本田同僚の18歳逸材FWがマルセイユ移籍か? クラブ間交渉停滞も加入濃厚

2020.09.23 15:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユがボタフォゴに所属するブラジル人FWルイス・エンリケ(18)の獲得に動いているようだ。フランス『レキップ』が報じている。

ボタフォゴ期待の若手であるルイス・エンリケは、左右のウイングを主戦場とする爆発的なスピードとドリブルテクニックに長けた181cmのアタッカー。2019年12月にトップチームデビューを飾ると、今シーズンはここまで公式戦7試合に出場している。

新たなリクルート部門の下、国内外の若手発掘を目指すマルセイユは、予てよりルイス・エンリケの獲得に動いており、一部では5年契約で選手本人とその代理人と合意に至っているという。

その一方で、クラブ間の交渉は停滞しており、マルセイユは同選手の獲得に1000万ユーロ(約12億3000万円)のオファーを掲示しているものの、保有権の40%を持つボタフォゴ、同じく60%を持つ前所属のトレッス・パッソスの両クラブが金額に難色を示しているという。

ただ、マルセイユの関係者筋からの情報によると、クラブ間の交渉は最終的に成立する見込みであり、ルイス・エンリケは近日中にもフランスに渡るという。

ボタフォゴではFW本田圭佑の同僚だったルイス・エンリケだが、マルセイユではDF酒井宏樹、DF長友佑都という2人の日本人選手と共に共闘することになる。

関連ニュース
thumb

マルセイユがドルトムントからローン中のバレルディの買取OPを行使か

マルセイユがアルゼンチン代表DFレオナルド・バレルディ(22)の買い取りオプションを行使するようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 センターバックを主戦場とするバレルディは、ボカ・ジュニアーズの下部組織出身で、2019年1月にドルトムントへ完全移籍。しかし、ブンデスリーガ出場は7試合にとどまり、U-23チームで起用されることが多かった。 2020年7月に出場機会を求めてマルセイユへ買い取りオプション付きの期限付き移籍で加入すると、同郷のホルヘ・サンパオリ監督就任以降は出番が増加。公式戦25試合2得点の結果を残し、自身にとって躍進のシーズンとなった。 『キッカー』によれば、移籍金は1100万ユーロ(約14億7000万円)とみられており、成果に応じたボーナスも付く形となるようだ。 2021.06.16 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「自信になる試合」とセルビア戦を語る長友佑都、デビューのオナイウ阿道を評価「すごく良いプレーだった」

日本代表DF長友佑都(マルセイユ)が、セルビア代表戦を振り返った。 11日、キリンチャレンジカップ2021の日本代表vsセルビア代表の一戦がノエビアスタジアム神戸で行われ、1-0で日本が勝利した。 前半はセルビアの堅い守備の前になかなかチャンスを作れなかった日本。一方で、相手にもチャンスを作らせず、0-0のまま後半へと入る。 すると立ち上がり3分、右CKから鎌田大地(フランクフルト)がクロスを入れると、ニアで谷口彰悟(川崎フロンターレ)がフリック。これをファーサイドで伊東純也(ヘンク)が蹴り込み、日本が先制。その後は追加点のチャンスもありながらもゴールを奪えず、1-0で勝利を収めた。 久々のヨーロッパ勢との試合となった長友は「セルビアは力がありましたし、僕たちの実力を試すのに非常に良い相手だと思っていました」とコメント。「前半は相手がブロックを作って堅い試合になりましたが、ポゼッションする中でミスが多かったり、前半はそういったシーンが多かったです」とコメント。「ただ、ゼロに抑えて危険なプレーをさせず、ディフェンスラインを含めてチームは集中していたと思います」と語り、苦しい展開で先に失点しなかったことを評価した。 前半の出来については「セルビアは気持ちを入れて試合に入ってきたので、フワっとした試合にはならないなと。集中しているなと感じました」とコメント。その中でよく守れたと語り、「自分たちが非常に良かったと思います。ディフェンスラインも中盤の選手も、取られた後の切り替えとか、ファウルで相手のカウンターを止めたり判断が良かった」とし、「あまりチャンスを作らせずに試合ができたと思います」と、セルビアをしっかりと封じられたと評価した。 最終予選ではこの試合のような展開が増えると予想されるが「特に前半は堅い試合になる。W杯でも最終予選でも相手がガチガチに守ってきてこういう展開になりやすいです」とコメント。これまでの経験からも、力のある相手同士の試合では起こり得ることだとコメント。「まずは失点しないことが大事。上手くいかなくてもいいから、失点をしないということ。守備を堅くみんなで守っていこうと言っていた」とし、「後半は足も止まってスペースもできるから、上手くいかなくてもネガティブにならずにやっていこうと話していました」と、守備を安定させて、チャンスが訪れるのを待とうと考えていたようだ。 その読み通り、後半はセルビアの強度が下がることに。「前半に気合を入れてきたので、相手が消耗していた」と語り、「相手のインテンシティが落ちていて、途中から出た選手が良いポジションで受けてくれたから、ああいった展開になった」と狙いがハマったとした。 またデビュー戦となったFWオナイウ阿道(横浜F・マリノス)を評価し「オナイウも体を張ってポストプレーをしてくれて、タメを作ってくれた」とプレーを評価。「後ろの選手にとっては助かるプレーをオナイウもしてくれていたので、すごく良いプレーだったと思います」と、エースのFW大迫勇也(ブレーメン)が不在の中でしっかりと仕事をしてくれたと語った。 この試合では現在地を測るという目的もあったが「自分たちの力を試す上でも非常に良い相手だったので、お互いにベストメンバーではなかったかもしれないですが、それでも日本代表として出た選手がチーム一丸となって戦えました」とコメント。「誰が出てもレベルを出せることは示せたと思います」とメンバーを変え、主軸が抜けている試合でも良いパフォーマンスだったと評価。「非常に手応えがあって、日本代表としても自信になる試合だったと思います」と、今後の自信に繋がると語った。 2021.06.11 23:05 Fri
twitterfacebook
thumb

マルセイユがミランFWラファエウ・レオンに関心か

マルセイユが、ミランのU-21ポルトガル代表FWラファエウ・レオン(22)のローン移籍を検討しているようだ。『フットボール・イタリア』がポルトガルメディアの情報をもとに伝えている。 2019年夏に2950万ユーロ(約40億円)の移籍金と、将来的な売却額の20%分与を条件にリールからミランへ加入したラファエウ・レオン。今シーズンは公式戦40試合に出場し、7得点6アシストを記録。セリエA第13節のサッスオーロ戦ではキックオフ後6秒でネットを揺らし、イタリア最速を樹立していた。また、年代別の代表としても、先日のU-21欧州選手権2021で準優勝に輝いている。 移籍市場に精通するペドロ・アルメイダ氏によると、マルセイユのパブロ・ロンゴリア会長がレオンに熱視線を送っているとのことで、近くマルセイユにローンでの獲得を要求すると伝えられている。 『フットボール・イタリア』は、レオンは上述の成績を残しながらもパフォーマンスが安定していないと主張しており、「ローン移籍は自信と得点力を再発見するのに役立つかもしれない」として、移籍の可能性があることを示唆している。 2021.06.11 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

背番号は「2」、酒井宏樹が浦和に完全移籍で加入「一つでも多くのタイトルを」

浦和レッズは10日、日本代表DF酒井宏樹(31)が完全移籍で加入したことを発表した。背番号は「2」となる。 酒井は柏レイソルの下部組織出身で、2009年2月にトップチームへ昇格。ブラジルのモジミリンへのレンタル移籍を経験すると、その後は柏でレギュラーとしてプレー。2012年7月にドイツのハノーファーへと移籍すると、2016年7月にマルセイユへと完全移籍を果たした。 ブンデスリーガでは92試合に出場し2ゴール2アシスト、リーグ・アンでは145試合に出場し1ゴール10アシストを記録。JリーグでもJ1で42試合に出場し1ゴール12アシスト、J2リーグでも9試合で1ゴール1アシストを記録していた。 日本代表としては2012年5月からプレー。ここまで64試合に出場し1ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップはメンバーに選ばれるも出場機会はなし。2018年のロシア・ワールドカップでは4試合に出場した。 また、2012年のロンドン・オリンピックを経験しており、現在は東京オリンピックに向けてU-24日本代表にオーバーエイジとして参加している。 酒井はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、浦和レッズに加入することになりました酒井宏樹です。浦和レッズという伝統ある偉大なクラブの一員になることができ、大変光栄に思います」 「チームのコンセプトを理解し、1日でも早くピッチ内外でチームに貢献できるようベストを尽くしていきます。一つでも多くのタイトルを熱きレッズファン・サポーターのみなさんと共に喜びあう為にがんばっていきますので応援よろしくお願いします!」 2021.06.10 16:45 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセイユがU-24ブラジル代表MFジェルソン獲得で原則合意! フラメンゴ主力が2度目の欧州挑戦へ

マルセイユは9日、U-24ブラジル代表MFジェルソン(24)の完全移籍での獲得に関して保有元のフラメンゴと原則合意に至ったことを発表した。 なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、移籍金は2000万ユーロ(約26億7000万円)程度となり、ジェルソンはクラブと5年契約を結ぶ予定だ。 2016年夏にフルミネンセからローマに加入したジェルソンは、当初“左利きのポグバ”として大きな期待を集めていた。しかし、ローマとレンタル先のフィオレンティーナでは大きなインパクトを残せず、2019年夏にフラメンゴへ完全移籍し、志半ばで母国に帰還した。 それでも、慣れ親しんだ母国で完全復活を果たしたレフティーは、2019シーズンの公式戦36試合に出場し2ゴール4アシストの数字を残すなど攻守両面で躍動。コパ・リベルタドーレスとカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAの2冠、FIFAクラブ・ワールドカップ準優勝に大きく貢献していた。 また、2020シーズンも中盤の絶対的な主力に君臨し、U-24ブラジル代表として東京オリンピック参戦も期待されている。 なお、マルセイユを率いるホルヘ・サンパオリ監督はサントス、アトレチコ・ミネイロを率いた際に、対戦相手としてジェルソンのプレースタイルを把握しており、2度目の欧州挑戦をよりスムーズに導いてくれるはずだ。 2021.06.10 06:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly