サンチョを狙うユナイテッド、オファー次第でリンガード放出か

2020.08.07 17:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドはイングランド代表MFジェシー・リンガード(27)のオファーに耳を傾ける準備ができているようだ。イギリス『ガーディアン』が報じている。今季のリンガードは序盤こそ途中出場もあわせて一定の出番を手にしたものの、U-21イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドが先発の座を掴み始めると、ピッチに立つ機会がより激減。ここ公式戦2試合はいずれもゴールを決め、アピールを続けているが、今夏の売却候補に挙がっており、今後の動向に注目が集まっている。

イギリス『ガーディアン』によると、リザーブチームを率いた頃からリンガードを指導するオーレ・グンナー・スールシャール監督だが、余剰戦力としてみなしている模様。今夏にドルトムントからイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20)を狙うユナイテッドは適切な額のオファーが届けば、売却を考慮しているという。

なお、リンガードの契約は2021年夏まで残っており、1年間の延長オプションも存在。派手さこそないが、クラブの生え抜きとして一定のパフォーマンスを披露してきたリンガードだが、果たして。
コメント
関連ニュース
thumb

スールシャール、ワン=ビサカの競争相手を模索? 攻撃面を疑問視か

マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督が、イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(23)のライバルを探しているようだ。『ESPN』が報じている。 2019年夏にクリスタル・パレスから移籍金5000万ポンド(約69億2000万円)で加入したワン=ビサカ。昨シーズンは公式戦46試合に出場し、豊富な運動量だけでなく、高い守備力も注目されていた。 今季もここまで右サイドバックのファーストチョイスとして出場を重ねているが、スールシャール監督としては今夏に撮り逃したドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョをカバーするような攻撃力を求めており、まだその要求には答えられていない模様。 そのため『ESPN』は、今冬あるいは来夏にかけてワン=ビサカの競争相手となりうる選手を獲得するのではないかと推測。具体的な名前は挙げられていないものの、元々右サイドバックの控えはDFブランドン・ウィリアムズとDFティモシー・フォス=メンサーとやや心許ないため、同選手のパフォーマンスに関わらず補強が必要なポジションとなっている。 2020.11.28 21:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの攻撃を支配するブルーノをスールシャールも激賛 「ロナウドのような存在感」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスを激賛した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 B・フェルナンデスは今年1月にスポルティング・リスボンから加わり、ここまで公式戦35試合に出場して21得点13アシスト。加入から間もないものの、司令塔としてだけでなく、フィニッシャーとしても異彩を放ち、実に34ゴールを生み出す驚異的なスタッツで赤い悪魔の攻撃陣を支配している。 スールシャール監督もポルトガル人技巧派MFの活躍ぶりに舌を巻く。29日に敵地で予定するプレミアリーグ第10節のサウサンプトン戦に先駆けた会見で、かつてのユナイテッドを牽引した同胞のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)に匹敵する存在感だと語った。 「ブルーノには間違いなくロナウドのような存在感がある。チームメイトにインパクトを与えるだけでなく、影響力もあるんだ。彼が入ってきてからの結果を見ればわかる。彼はエネルギーとリーダーシップを兼備したチームプレーヤーさ」 また、ノルウェー人指揮官はハットトリックをやってのけられるシーンでもチームメイトが得点するお膳立て役に回るなど、たびたび人格者ぶりも発揮するB・フェルナンデスについて、チームプレーヤーだと主張した。 「ブルーノにライプツィヒ戦で休ませる旨を伝えるのは気が引けたが、全く問題なかった。マーカス(・ラッシュフォード)もそう。彼らは今季がチャレンジングなシーズンであるのを認識しているんだ。それがこのチームのやり方で、文化だ。個人でなく、チーム。ブルーノだって、これまで何度も何度も自分よりチームだという姿勢を示してもきた」 なお、勝ち点4差で追う5位のサウサンプトン戦に向けても前日練習を欠席したMFポール・ポグバとMFスコット・マクトミネイの欠場を口に。一方で、FWマーカス・ラッシュフォード、DFビクトル・リンデロフ、DFアーロン・ワン=ビサカの出場を示唆している。 2020.11.28 10:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、デンベレのレンタルを諦めずか 完全売却を望むバルサは最低でも83億円を要求

マンチェスター・ユナイテッドがバルセロナに所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(23)の獲得を諦めていないようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 今夏にアタッカーの補強を目指したユナイテッドはドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20)をメインターゲットに掲げたものの、高額な移籍金が障壁となり、デンベレにターゲットを変更。しかし、レンタルでの獲得を望むユナイテッドに対して、経済難に陥るバルセロナは完全移籍での売却を求め、最終的に実現しなかった。 ただ、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、オーレ・グンナー・スールシャール監督は依然としてデンベレをターゲットに定めているという。ユナイテッド側はレンタルでの獲得を諦めておらず、今年1月にも再び獲得に動く可能性があるようだ。 仮にユナイテッドが完全移籍での獲得を考慮した場合、バルセロナは2022年夏まで契約を残すデンベレを安価で売却することを避けたいと考えている模様。ユナイテッドのほかにも複数クラブが関心を示しているといわれ、6000万〜7000万ポンド(約83億4000万〜約97億3000万円)での売却を試みているとのことだ。 また、バルセロナは契約延長に否定的だったものの、ユナイテッドからの関心を受けて、デンベレと新契約の交渉を行っていると見られている。ポジティブな評価をしているとも伝えられているが、不確実なようだ。 なお、スペイン代表FWアンス・ファティが長期離脱した影響もあり、デンベレは今季ここまで9試合に出場して3ゴール1アシストを記録している。 2020.11.27 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「いずれはファン・ニステルローイのように」ファーディナンドがグリーンウッドを称賛

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏が、古巣の若手FWメイソン・グリーンウッドを絶賛している。イギリス『ミラー』が伝えた。 6歳からユナイテッドのアカデミーに所属していたグリーンウッドは、昨シーズン公式戦49試合に出場すると、17ゴールをマークする活躍を見せブレイク。今季は素行の問題も表面化し、ややトーンダウンしているが、それでも24日のチャンピオンズリーグ(CL)第4節イスタンブールBBSK戦ではアシストを記録するなど、存在感を示している。 そんなグリーンウッドに熱い視線を送るのが、ユナイテッドで公式戦455試合に出場し、数多くのタイトルを勝ち取ってきたファーディナンド氏だ。イギリス『BTスポーツ』に出演した同氏は、グリーンウッドがいずれクラブを牽引する選手になると予想している。 「グリーンウッドの成長している姿を見て欲しい。テクニック、戦術理解力、空間認識、両足でプレー可能なスキルを備えた彼は、獣のような存在になれるだろう」 「彼は私にトレーニングを見に行きたいと思わせている。彼のテクニックを、練習場で確認したいんだ」 「ルート・ファン・ニステルローイについての話をすると、アグレッシブでありながら正確にゴールを決め、皆を興奮させる選手だった。グリーンウッドもそうした要素を豊富に持っていると思う」 また、グリーンウッドに注目しているユナイテッドOBはファーディナンド氏だけではない。『BTスポーツ』に出演したポール・スコールズ氏も、同選手の可能性に期待するコメントを残した。 「彼は前回見た時よりも肉体的に強くなっているように感じる。大きくて強いパワフルな若者だし、さらに強くなるだろうね。ユナイテッドに所属している3、4人のFWの中でも、グリーンウッドは最高のフィニッシャーになれると思うよ」 2020.11.26 17:37 Thu
twitterfacebook
thumb

大勝のユナイテッド、スールシャール監督「もちろんグループのトップでありたい」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がイスタンブール・バシャクシェヒル戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第4節でイスタンブールBBSKと対戦。試合は前半、ブルーノ・フェルナンデスが7分と19分にゴールを決め、36分にはマーカス・ラッシュフォードが自ら獲得したPKを沈めた。 前半のうちに3-0としたユナイテッドは75分に1点を返されるも、終了間際92分にダニエル・ジェームズがダメ押しの4点目。4-1で勝利したユナイテッドがグループ首位をキープしている。 スールシャール監督は試合後、チームの戦いぶりを称賛。内容、結果ともに満足感を示した。 「前半はストレートにプレーの意図が伝わってきた。彼らはプレーすることを望んでいたし、楽しんでいた。オールド・トラフォードでのチャンピオンズリーグの試合だからだろう」 「私たちはいくつかの良いチャンスを作り、素晴らしいゴールを決めた。私は非常に満足している」 また、スールシャール監督はフル出場を果たし勝利に貢献したFWエディンソン・カバーニとMFドニー・ファン・デ・ベークの今夏加入した新戦力2人の活躍を称えた。 「この2人は、チームが望んでいるプレーに慣れてきていると思う。もちろん、ドニーは様々なポジションでプレーできるし、エディンソンは古典的なストライカーだ」 「チームには少しの間、そういった選手がいなかったし、アンソニー(・マルシャル)がまた左サイドでプレーできたことにはとても満足している」 最後にスールシャール監督はこれからのCLでの戦いについてコメント。目標はあくまでグループ首位での突破だと語った。 「グループ突破にはあと勝ち点1が必要だが、もちろんグループのトップでありたいと思っている。それが我々の目標だ。1試合1試合を大切にしていくし、次節はパリ・サンジェルマンがここ(オールド・トラフォード)に来るので、楽しみにしている」 2020.11.25 13:35 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly