ナポリのセルビア代表DFマクシモビッチにプレミア2クラブが興味

2020.09.29 17:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリのセルビア代表DFニコラ・マクシモビッチ(28)に、プレミアリーグの2クラブが興味を示しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。

マクシモビッチに興味を示しているのは、ウェストハムとフルアムとのこと。残り契約が1年を切ったマクシモビッチは、市場にも出ており獲得は可能な状況だ。

ウェストハムはナポリに対してオファーを出したとのこと。一方のナポリは、1500〜2000万ユーロ(約18億5000万〜24億6500万円)を要求している状況だ。フルアムも状況を注視しているとされている。

ナポリは今夏の移籍市場でセンターバックを放出する予定だったが、セネガル代表DFカリドゥ・クリバリも未だ売却できていない。マンチェスター・シティはベンフィカのポルトガル代表DFルベン・ジアス(23)の獲得が決定的となっており、残る行き先はマンチェスター・ユナイテッドか。何れにしても、先にマクシモビッチがチームを離れることになりそうだ。

マクシモビッチは、ツルヴェナ・ズヴェズダやトリノ、スパルタク・モスクワでプレー。2019-20シーズンは公式戦28試合に出場し1ゴール1アシスト。今シーズンは開幕戦はベンチだったが、第2節のジェノア戦は45分間プレーした。

関連ニュース
thumb

「センス良すぎ!」ナポリ戦控えるアヤックスの“粋な投稿”が大反響!「2人は永遠に」

チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第3節が4日と5日に開催される。 4日に行われるグループAではアヤックスとナポリが対峙するが、大事な一戦を前にアヤックスの公式SNSが粋な投稿をしている。 この2チームを代表する選手と言えば、アヤックスでは元オランダ代表FWヨハン・クライフ氏だろう。選手時代にはCLの前身であるUEFAチャンピオンズカップを3連覇し、バロンドールを3度受賞。監督としても1986-87シーズンにカップウィナーズカップで優勝。14シーズンぶりの国際タイトルを獲得していた。 一方のナポリは元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏が所属した。史上初のスクデットを含むセリエA優勝2度、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)などのタイトルを獲得し、ファンに愛されていた。 どちらも言わずもがなのレジェンドであるが、アヤックスは、それぞれのユニフォームを着た2人が一緒に試合をテレビで観戦するイラストを投稿。「伝説の試合」と試合を宣伝している。 この投稿はファンにも反響。「2人は永遠に」、「素敵なイラスト」、「センス良すぎ!」、「リスペクト」、「映画のポスターみたいだ」と多くのコメントが集まっている。 ちなみに、両者の対戦はこれまで1969-70シーズンに2度戦ったのみ。親善試合でも対戦はなく、多くのファンが楽しみにしている一戦を2人も見守っているかもしれない。 <span class="paragraph-title">【画像】クライフとマラドーナがテレビの前で一緒に観戦!アヤックスの粋な投稿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjR70YxMNIi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjR70YxMNIi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjR70YxMNIi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">AFC Ajax(@afcajax)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.04 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

イグアイン引退をナポリは完全に「無視」… ユーベ移籍の遺恨は未だ晴れず

現役引退を発表した元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(34)に対する各クラブの反応が異なっている。 所属するメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミから今季限りでの引退が発表されたイグアイン。リーベル・プレートから19歳でレアル・マドリーへと移籍し、その後はナポリ、ユベントス、ミラン、チェルシーといったビッグクラブを渡り歩いた。 イグアインの突然の引退には、かつて在籍したユベントスが公式SNSで過去のゴールを振り返ったほか、マドリー時代に師事したジョゼ・モウリーニョ監督(現ローマ)が惜別のメッセージを送るなど、一時代を築いたストライカーに歴代のクラブや関係者から労いの言葉が贈られている。 そんななか、ナポリはこれらの動きを完全にスルー。イグアインは2013年夏に加入したナポリでセリエA得点王に輝いたほか、3年間で通算91得点を挙げるなど絶対的エースとして君臨したが、2016年夏のユベントス移籍に憤ったファンからは大きな反発を呼んでいた。 こういった事情もあってか、ナポリはイグアインの現役引退を「無視」。ライバルクラブへと去った元エースに対する遺恨は6年経っても消えていないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】インテル戦でゴールを決めたユベントス時代のイグアイン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Grazie di tutto, Pipa <a href="https://t.co/rN6LpNgFnd">pic.twitter.com/rN6LpNgFnd</a></p>&mdash; JuventusFC (@juventusfc) <a href="https://twitter.com/juventusfc/status/1577008106889936913?ref_src=twsrc%5Etfw">October 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.04 20:26 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリ、指揮官がCLアヤックス戦に向けて意気込む 「我々のレベルを測るチャンス」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が4日に敵地で行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節のアヤックス戦に向け、意気込みを語った。クラブの公式サイトが伝えている。 ナポリは直近のセリエA第8節でトリノを3-1で下し、首位をキープ。その勢いをもって、オランダの強豪アヤックスとのアウェイ戦に臨む。 CLでもグループステージ開幕から2連勝で首位に立ち、突破に向けて視界良好。スパレッティ監督は1勝1敗で2位につけるアヤックスとの試合に先立った会見で相手に敬意を示しつつ、重要性を強調している。 「大きな歴史を持つチームとのエキサイティングな試合になる。偉大なチームになるには偉大な相手と戦わなければならない。明日は我々のレベルを測るチャンスだ。自分たちの力を証明できれば、手応えになるはず」 「アヤックスのプレーぶりは我々と似ていて、ボールを保持することを好む。だが、縦へのソリューションもある」 「アムステルダム・アレナでプレーできるのは美しいことで、雰囲気も素晴らしい。高い志を育むには優れたパフォーマンスを発揮する必要がある。昨季はこういう試合を落としたが、この挑戦を楽しみ、成熟したメンタリティも見せなければならない」 「自分たちの力を発揮しないといけないが、無謀なことをやる必要なんてない。強さも頭も必要だ。自分たちを内面から見つめ、ベストな表現法を理解しないといけない」 また、アヤックスのスタイルにも改めて踏み込み、第一目標であるグループ突破に気を引き締め直した。 「最近のアヤックスを観察してきた。彼らのプレーは以前に比べていくつか異なる点があるが、クラブの哲学や伝統にならって現代的なフットボールをするという点では変化していない」 「このゲームは我々を前進させる重要なステップとなる。我々が並外れたチームならグループステージ突破は容易だろうが、実際にはその道のりは果てしない」 2022.10.04 14:11 Tue
twitterfacebook
thumb

「キャリア最高の時期だ」 ナポリで守護神定着のメレトが充実

ナポリのイタリア代表GKアレックス・メレトが今シーズンの充実感を語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2019年夏の加入以来、常にコロンビア代表GKダビド・オスピナとの激しいポジション争いを繰り広げ、昨季は公式戦15試合に出場したメレト。オスピナは昨季終了後に退団したが、クラブは今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)のコスタリカ代表GKケイロル・ナバスや、チェルシーのスペイン代表GKケパ・アリサバラガの獲得を画策したため、一部メディアはメレトのスペツィアへのレンタル移籍が迫っていると報じられていた。 しかし、いずれのGK獲得も失敗したことで、守護神の座が回ってきたメレトは今季開幕からハイパフォーマンスを披露。これまでセリエA全試合に出場して、首位を走るチームの守備を支えている。 メレトも4日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節のアヤックス戦に先立った記者会見でキャリア最高の時期を過ごせていると明言。同時に、今季限りで満了を迎える現行契約の延長も間近だと明かしている。 「(カルロ・)アンチェロッティがいた頃も含め、僕がナポリに加入してからでキャリア最高の時期になっていると思う。もちろん、フットワークを改善すべきなのは理解しているよ。ただ、GKは足の使い方だけで評価はできないはずだ」 「まだまだやらなければならないことがたくさんある。ここまで改善してきたとは思うけど、この道を歩み続けたいね。監督たちが求めるものを実行するだけさ」 「今季のチームは一貫性を見出せていて、自分のクオリティも発揮しやすい。ピッチ外のことについて話すのは好きではないけど、クラブとの契約更新は間近だよ。それは間違いなく言えることだ」 2022.10.04 11:04 Tue
twitterfacebook
thumb

ザンボ・アンギサがドッピエッタ、ナポリがトリノに快勝で首位キープ《セリエA》

ナポリは1日、セリエA第8節でトリノをホームに迎え、3-1で快勝した。 代表ウィーク前の前節、敵地でのミラン戦を制し、首位をキープしたナポリ(勝ち点17)は、代表戦で活躍したラスパドーリが最前線で先発。2列目はクワラツヘリア、ジエリンスキ、ポリターノが構えた。 9位トリノ(勝ち点10)に対し、立ち上がりから圧力をかけたナポリは6分に先制する。左サイドからのマリオ・ルイのクロスをザンボ・アンギサがヘッドでねじ込んだ。 さらに12分、ザンボ・アンギサが追加点。ポリターノとのパス交換でボックス右まで持ち上がり、そのままシュートを決めきった。 ザンボ・アンギサがドッピエッタとした中、18分のピンチではヴラシッチのミドルシュートをGKメレトがセーブ。 すると37分、ナポリに3点目。左サイドを持ち上がったクワラツヘリアがボックス左へ侵入。左足でシュートをねじ込んだ。 44分にサナブリアに1点を返されたものの、ナポリが3-1とリードして前半を終えた。 迎えた後半、前がかるトリノをいなすナポリが主導権を握る中、時間を消化していく。結局、後半はスコアが動かず3-1のままナポリが快勝。首位をキープしている。 2022.10.01 23:58 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly