日本人5人参戦のブンデスリーガ、新シーズン開幕は9月18日に決定! 2部も同時開幕

2020.08.07 19:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドイツサッカーリーグ機構(DFL)は7日、2020-21シーズンのブンデスリーガ、ブンデスリーガ2に関して、9月18日(金)に開幕することを発表した。ブンデスリーガは6月27日に2019-20シーズンのレギュラーシーズンが終了。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断期間があった中、無事にシーズンを終えていた。

バイエルンが8連覇を達成したブンデスリーガだが、通常では前シーズンのチャンピオンが開幕ゲームを戦うことに。2020-21シーズンはバイエルンvsシャルケの一戦からスタートするが、チャンピオンズリーグ(CL)の日程次第で変更になるようだ。

2019-20シーズンのCLは23日に決勝が開催。仮にバイエルンが決勝進出した場合は、バイエルンvsシャルケは9月21日(月)に日程変更されるとのこと。その場合は、ドルトムントvsボルシアMGの試合で開幕することとなる。

また、ブンデスリーガ2は9月18日にハンブルガーSVvsデュッセルドルフ、ヤーン・レーゲンスブルクvsニュルンベルクの2試合が行われる。

なお、バイエルンがブンデスリーガとDFBポカールを制したため、ドイツ・スーパーカップはバイエルンとリーグ2位のドルトムントで実施。9月30日にアリアンツ・アレーナで行われる。

また、日本時選手は現時点でMF長谷部誠、MF鎌田大地(フランクフルト)、FW大迫勇也(ブレーメン)、MF遠藤渓太(ウニオン・ベルリン)、MF遠藤航(シュツットガルト)の5名がブンデスリーガで、MF原口元気(ハノーファー)、FW宮市亮(ザンクト・パウリ)、MFアペルカンプ真大(デュッセルドルフ)がブンデスリーガ2でプレーする。

最初の日本人対決は、10月30日〜11月2日に予定されている第6節のフランクフルトvsブレーメンとなる。

◆ブンデスリーガ開幕カード
▽2020年9月18日(金)
バイエルン vs シャルケ
ドルトムント vs ボルシアMG
RBライプツィヒ vs マインツ
ヴォルフスブルク vs レバークーゼン
フランクフルト vs ビーレフェルト
ウニオン・ベルリン vs アウグスブルク
ケルン vs ホッフェンハイム
ブレーメン vs ヘルタ・ベルリン
シュツットガルト vs フライブルク

◆ブンデスリーガ2開幕カード
▽2020年9月18日(金)
ハンブルガーSV vs デュッセルドルフ
ヤーン・レーゲンスブルク vs ニュルンベルク

▽2020年9月19日(土)
ハイデンハイム vs ブランシュヴァイク
ハノーファー vs カールスルーエ
ボーフム vs ザンクト・パウリ
グロイター・フュルト vs オスナブリュック
サンドハウゼン vs ダルムシュタット
ホルシュタイン・キール vs パーダーボルン
ヴュルツブルガー・キッカーズ vs エルツゲビルゲ・アウエ
コメント
関連ニュース
thumb

中島翔哉が日本代表招集外の理由は「所属チームで結果を出すこと」、岡崎慎司&菅原由勢の招集理由も語る

日本サッカー協会(JFA)は1日、オランダ遠征に臨む日本代表メンバーを発表した。 2019年12月以来の活動となる日本代表。今回のメンバーは全てヨーロッパでプレーする選手で構成され、DF菅原由勢(AZ)が初招集となった。 今回のメンバーでは、ラ・リーガでのプレーを実現させたFW岡崎慎司(ウエスカ)がコパ・アメリカ以来の招集となった。岡崎の招集について森保一監督は「岡崎の選考については、リーグで置かれている立場は変わったと思いますが、得点という結果を出しているということと、存在感を出していることで、彼の存在価値は示してくれていると思うので選考に至った」とコメント。クラブでの活躍が招集理由だとした。 一方でエイバルでレギュラーを務めるMF乾貴士ら選考街になった選手もいたが「年齢で日本代表に選ばれないということはないということで、皆さんにも選手にもお伝えできればと思っています」とコメント。招集外の理由は「乾だけではなく、できればもっと多くの選手を選考したいと思っていました。その中で、ポジションのバランスなどを総合的に考えた上で、選考を考えました」と語り、チームとしてのバランスを考えたとしている。 また、初招集となった菅原については「東京オリンピックチームでの活動の中で彼のプレーやオフ・ザ・ピッチでのプレーを見て評価させていただき、今回招集に至っています」とコメント。「出場機会という点では今年に入って足りない部分もありますが、今回のオランダ遠征の招集条件の中で、ヨーロッパ組でチームを編成するということで、チームを作った中で将来A代表に十分絡んでくるだろうという期待も込めて招集しています」と理由を明かし、「期待することは貪欲に活動の中で成長につながる吸収をしてもらいたい、チームに持ち帰って成長してもらいたいと思っています」と将来へ繋がる招集にして欲しいと期待を口にした。 その中で、これまでレギュラー格としてプレーしてきたMF中島翔哉(ポルト)が招集外となっている。中島は新型コロナウイルスによるリーグ中断後から全くプレーしておらず、今シーズンもチーム合流時に問題があった。 森保監督は中島の招集について「中島翔哉の招集については、みなさんもご存知の通り長期間チームでプレーしていなかったこと、チームに合流してトレーニングをしているという情報はもらっています」とし、「まずは所属チームで結果を出して、監督や選手の信頼を掴み取って代表に復帰できるように、代表の活動の選手選考に入るように、日常の活動を行って欲しいと思っています」とクラブでのパフォーマンスを優先し、招集を見送ったとしている。 今回のメンバーには東京五輪世代の選手が7名含まれている中、コーチングスタッフも東京五輪世代のチームのスタッフが入っている。 オリンピックに向けた強化としては「オリンピックのスタッフも今回のA代表のオランダ遠征に帯同してもらうことですが、我々スタッフはA代表と東京オリンピックチームの兼任スタッフとして活動していますので、そういった意味でも今回東京オリンピックチームの活動がない中、A代表の活動をより充実させるために、A代表の活動を持って今後の東京オリンピックチームの活動につなげていけるようにということで帯同してもらうことを考えました」と、代表活動が少ない状況を考えてのことだとコメントした。 また、「選手の招集を見ていただければわかりますが、東京オリンピック世代が7人いる。本大会を考えた場合、3人のオーバーエージが使えることを考えると、スタッフもまずはA代表でカメルーンとコートジボワールに勝って結果を出すこと、この先の東京オリンピックに向けての活動にしていければと思います」とし、来年の東京五輪を見据えたチーム作りをするため、今のうちから準備するとした。 2020.10.01 16:16 Thu
twitterfacebook
thumb

キーワードは「恩返し」、感謝と配慮を尽くした森保一監督が日本代表活動で示したいもの

日本サッカー協会(JFA)は1日、オランダ遠征に臨む日本代表メンバーを発表した。 2019年12月以来の活動となる日本代表。今回のメンバーは全てヨーロッパでプレーする選手で構成され、菅原由勢(AZ)が初招集となった。 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス(COVID-19)は収束する気配がなく、国や地域によっては再び感染者が増えている状況もある。 そんな中でのオランダ遠征での代表活動に関して、森保一監督は「多くの方が環境づくりに尽力してくださったことで、活動できることを絶対に忘れてはならないですし、そういった方々に恩返しになる活動、試合にしなければならない」とコメント。実現に向けて動いた関係者への感謝を持って活動に臨むとした。 また、今回の活動を通じて「日本の国民のみなさんやサポートしてくれるみなさん、支援してくださるみなさんにとって、必要であることでなければならない。恩返しとして、社会貢献しなくてはならないと思っている」とし、日本代表の存在意義を示したいと語った。 観る人には「今回の活動で、我々は戦う集団ですので、勝利を目指して戦い、勝つことで応援してくださる全ての方々に喜んでいたくことをしながら、子供達に夢を持ってもらえる、応援してくださる方々に希望を持っていただくことに、日常生活の中で、我々の活動をいかしてもらいたい」と励みになればとコメント。苦しい生活を余儀なくされている方々には「元気や勇気、根気というのを試合の中で、最後のホイッスルが鳴るまで、1人1人強くが根気強く戦う。どんな困難があっても最後まで戦い抜くという気持ちを持つことと、チーム一丸となって1人1人がチームのために献身的であって、最後まで戦うということを試合の中で表現できればと思っています」と諦めない姿勢を示したいとした。 今回は25名の招集となった日本代表だが、メンバー選考については「当初はもう少し多い人数を考えていました」とし、「実際にオランダに入国するにあたっての制限や我々が招集するにあたって色々な条件を考えたときにこの人数になりました」と予定よりは少ない人数になったことを明かした。 また、セルビアとロシアはオランダへの入国制限があるために招集できず。一方でJリーグメンバーについては「日本は入国制限はないと思うが、国内ではJリーグを戦っているシーズンの真っ只中であること、オランダに行った際に帰国した際に自主待機の期間があると考えると、招集が難しいと配慮させていただき、メンバー選考では外させていただきました」とし、欧州組のみになった理由を改めて説明した。 前述の通り1年近く活動していなかった日本代表だが、今回の活動の狙いについては「A代表の活動は約1年近くできていませんでしたし、今回代表の活動をさせていただくにあたって、基本的なコンセプトの確認、意思統一をやっていければと思います」とコメント。「経験の浅い選手も招集させていただいている中で、これまでやってきた経験が豊富な選手と、経験が浅い若い選手の融合を図りながら、個のレベルアップ、チームとしてのレベルアップを目指して活動していきたいと思います」と今後を見据えたチーム力アップを図りたい狙いを明かした。 2020.10.01 15:25 Thu
twitterfacebook
thumb

久保建英など欧州組のみで構成された日本代表メンバーが発表!菅原由勢が初招集、カメルーン&コートジボワールと対戦

日本サッカー協会(JFA)は1日、オランダ遠征に臨む日本代表メンバーを発表した。 2019年12月に行われたEAFF E-1 サッカー選手権以来の活動となる日本代表。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もあり活動が制限され、今回はヨーロッパでプレーする選手のみが招集されることとなった。 今回のメンバーには、これまでA代表に招集されていた選手と東京五輪世代が融合。菅原由勢(AZ)が初招集となった。 日本代表はカメルーン代表と9日(金)に、コートジボワール代表と13日(火)に対戦する。今回発表された日本代表メンバーは以下の通り。 ◆日本代表メンバー GK 川島永嗣(37/ストラスブール/フランス) 権田修一(31/ポルティモネンセ/ポルトガル) シュミット・ダニエル(28/シント=トロイデン/ベルギー) DF 長友佑都(34/マルセイユ/フランス) 吉田麻也(32/サンプドリア/イタリア) 酒井宏樹(30/マルセイユ/フランス) 室屋成(26/ハノーファー/ドイツ) 植田直通(25/セルクル・ブルージュ/ベルギー) 安西幸輝(25/ポルティモネンセ/ポルトガル) 板倉滉(23/フローニンヘン/オランダ) 冨安健洋(21/ボローニャ/イタリア) 菅原由勢(20/AZ/オランダ) MF 原口元気(29/ハノーファー/ドイツ) 柴崎岳(28/レガネス/スペイン) 遠藤航(27/シュツットガルト/ドイツ) 伊東純也(27/ヘンク/ベルギー) 南野拓実(25/リバプール/イングランド) 鎌田大地(24/フランクフルト/ドイツ) 中山雄太(23/ズヴォレ/オランダ) 三好康児(23/アントワープ/ベルギー) 堂安律(22/アルミニア・ビーレフェルト/ドイツ) 久保建英(19/ビジャレアル/スペイン) FW 岡崎慎司(34/ウエスカ/スペイン) 大迫勇也(30/ブレーメン/ドイツ) 鈴木武蔵(26/ベールスホット/ベルギー) 2020.10.01 14:01 Thu
twitterfacebook
thumb

久保建英はなぜ左サイドで起用された? エメリ監督が理由を明かす「3つのポジションで起用したい」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、日本代表MF久保建英のプレーについて語った。スペイン『アス』が伝えた。 ビジャレアルは9月30日に行われたラ・リーガ第4節でアラベスと対戦。3-1で勝利を収めた。 この試合もベンチスタートとなった久保は75分から途中出場。右サイドではなく左ウイングとして起用された。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=hrw1p71rw8nm18t7le9w7m0ih" async></script></div> 3-1とリードした状況で投入された久保だったが、この試合では積極的にプレーも見せ場は作れず。試合はそのまま勝利したが、慣れない左サイドでのプレーに戸惑っていた印象だった。 試合後、エメリ監督は久保のプレーについてコメント。左サイドで起用した理由についても明かし、右だけでなく左でもプレーすることでプレーの幅を広げてほしいと狙いを語った。 「私は試合前に彼と話をした。彼は私が中盤の3つのポジションで彼を起用したいことを理解している」 「彼が最高のパフォーマンスを出せるのは右サイドだ。しかし、そこでは、サム(サムエル・チュクウェゼ)とジェラール(・モレノ)と競争しなければならない」 「彼と話をしたのは、彼が快適にプレーできると感じる場所で起用することに加え、彼が様々なポジションに適応していくことについてだった」 「それが右サイドであることは明白だ。しかし、彼は左でもプレーできるようになるために成長する必要がある」 「今日のプレーは素晴らしかったが、輝きを見せるまでには至らなかった」 2020.10.01 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

移籍近づく香川真司は新天地で年俸1200万円に大幅減、差額補填でサラゴサと合意か

近日中に去就が決定するとされているレアル・サラゴサのMF香川真司(31)だが、やはりサバデル移籍が濃厚のようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 香川は、高額な給与がネックとなり、今夏の退団候補に挙げられていた。本人がスペインでのプレー、特にサラゴサでのプレーを望んだこともあり去就が決まらない状態が続いていたが、新指揮官のルベン・バラハ監督の構想外となった。 さらに、チームはEU圏外枠をウルグアイ人FWガブリエル・フェルナンデスとブラジル人ウインガーのFWライ・ナシメントに与えることを決定。この結果、香川のサラゴサでの居場所がなくなることが決定した。 カタールやサウジアラビア、メジャーリーグ・サッカー(MLS)やトルコからもオファーがあった香川だが、スペインでのプレーを希望。一方で、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のログロニェスからのオファーは拒否。レガネス、ラージョ・バジェカーノ、フエンラブラダからのオファーも進展していない状況の中、サバデルへの移籍が近づいているという。 サバデルは、セグンダ・ディビシオンの中でも今シーズンの年俸上限が420万ユーロ(約5億2000万円)となり、水準としてはリーグでも最低ラインとのこと。香川には10万ユーロ(約1200万円)しか用意できない状況のようだ。 香川はサラゴサで60万ユーロ(約7400万円)をもらっていたため、大きく年俸が下がることになったが、1年契約を残していたサラゴサが差額を支払うことで合意したようだ。 サバデルは今回の香川の獲得については、市場でのチャンスと捉えており、獲得にかなり熱心とのこと。最優先事項として動いているようだ。 過去にはFW指宿洋史(湘南ベルマーレ)やMF田邉草民(アビスパ福岡)らがプレーしたこともあり、日本人実業家の坂本圭介氏がオーナーを務めていた時期もあった。その際の成功を再現したいようだ。 2020.10.01 11:30 Thu
twitterfacebook