クーマン監督辞任のオランダ、候補メンバー32名から23名を選出《UEFAネーションズリーグ》

2020.08.28 23:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オランダサッカー協会(KNVB)は28日、来月に行われるUEFAネーションズリーグ2020-21に向けたオランダ代表メンバー23名を選出した。

ロナルド・クーマン前監督のバルセロナ指揮官就任により、暫定監督として就任したドワイト・ローデヴェーヘス氏は、19日に選出されていた32名の候補メンバーから23名に絞り、DFファン・ダイク(リバプール)、FWメンフィス・デパイ(リヨン)、MFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)、DFステファン・デ・フライ(ラツィオ)ら主力を選出した。一方でDFデイリー・ブリント(アヤックス)が外れている。

UEFAネーションズリーグでリーグA・グループ1に属するオランダは、9月4日にポーランド代表とのホーム戦を、同7日にイタリア代表とのホーム戦を戦う。発表されたメンバーは以下の通り。

◆オランダ代表メンバー23名
GK
イェスパー・シレッセン(バレンシア/スペイン)
ティム・クルル(ノリッジ/イングランド)
マルコ・ビゾット(AZ)

DF
オーウェン・ワインダル(AZ)
デンゼル・ダンフリース(PSV)
ペル・スフールス(アヤックス)
ハンス・ハテブール(アタランタ/イタリア)
ステファン・デ・フライ(インテル/イタリア)
ヨエル・フェルトマン(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド)
ナタン・アケ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/イングランド)

MF
モハメド・イハッターレン(PSV)
ドニー・ファン・デ・ベーク(アヤックス)
リロイ・フェル(フェイエノールト)
ケビン・ストロートマン(マルセイユ/フランス)
マルテン・デ・ルーン(アタランタ/イタリア)
ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール/イングランド)
フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン)

FW
ルーク・デ・ヨング(セビージャ/スペイン)
ステーフェン・ベルフワイン(トッテナム/イングランド)
メンフィス・デパイ(リヨン/フランス)
ライアン・バベル(ガラタサライ/トルコ)
クインシー・プロメス(アヤックス)


関連ニュース
thumb

オランダ代表候補30名が発表!ファン・ダイクやデ・ヨングら主力に加え、FWヤンセンが5年ぶり復帰《UEFAネーションズリーグ》

オランダサッカー協会(KNVB)は13日、6月に行われるUEFAネーションズリーグ2022-23に臨むオランダ代表候補メンバーを発表した。 ルイス・ファン・ハール監督は、2017年10月以来となるモンテレイのフィンセント・ヤンセンや、2021年5月以来となるローマのDFリック・カルスドルプを招集。その一方で、パリ・サンジェルマンのMFジョルジニオ・ワイナルドゥムは招集外となった。 その他では、DFステファン・デ・フライ(インテル)やDFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)、MFマルテン・デ・ローン(アタランタ)、MFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)、FWメンフィス・デパイ(バルセロナ)など、主力選手が順当に選出された。 UEFAネーションズリーグ2022-23・リーグA・グループ4に属するオランダ代表は、6月3日でベルギー代表とアウェイで、8日にウェールズ代表とアウェイで、11日にポーランド代表とホームで、14日にウェールズ代表とホームで対戦する。 ◆オランダ代表候補メンバー30名 GK イェスパー・シレッセン(バレンシア/スペイン) ティム・クルル(ノリッジ・シティ/イングランド) マルク・フレッケン(フライブルク/ドイツ) DF ジョルダン・ティーゼ(PSV) ティレル・マラシア(フェイエノールト) オーウェン・ワインダル(AZ) ユリエン・ティンバー(アヤックス) デイリー・ブリント(アヤックス) リック・カルスドルプ(ローマ/イタリア) ハンス・ハテブール(アタランタ/イタリア) ステファン・デ・フライ(インテル/イタリア) デンゼル・ダンフリース(インテル/イタリア) マタイス・デ・リフト(ユベントス/イタリア) ナタン・アケ(マンチェスター・シティ/イングランド) ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/イングランド) MF ジョルディ・クラジー(AZ) フース・ティル(フェイエノールト) ダヴィ・クラーセン(アヤックス) トゥン・コープマイネルス(アタランタ/イタリア) マルテン・デ・ルーン(アタランタ/イタリア) フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン) FW メンフィス・デパイ(バルセロナ/スペイン) ルーク・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン) アルノー・ダンジュマ(ビジャレアル/スペイン) ステーフェン・ベルフワイン(トッテナム/イングランド) ヴォウト・ヴェグホルスト(バーンリー/イングランド) ノア・ラング(クラブ・ブルージュ/ベルギー) フィンセント・ヤンセン(モンテレイ/メキシコ) コーディ・ギャクポ(PSV) ステーフェン・ベルフハイス(アヤックス) 2022.05.14 01:25 Sat
twitterfacebook
thumb

「アーセナルを好きになったきっかけ」ベルカンプの“究極ターン”から20年「何回見ても訳分からん」

5月10日、元オランダ代表FWデニス・ベルカンプ氏が53歳の誕生日を迎えた。 オランダ代表として79キャップを数えるベルカンプ氏は、アヤックスでゴールを量産し1993-94シーズンからインテルでプレー。2年後にアーセナルへと加わり、無敗優勝した2003-04シーズンをはじめとした3度のプレミアリーグ優勝や4度のFAカップ優勝など、コミュティシールドも合わせると「11」のタイトル獲得に貢献したレジェンドだ。 2021年に設立されたプレミアリーグ殿堂『Hall of Fame』にも選ばれる活躍を見せたベルカンプ氏だが、中でも最も有名なゴールは2002年3月のニューカッスル戦で見せたものだろう。 相手を背にした状態で斜めのパスを受けると、ファーストコントロールでDFと入れ替わる。トラップと同時に相手を裏街道で抜き去り、その後の一対一も冷静に沈めた。 いつまでも色褪せないこのゴールは、プレミアリーグの公式ツイッターも改めて取り上げており、「お誕生日おめでとう、デニス・ベルカンプ!この魔法のゴールに飽きることはない」と20年が経った今もその凄さを伝えている。 これだけでなく、1998年のフランス・ワールドカップ準々決勝アルゼンチン戦でのスーパートラップからのゴールなど、幾つもの魅力的なゴールを生んだベルカンプ氏。ファンからも「当時を思い出した」、「何回見ても訳分からん」、「アイスマン!」、「今まで見た中で最高のゴール」、「アーセナルを好きになったきっかけです」と多くの反応が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】ベルカンプ・ターンをマルチアングルで!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Happy birthday, Dennis Bergkamp!<br><br>We&#39;ll never get tired of this magical goal <a href="https://t.co/f7VXZJTMKb">pic.twitter.com/f7VXZJTMKb</a></p>&mdash; Premier League (@premierleague) <a href="https://twitter.com/premierleague/status/1523999291395624960?ref_src=twsrc%5Etfw">May 10, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.11 18:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ダービッツ氏がオランダ代表のアシスタントコーチに就任!

オランダサッカー協会(KNVB)は7日、エドガー・ダービッツ氏(49)が代表チームのアシスタントコーチに就任したことを発表した。 オランダ代表では先月6日、カタール・ワールドカップ(W杯)後のロナルド・クーマン氏の監督就任が決定した。大会はルイス・ファン・ハール監督が指揮する予定だが、そのアシスタントを務めているヘンク・フレイザー氏が来季からユトレヒトの監督に就任するにあたり、ここで袂を分かつことになった。 その後任としてダービッツ氏が選ばれた。オランダ代表で74キャップを持つ同氏は、W杯に1度、ユーロに3度出場した経歴を持つ。クラブレベルではプロデビューしたアヤックスをはじめ、ミランやユベントス、インテルなど主にセリエAのビッグクラブでプレー。アヤックスではビッグイヤーも獲得している。 コーチングキャリアとしては、現役時代の2012年に加入した当時イングランド4部のバーネットで選手と兼任で監督を務めたことが始まり。2013年末の現役引退と同時に監督も辞任し、以降はオランダ2部のテルスターでアシスタントコーチ、昨年上半期にはポルトガル4部のオリャネンセで監督を務めた。 この度、再び表舞台に戻ってきたダービッツ氏は、「ルイス・ファン・ハールのような監督と一緒にトレーナーとしてキャリアを続け、オランダの絶対的なトップと仕事ができることを誇りに思う。そして、強い熱意でこの仕事に取り組みたいと思う」とコメント。 また、ファン・ハール監督も「私はエドガーにアシスタントコーチになってくれるよう頼んだ。我々はこれまで定期的に顔を合わせてきたが、彼ならこの役割を見事に果たしてくれると確信している」と信頼を言葉を寄せた。 2022.05.07 18:40 Sat
twitterfacebook
thumb

デザイン性高いオランダ代表のW杯ユニがリーク、専門メディアは「99.99%偽物」

オランダ代表のフェイクユニフォームが出回っているようだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループGを首位で通過し、2大会ぶり11度目の出場を決めたオランダ。本大会で着用するとのユニフォームが販売されているようだが、『Footy Headlines』は模造品であると伝えている。 話題のユニフォームはオランダサッカー協会(KNVB)のエンブレムをインスパイアしたグラフィックデザインで、カラーリングは明度の高い濃淡のオレンジだ。襟と袖に施された黒い縁取りがアクセントとなっている。 同メディアはこの明る過ぎるオレンジが偽物である根拠の1つとしている。また、裾にあるナイキの「Dri-Fit ADV」ロゴが本来ならば背面くるべきところ、前面にあしらわれていることも偽造品であること裏付けていると指摘。協会のアルファベットがデザインに組み込まれていることもFIFAの規定に沿っていないとし、「99.99%偽物」だと断言している。 4月中旬から下旬にかけてオランダのショッピングサイトなどですでに購入可能となっているこのユニフォーム。偽デザインのユニフォームはブラジル代表のものなども作成されており、デザイン性が高く、思いのほか評価を得るものもある。 こちらは偽物と言い切られてしまっているが、実際のユニフォームはどのようなデザインとなるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】デザイン性の高いオランダ代表の偽ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdE_qbWoZ-M/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdE_qbWoZ-M/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdE_qbWoZ-M/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Footy Headlines(@footyheadlines22)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.03 22:49 Tue
twitterfacebook
thumb

「Netflixを見た方が有意義」アトレティコの[5-5-0]をファン・バステンが一刀両断「面白くない」

オランダ代表のレジェンドFWマルコ・ファン・バステン氏は、アトレティコの守備的戦術がお気に召さないようだ。 5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグで、アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が採用した[5-5-0]。最終的にはベルギー代表MFケビン・デ・ブライネにゴールを許して0-1で敗れたものの、極端な守備的戦術は相当にシティを苦しめた。 革命的とも前時代的とも評された戦い方を、過去のCL覇者はどう見たのか。ミランでCLの前進であるチャンピオンズカップ2連覇を果たし、1980年代にオランダ代表などで活躍した伝説的なストライカー、マルコ・ファン・バステン氏はオランダ『ZiggoSport』で「このスタイルのサッカーは面白くない」と、バッサリ切り捨てた。 「アトレティコ・マドリーのやり方は合法だし許可もされているが、90分間、ボールの後ろに10人もの選手を並べ、ゴールを許さないようにしていたのは驚きだ」 「FIFAなどは、サッカーをもっと楽しくする方法を考え始めるべきだ。このスタイルのサッカーは面白くない。誰かがチャンネルを回して、Netflixを見た方がよほど有意義だよ」 ファン・バステン氏は以前、イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで「オフサイドルールは無い方が良い」と、以下のような驚きの提案をしていた。 「オフサイドラインをなくしてしまえば、ディフェンスはより深くまで下がることになる。相手が背後から入ってくることを恐れて、前には行けなくなるだろう。しかし、後ろに下がりすぎると、ボックスが乱戦になる。GKは何も見えなくなり、チームはそれが解決策ではないことを知るだろう」 「その結果、GKは全員をボックスの外に追い出したいと思うようになる。それこそが、このゲームが面白くなるポイントだ。もし、アタッカーがディフェンダーの背後に回ることができれば、ゴールの可能性はもっと広がる。守備もより難しくなるだろう」 オフサイドのルールは撤廃されていないものの、ファン・バステン氏の思惑通り、ボックス内に人数が集まる状態までは達成された1stレグ。13日の2ndレグでは満足のいく試合内容となるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】CLシティ戦で、アトレティコが採用した[5-5-0]</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">O 5-5-0 de Diego &quot;Cholo&quot; Simeone no Etihad Stadium. <a href="https://t.co/iiTq6vYkjI">pic.twitter.com/iiTq6vYkjI</a></p>&mdash; Higor Santos (@HigorSantos_10) <a href="https://twitter.com/HigorSantos_10/status/1511427395403886592?ref_src=twsrc%5Etfw">April 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.04.13 21:22 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly