稀代のゴールゲッター、ゴンサロ・イグアイン【ピックアップ・プレイヤー】

2020.09.16 11:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。今回はユベントスに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(32)だ。

◆イグアイン、ナポリ時代のスーパーゴール集

生まれがフランスのイグアインは産後まもなくアルゼンチンへ。プロサッカー選手であった父・ホルヘの影響もあり、アルゼンチンの名門リーベル・プレートへ入団。2005年にプロデビューを果たした。

イグアインの転機は2006-07シーズン途中に移籍したレアル・マドリー。加入当初はウイングだったが、ファン・ニステルローイの負傷離脱によってセンターFWにポジションを移すと、豊富なシュートパターンやその決定力を武器に、在籍6年半で264試合に出場し122ゴールを記録。点取り屋としての活躍を見せた。2011-12シーズン以降はカリム・ベンゼマの存在もありベンチスタートとなることもあったものの、3度のリーグ制覇などに大きく貢献した。

その後、2013-14シーズンにナポリに活躍の場を移すと、2015-16シーズンに36ゴールで66年ぶりのセリエAの得点記録を更新。しかし、その翌年にスクデットを争うライバルであるユベントスに“禁断の移籍”をしたことでナポリサポーターの反発を生むことになった。

それでもユベントスでは2シーズンの間エースとして君臨した。その後は、2018年夏にユベントスがレアル・マドリーからポルトガル代表FWクリスティアーノロナウドを獲得した影響もあり、ミランへとレンタル移籍。2018-19シーズンはナポリ時代の恩師マウリツィオ・サッリ氏が監督を務めるチェルシーへとレンタル移籍していたが、思うような結果を残せなかった。

2019-20シーズンはサッリ氏がユベントスの監督に就任したことで3度目のタッグを組み、公式戦44試合に出場し11得点8アシストを記録していたが、守備面での貢献の少なさを指摘されることも少なくなく、アンドレア・ピルロ新監督からは早々に構想外を伝えられてしまっている。

新天地候補については、代理人がイタリア国外でのプレーを明言しており、デイビッド・ベッカム氏がオーナーを務めるメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミが筆頭とされている。
コメント
関連ニュース
thumb

フランス代表歴代最多出場記録保持者、リリアン・テュラム【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回は元フランス代表DFリリアン・テュラム氏(48)だ。 <div id="cws_ad">◆テュラム、ユベントスでのプレー集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSOWVqWmxaQiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> テュラム氏は、グアドループの漁業の拠点となるグランド・テール島の港町ポワンタピートルに生まれた。1月1日の新年を迎えてわずか20秒後に誕生したことで1972年に生まれた最初の子供としてメディアが取材に訪れ、新聞の記事に掲載されたという逸話がある。 1990年にモナコでプロデビューを果たしたテュラムは、1996年にパルマへ移籍。スピードとパワーを併せ持つ身体能力と戦術眼の高さを武器に、世界屈指のDFと評され、イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンと元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロと共に世界最高守備トリオと称されるほどの強固な守備を形成した。 その後、ブッフォンとともにユベントスに移籍すると、2001-02シーズンと2002-03シーズンでセリエA連覇。2004年にカンナバーロが加入してトリオを再結成し、2004-05シーズンから連覇を果たした。しかし、2006年夏にGMらによる審判への買収・脅迫行為が発覚したことでスクデットはく奪及び、史上初のセリエB降格処分を受けた。 テュラムはその後、2シーズンのバルセロナでのプレーを経て、パリ・サンジェルマンに移籍するかと思われた矢先、メディカルチェックで心臓の奇形が発覚。再検査の結果、テュラムの心臓は正常であったことが判明したが、実兄がバスケットボールの試合中に心臓発作で亡くなっており、母親を安心させるために2008年8月に引退した。 1994年8月にフランス代表デビューを飾ったテュラムは、自国開催となった1998年のワールドカップで初優勝、ユーロ2000優勝、2003年のコンフェデレーションズカップ優勝に貢献。代表キャリアとしては142試合に出場しており、歴代最多出場記録保持者だ。また、その142試合でゴールを決めたのはわずか1試合だったが、その試合が1998年の自国開催のW杯準決勝クロアチア戦だった。先制を許したフランスだったが、後半にテュラム氏の2ゴールで逆転。決勝でもブラジルを撃破し、悲願のW初優勝を飾っていた。また、テュラム氏は人格者としても知られており、フランス国内での人気は非常に高い。 2020.09.20 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

シティで躍動するイングランド最強のウインガー、ラヒーム・スターリング【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回はマンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリング(25)だ。 <div id="cws_ad">◆スターリング、2019-20シーズンゴール集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJY0dCUjJqRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マンチェスター・シティやイングランド代表でプレーするスターリングの生まれはジャマイカ。2歳の頃に父親が射殺されるという悲しい過去を持ち、7歳の時にイギリスへ移住した。 ユース時代はクイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)とリバプールで過ごし、2011-12シーズンの終盤のプレミアリーグ第30節のウィガン戦でトップチームデビューを果たした。2013-14シーズンには主力に定着し、ルイス・スアレス、ダニエル・スタリッジらとともにチームの優勝争いに貢献していたものの、在籍4年目となった2014-15シーズン、リバプール退団を希望したスターリングはサポーターの反感を買い、一部のサポーターからは脅迫や人種差別が相次いだ。 その後は無事にマンチェスター・シティへの移籍を果たすと、すぐに才能が爆発。シティの攻撃陣において欠かせない存在となっている。特に2016-17シーズンにジョゼップ・グアルディオラ監督が就任すると、決定力や連携面での向上が大きく見られ、より完成されたアタッカーへと進化を遂げた。2017-18シーズンからのプレミアリーグ連覇に貢献すると共に、2019年にはFWA年間最優秀選手賞を受賞した。 2019-20シーズンはチーム事情からほぼ左サイドに固定されると、得点力に磨きがかかり、シーズン3度のハットトリックを達成するなど、公式戦52試合に出場31ゴールとキャリアハイの数字を残している。 イングランド代表でも非凡な才能を発揮しているスターリングだが、私生活ではいろいろと問題を起こしている。2015年には、2度の脱法ドラッグ吸引が明らかになり、さらに同年10月には水タバコを吸っている姿が撮影されていた。 また2017年にプレシーズンツアーでアメリカに行った際には、関係を持った売春婦との間に騒動を起こすと、2019年には代表のチームメイトであるジョー・ゴメスと取っ組み合いのケンカを起こしている。 そうしたピッチ外での行動や、シティ移籍時の経緯などからやや過小評価されがちなスターリングだが、フットボールの実力は本物。2020-21シーズンは、レロイ・ザネがバイエルンに移籍したことから、再び左サイドでの起用が濃厚となるが、シティのプレミア王座奪還を目指す。 2020.09.20 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

長短のパスを自在に操る”パスマスター”、シャビ・アロンソ【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回は元スペイン代表MFのシャビ・アロンソ氏(38)だ。 <div id="cws_ad">◆レアル・マドリー時代のシャビ・アロンソ、長短自在のスーパーパス集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNZ2FTRG1RVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> いとも簡単に30メートル級のパスを通す”パスマスター”、シャビ・アロンソのキャリアはレアル・ソシエダでスタート。ビーチでのボール遊びで磨いたとも言われるそのコントロールで頭角を現すと、2004-05シーズンにリバプールへの移籍を決意する。 イングランドに挑戦の場を移したシャビ・アロンソは、赤いシャツを着ても存在感を発揮。2006年9月にはニューカッスルとの対戦の中で、ゴールまで65メートルの位置から正確にネットを揺らしてみせた。強烈なタックルの横行するプレミアリーグでも優雅にプレーしたシャビ・アロンソは、そのインテリジェンスを象徴する次のような言葉を残した。「確かにタックルが必要になる場面もあるが、それは最終手段だ」 その後、シャビ・アロンソは新・銀河系軍団の一員としてレアル・マドリーで活躍。クリスティアーノ・ロナウドや、メスト・エジル、アンヘル・ディ・マリアといったスター選手の舵を執り、ピッチ上の監督とも形容できる働きで6つのタイトル獲得に貢献した。 2014年にバイエルンに移籍すると、フィリップ・ラームのアンカー起用など1ボランチを任せられる選手を求めていたジョゼップ・グアルディオラ監督の期待にしっかりと応え、 違いを作り続けるとブンデスリーガ3連覇の中心選手となった。その後、2017年3月9日に「フットボールを生きて、フットボールを愛した。さらば、美しいゲームよ」という言葉とともに引退した。 現在は古巣ソシエダのリザーブチームの監督を務めており、一時、不調に陥っていたレアル・マドリーが招へいに関心を寄せていると噂もあったほど。そう遠くないうちにトップリーグで指揮を執るシャビ・アロンソの姿を見ることができるかもしれない。 2020.09.20 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムントのDFリーダー、マッツ・フンメルス【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回はドルトムントの元ドイツ代表DFマッツ・フンメルス(31)だ。 <div id="cws_ad">◆スーパークリアも!フンメルス、バイエルンでのプレー集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJxeXZrMHhEaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バイエルンの下部組織出身のフンメルスは、2006-07シーズンの最終節のマインツ戦でファーストチームデビュー。しかし、それ以上の出場機会には恵まれず2008年1月にドルトムントにレンタル移籍すると、ユルゲン・クロップ監督のもとで19歳ながらレギュラーに定着し、2009年2月には完全移籍でドルトムント入りした。 優れたパスとフィードを持ち、後方からのビルドアップに貢献しつつ、守備面でも体格と読みを生かした対応力で素晴らしパフォーマンスを見せると、在籍3年目となった10-11シーズンには日本代表MF香川真司らとともに01-02シーズン以来となるブンデスリーガ制覇。さらに翌シーズンには連覇を達成するなど、ドルトムントの黄金時代を築いた。その後もドルトムントの守備の要として在籍9年間で公式戦309試合に出場したフンメルスだが、2016年にバイエルン復帰。 その前にドルトムントの絶対的エースだったロベルト・レヴァンドフスキやマリオ・ゲッツェが次々と“禁断の移籍”をしていたことから、フンメルスにも少なからず白い目が向けられたが、復帰1年目からディフェンスラインの軸としてプレーしバイエルンの連覇に貢献した。 クラブでのこれだけの実績に加えて、ドイツ代表でも2014年のブラジル・ワールドカップで優勝を成し遂げているフンメルスだが、2018年のロシア・ワールドカップでグループステージ敗退という散々な結果に終わると、世代交代を進めるドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督から構想外を公言され、さらにはこちらも世代交代の波にあったバイエルンを退団。19-20シーズンからは3年ぶりに古巣ドルトムントに復帰し、マイスターシャーレ奪還を目指している。 2020.09.19 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

超人的な反射神経 コスタリカ最高GK、ケイロル・ナバス【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(33)だ。 <div id="cws_ad">◆ケイロル・ナバス、レアル・マドリーでのスーパーセーブ集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEOGRxS2pYcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ナバスは、2005年にコスタリカのデポルティボ・サプリサとプロ契約を結んでデビュー。その後はスペイン2部のアルバセテを経てレバンテに加入し、2013-14シーズンにはリーグ最多セーブを記録すると、その勢いのままにブラジル・ワールドカップでも出色の出来を披露した。 イングランド、ウルグアイ、イタリアの"死のグループ"に入ったが、2勝1分けで下馬評を覆すコスタリカの首位突破に大きく貢献。5試合中3試合で大会のマン・オブ・ザ・マッチに選出されるなど台風の目となったチームを牽引した。 これまでの活躍が認められ、大会後に推定移籍金1000万ユーロ(現レートで約12億5000万円)でレアル・マドリーに移籍。加入初年度はイケル・カシージャスの控えに回り、翌年にカシージャスが退団した直後にもフロレンティーノ・ペレス会長がGKダビド・デヘアの獲得を望み、ナバスをトレード要員に。さらに、ナバスは、移籍市場最終日にイギリスに向かうプライベートジェットに乗りこみ、その飛行機の中で1時間も待ちぼうけさせられたが、クラブ間でのやり取りが進まず。挙句にファックスの不備により移籍が破談となり、マドリーの練習場に引き返すなど散々な扱いを受けたことが伝えられている。 それでも、プライドを傷つけられたケイロル・ナバスは不満を態度に表さず。その後はペレス会長を見返すかのようにチャンピオンズリーグ(CL)3連覇やリーガエスパニョーラ優勝など多くのタイトル獲得に貢献。185cmとゴールキーパーとしては大柄ではないが、抜群の反射神経とシュートストップ能力を持ち、ペナルティーキックも度々止めるなど、ここぞの場面で頼りになった。 しかし、クラブは2018年夏にGKティボー・クルトワを獲得。2018-19シーズンこそクルトワの負傷離脱もあり出場機会はあったものの、2019年夏にPSGへと移籍した。その後、11月にCLグループステージ第5節でナバスがサンティアゴ・ベルナベウに凱旋した際には、マドリディスタからスタンディングオベーションを受けている。 2020.09.18 11:00 Fri
twitterfacebook