「ガイドラインで守られていない項目も」湘南vs鳥栖の中止を受け、Jリーグが鳥栖で発生したクラスターの調査結果を報告

2020.08.21 14:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは21日、明治安田生命J1リーグ第13節の湘南ベルマーレvsサガン鳥栖の中止を受けて緊急の記者会見を開いた。

鳥栖では、10日に金明輝監督が新型コロナウイルスに感染。その後、クラブがPCR検査を実施した後に選手やスタッフを含め11名が感染し、クラスター発生となっていた。

すでに13日の時点でガンバ大阪戦、ベガルタ仙台戦、そして今週末の北海道コンサドーレ札幌戦が中止となっていた中、21日に湘南戦も中止が発表された。
記者会見でJリーグの原博実副理事長は「13日の時点で少なくとも14日間は開催の見通しも難しいことから、最短でも29日の湘南戦から再開すると考えていた」と当初の想定していたことを語り、論点がサガン鳥栖の活動再開となったとコメント。「佐賀県と保健所から8月25日までチームの活動が禁止となり、最短で8月26日から再開。29日には選手たちのコンディションが作れないということで、20日の夜に湘南と鳥栖と三者で協議して中止と判断した」と、中止決定への経緯を説明した。

原副理事長は「Jリーグクラブが集団感染の指定を受けた後、今回が初めての意思決定。これ以上感染を広げないということを観点に議論した。消化試合や興行の観点からはやるべきだが、陰性の選手を含めて活動ができないこと、関東までの遠征もあること、その後の選手へのコンディションの影響も考えて中止とした」と意思決定の理由をコメントしていた。

また、Jリーグ新型コロナウイルス対策本部の特命担当部長を務める藤村昇司氏は、サガン鳥栖に厚生労働省からの調査が入ったとコメント。「クラスターということになったので、厚生労働省からクラスター対策班の方が鳥栖に入り、疫学調査を4日に渡って行われた」とし、「1つのクラブで複数の感染者が出たことについては、サガン鳥栖の案件でもあるが、Jリーグが自分事として受け取る事案だろうと考えている。サガン鳥栖、佐賀県、保健所にお願いして、提言を直接もらう機会をいただいた」と今後の対応のために動いたと報告した。

クラスター対策班からは、感染経路に関して可能性を指摘されたとも報告。「感染経路については佐賀県鳥栖市は感染者が少ない地域となっており、市中感染は考えにくい」との見解があったとした一方で、「そういった地域から東京や関東など感染の多い地域に遠征するときは、感染が少ない地域の人の生活や警戒感を上げて遠征をしないと、ウイルスが蔓延している環境からウイルスを拾う可能性があると指摘を受けた」と遠征が感染に影響している可能性が指摘されたと報告。8月1日に行われたFC東京とのアウェイゲームでウイルスを取り込んでしまった可能性があるとした。

また、選手やスタッフに濃厚接触やリスク行動が取られた事はなく、可能性として「遠征先のホテルの壁やエレベーターのボタンなどについているウイルスを取り込み、量が少ないので体内で増殖した可能性もあると説明を受けた」とも報告。「管理不行き届きやリスク行動の結果起こったというよりも、不注意が発端であったという分析だった」とした。

今回の問題はチーム内で感染が広がったという点があり、その点ではガイドラインで守られていない項目があったとも報告。「スタッフルームでマスクなしで会話していた」、「ビュッフェスタイルの食事でトングを共有していた」、「試合中の給水タイムでマスクなしで行っていた」などがあるとした。

また、クラスター対策班の視察時の意見として「トレーニンググラウンドを視察した時に、個人タオルが放置されていることが注意された」と指摘があったとし、「グラウンドでの唾吐き、うがいなど感染防止の観点からは絶対やめてほしいとガイドラインに書いてあるが、習慣的なことなどで守れていないと話す選手が多かった」とガイドラインが守られていないケースもあるとした。また「スタッフ選手に共通することで、同居家族以外との会食があったという回答の割合が多かった」とし、リーグとして改めて注意喚起する必要があると再認識したとコメントした。

中止になっている4試合に関しては、現時点では当該クラブと調整を行なっているとのこと。開催する方向で考えているとしている。

関連ニュース
thumb

鳥栖が熊本の躍進支えたMF河原創を完全移籍で獲得「より一層成長できるように頑張ります」

サガン鳥栖は6日、ロアッソ熊本のMF河原創(24)を完全移籍で獲得することを発表した。 河原は熊本県出身で、熊本の下部組織や大津高校、福岡大学でプレーし、2020年に入団した。 1年目からJ3で34試合に出場し3得点を記録すると、2年目は28試合で1得点、天皇杯でも2試合で1得点を記録。チームのJ3優勝、J2昇格に貢献すると、今シーズンはJ2で42試合に出場し1得点を記録。天皇杯でも2試合で2得点を記録していた。 チームは3位で明治安田生命J2リーグを終え、J1参入プレーオフに出場すると、3試合でプレーした。 河原は両クラブを通じてコメントしている。 ◆サガン鳥栖 「サガン鳥栖に関わる全ての皆様、はじめまして。ロアッソ熊本から加入させていただくことになりました河原創です。1試合でも多く皆さんと喜びを分かち合えるように全力でチームの為に戦います」 「そして、より一層成長できるように頑張ります。よろしくお願いします!」 ◆ロアッソ熊本 「この度、サガン鳥栖に移籍する事になりました。3年間、良い時も悪い時も熱く共に闘って頂いたファン・サポーターの皆さん、ご支援頂いているスポンサー様、そして一緒に戦い、日々成長させてくれた選手・スタッフのみんな、本当に充実した毎日を送れたのもロアッソ熊本に携わる全ての方々のおかげです」 「地元・熊本でプロ生活をスタートすることができたことは凄く光栄でしたし、この3年で県民の皆様に笑顔や元気、そして夢を与えることが少しばかりできたかなと思います」 「自分自身ここで学んだことをベースに、選手として、より成長してその姿を見せる事ができるように頑張ります。本当に3年間お世話になりました。ありがとうございました!」 2022.12.06 17:25 Tue
twitterfacebook
thumb

柏が鳥栖DFジエゴを獲得 「自分にとっては大きなチャレンジ」

柏レイソルは6日、サガン鳥栖からDFジエゴ(27)の完全移籍加入を発表した。 ジエゴは母国ブラジルでのプレーを経て、2017年の松本山雅FC入りを機に来日。水戸ホーリーホック、徳島ヴォルティスでもプレーして、今年から鳥栖入りし、明治安田生命J1リーグで32試合出場2得点の数字を記録したりと主力として活躍した。 来季から柏でプレーするジエゴはクラブの公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「このたび、柏レイソルに移籍することになり、とても嬉しく思っています。自分にとっては大きなチャレンジであり、高いモチベーションで挑みたいです。レイソルからこの機会を与えてもらえたので、来シーズンから全力で戦い、好成績を収めたいです。このユニホームを着てプレーする時には、それに相応しいサッカーを見せたいです。とにかく、柏の成功のため、サポーターの力で背中を押してもらいながら、自分のベストを尽くします。よろしくお願いします」 一方、鳥栖を通じては「サガン鳥栖でプレーできる機会を与えてくれた皆様の愛とサポートに感謝します」と綴り、別れを告げた。 「常にこのエンブレムを守るために最善を尽くしてきました。そして、このクラブと私の第一子が生まれた街にはこれからも大きな愛情を持っています。これからもサガン鳥栖の思い出を胸にずっと応援します。皆様に大きなハグを!」 2022.12.06 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

MF樺山諒乃介がサガン鳥栖へ完全移籍! 横浜FMと山形に別れ

サガン鳥栖は5日、MF樺山諒乃介(20)が横浜F・マリノスから完全移籍加入することを発表した。 2021年に横浜FMでプロデビューした樺山は、同年夏に育成型期限付き移籍でモンテディオ山形に加入。今年も夏から山形で武者修行し、J2では通算31試合に出場し4ゴールを記録した。 ただ、横浜FMではわずか12試合の出場に。来季からは心機一転、鳥栖でプレーすることを決断した。樺山は3クラブを通じてコメントを残している。 ◆サガン鳥栖 「横浜F・マリノスから加入することになりました樺山諒乃介です。サガン鳥栖という素晴らしいクラブでプレーできることを嬉しく思います。サガン鳥栖の為に全力で戦います!宜しくお願いします!」 ◆横浜F・マリノス 「高校生の時からたくさんの素晴らしい事を経験させてもらい感謝しかありません。横浜F・マリノスの選手として日産スタジアムで活躍する事が一つの目標でした。その目標を達成できず悔しさが残りますが、この悔しさを糧に成長します!2年間という短い期間でしたがたくさんの応援をいただきありがとうございました!」 ◆モンテディオ山形 「半年間、昨年も合わせると1年間、この素晴らしいモンテディオ山形というクラブの一員として戦えたことを誇りに思います。二度目の加入で自分自身このクラブを昇格させるという強い覚悟を持って戦ってきました。結果的には悔しい結果になりましたが、最高のチームメイト、スタッフ、ファン、サポーターの皆さんと本気で昇格を目指して頑張れた事はこの先の自分のキャリアに活かしていきます!山形での生活本当に幸せでした!この恩は活躍して返します!沢山の愛をありがとうございました!!」 2022.12.05 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

秋田が鳥栖の大卒ルーキーFW梶谷政仁を期限付きで獲得「雪国秋田を自分のプレーで熱くできるように」

ブラウブリッツ秋田は5日、サガン鳥栖のFW梶谷政仁(22)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年2月1日~2024年1月31日となっている。 梶谷は埼玉県出身で、正智深谷高校から国士舘大学を経て、2022年に鳥栖に入団した。 今シーズンは明治安田生命J1リーグでの出番はなかったが、YBCルヴァンカップで4試合、天皇杯で1試合に出場した。 秋田は「背後への動き出しと献身的な守備が持ち味のFW」と特徴を紹介している。 梶谷は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ブラウブリッツ秋田 「初めまして!サガン鳥栖から期限付き移籍で加入することになりました、梶谷政仁です!雪国秋田を自分のプレーで熱くできるように、チームのために全力を尽くします!!ファン、サポーターの皆様、応援よろしくお願いします!」 ◆サガン鳥栖 「この度、ブラウブリッツ秋田に期限付き移籍することになりました。1年間という短い期間でしたが、サガン鳥栖のチームメイト、スタッフ、ファン・サポーターの皆さん、鳥栖の街が大好きになりました!」 「何倍にも成長して必ず戻ってきます。1年間ありがとうございました!いってきます!!」 2022.12.05 13:17 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖がクラブOBで今季途中までJFLのFCティアモ枚方を指揮した小川佳純氏をコーチに招へい「共に戦いましょう!」

サガン鳥栖は1日、トップチームのコーチにクラブOBの小川佳純氏(38)が就任することを発表した。 小川監督は市立船橋高校から明治大学を経て、2007年に名古屋グランパスに入団。その後、鳥栖、アルビレックス新潟でプレーし、2019年に現役を引退していた。 鳥栖時代はわずか半年の在籍だったが、J1で5試合、リーグカップで4試合に出場していた。 現役引退とともに2020年からFCティアモ枚方の監督に就任することが決定。就任1年目には当時所属していた関西サッカーリーグ1部でチームを初優勝に導くと、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2020では見事に優勝を成し遂げ、JFL昇格を果たしていた。 今シーズンは就任して3年目だったが、チームは低迷。9月に契約解除となっていた。 小川氏はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズン、トップチームのコーチに就任することになりました小川佳純です。2017年にサガン鳥栖に加入、半年間という短い時間でしたが選手としてプレーしたこのクラブに、約5年半の歳月を経て帰ってくる事ができ、大変嬉しく思います」 「選手時代と立場は違いますが、このクラブが勝利する為に、全てを注ぎたいという思いはあの頃と変わりません。サガン鳥栖に関わる皆さんと、勝利の瞬間を共有できるのを楽しみにしています。また共に戦いましょう!よろしくお願いします!」 2022.12.01 16:03 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly