積極補強のニューカッスル、リバプール移籍破談のノリッジDFジャマル・ルイスを獲得!

2020.09.09 06:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルは8日、ノリッジの北アイルランド代表DFジャマル・ルイス(22)の獲得を発表した。契約期間は2025年6月までの5年間で、移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によれば1500万ポンド(約20億7000万円)とのことだ。ルイスは、北アイルランド出身でノリッジの下部組織で育った左サイドバック。2018年1月にファーストチームに昇格すると、2018-19シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で42試合に出場し4アシスト。チームのプレミアリーグ昇格に貢献していた。

2019-20シーズンはプレミアリーグで28試合に出場し高いパフォーマンスを披露。リバプールは、勤続疲労が懸念されるスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンのバックアッパーとして、ルイスの獲得を望んでいたが、移籍金で折り合いが付かず破談に終わっていた。

積極補強を行っているニューカッスルではボーンマスからイングランド代表FWカラム・ウィルソン(28)を、同じくボーンマスを退団していたスコットランド代表MFライアン・フレイザーを、バーンリーを退団していたアイルランド代表MFジェフ・ヘンドリックらを獲得している。
コメント
関連ニュース
thumb

ニューカッスルで選手3名スタッフ1名のコロナ感染が判明

ニューカッスルで3名の選手と1名のスタッフが新型コロナウイルスに感染したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 27日に行われたプレミアリーグ第10節のクリスタル・パレス戦後、スティーブ・ブルース監督がチーム内のコロナ感染を報告。名前は公表されなかったものの、トップチームの選手3名とスタッフ1名の計4名で、いずれも今回のアウェイ戦には帯同していなかったとのこと。 ブルース監督は「タフな1週間となってしまった。選手だけでなくスタッフの方も気がかりだ」とクラスター発生を懸念。「ベストは尽くすが、今は難しい」と、心労がたたっていることを隠さなかった。 プレミアリーグでは先日、来月2日からの観客動員が一部許可されたが、ニューカッスル辺りの地区は感染のリスクが今もなお高いことから、無観客試合継続となっている。 2020.11.28 18:48 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーが今季初の3連勝! 幸運なOGとエイブラハム2戦連発弾でニューカッスルを撃破!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第9節、ニューカッスルvsチェルシーが21日にセント・ジェームズ・パークで行われ、アウェイのチェルシーが0-2で勝利した。   今季初のリーグ戦連勝で5位に浮上したチェルシーは、インターナショナルマッチウィーク明け初戦で13位のニューカッスルのホームに乗り込んだ。前節のシェフィールド・ユナイテッド戦からは先発1人を変更。代表戦帰りのコンディションの問題でチアゴ・シウバがメンバーを外れ、リュディガーが今季リーグ戦初先発を飾った。   開始直後の4分にボックス左へ抜け出したヴェルナーが早速決定機を作り出すと、9分にもツィエクからの絶妙な左クロスに反応したエイブラハムが相手GKダーローにファインセーブを強いる決定的なヘディングシュートを放つ。   そして、その勢いのまま押し切ったチェルシーが先制に成功する。10分、右CKの場面でショートコーナーを選択し、ツィエク、ヴェルナーと繋いで最後はボックス右付近に抜け出したマウントがグラウンダーのクロスを供給。これがDFフェルナンデスのクリアミスを誘った。DFフェルナンデスに対して後方のチルウェルのプッシングの可能性があったものの、そのままゴールが認められた。   相手のオウンゴールで先手を奪ったチェルシーは早くもゲームプランが崩れて動揺が見えるホームチームを押し込んでいき、積極的に2点目を狙っていく。だが、徐々に落ち着きを取り戻したニューカッスルの堅固な[5-4]の守備ブロック攻略に手を焼き、決定機まで持ち込めない。30分にはショートカウンターからボックス中央でエイブラハムの落としに反応したヴェルナーに絶好のシュートチャンスも、右足のシュートは枠の左に外れる。   その後はニューカッスルのサイドからのクロス、サン=マクシマンの個人技に押し返されて幾度か自陣ボックス内で決定機を作られかけたが、ゲームキャプテンを務めるカンテの身体を張ったブロックや守護神メンディの冷静な飛び出しなどで凌ぎ切った。   後半はビハインドを追うホームチームが押し気味に試合を入った中、チェルシーが先に相手ゴールへ迫る。53分、GKメンディのロングボールに対してDFシェアが処理をもたつくと、これを奪ったヴェルナーがボックス内でGKと一対一のビッグチャンス。だが、シュートではなく右を並走するツィエクへの横パスを選択した結果、相手DFのカバーに阻まれた。   この絶好機を逃したことで、再びホームチームに攻勢を許す形となったが、前後半で2度の決定機を逸したヴェルナーが意地を見せる。65分、自陣左サイドでボールを受けたドイツ代表FWが自慢の快足と絶妙なコース取りを生かしたドリブルでDF3人を振り切ってボックス付近まで運ぶ。最後は右を並走していたエイブラハムへ完璧なラストパスを通すと、これをエイブラハムが冷静に流し込んだ。   エイブラハムの2試合連続ゴールによって勝利に大きく近づいたチェルシーは、72分にロングスタッフに強烈なミドルシュートを浴びてあわや失点という場面を迎えたが、これはクロスバーに救われる。   すると、このピンチ以降はしっかりと気を引き締め直してゲームをコントロール。試合終盤にかけてはヴェルナー、チルウェル、ツィエクと疲労が懸念される主力を下げて、今季プレミア初出場のエメルソンやジルーといった出場機会の少ない選手をピッチに送り込む。   マウントやジルーが3点目を奪うチャンスを逸したものの、ニューカッスルの反撃を無失点で凌ぎ切り2-0の勝利。インターナショナルマッチウィーク明けの難しい敵地での一戦をきっちり勝ち切って今季初のリーグ3連勝を飾った。 2020.11.21 23:27 Sat
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルMF代理人「きっと来夏にステップアップを果たす」 インテルら複数クラブの関心も主張

ニューカッスルに所属するパラグア代表MFミゲル・アルミロン(26)に対して、複数クラブからの関心があり、新型コロナウイルスの感染拡大による影響がなければ今夏に移籍の可能性もあったようだ。イギリス『サン』が伝えている。 2019年1月からニューカッスルでプレーするアルミロンはスピードを生かしたドリブル突破が魅力の攻撃的MF。前線のあらゆるポジションでプレーできるポリバレント性も備えており、今季はここまでプレミアリーグ7試合で1アシストを記録している。 そんなアルミロンはニューカッスルで満足しているが、移籍を視野に入れて今を過ごしているのかもれない。代理人を務めるダニエル・カンポス氏は『Europa Calcio』で、インテルからの関心を明らかにした。 「アルミロンは様々なポジションでプレーでき、監督も必要に応じていつでも起用できる。彼は攻撃的なポジションと、ボールを持つことで際立つ存在になれるが、チームの利益になるよう他の役割を引き受けるのも苦にしない」 「アルミロンはニューカッスルに満足している。時が来たらそれ(移籍)を吟味することになるだろう。今の彼はニューカッスルにいて、パラグアイ代表とワールドカップ出場を目指しているのが現実だ。インテルがアルミロンに関心を示しているが、進展はないよ」 また、今夏を回想。「アトレティコ・マドリーが興味を持っていたが、オファーはなかった。すべてが正常に戻れば、ミゲルはクオリティ的にも飛躍するだろう」と語り、パンデミックがなければ移籍の可能性が高かったと続けた。 「パンデミックがなかったら、彼はほかの場所にいただろう。彼はおそらくもっとボールを保持できるチームでプレーしたい思いを持っている。きっと6月にステップアップを果たすだろう。彼に問い合わせてきたイングランドのビッグクラブもある。彼の退団に疑いの余地などない。6月にはそうなると思う」 2020.11.19 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

連敗で首位陥落のエバートン、アンチェロッティは「相手にプレゼントを贈ってしまった」と嘆く

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督は、連敗を喫したチームのパフォーマンスが不十分だったと認めている。クラブ公式サイトが伝えた。 エバートンは1日に行われたプレミアリーグ第7節でニューカッスルと対戦。前節サウサンプトンに0-2で敗れ今シーズン初の黒星を喫したチームは、この試合でもPKで先制を許すと、82分にも追加点を決められる苦しい展開になった。 MFハメス・ロドリゲスをケガ、FWリシャルリソンを出場停止で欠くチームは、攻撃時のアイデア創出に苦戦。好調を維持するFWドミニク・キャルバート=ルーウィンが終了間際に1点を返したものの、同点とするまでには至らず1-2のスコアで敗北した。 アンチェロッティ監督が就任してから初のリーグ戦連敗を喫し、ライバルのリバプールに抜かれ首位陥落となったエバートン。アンチェロッティ監督は試合後にチームのパフォーマンスが不十分だったことを嘆いている。 「今日の試合で我々は、ちょっとしたディテールの部分が欠けていた。前線にいつものようなクオリティがないことは分かっていた。だからこそ選手たちには、『負けないため守備に集中し、プレゼントを贈らないように』と言っていたんだ」 「良いパフォーマンスではなかった。試合は均衡していたが、こちらのコンタクトが少し遅くPKというプレゼントを与えてしまった。いつものように、失点をしてから我々は目が覚めたが、それでもパフォーマンスは十分ではなかったね」 「多くのチャンスは得られないゲームになると分かっていた。PKまでゲームは均衡していたんだ。我々が多くのチャンスを得られなかったのと同様に、ニューカッスルにも多くのチャンスはなかった。だから我々はただその状態を続けて、彼らにプレゼントを贈らないようにし、試合のバランスを保つ必要があった」 「0-2のスコアになってから我々は目が覚めた。良い反応を示したが、不十分だったね」 2020.11.02 11:23 Mon
twitterfacebook
thumb

主力多数不在のエバートンが今季初の連敗で首位陥落…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第7節、ニューカッスルvsエバートンが1日にセント・ジェームズパークで行われ、ホームのニューカッスルが2-1で勝利した。   前節、サウサンプトンを相手に今季初黒星を喫した首位のエバートンは、バウンスバックを図る一戦でニューカッスルとのアウェイゲームに臨んだ。前節からは先発5人を変更。正GKピックフォードと出場停止のディーニュに代わっていずれもプレミアデビューのGKオルセン、エンクンクが起用され、軽傷を抱えるハメス・ロドリゲスに代わってアンドレ・ゴメスが起用された。   エバートンは多数の離脱者を受けて、この試合では最前線のキャルバート=ルーウィンの下にアンドレ・ゴメス、シグルドソンを2シャドーに配したアンチェロッティ監督お馴染みの[4-3-2-1]のクリスマスツリー型の布陣を採用。前から圧力をかけてショートカウンターを狙う入りとなったが、ロングボールで回避される場面が多くピンチこそないものの、なかなかシュートシーンを作り出せない。   前半半ばを過ぎてもこう着状態が続く中、31分にホームチームが最初の決定機を迎える。ロングカウンターから左サイドを持ち上がったカラム・ウィルソンがボックス中央に走り込むサン=マクシマンに斜めのパスを通す。やや右に流れたサン=マクシマンが右足を振り抜くが、ここは冷静に前へ出てシュートコースを消したGKオルセンがファインセーブ。   その後、エバートンは前半終盤にかけてようやく相手を押し込む形を作ったが、ボックス内でのキャルバート=ルーウィンの続け様のシュートは相手DFのブロックに阻まれる。そして、クローズな前半はゴールレスで終了した。   迎えた後半、相手にボールを持たれる入りとなったエバートンは、その流れの中で先制を許す。55分、右CKの場面でクロスに反応したウィルソンをアンドレ・ゴメスが後方から蹴ってしまい、このプレーでPKが与えられる。これをキッカアーのウィルソンにきっちり決められる。さらに、失点直後にはボックス内での混戦からシーン・ロングスタッフに決定的なシュートを許すが、ここはGKオルセンの身体を張ったセーブで何とか凌いだ。   流れを変えたいエバートンはPK献上の場面で痛めたアンドレ・ゴメスに代えてベルナールを61分に投入。64分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でシグルドソンの浮き球のクロスをキャルバート=ルーウィンが得意のヘディングで合わすが、このシュートはGK正面。   その後、エンクンク、ケニーと両サイドバックを下げてトスン、イウォビとアタッカーを投入したエバートンは、右サイドバックにドゥクレ、左サイドバックにデルフを置く攻撃的な[4-4-2]でゴールをこじ開けにかかる。だが、84分には相手のカウンターを浴びてボックス内に侵入したフレイザーに折り返しを許すと、DFミナに当たってファーに流れたところをウィルソンに押し込まれて痛恨の2失点目となった。   それでも、諦めないアウェイチームは試合終盤にかけて猛攻を見せると、91分にはボックス右で仕掛けたイウォビの折り返しがディフレクトしたところをゴール前に飛び込んだキャルバート=ルーウィンが押し込んで点差を縮める。さらに、同点を目指して試合終了間際のセットプレーではGKオルセンまで攻撃参加を見せたが、2点目を奪うまでには至らず。   そして、試合はこのままタイムアップを迎え、多数の主力を欠く中で競り負けたエバートンは今季初の連敗で首位陥落となった。 2020.11.02 01:18 Mon
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly