新天地が見つからない元ドイツ代表FWゲッツェが代理人を変更、昨季限りでドルトムント退団

2020.09.15 20:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新天地が未だに決まらない元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(28)が代理人を変更した。ドイツ『ビルト』が報じた。ゲッツェは、2019-20シーズン限りでドルトムントを退団。一時はモナコへの移籍も取り沙汰されたなか、現在でも所属先が決まっていない状況となっている。

移籍市場は10月5日までとなっており、1カ月を切った状況。さらに、ヨーロッパ各国のリーグ戦も開幕を迎えており、早いところ所属先を決めたいところだ。

そのゲッツェは、新天地が決まらないこともあり代理人を変更。「LIAN Sports Group」の所属選手となった。

ゲッツェは『ビルト』に対し、「僕はLIAN Sports Groupのエージェンシーからすぐにサポートしてもらう。ファリ・ラマダニ、ダミル・スモリャン、および彼らのチームは、僕のスポーツ面の将来のために僕の計画とアイデアに適合している」とコメント。新たなエージェンシーと契約したことを明かした。

「LIN Sports Group」はマンチェスター・シティからバイエルンに移籍したドイツ代表MFレロイ・サネやナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ、ユベントスからバルセロナへ移籍したボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチなどを顧客に持つエージェンシーだ。

一方、これまで代理人を務めてきたレザ・ファゼリ氏は「我々は相互の合意により別れました。マリオが、彼の将来のために最善を尽くすことを願っています」とコメント。円満な別れであるとした。

レザ・ファゼリ氏は、ISM(インターナショナル・サッカー・マネージメントホールディングス)の代表を務めており、ドルトムントのドイツ代表MFエムレ・ジャンや今夏ポルトに加入したイラン代表FWメディ・タレミなどを顧客に持っている。
コメント
関連ニュース
thumb

ゼニトを圧倒したドルトムントがサンチョ&ハーランド弾で今季GS初勝利!《CL》

ドルトムントは28日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第2節でゼニトとホームで対戦し、2-0で勝利した。 20日に行われたグループF第1節のラツィオ戦を1-3で完敗したドルトムントだが、直近に行われたシャルケとの“レヴィア・ダービー”は3-0と快勝し、見事にバウンスバックを果たした。今大会初白星を目指すホームでの一戦では、シャルケ戦から先発を2人変更。デラネイとブラントに代えてロイスとヴィツェルを先発で起用した。 一方、20日に行われたグループF第1節のクラブ・ブルージュ戦を惜敗したゼニトは、直近のリーグ戦でもルビン・カザンに敗戦を喫して3位に後退した。そのゼニトは、ジューバやエロヒン、ロブレンなど主力を先発に起用した。 立ち上がりから地力に勝るドルトムントが押し込む展開で試合が推移すると15分、ラファエウ・ゲレイロの左クロスをボックス中央でハーランドが落とし最後はレイナが左足のダイレクトシュートで狙ったが、これはわずかに枠の左に外れた。 攻勢のドルトムントに押し込まれるゼニトは36分、ドウグラスの左クロスをゴール前に抜け出したドリウッシが頭で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。 ハーフタイムにかけてもドルトムントが押し込む展開が続いたが、ボックス内を固めるゼニト守備陣を攻略できず。42分にはサンチョのパスでボックス中央左から侵入したハーランドにチャンスが訪れたが、シュートはゴール右に外れた。 結局、0-0で試合を折り返したドルトムントは後半に入って攻勢を強めたいところだが、前半同様に相手の堅い守備に手を焼く。67分にはダフードを下げてトルガン・アザールを投入。さらに74分には、ロイスを下げてブラントをピッチに送り出した。 すると77分、ムニエの右クロスをゴール前で競り合ったT・アザールがカラヴァイエフに引き倒されPKを獲得。このPKをサンチョがゴール右下に決め、ドルトムントが待望の先制点を奪った。 その後、ドルトムントは84分にサンチョとレイナを下げてベリンガムとデラネイを投入し試合を締めにかかる。すると後半アディショナルタイム1分、GKのロングフィードを中盤のベリンガムが頭で繋ぐと、上手く相手DFと入れ替わったハーランドがドリブルで独走。GKとの一対一を制して、試合を決定づける2点目を奪った。 結局、試合はそのまま2-0で終了。試合序盤から終始ゼニトを圧倒したドルトムントが今季グループステージ初勝利を手にしている。 ドルトムント 2-0 ゼニト 【ドルトムント】 サンチョ(後33[PK]) ハーランド(後46) 2020.10.29 07:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド移籍の噂が原因?今シーズン不振のサンチョをファブレ監督が擁護

ドルトムントのルシアン・ファブレ監督は、イングランド代表MFジェイドン・サンチョが不調な原因が、マンチェスター・ユナイテッド移籍の噂にあると考えているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 サンチョは昨シーズンのドルトムントで公式戦43試合に出場し、19ゴール18アシストをマークするなど、チームの中心選手として活躍。夏にはマンチェスター・ユナイテッドが獲得に動き、サンチョ本人も移籍を望んでいるという噂があったが、結局ドルトムントに残留した。 今シーズン、サンチョはブンデスリーガ4試合に出場しているもののいまだ得点はなく、低調なスタートとなっている。また、10月のインターナショナルマッチウィークでは、イギリス政府が定めた対コロナプロトコルに違反し謝罪。ピッチ内外で問題の多い時期を迎えている。 このまま不調が続けば批判の声も高まってくることが予想されるが、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節ゼニト戦の試合前会見に臨んだファブレ監督は、サンチョの不振に夏の移籍の噂が影響していることを認めつつ、どんな選手にも波があると擁護した。 「どんな選手にも不振な時期はあるんだ。ジェイドンには夏の間に多くの話があったからね。それが原因になっている可能性もある」 「1シーズン一貫してトップのパフォーマンスを維持できる選手なんていない。そんなことは不可能なんだ。(サンチョの不調についても)受け入れる必要がある」 夏の移籍は実現しなかったものの、サンチョのユナイテッド移籍の噂は消えていない。イギリス『The Athletic』によると、ユナイテッドはいまだにサンチョをトップターゲットとして狙っており、獲得を確信しているようだ。今後サンチョがどのような決断をするのか、注目したい。 2020.10.28 18:34 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルト主将ロイスを猛烈に批判するバイエルンOB「彼はチームのキャプテンに相応しくない」

かつてバイエルンやリバプールに所属した元ドイツ代表MFのディトマール・ハマン氏が、ドルトムントのキャプテンであるドイツ代表MFマルコ・ルイスを痛烈に批判している。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えた。 2012年冬にドルトムントへ移籍して以来、ケガに苦しみながらもチームの主軸として活躍してきたロイス。現在はチームのキャプテンを務めており、2019年にはドイツ年間最優秀選手に選出されるなど、依然としてドルトムントに欠かせない選手となっている。 ドルトムントは今シーズン、ブンデスリーガで5試合を消化し、4勝1敗で3位に付けるなど好調をキープ。チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節でラツィオに手痛い黒星を喫したが、24日に開催されたシャルケとのレヴィア・ダービーには3-0のスコアで完勝している。 ここまで順調な歩みを見せているように思えるドルトムントだが、ハマン氏はドイツ『Sky90』のなかで、「ロイスはチームのキャプテンに相応しくない」と断言した。 「(ラツィオ戦があった)火曜日、彼(ロイス)はほとんどのドルトムントの選手と同じように悪いプレーをした。しかし、キャプテンの仕事は他の選手を引っ張ることだろう」 「夏に(ロイスから)アームバンドを取り外さなかった理由が私には分からない。いやそもそも、2年前に彼に(キャプテンの地位を)与えたのもどうかと思っている!」 キャプテンとしてのロイスを少しも認めていない様子のハマン氏は、元ドイツ代表DFマッツ・フンメルスがより主将の座に相応しいと考えているようだ。 「フンメルスは、チームを率いることができると過去に証明してきた。彼にはリーダーシップの資質が備わっていて、(チームのために)立ち上がることができ、皆に刺激を与えてくれる」 ロイスは敗北したラツィオ戦にスタメン出場していた一方、大勝したシャルケ戦ではスタメンを外れ、77分からの出場となっていた。ハマン氏はこうした事実もあってか、ドルトムントはロイスがいない方が強いと話し、彼がキャプテンを続ける限りチームは苦しむと予想している。 「彼(ロイス)を喜ばせるためだけに、キャプテンの腕章を与えることはできない。彼が(キャプテンであるにも関わらずケガにより)長くスタメンにいなければ、遅かれ早かれ問題が起こるだろう」 「実際のところ、ドルトムントはロイスがいない方が強いと思っている。(ジョバンニ・)レイナの調子が良いのがその理由だね。(アーリング・)ハーランドは非常に良い状態だし、(ユリアン・)ブラントも良いプレーをしているし、(ジェイドン・)サンチョもいる。彼らは既に傑出した選手を持っているんだ」 2020.10.27 18:42 Tue
twitterfacebook
thumb

「世界で最もタフなリーグで学んだ」 今夏にドルト移籍の17歳ベリンガムが明かす自信の源

17歳という若さでドルトムントに活躍の場を移したU-21イングランド代表MFジュード・ベリンガムは自身が昨季に大きく成長したと語っている。ドイツ『キッカー』が報じた。 バーミンガムの下部組織出身であるベリンガムは2019年8月に16歳でトップチームデビューを果たすと、そのまま主軸として定着。2019-20シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で40試合に出場し、イングランド・フットボールリーグ(EFL)のEAスポーツ最優秀若手選手賞と最優秀ルーキー賞を受賞している。 こうしたベリンガムの活躍に注目したドルトムントは2020年7月、2500万ユーロ(現レートで約31億円)の移籍金を支払って獲得。イングランドの2部リーグからドイツのビッグクラブへ急激なステップアップを果たし、大きな期待をかけられているベリンガムだが、本人は不安を感じていないようだ。 昨季のチャンピオンシップでの経験が自分に成長と自信をもたらしており、「自分はもう見習いではない」と『キッカー』のインタビューで語っている。 「僕はこの数カ月間で、選手としても人としても大きく成長したと思う。(チャンピオンシップは)フィジカル的に非常にハードで、世界でも最もタフなリーグの一つとして考えられているんだ。そのリーグで必要とされる身体的・精神的な強靭さを身につけられたのは、自分のキャリアにとって本当に大きいものだったよ」 「(年上で体格の良い選手と対峙して)勝つには、相手よりも早く決断する必要があると学んだ。かなり早い段階で、試合の流れを読むことに挑戦していたんだ。攻撃でも守備でもね。振り返ってみると、それがとても役に立ったと思う」 10月にはイングランド人選手として、史上最年少でのチャンピオンズリーグ(CL)出場を果たしたベリンガム。これまで数多くの最年少記録を更新しているが、「自分のキャリアの中で、もう少しこうした記録を更新していきたいね」とさらなる飛躍を誓っている。 2020.10.26 12:59 Mon
twitterfacebook
thumb

ハーランド弾など後半の3発でシャルケを退けたドルトムントがダービー快勝で3連勝!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第5節、ドルトムントvsシャルケのレヴィア・ダービーが24日に行われ、3-0でドルトムントが快勝した。 前節ホッフェンハイム戦を途中出場のロイス弾で1-0と辛勝したドルトムント。しかし、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではラツィオに1-3で敗れてしまった。そのラツィオ戦のスタメンから5選手を変更。ロイスやベリンガム、ヴィツェルら主力に代えてレイナやブラント、ダフードらを起用した。 前節ウニオン・ベルリン相手に引き分けて開幕からの連敗を3で止めたシャルケに対し、これまでの[3-4-2-1]から[4-2-3-1]に変更して臨んだドルトムントは最前線にハーランド、2列目に右からサンチョ、ブラント、レイナを起用した。 そのドルトムントが立ち上がりから押し込むと、16分に決定機。分厚い攻めを見せた流れからボックス左にいたムニエがGK強襲のシュートを浴びせた。 その後も攻め込むドルトムントは31分にCKのルーズボールを拾ったダフードが強烈なミドルシュート。しかし、ボールはバーを直撃した。 さらに37分にはムニエの右クロスからレイナのヘディングシュートでゴールに迫ったドルトムントだったが、守備に徹したシャルケから前半のうちにゴールを奪うことはできなかった。 それでも迎えた後半、55分に先制する。右CKのショートコーナーからボックス右のラファエウ・ゲレイロがGK強襲のシュートを浴びせると、ルーズボールをアカンジが押し込んだ。 さらに61分、ドルトムントが突き放す。サンチョのスルーパスをボックス右で受けたハーランドが右足のチップキックシュートでゴールへ流し込んだ。 その後もハーランドがゴールに迫ったドルトムントは78分に3点目。右CKからフンメルスがヘッドで押し込んだ。 後半に生まれた3ゴールでシャルケを退けたドルトムントがCLラツィオ戦の敗戦を払拭し、リーグ戦3連勝としている。 2020.10.25 03:19 Sun
twitterfacebook