リバプール、英2部降格ノリッジからロバートソンのバックアッパーを狙う?

2020.08.05 19:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールがノリッジ・シティに所属する北アイルランド代表DFジャマル・ルイス(22)の獲得を検討しているようだ。今シーズのプレミアリーグで28試合に出場して1得点の数字を残し、頭角を現したルイス。一方で、クラブはリーグ最下位に沈み、1年での降格が決まった。

イギリス『BBC』によると、そのルイスを巡り、スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンのバックアップを探すリバプールの関心があるようだ。

リバプールは移籍金1000万ポンド(約13億8000万円)での獲得に向けて準備を進めているという。

一方、ノリッジはリバプールU-23に所属するU-19フランス代表DFヤセル・ラローチ(19)に関心を示しており、ルイスの移籍交渉に絡んでくる可能性もある模様だ。
コメント
関連ニュース
thumb

マネ、新戦力チアゴの印象語る「彼は別のレベルへ連れて行ってくれる」

リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネが、今夏新戦力であるスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの印象をクラブ公式インタビューで語った。 2016年夏の加入から5年目を迎えているマネ。ここまで公式戦173試合に出場し、83ゴール34アシストの成績を残している。この2年でチャンピオンズリーグとプレミアリーグを制覇し、新たな幕を開かんとするリバプールに今夏、チアゴの他にもポルトガル代表FWディオゴ・ジョタ、ギリシャ代表DFコンスタンティノス・ツィミカスの3人が加入した。 チアゴはプレミアリーグ第2節のチェルシー戦で後半45分間出場。ジョタとツィミカスは24日に行われたEFLカップのリンカーン・シティ戦で前者は途中出場、後者はフル出場しデビューを果たしている。 マネは、そんな彼らが別のレベルに連れて行ってくれると確信。頼もしい戦力であることを強調した。 「チアゴを見て興奮してるのはファンだけじゃないと思う。特に僕やチームメイトは、スカッドにこのタイプの選手が来てくれて本当に嬉しかった。良くしてくれるに違いないよ」 「トレーニングやチェルシー戦を見れば、彼がどんな選手なのかわかった。別のレベルに連れて行ってくれることを確信しているよ。そして、コスタスとディオゴのことも楽しみにしているよ。本当に良い契約だと思う」 「彼らは良い選手たちだ。皆、僕たちを上のレベルに引き上げてくれるだろう。僕たちにとってもファンにとっても素晴らしいことだ」 2020.09.26 21:35 Sat
twitterfacebook
thumb

アルテタ監督、リバプールとの敵地2連戦に「本当にタフ」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、リバプール戦に向けた記者会見を行なった。 28日にプレミアリーグ第3節でリバプールと対戦するアーセナル。ここまでフルアムとウェストハムの同じロンドン勢を相手にし、開幕連勝を収めているが、3連勝は2004-05シーズンを最後に遠ざかっている。 リバプールとは今季はすでにコミュニティ・シールドで対戦しており、1-1で迎えたPK戦の末にアーセナルがタイトルを手に。また、昨季終盤のエミレーツ・スタジアムでの一戦でも勝利しているため、直近では2連勝となっている。 しかし、アルテタ監督にとって敵地アンフィールドは初舞台。今回は無観客開催となるが、指揮官は「アンフィールドのファンが作り出すあの雰囲気は彼らをより強くする。しかし、ファンがいなくても彼らがどれだけ強いかは誰の目にも明らかだ」と、無観客が有利に働くことはないと主張。また、前述のコミュニティ・シールドやエミレーツでの試合とは異なるものだと、冷静な見方をしている。 「エミレーツでの試合と決勝戦は全く異なる試合だった。今回もまた違う雰囲気の試合になるだろう。我々は彼らがこのリーグにもたらしたスタンダードや一貫性を知っている。それが彼らが試合の大部分を支配出来る理由だ。だから我々は我々のベストを尽くす必要がある。本当に上手く戦わなければならない。そして願わくば、選手たちにはいい結果を持ち帰ってほしい」 また、リーグ戦の3日後に控えるEFLカップ4回戦でもリバプールと対戦することが決まっているが、アルテタ監督は「通常、わずか4日間で同じ相手と試合をするのは、選手にとっても十分に適応出来るかどうか難しい。1試合目が次の試合に影響するのは明らかで、短期間で同一相手に連勝するのは本当にタフなことだ」とコメントを残している。 2020.09.26 17:43 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール、逸材MFバラギジとプロ契約

リバプールは26日、U-18チームに所属するU-17イングランド代表MFジェームズ・バラギジ(17)とのプロ契約締結を発表した。 バラギジは11歳の2015年にマンチェスター・シティ下部組織からリバプール下部組織に加入。昨シーズンは15歳ながらU-18チームに昇格を果たすと、ブラックバーンU-18とのリーグ開幕戦で2ゴールを記録する活躍を披露していた。 今月20日に17歳の誕生日を迎えたバラギジは高い技術力とフィジカルの強さが魅力の攻撃的MF。ボランチでもプレー可能なポリバレント性も備えている。 2020.09.26 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

クロップ監督、ヘンダーソンのアーセナル戦欠場を明言

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、イングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンのアーセナル戦欠場を明言した。 クロップ監督は25日、3日後に控えるプレミアリーグ第3節のアーセナル戦に向けて負傷者に関する報告を行なった。その中で最も大きなトピックとなったのが、ヘンダーソンの欠場だ。 同選手は20日に行われた第2節のチェルシー戦で先発出場したものの、前半のみで途中交代。元々コンディションが万全でなかったこともあり、指揮官は次のガナーズ戦は「明らかに間に合わない」としている。 一方で、チェルシー戦を欠場していたDFジョー・ゴメスは練習に戻ってくるようで、出場は問題ないと見られている。 また、移籍後初先発が期待されるMFチアゴ・アルカンタラに関しては「まあまあ、まだわからないよ」と濁すにとどまっている。 2020.09.25 21:52 Fri
twitterfacebook
thumb

「今日の試合は大好き」クロップ監督が2G1Aと大活躍の南野拓実を絶賛「彼がプレスのリズムを作った」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、2ゴール1アシストを記録した日本代表FW南野拓実のパフォーマンスを称賛した。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは24日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でリーグ1(イングランド3部)に所属するリンカーン・シティとのアウェイゲームに臨み、7-2で圧勝した。 南野は2トップの下でこの試合に先発フル出場すると、1-0で迎えた18分には、ボックス手前右からうまく力が抜けた絶妙な右足のミドルシュートをゴール右上隅に突き刺し今季2点目を記録。4-0で迎えた後半にはエリオットのシュートのこぼれ球を南野が押し込みこの試合2点目を記録。89分にはロングカウンターからディボク・オリジのゴールをアシストした。 7-2と力の差を見せつけたリバプールだが、この試合で3ゴールに絡んだ南野についてクロップ監督が称賛。特に中央でのプレー、そしてプレッシングのクオリティについて高く評価した。 「正直に言って、今夜のタキ(南野拓実)の試合は大好きだ。とても優れており、多くの場面に関与していた」 「彼のクオリティがどこにあるのか、我々の誰もがどんどん理解していると思う。彼が最終的にプレーするところがどこか、それは中央に行く」 「左ウイングや右ウイングでプレーしたとしても、彼はハーフスペース、または中央でプレーする。それは彼の本来の強さがそこで発揮されるからだ」 「彼は本当に素晴らしかった。相手は(ゴールを決められた後)7回もキックオフする必要があった。相手がパスを受けた時に最初に相手を追いかけたのは、タキだった」 「彼は全ての機会でプレス、カウンタープレスのリズムを作った。今夜の試合は本当に好ましいものだった」 2020.09.25 09:35 Fri
twitterfacebook