9月MVPに8試合8発の横浜FMエリキ! 福岡DF上島拓巳や藤枝FW吉平翼も受賞《KONAMI月間MVP》

2020.10.09 17:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは9日、9月度における「2020明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」の受賞者を発表した。

輝いたのは横浜F・マリノスのFWエリキ、アビスパ福岡のDF上島拓巳、藤枝MYFCのFW吉平翼。3選手ともに初受賞となる。

エリキは9月に行われたJ1リーグ8試合で8ゴールをマーク。そのうち6試合連続ゴールとチームの4連勝に大きく貢献した。

上島は9月のJ2リーグ全9試合に出場して、そのうち7試合に先発。5つのクリーンシートに導き、無傷の8連勝に寄与した。

吉平は9月のJ3リーグ全6試合に出場して、そのうち5試合でスタートからプレー。5試合連発を含む6ゴールと大暴れした。

各選手のコメントと選考理由は以下のとおり。

◆エリキ(横浜F・マリノス)
「9月の明治安田生命J1リーグKONAMI月間MVPに選ばれことをとても嬉しく思います。試合でゴールを決めることができ、このような賞を受賞できるのもチームメイトのおかげですし、この先もチーム一丸となって一戦一戦全力で戦っていきたいと思います。チームの目標を達成していくためにサポーターのみなさんの力も必要になってきますので、引き続き応援をよろしくお願いします」

●選考理由
原博実委員
「8試合8ゴール2アシスト右足、左足、ヘディング、どこからでも得点出来る万能型のストライカー。横浜FMの攻撃を牽引した」

播戸竜二委員
「8試合8ゴール2アシスト。抜群の運動量と決定力。献身性もあり、本人も日本でのプレーに満足! もっと活躍しそうな予感。鳥栖戦のトラップからのゴールはゴラッソ! ゴールこそアタッカーの全て!」

柱谷幸一委員
「月間で最多の8ゴール。6試合連続ゴール。チームの4連勝に大きく貢献した」

北條聡委員
「2シャドーの一角で覚醒。ボックス周辺で持ち前の機動力を存分に生かし、他を圧倒するゴールラッシュ(8得点)を演じた。決定力の高さはさすがの一語」

寺嶋朋也委員
「ポジションをサイドから中央に移して持ち前のスピードと得点能力を存分に発揮。シュート技術の高さが素晴らしい」

◆DF上島拓巳(アビスパ福岡)
「明治安田生命J2リーグ9月月間 MVPに選出して頂いたことを大変光栄に思います。苦しい8月をチーム全員で乗り越えて、ハードワークを続けた結果、9月の8勝1分という素晴らしい結果をもたらす事が出来ました。僕たちが目指す昇格、優勝を達成するためにより一層チームのために魂を込めて闘い、好調を継続して、10月もアビスパ福岡からこの賞を受賞する選手がいれば良いなと思います。シーズンはまだ折り返したばかりです。コロナ禍で大変なこともたくさんありますが、変わらない熱いサポートを最後までよろしくお願いします」

●選考理由
播戸竜二委員
「好調アビスパのキャプテン。5試合のクリーンシートに貢献。J1が見えてきた今、更なる堅い守備とキャプテンシーに期待!」

寺嶋朋也委員
「鉄壁の福岡のDFリーダー。空中戦に抜群に強く、チームの快進撃を支えた。さらなる成長に期待」

◆FW吉平翼(藤枝MYFC)
「今回の受賞は本当に嬉しく、誇りに思います。僕のゴールはアシストのあるゴールであったりPKであったりするのでチームメイトに感謝したいですし、石さん(石﨑監督)はじめコーチングスタッフ、チーム全員に本当に感謝したいと思います。リーグも後半戦に入り自分自身ゴールをとれていないですし、チームとしてもなかなかうまくいっていない状況ですが、J2昇格という大きな目標がある中で、この明治安田生命Jリーグ KONAMI 月間MVPの活躍以上の活躍をしてチームの勝利に貢献できるようにしていきたいです。厳しい相手との試合が続きますが、ここから連勝できるように良い準備をして、みんなで乗り越えて、必ずJ2昇格を達成できるようにしたいです」

●選考理由
原博実委員
「6得点1アシスト。いつの間にかゴール前で良いポジションにいる。アシストやスルーパスも魅力」

播戸竜二委員
「6試合6ゴール1アシスト。好調をキープ。 いろいろな得点パターンがあり、常にゴールを意識。同じチームの大石選手と切磋琢磨して高め合って欲しい」

柱谷幸一委員
「6ゴール1アシストでチームの勝利に貢献した」

北條聡委員
「打てば入る圧巻のゴールラッシュ。必要な時に、必要な場所にいて、必要な仕事を見事にやってのけた。鋭い嗅覚、多彩なシュート、冷静な判断が光った」


関連ニュース
thumb

J1得点王の川崎Fダミアンが今季2度目の11月・12月MVPに! 月間優秀監督賞は鹿島の相馬直樹監督

Jリーグが5日、11月・12月度のJ1リーグにおける「明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」の発表。川崎フロンターレの元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンが今季2度目の受賞を果たしている。 レアンドロ・ダミアンは全5試合に出場して、6ゴールを記録。ラスト4試合は4戦連発の6ゴールと荒稼ぎして、23ゴールで並ぶ横浜F・マリノスの日本代表FW前田大然と分け合う形で得点王に輝いた。 選考に携わるひとりの原博実委員は「こぼれ球あり、コンビネーションからの得点あり、いろんな形から得点が取れる」と総評。「契約延長は川崎FにとってもJリーグにとっても嬉しいニュース」と続けた。 なお、月間優秀監督賞の受賞者も発表され、鹿島アントラーズの相馬直樹監督が今季2度目の栄冠に。11月からの5試合を4勝1分けで切り抜け、天皇杯の結果次第でACLのプレーオフ出場権を手にし得る4位でフィニッシュを果たした。 2021.12.05 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

神戸MFイニエスタが10月3戦3G1Aで月間MVPに輝く! 「この流れで最後まで」

Jリーグは12日、10月度の「明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」を発表した。各カテゴリーからヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタ、ファジアーノ岡山のFW上門知樹、藤枝MYFCのFW岩渕良太がそれぞれ初の栄誉に輝いている。 J1リーグで佳境の3位争いで一歩リードする神戸。10月の3試合を2勝1分け無敗で切り抜けたチームのなかで、イニエスタはその全試合に先発して、3得点1アシストと活躍した。受賞に際して、喜びの思いとともに、決意を新たにしている。 「このMVPはチームに貢献することができた証なので喜んでいます。でも、何よりも10月はチームが一つになって素晴らしい戦いができたと思います。この流れで最後まで戦い抜きたいです」 また、J2リーグからの選出となる上門は10月の5試合で2勝3分け無敗と好調なチームとともに、個人としても4得点と躍動。J3リーグからノミネートされた岩渕は5試合で4得点1アシストのインパクトを残した。 2021.11.12 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

川崎Fの鬼木達監督が今季2度目の月間優秀監督賞! 9月は4戦全勝、しかも3試合連続逆転勝ち

Jリーグは8日、9月度の「明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞」を発表した。各カテゴリーから川崎フロンターレの鬼木達監督、V・ファーレン長崎の松田浩監督、ロアッソ熊本の大木武監督が輝いている。 9月の川崎FはAFCチャンピオンズリーグ、ルヴァンカップのタイトルを逸した悔しさ残る月だったが、首位を走るJ1リーグに目を移すと、4戦全勝。しかも、9月22日に行われた第32節の鹿島アントラーズ戦から3試合連続で逆転勝ちしてみせるなど、勝負強さを発揮した。 J1リーグ連覇に前進する鬼木監督は今季2度目の受賞を受けて、Jリーグ公式サイトを通じて、「明治安田生命J1リーグ9月の月間優秀監督賞に選んでいただきありがとうございます」と喜びの思いとともに、佳境に入る今後の戦いに向けて意気込みを語っている。 「この9月はチームとして目標にしていたルヴァンカップ、ACLと連続でタイトルを逃してしまい非常に厳しい時期でした。ただそれでも、Jリーグのタイトルだけは何がなんでも獲るという強い意志で選手、スタッフみんなで一体感を持って戦うことが出来たことで、結果もついてきたと思います」 「我慢の時期に我慢し続けた選手、スタッフを誇りに思います。また苦しい我慢の時期に等々力で力を与えてくれたサポーターの皆さんに心から感謝します。残り6試合もクラブとサポーター一体となって戦い抜きましょう! 宜しくお願い致します」 なお、J2リーグからの選出で、初受賞となる長崎の松田監督は9月の5試合を3勝2分け無敗で切り抜け、チームを3位に押し上げる手腕を発揮。J3リーグから初受賞となる熊本の大木監督は9月、3戦全勝で首位に導いている。 2021.10.08 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

9月MVPにJ1新記録樹立の名古屋守護神ランゲラック! 「チームメイトのおかげ」

Jリーグは8日、9月度の「明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」を発表した。各カテゴリーから名古屋グランパスのGKランゲラック、V・ファーレン長崎のFWエジガル・ジュニオ、テゲバジャーロ宮崎のFW梅田魁人がそれぞれ初の栄誉に輝いている。 名古屋加入4年目の今季も最後の砦として傑出した活躍を続けるランゲラックは9月、J1リーグ4試合の出場で全体でも最多タイとなる16回のセーブを記録して、2失点。2度のクリーンシートをやってのけるなかで、ボックス内から許したシュートのセーブ数でも最多の11本をマークして、その間のチームも3勝1分けと無敗で乗り切った。 9月26日に行われたJ1リーグ第30節の大分トリニータ戦でJ1新記録の今季19試合目の無失点も成し遂げ、2020シーズンの12月以来2度目の受賞となるランゲラックはJリーグの公式サイトを通じて、喜びの思いとともに、佳境に入る今後に決意を新たにした。 「KONAMI月間MVPに選出いただき光栄です。まずJ1リーグにおける無失点試合の新記録を樹立できたのはチームメイトのおかげですし、この賞も自分ひとりでいただけたものではありません。いつも自分を支えてくれる家族、そして共に闘う、監督・コーチ・チームメイト・クラブスタッフ・グランパスファミリーに感謝します。シーズンも終盤になりますが、いつも通り全ての試合にベストを尽くして頑張ります!」 J2リーグから選出のエジガル・ジュニオは初受賞となり、9月の5試合で7ゴールの活躍を披露。J3リーグから今季2度目の受賞となる梅田は9月、4試合に出場して2ゴールをマークした。 2021.10.08 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMのケヴィン・マスカット監督が8月の優秀監督賞に輝く 「とても光栄」

Jリーグは10日、8月度の「明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞」を発表した。各カテゴリーから横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督、京都サンガF.C.の曺貴裁監督、福島ユナイテッドFCの時崎悠監督が輝いている。 8月の横浜FMは7試合を消化。そのなかで、マスカット監督は8月6日の延期分となる第6節のガンバ大阪戦が初陣だったが、見事に3-2の白星スタートを切ると、最終的に大きく勝ち越しの5勝1分け1敗で切り抜けた。 就任から間もなくして、首位追撃の勢いを加速させるマスカット監督はJリーグ公式サイトを通じて喜びの思いとともに、決意を新たにした。 「Jリーグから、このような賞をいただきとても光栄です。私が来日してから、たゆまず仕事を続けているすべてのチームスタッフを代表してこの賞を受け取りたいと思います。また、選手たちの努力なしでは、この賞をいただくことはなかったでしょう。最後に、私を温かく迎え入れてくれたファン・サポーター、そしてマリノスファミリーの皆さんと受賞の喜びを分かち合いたいです」 また、J2リーグからの選出となる京都の曺貴裁監督は8月の3試合を全勝。J3リーグ部門で今年5月以来、2度目の受賞となる福島の時崎悠監督はわずか1試合だけだったが、FC岐阜との上位対決を4-0の快勝で飾った。 2021.09.10 17:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly