されていた。 今回はもう1試合の相手として、パナマが決定したとのこと。試合は11月13日(金)の23時15分から行われるとのこと。フジテレビ系列で生中継される。 すでに発表されていた17日(火)のメキシコ代表戦と合わせて、グラーツにあるグラール・リーベナウ・シュタディオンで行われるとのこと。シュトゥルム・グラーツの本拠地としても使われているスタジアムだ。なお、今回もリモートマッチとなる。 日本とパナマは過去に1度だけ対戦。森保監督が率いた2018年10月12日に3-0で日本が勝利していた。 今回の対戦決定について、森保一監督はJFAを通じてコメントしている。 「メキシコに続き、2018FIFAワールドカップロシアにも出場した強豪・パナマと対戦できることが決まり、ご尽力いただいた皆さんに感謝します」 「パナマとは2018年に対戦しましたが、フィジカルが強く、前への推進力があり、ホイッスルが鳴るまであきらめずにプレーをし続ける粘り強さを持つチームという印象を抱いています」 「我々もそれに負けない粘り強さ、しぶとさをピッチで出し、勝利という結果を残したいと思います」 2020.10.22 16:15 Thu
twitterfacebook