ライプツィヒがハーランドの相棒FWセルロート獲得間近、CEOが明言「ホームストレートにいる」

2020.09.21 18:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストライカーの獲得に動いているRBライプツィヒだが、ノルウェー代表FWアレクサンデル・セルロート(24)の獲得が迫っているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えた。今夏、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーがチェルシーに、チェコ代表FWパトリック・シックがローマへレンタルバックしてしまったライプツィヒ。2019-20シーズンのブンデスリーガでは2人合わせて38ゴールを記録しており、得点力が大きく減少したことになる。

ザルツブルクから韓国代表FWファン・ヒチャン(24)を獲得したものの、まだ足りない状況のライプツィヒは、セルロートの獲得に動いていた。

セルロートは、2019年夏にクリスタル・パレスから2年間のレンタル移籍でトラブゾンスポルに加入。2019-20シーズンは公式戦49試合で33ゴールを挙げる華々しい活躍を見せた。

この活躍を受け、マンチェスター・ユナイテッドやトッテナムをはじめとするヨーロッパ5大リーグのビッグクラブからも関心を寄せられるまでになった。

ライプツィヒの最高経営責任者(CEO)を務めるオリバー・ミンツラフ氏は「ホームストレートにいる」とコメント。また、スポーツ・ディレクター(SD)のマルクス・クレシェ氏は「我々はこの先の数日でポジティブな結論を得られると信じている」とコメントし、あと一歩のところまで来ていることを強調した。

セルロートはノルウェー代表としても24試合で8ゴールを記録。ドルトムントのFWアーリング・ハーランドの相棒としても活躍している。昨シーズン同様の活躍を見せれば大きな得点源を確保することになるが、ライプツィヒはうまく話をまとめられるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

PSGに敗れグループ3位転落のライプツィヒ、指揮官は「勝ち点1には値した」と嘆く

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督は、チャンピオンズリーグ(CL)で内容に見合う結果が得られなかったことを嘆いている。クラブ公式サイトが伝えた。 ライプツィヒは24日、CLグループH第4節において、パリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。前回の対戦でPSGに勝利しているライプツィヒは、決勝トーナメント進出を少しでも早く決定させるため、連勝を狙い敵地に乗り込んだ。 しかし、試合は11分にMFマルセル・ザビッツァーがボックス内で相手を倒してしまい、PKを献上。FWネイマールに決められ先制を許した後は、試合を支配し猛攻を見せたものの、PSGの粘り強い守備を最後まで崩すことができないまま、0-1のスコアで敗戦となった。 この結果、ライプツィヒはグループ3位に転落しており、決勝トーナメント進出に向けて厳しい状況となっている。試合後の会見に臨んだナーゲルスマン監督は、素晴らしい試合をしたにもかかわらず結果を残せなかったと悔やんだ。 「今日の試合、選手たちは本当によくやったと思うし、責めることはできない。PSGを相手にこれほど支配的なプレーをしたチームを私は見たことがないよ。前半早々に失点を喫したことで、PSGの戦術にも影響を与えたと思う」 「彼らのカウンターが脅威だということは分かっていたよ。我々は失点直後に同点とするチャンスもあったし、それ以降にも何度かの好機を作れていた」 「結局、PSGに流れの中でのチャンスはなかったと思う。我々は彼らよりはるかに良い状況にあった。90分以上こちらの方が良いチームだった以上、最低でも勝ち点1は欲しかったね。こうした試合はちょっとした出来事に左右されるが、今日はそれがPKだった」 2020.11.25 15:14 Wed
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ相手の幸運な勝利を認めるトゥヘル「狂ったように守った」

パリ・サンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督は、チャンピオンズリーグ(CL)の勝利が幸運だったことを認めている。クラブ公式サイトが伝えた。 PSGは24日、CLグループH第4節において、RBライプツィヒと対戦。既にグループステージで2敗を喫しているPSGにとって、決勝トーナメント進出を考えるとこれ以上の敗北は絶対に避けたい状況下での試合となった。 試合では、11分にMFアンヘル・ディ・マリアがボックス内で倒されPKを獲得。これをFWネイマールが冷静に決め、先制点を奪った。その後はペースを握ったライプツィヒに猛攻を受けるがGKケイロル・ナバスの好セーブなどでしのぎ切り、1-0のスコアで勝利を収めている。 前回対戦時に黒星を喫した相手へのリベンジ成功を果たしたPSGは、グループステージで2位に浮上。トゥヘル監督は試合後の会見で内容は決して良くなかったと認めつつ、勝利を喜んでいる。 「今日の試合で少し運があったのは事実だが、マンチェスター・ユナイテッド戦や(前回の)ライプツィヒ戦では不運だったからね。我々は狂ったように守った。多くのボールを失ったのは事実だが、我々が今肉体的にどのような状態にあるかは分かっている」 「多くの選手がリズムやコンディショニングを欠いている状態だった。肉体的にも精神的にも疲労があったし、ミシェル・バッカーやアブドゥ・ディアロのように、こうした試合に慣れていない選手も多かったんだ。他にも、怪我から復帰したばかりの選手がいた」 「今日は最高のPSGではなかったが、皆で団結して共に戦う現実的なPSGではあったと思う。我々は必要なことをしたと思うし、もちろんより良いプレーができると分かっていても、若い選手たちをあまり批判したくないね」 2020.11.25 14:21 Wed
twitterfacebook
thumb

ネイマールのPK弾を守り抜いたPSGがライプツィヒ撃破! 重要な直接対決を制す《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第4節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsRBライプツィヒが24日にパルク・デ・プランスで行われ、ホームのPSGが1-0で勝利した。 昨季ファイナリストのPSG(勝ち点3)は、1勝2敗の3位でグループステージを折り返す苦境に立たされている。前回対戦で競り負けたライプツィヒとのリベンジマッチでは2-3で敗れた直近のモナコ戦から先発6人を変更。出場停止のキンペンベに代わってマルキーニョス、ケアンに代わってネイマールが復帰。[4-3-3]の3トップにディ・マリア、ネイマール、ムバッペが並んだ。 一方、2勝1敗で2位に位置するライプツィヒ(勝ち点6)は直近のフランクフルト戦を1-1のドローで終えることになった。その一戦からは先発3人を変更。アダムス、カンプル、セルロートに代えてムキエレ、フォルスベリ、ポウルセンを起用した。 前回対戦同様に球際でのデュエルが強調される激しい入りとなった中、ホームのPSGが最初の決定機をゴールに結びつける。11分、ボックス右にドリブルで侵入したディ・マリアをザビッツァーが後方から倒しPKが与えられる。これをキッカーのネイマールが冷静に右隅へ決めた。 この先制点により一気にPSGペースに流れが傾くかに思われたが、PKを献上したザビッツァーが直後に強烈なミドルシュートをお見舞いするなど、アウェイチームが反発心を見せる。 その後は2センターバックを起点に要所でライン間の選手に鋭い縦パスを差し込んでいくライプツィヒがペースを握る。なかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続くが、相手得意のカウンターには持ち込ませず、1点差を維持する。 前半終盤にかけてはハイダラのミドルシュート、前半ラストプレーではダニ・オルモの絶妙な右クロスからゴール前のフォルスベリに決定機が訪れたものの、GKケイロル・ナバスの好守などに遭い、前半のうちに追いつくことはできなかった。 迎えた後半も試合展開に大きな変化はなし。ビハインドを追うライプツィヒが60%を超えるボール支配率でホームチームを押し込み、サイドを起点に幾度も惜しい形まで持ち込む。だが、マルキーニョスを中心に高い集中力を見せる相手守備を崩し切れない。 一方、専守防衛の状況が続くPSGは前半同様に自慢のトリデンテの個人技を生かしたロングカウンターを繰り出していくが、ムバッペやネイマールがボックス付近までボールを運べるものの、こちらも最後のところで相手の守備を上回れない。 こう着状態が続く中、流れを変えたい両チームのベンチは後半半ばを迎えて交代カードを切っていく。ライプツィヒは技巧派のダニ・オルモ、フォルスベリに代えてクライファート、セルロートと速さと強さに特長を持つアタッカーを投入。対するPSGはディ・マリア、エレーラに代えてラフィーニャ、ヴェッラッティとゲームコントロールに長けた中盤の2選手を投入し、マイボールの時間を増やす狙いを見せた。 試合終盤にかけても一進一退の攻防を見せた両者だが、互いに最後の場面で決め手を欠く。後半アディショナルタイムにはライプツィヒがリスクを冒した猛攻に打って出たものの、ザビッツァーのシュートが相手DFの身体を張ったブロックに阻まれ、試合はこのままタイムアップ。 前回対戦でディ・マリアのPK失敗に泣いたPSGがネイマールのPKによるゴールを最後まで守り抜き1-0の勝利。敗れれば、敗退の可能性が高まるライプツィヒとの直接を対決を制し、三つ巴の争いに踏みとどまった。 パリ・サンジェルマン 1-0 RBライプツィヒ 【パリ・サンジェルマン】 ネイマール(前11[PK]) 2020.11.25 07:03 Wed
twitterfacebook
thumb

「プレッシャーで試合は決まらない」PSGとの大一番に臨むライプツィヒ、ナーゲルスマンは相手の戦術を警戒

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督が、パリ・サンジェルマン(PSG)との大一番を前に意気込みを語っている。クラブ公式サイトが伝えた。 ライプツィヒは24日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループH第4節で、PSGと対戦。現在グループ2位につけるライプツィヒは、勝てばノックアウトステージ進出に大きく近づく一戦であり、少なくないプレッシャーがかかっている。 一方で、現在グループ3位のPSGはここまでで既に2敗を喫しており、ノックアウトステージ進出に向けこれ以上の負けは避けたい状況だ。 しかし、こうしたお互いの状況があっても、ナーゲルスマン監督はプレッシャーが試合を左右するわけではないと考えているようだ。 「試合前のプレッシャーが、明日の試合の決定打にはなるわけではない。当日の状態や試合での総合的なパフォーマンスで決まるんだ。試合前にはプレッシャーがあるだろうが、90分間はその他の要因が決定的なものになると思う」 「基本的にCLの試合はすべて特別だし、それは何度も感じとっている。昨シーズンの準決勝では、当然ながらプレッシャーは大きくなっていた。決勝に進出したいと思っていたし、それは(対戦相手だった)PSGも同じだっただろう」 また、ナーゲルスマン監督はPSG戦の戦い方についても触れており、昨シーズンのCLファイナリストと戦う以上、ここ最近のブンデスリーガとは違ったアプローチが必要になると語っている。 「ここ数試合は、以前よりボールを持つ時間がかなり多くなっていた。だから我々が守備をする時間は少なかったね。逆にボールを持つ時間が少ない試合では、もっと守備を意識しなければならない」 「明日はPSGへのプレッシャー、攻守の切り替えのタイミング、ボールロスト時など、さまざまな状況に対処する必要があるだろう。我々は最善の行動がとれるよう、それに備えなければならない」 「PSGではネイマールとキリアン・ムバッペの2人が注目されがちだ。しかし、トーマス・トゥヘルは常に2つの基本的なシステムを持ちつつ、変化をつけることを好んでいる。だから、明日は彼らのパフォーマンスを注視しないとね」 2020.11.24 12:34 Tue
twitterfacebook
thumb

鎌田先発のフランクフルトが強豪ライプツィヒにドロー、長谷部は出場せず《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第8節、フランクフルトvsライプツィヒが21日に行われ、1-1で引き分けた。 フランクフルトのMF鎌田大地は63分までプレーし、DF長谷部誠はベンチ入りも出場しなかった。 前節、シュツットガルトの遠藤航との日本人対決を2-2の引き分けに持ち込んだフランクフルトは、5試合ぶりの勝利を目指す中、日本代表に合流していた鎌田がスタメンとなり、長谷部は今季初のベンチスタートとなった。 2位ライプツィヒ(勝ち点16)に対し、[3-4-2-1]でスタートしたフランクフルトは慎重な入りを見せていく。 すると15分、ライプツィヒに決定機。エンクンクのスルーパスでボックス左に侵入したダニ・オルモがループシュートを狙ったが、枠の上に外れた。 ひやりとしたフランクフルトは22分にCKからヒンテレッガーがヘディングシュートでゴールに迫ると、31分に鎌田がシュートに持ち込む。 すると43分、最初の決定機を生かしてフランクフルトが先制する。FKが流れ、ボックス右に走り込んだバルコクが胸トラップからシュートを蹴り込んだ。 後半からY・ポウルセン、フォルスベリ、オルバンの3選手を投入したライプツィヒに対し、フランクフルトは開始2分に鎌田のスルーパスからコスティッチが左ポスト直撃のシュートを浴びせる。 しかし57分、ライプツィヒが追いつく。アンヘリーニョの左クロスをY・ポルウセンが右足アウトでの絶妙なボレーでゴールに流し込んだ。 63分に鎌田が交代となって以降は膠着状態が続き、互いに睨み合いの状況が続いた中、78分にフランクフルトにチャンス。しかし、ボックス右に侵入したアンドレ・シウバのシュートはGKグラーチにセーブされた。 結局、終盤にかけては互いにチャンスを作れず1-1で終了。勝ち点1を分け合っている。 2020.11.22 04:27 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly