9月MVPに8試合8発の横浜FMエリキ! 福岡DF上島拓巳や藤枝FW吉平翼も受賞《KONAMI月間MVP》

2020.10.09 17:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは9日、9月度における「2020明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」の受賞者を発表した。

輝いたのは横浜F・マリノスのFWエリキ、アビスパ福岡のDF上島拓巳、藤枝MYFCのFW吉平翼。3選手ともに初受賞となる。

エリキは9月に行われたJ1リーグ8試合で8ゴールをマーク。そのうち6試合連続ゴールとチームの4連勝に大きく貢献した。

上島は9月のJ2リーグ全9試合に出場して、そのうち7試合に先発。5つのクリーンシートに導き、無傷の8連勝に寄与した。

吉平は9月のJ3リーグ全6試合に出場して、そのうち5試合でスタートからプレー。5試合連発を含む6ゴールと大暴れした。

各選手のコメントと選考理由は以下のとおり。

◆エリキ(横浜F・マリノス)
「9月の明治安田生命J1リーグKONAMI月間MVPに選ばれことをとても嬉しく思います。試合でゴールを決めることができ、このような賞を受賞できるのもチームメイトのおかげですし、この先もチーム一丸となって一戦一戦全力で戦っていきたいと思います。チームの目標を達成していくためにサポーターのみなさんの力も必要になってきますので、引き続き応援をよろしくお願いします」

●選考理由
原博実委員
「8試合8ゴール2アシスト右足、左足、ヘディング、どこからでも得点出来る万能型のストライカー。横浜FMの攻撃を牽引した」

播戸竜二委員
「8試合8ゴール2アシスト。抜群の運動量と決定力。献身性もあり、本人も日本でのプレーに満足! もっと活躍しそうな予感。鳥栖戦のトラップからのゴールはゴラッソ! ゴールこそアタッカーの全て!」

柱谷幸一委員
「月間で最多の8ゴール。6試合連続ゴール。チームの4連勝に大きく貢献した」

北條聡委員
「2シャドーの一角で覚醒。ボックス周辺で持ち前の機動力を存分に生かし、他を圧倒するゴールラッシュ(8得点)を演じた。決定力の高さはさすがの一語」

寺嶋朋也委員
「ポジションをサイドから中央に移して持ち前のスピードと得点能力を存分に発揮。シュート技術の高さが素晴らしい」

◆DF上島拓巳(アビスパ福岡)
「明治安田生命J2リーグ9月月間 MVPに選出して頂いたことを大変光栄に思います。苦しい8月をチーム全員で乗り越えて、ハードワークを続けた結果、9月の8勝1分という素晴らしい結果をもたらす事が出来ました。僕たちが目指す昇格、優勝を達成するためにより一層チームのために魂を込めて闘い、好調を継続して、10月もアビスパ福岡からこの賞を受賞する選手がいれば良いなと思います。シーズンはまだ折り返したばかりです。コロナ禍で大変なこともたくさんありますが、変わらない熱いサポートを最後までよろしくお願いします」

●選考理由
播戸竜二委員
「好調アビスパのキャプテン。5試合のクリーンシートに貢献。J1が見えてきた今、更なる堅い守備とキャプテンシーに期待!」

寺嶋朋也委員
「鉄壁の福岡のDFリーダー。空中戦に抜群に強く、チームの快進撃を支えた。さらなる成長に期待」

◆FW吉平翼(藤枝MYFC)
「今回の受賞は本当に嬉しく、誇りに思います。僕のゴールはアシストのあるゴールであったりPKであったりするのでチームメイトに感謝したいですし、石さん(石﨑監督)はじめコーチングスタッフ、チーム全員に本当に感謝したいと思います。リーグも後半戦に入り自分自身ゴールをとれていないですし、チームとしてもなかなかうまくいっていない状況ですが、J2昇格という大きな目標がある中で、この明治安田生命Jリーグ KONAMI 月間MVPの活躍以上の活躍をしてチームの勝利に貢献できるようにしていきたいです。厳しい相手との試合が続きますが、ここから連勝できるように良い準備をして、みんなで乗り越えて、必ずJ2昇格を達成できるようにしたいです」

●選考理由
原博実委員
「6得点1アシスト。いつの間にかゴール前で良いポジションにいる。アシストやスルーパスも魅力」

播戸竜二委員
「6試合6ゴール1アシスト。好調をキープ。 いろいろな得点パターンがあり、常にゴールを意識。同じチームの大石選手と切磋琢磨して高め合って欲しい」

柱谷幸一委員
「6ゴール1アシストでチームの勝利に貢献した」

北條聡委員
「打てば入る圧巻のゴールラッシュ。必要な時に、必要な場所にいて、必要な仕事を見事にやってのけた。鋭い嗅覚、多彩なシュート、冷静な判断が光った」

関連ニュース
thumb

湘南を上向かせる山口智監督が6月優秀監督賞に輝く 「これからも新湘南を追求」

Jリーグは12日、6月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは湘南ベルマーレの山口智監督で、初受賞に。6月の2試合を全勝で切り抜けると、今月もここまで3試合を1勝2分けの負け知らずで降格圏から脱出の13位にまで順位を上げている。 直近の10試合でも5勝3分け2敗と勝ち星先行の戦いを続ける山口監督は受賞に際して、Jリーグ公式サイトで感謝の言葉とともに、 「明治安田生命J1リーグ6月度月間優秀監督に選出していただき大変光栄です。ありがとうございます。この受賞は常日頃、選手、スタッフ、クラブが信念を持ってやり続けている証だと思うので、これからも全員で謙虚に地道に大胆にチャレンジし続けていきたいと思います」 「また、スタートしてなかなか難しい状況でも背中を押し、支え続けていただいてるファン、サポーターの方に心から感謝いたします。これからも新湘南を追求していきたいと思います。よろしくお願いいたします」 なお、J2リーグからはファジアーノ岡山の木山隆之監督が初受賞。J3リーグからはカターレ富山の石﨑信弘監督が3度目の栄誉に輝いている。 2022.07.12 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

首位横浜FM、水沼宏太が6月2戦2発で月間MVP 「大変光栄な賞」

Jリーグは12日、6月度の明治安田生命JリーグKONAMI月間MVPを発表した。 J1リーグからは横浜F・マリノスのMF水沼宏太。代表ウィークも入った6月は2試合で2ゴールの活躍で、初受賞を果たした。今季のここまで首位を走るチームで右ウィングの担い手として存在感を高める32歳は喜びの心境とともに、決意を新たにしている。 「大変光栄な賞を頂き、ありがとうございます。ケヴィン・マスカット監督をはじめ、コーチングスタッフ、チームメイト、横浜F・マリノスに関わるすべての皆さんに感謝したいと思います」 「そして、いつも支えてくれている家族にも感謝します。また、このような賞が頂けるように、思いっきりサッカーを楽しんで、横浜F・マリノスのために全力で戦っていきたいと思います」 そのほか、J2リーグからは6月も全4試合出場で3ゴールを記録した横浜FCのFW小川航基が今季2度目の受賞。J3リーグでは4得点2アシストと大活躍したいわきFCのFW岩渕弘人が初受賞した。 2022.07.12 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

J1リーグの5月優秀監督賞に横浜FM指揮官マスカット 昨年8月度以来2度目

Jリーグは14日、5月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは5月の6試合で4勝1分1敗を記録した横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督。目下2連勝中で、16試合を消化して9勝4分け3敗と首位に躍り出ている。 同じくAFCチャンピオンズリーグ組がやや苦しむなか、着実に勝ち点を積み上げるマスカット監督は昨年8月度以来2度目の受賞にあたり、喜びの心境を明かした。 「このような賞をいただきJリーグに感謝いたします。5月だけでなく、チャレンジングな今シーズンすべてにおいて、コーチングスタッフをはじめとする全スタッフの努力とコミットメントに、この賞を捧げたいと思います」 なお、J2リーグからはアルビレックス新潟の松橋力蔵監督。J3リーグからは鹿児島ユナイテッドFCの大嶽直人監督が輝き、両監督も初受賞を果たしている。 2022.06.14 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

C大阪DF毎熊晟矢がJ1リーグの5月MVPに 「セレッソファミリーへの賞」

Jリーグは14日、5月度の明治安田生命JリーグKONAMI月間MVPを発表した。 J1リーグからはセレッソ大阪のDF毎熊晟矢。V・ファーレン長崎から加入の今季は当初こそ限定的な出番が続いたが、5月に入ってから6試合すべてで先発し、チームが記録した全10得点の半分に絡む3得点2アシストの活躍だった。 右サイドバックから右サイドハーフへのコンバートが見事にハマり、自身初となる月間MVPの毎熊は喜びの思いとともに決意を新たにしている。 「5月のKONAMI月間MVPに選出していただき、とても光栄に思います。この賞を受賞できたのは、スタッフ・チームメイト・ファン・サポーターをはじめとするセレッソ大阪に関わる皆さんのおかげなので、感謝していますし、セレッソファミリーへの賞だと思っています。これに満足することなく、また1日1日の練習を大切にして、セレッソ大阪のタイトル獲得に貢献できるように励んでいきたいと思います。この度は本当にありがとうございました」 なお、J2リーグからは2得点2アシストをマークしたアルビレックス新潟のU-21日本代表MF三戸舜介が初受賞。J3リーグからは3得点2アシストを記録した鹿児島ユナイテッドFCのFW有田光希がこちらも初受賞を果たしている。 2022.06.14 16:59 Tue
twitterfacebook
thumb

広島指揮官スキッベが4月度の月間優秀監督賞に! 「この賞の大半はチームの活躍があってこそ」

Jリーグは17日、4月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは4月の5試合を3勝2分で乗り切ったサンフレッチェ広島のミヒャエル・スキッベ監督。13試合を消化した現時点で4勝6分け3敗の6位につけている。 初受賞のドイツ人指揮官は「このたび、明治安田生命J1リーグ4月度月間優秀監督賞に選出いただき、ありがとうございます」と喜び、今後に意気込みを語った。 「チームのパフォーマンスの象徴としての受賞であり、この賞の大半はチームの活躍があってこそだと思っています。支えてくれている選手、チームスタッフ、ファン・サポーターに感謝したいです。ただし、戦いはまだまだこれからです。今後もチーム一丸となって戦い、順位を一つでも上げられるように頑張っていきたいと思います」 なお、J2リーグからは4月に5勝を積み上げたベガルタ仙台の原崎政人監督が選ばれ、J3リーグからは3勝1分けの成績を収めた松本山雅FCの名波浩監督が選出。両監督とも初の受賞となる。 2022.05.17 17:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly